PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [How to Media Composer | First]Vol.03 Media Composer Firstの編集機能

News

[How to Media Composer | First]Vol.03 Media Composer Firstの編集機能

2017-09-20 掲載

txt:小池 拓 構成:編集部

今回は実際にMedia Composer First (以下:MCF)の編集機能を解説する。まずソースモニタでちょっとした便利機能を紹介したい。

■キーボードのテンキーで素早く移動する

ソースモニタでポジションインジケーターを1秒後に数値移動させる際、キーボードのテンキーで「+100」と打ってenterキーを打つのは多くのソフトで共通だ。

F1

Media Composerフルバージョン(以下:MC)およびMCFでは、その直後にenterキーを押すと、今移動した尺と同じだけ移動できる。例えば「+200」と打ってenterキー押して2秒後に移動して、すぐにenterキーを押すとまた2秒後に移動する。これはレコードモニタでも同様だ。知っていると便利な場合も多いだろう。

■タイムラインにソースモニタの内容を表示

Final Cut Pro 7(以下:FCP7)やPremiere Pro(以下:Pr)ではソースモニタで素材の波形を表示する画面があるが、MCおよびMCFにはない。その代りに、タイムラインにソースモニタの内容を表示する機能がある。

タイムラインウィンドウ左下の「ソース/レコード タイムライン切替」ボタン(1)をクリックすると、タイムラインの表示をレコードモニタに表示されているシーケンスとソースモニタに表示されているクリップで切り替えることができる。

タイムラインにソースモニタの内容が表示されている時は、ポジションインジケーターがグリーンになる(2)。

ちなみにタイムラインで波形表示をオン/オフするには、タイムラインウィンドウ左上の「トラックコントロールパネルボタン」(3)をクリックして、各トラックに表示される波形のボタン(4)をクリックする。タイムラインに表示できれば必要に応じてズームイン、ズームアウトもできるので、話し始めや終わりの波形を確認しながらイン点、アウト点を打つのにも便利だろう。

■タイムラインにソースモニタの内容を表示

さて、編集機能。どのソフトでもお馴染みの

  • [1]上書き、割り込みのボタンを使ってポジションインジケーターの場所へ編集
  • [2]ソースモニタからタイムラインにドラッグして任意の場所に編集

という作業は基本変わらない。 [1]は画面中央の赤色矢印の「上書き」ツール(5)と黄色矢印「スプライスイン」ツール(割り込み)(6)を使用する。

便利機能としては、ポジションインジケーターを目的のカット頭に止めたい場合にcommandキー(Mac)/Ctrlキー(Windows)を押しながら目的のカット点の近くをクリックするとインジケータをピタッと止まらせることができる。もちろん他のソフトと同様のカット点移動ボタンはあるが、ダイレクトに目的のカット頭に止められるのは慣れるととても便利だ。ちなみにoption+commandキー(Mac)/Alt+Ctrlキー(Windows)だと、目的のカット点の前のカットの最後のフレームに止まる。最後のフレームにアウト点を打ちたい場合などに便利だ。

[2]の場合は、タイムライン左部にあるスマートツールを使う。赤色矢印の「リフト/オーバーライト」(7)が選択されていると上書き、黄色矢印の「削除/スプライスイン」(8)が選ばれていると割り込みとなる。

残念ながらドラッグ中に上書き、割り込みを変更することはできないので事前に選択しておく必要がある。

■選択できないという安心

タイムラインでの作業において、MCの特徴の1つを紹介したい。スマートツール(9)を全てオフにすると、タイムラインでシーケンスの各カットをクリックしてもポジションインジケーターがそこに移動するだけでカットの選択はできない。多くのソフトではありえない状態と言っていいだろう。これは、シーケンスのカット数が膨大になった時にとてもありがたい機能だと思う。

例えば、2時間の尺で1,500カットのシーケンスを編集しているとする。シーケンス全体を表示すると、タイムラインは細かい縦線で埋め尽くされる。この状態でタイムラインのカットを無意識にクリックしたら選択になったり、無意識に数ミリドラッグしたらカットの移動になってしまったりすると、その確認は非常に面倒になる。

