PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [BIRTV 2017]Day.03 常に新しいメディアであり続けられる中国のテレビ放送

News

[BIRTV 2017]Day.03 常に新しいメディアであり続けられる中国のテレビ放送

2017-09-08 掲載

txt:小寺信良 構成:編集部

北京取材も本日で3日目。最終日は明日だが、この日はもうブースをたたむメーカーも出てくるそうで、フルで取材できるのは本日が最後となる。国外企業が中国国内へ機材を販売するためには、メーカーが直接販売店に品物を卸すことはできず、いったん必ず中国国内の輸入代理店を通す必要がある。その点では、小物が多いレンズやオーディオではメーカーが直接ブースを出すケースは少なく、輸入代理店がブースを構え、その中に有名メーカーの製品が展示される。

輸入代理店も独占契約している例はそれほどないので、結果的にはあちこちのブースで同じ製品を目にすることになる。中国営業担当のメーカーさんも、4~5箇所のブースをぐるぐる周りながら製品説明をすることになり、なかなか大変そうだ。

中国のクラウド企業とコラボレートして事業展開を行うJVC

そんな中、中国のクラウド企業「奥点云(アウデン)」とコラボレートして事業展開しているのが、JVCだ。奥点云は映像ストリーミングサービスを展開している会社で、放送用途からコンシューマまで、幅広く事業を行なっている。YouTube LiveやUstreamのように表に出てサービスを行うのではなく、そういったサービスのバックボーンを支える会社だ。

地元企業とコラボレーション展示を行なったJVCブース

今回展示しているのは、放送局向けのストリーミングシステムだ。イベントに対してマルチカメラを配備、複数カメラから直接、奥点云のクラウドに映像がストリーミングされる。クラウド側では各カメラのタイムコードデータを照合し、もっともディレイの大きいソースに対して他のソースを同期させ、クラウド上でスイッチング、そのままネットへストリーミングするという「放送事業」を「テレビ局」が行なうというものだ。

独自ファームウェアを搭載したGY-HM200で奥点云のクラウドに直結

日本では小規模なストリーミング方法であれば、やはり小規模な事業者が現場へ出かけていって現場でスイッチング、完成したコンテンツを1本だけストリーミングするという手法が一般的だが、それとは全く次元が違う発想である。

中国においてこうしたことが起こりやすいのは、放送と通信は特に敵でもなく、さらに言えば国がネットを掌握している共産主義社会だからという側面は無視でない。しかしそれが故に、テレビ放送も常に新しいメディアであり続けられるわけで、若い人がどんどん入ってくるという回転のエンジンともなっている。

同じ理屈を資本主義社会へは持ち込めないとは思うが、せめて「放送と通信の融合」の議論が高まった2000年台に、しっかり20年後の未来を予見した議論をしていれば、これほどまでに日本のテレビ産業の将来性が危ぶまれることもなかっただろう。


◀︎Day.02 [BIRTV 2017] Day.00

[ Category : , ]
[ DATE : 2017-09-08 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[BIRTV 2017]Day.02 ついにAU-EVA1の実働モデルが登場!Panasonic他

「AU-EVA1」を入念にチェックする岡カメラマン。詳しいレポートが期待できそうだtxt:小寺信良 構成:編集部 ついにAU-EVA1の実働モデルが登場! | Panason... 続きを読む

[BIRTV 2017]Day.01 中国企業に席巻!一味違う製品が一堂に揃うBIRTV

txt:小寺信良 構成:編集部 いい意味で期待を裏切られたBIRTV 8月23日から25日まで3日間の予定で、中国は北京で開催される映像機材展「BIRTV」を取材した。... 続きを読む

[BIRTV 2017]Day.00 アジア地区の大規模放送機器展の一つであるBIRTVに注目せよ!