それよりは、通常は「選択できない」環境で作業をして、必要な時だけ「意識的に」選択できるようにすることで、安心して、安全に編集ができる。FCPが普及しはじめた頃、MCユーザー向けFCPトレーニングを数多く行ったが、当時頻繁に言われた不満点が

  • 目的のカット点に直接ジャンプできない
  • タイムラインのカットを選択できてしまう

の2つだった。多くの方が「これ、選択できちゃうの?怖いね」という趣旨のことをおっしゃっていた。もちろん「そんなのは心がけ、慣れの問題」とも言えるし、普段どのような内容の編集をしているかでもその重要度は人それぞれだろう。

でも「人間はミスをする動物である」ことを前提にするならば、少しでも早く、正確に編集しなければならない環境で道具がミスを減らしてくれる機能を持っていてくれるに越したことはないと思う。カット数の多い作業環境を念頭に置いたシステムなのだなと思う機能だ。

次回はエフェクトを中心に機能を見ていきたい。

txt:小池 拓 構成:編集部
◀︎Vol.02 [How to Media Composer | First] Vol.04

[ Category : ]
[ DATE : 2017-09-20 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[How to Media Composer | First]Vol.04 Media Composer Firstのエフェクトとファイルの書き出し

txt:小池 拓 構成:編集部 Media Composer First(以下:MCF)に搭載されているエフェクトはフルバージョンと比較すると限定されたものになっているが、多... 続きを読む

[How to Media Composer | First]Vol.02 Media Composer Firstの基本操作

txt:小池 拓 構成:編集部 Media Composer | Firstのプロジェクトの作成から起動まで Vol.02では、Media Composer | Fir... 続きを読む

[How to Media Composer | First]Vol.01 「無償版」の意義

txt:小池 拓 構成:編集部 Vol.01 「無償版」の意義 Vol.02 Media Composer Firstの基本操作 Vol.03 Media Com... 続きを読む

特集記事

Inter BEE 2017 Inter BEE 2017
千葉幕張メッセにて開催されるInterBEE2017をレポート。
InterBEE2017の歩き方 InterBEE2017の歩き方
目的に合わせたブースをピックアップし、最小限の力で最大の効果が得られる最強の「Inter BEE 2017の歩き方」を紹介。
inside DaVinci 14 inside DaVinci 14
4月に行われたNAB2017にて発表となったDaVinci Resolve 14を紹介。
SIGGRAPH2016 How to Media Composer | First
誰でも無料で使えるAvid Media Composer | Firstのセットアップ方法や、使い勝手を解説していく。
QBEE2016 BIRTV 2017
中国・北京で開催されたアジア地区ではInterBEEと並ぶ大規模な放送機器展 BIRTVをレポート。
SIGGRAPH2017 SIGGRAPH2017
世界最大のCGとインタラクティブ技術の学会・展示会SIGGRAPH2017をレポート。
THE ROAD TO VR THE ROAD TO VR
幅広いジャンルで活用されているVRが、いかに普及、どのように進化していくのかを考える。
Digital Cinema Bülow VI~CineGear 2017 Digital Cinema Bülow VI~CineGear 2017
米国ハリウッドで開催された映画撮影機材の専門展示会 Cine Gear Expoをレポート。
QBEE2017 QBEE2017
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
After Beat NAB SHOW 2017 After Beat NAB SHOW 2017
東京秋葉原のUDXにおいて開催されたAfterNABshowで今年のNABの総括を考える。
NAB2017 NAB2017
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会 2017 NAB Showをレポート。
SXSW2017 SXSW2017
米国テキサス州オースティンで開催された、SXSWをレポート。
CP+2017 CP+2017
カメラと写真の総合展示会、CP+2017をレポート。
CES2017 CES2017
世界最大の国際家電見本市、2017 International CESをレポート。
PRONEWS AWARD 2016 PRONEWS AWARD 2016
2016年は映像業界にとってどのような年だったのか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。

トップ > 特集 > [How to Media Composer | First]Vol.03 Media Composer Firstの編集機能