機会があれば訪問するべし!近くて遠い中国 ダイナミックに躍進を続けるお隣中国。すでに頭打ちであると言われているが、破竹の勢いで経済成長を遂げ、今や世界第2位のGDPを誇る中国... 続きを読む

[QBEE2017]Vol.02 九州放送機器展開催〜まだまだあるぞ注目の新製品

txt/movie:MonkeyHills(岡英史&猿田守一) 構成:編集部 SIGMA ここ数年の同社のスチルレンズ・ラインナップは目を見張るものがある。特に... 続きを読む

[QBEE2017]Vol.01 九州放送機器展開催〜おもしろい情報と製品が出揃うエキサイティングな展示

txt/movie:MonkeyHills(岡英史&猿田守一) 構成:編集部 モックや参考出品物が実機・β機種として展示されるQBEE 入り口のサインが看板からデジ... 続きを読む

[QBEE2017]Vol.00 今年も始まる九州放送機器展にかける思い!〜事前予習編

txt岡英史 構成:編集部 今年は暑いか?熱いか? 7月と言えば、この時期最後の放送機器展示会が九州放送機器展(以下:QBEE)である。毎年はるばるQBEEを訪ねるのは... 続きを読む

[SXSW2017]Vol.04 次のSXSWを作るか?水面下で期待が集まる「ストーリーテリングの未来」を支えるFILM部門

txt:Issei Nishikiori 構成:編集部 SXSW2017、今一番暑いのがFilm部門 海外のSXSWトレンドウォッチャーからは「未来の議論がされきってし... 続きを読む

[SXSW2017]Vol.02 未来の生活をSXSW2017から想像する

txt:西村真里子 構成:編集部 インタラクティブでもっとも注目された「ディープ・マシーン・ラーニング」とは? Googleジャガードプロジェクトは繊維にセンサーを... 続きを読む

[SXSW2017]Vol.01 “デジタル遊園地”としても楽しめるSXSW2017

txt:西村真里子 構成:編集部 変わりゆくSXSW、「Interactive」「Film」「Music」の壁を越えて PARCOはVRコンテンツを展示。店頭で展示... 続きを読む

特集記事

inside DaVinci 14 inside DaVinci 14
4月に行われたNAB2017にて発表となったDaVinci Resolve 14を紹介。
SIGGRAPH2016 How to Media Composer | First
Avid Media Composerのインターフェースを誰でも無料で使えるAvid Media Composer | Firstのセットアップ方法や、使い勝手を解説していく。
QBEE2016 BIRTV 2017
中国・北京で開催されたアジア地区ではInterBEEと並ぶ大規模な放送機器展 BIRTVをレポート。
SIGGRAPH2017 SIGGRAPH2017
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術の学会・展示会SIGGRAPH2017ををレポート。
THE ROAD TO VR THE ROAD TO VR
幅広いジャンルで活用されているVRが、いかに普及、どのように進化していくのかを考える。
QBEE2017 QBEE2017
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
After Beat NAB SHOW 2017 After Beat NAB SHOW 2017
東京秋葉原のUDXにおいて開催されたAfterNABshowで今年のNABの総括を考える。
NAB2017 NAB2017
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会 2017 NAB Showをレポート。
SXSW2017 SXSW2017
米国テキサス州オースティンで開催された、SXSW(The South by Southwest:サウス・バイ・サウスウエスト)をレポート。
CP+2017 CP+2017
カメラと写真の総合展示会、CP+2017をレポート。
CES2017 CES2017
世界最大の国際家電見本市、2017 International CESをレポート。
PRONEWS AWARD 2016 PRONEWS AWARD 2016
2016年は映像業界にとってどのような年だったのか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2016 Inter BEE 2016
千葉幕張メッセにて開催されるInterBEE2016をレポート。
InterBEE2016の歩き方 InterBEE2016の歩き方
目的に合わせたブースをピックアップし、最小限の力で最大の効果が得られる最強の「Inter BEE 2016の歩き方」を紹介。
Photokina2016 Photokina2016
2年に一度催される、世界最大のカメラ関連の展示会“Photokina(フォトキナ)”をレポート。

トップ > 特集 > [BIRTV 2017]Day.03 常に新しいメディアであり続けられる中国のテレビ放送