PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [InterBEE 2017の歩き方]Fコース:体験映像の可能性を探る 〜VR/360°コース

News

[InterBEE 2017の歩き方]Fコース:体験映像の可能性を探る 〜VR/360°コース

2017-11-10 掲載

Fコース:体験映像の可能性を探る

VRや360°の映像は次第に身近になりつつある。これまでの360°撮影は、GoProや小型のミラーレスカメラなどを複数台用意して専用のリグと組み合わせて撮影を行っていた。それ故に扱いには特別な知識やポスト処理の技術が必要だった。しかし、今年発売された話題の360°カメラ「Z CAM S1」や「Insta360 Pro」は一体型で、カメラの同期制御やステッティングに関する操作の敷居を低くしている。

また、最新の360°カメラの多くはライブストリーミング機能を搭載しており、イベントの様子を360°でライブ中継するというケースが増えてきている。国内メーカーでもパナソニックは360°カメラを9月に発売し、JVCケンウッドのブースでも各種イベントで試作機を展示中だ。InterBEEは数少ない各社の360°カメラが一堂に展示される機会なので、実際に手にとって試してみるといいだろう。

VRの編集アプリケーションに関しては、Adobe Premiere ProがVRの編集機能を標準搭載しており、Final Cut Pro Xはプラグインを追加することで対応可能。展示会場では、ピクセラがリアルタイムスティッチソフト「Voysys VR」や、スマホ用のヘッドマウントゴーグルでパノラマ動画を楽しめたりライブストリーミング配信ができる「パノミル」を展示する。ピクセラはパノミルを使ってInterBEE会場内を4Kライブ配信デモを行うので、興味のある方はブースやサイトをチェックしてほしい。

01 INTER BEE IGNITION[#6505]

右はシネ・フォーカスの3Dホログラムディスプレイ「dreamoc」

360°映像や3D映像、ホログラムなどの先進映像技術を集めたゾーン「INTER BEE IGNITION」が今年も開催される。VRや360°映像をテーマにした展示社ブースや、ゾーンに設置されたオープンステージで企画セッションを行う。オープンステージでのセッション聴講は予約不要だ。

展示社ブースでは、シネ・フォーカスが英国MUSION 3D社の「MUSION 3Dホログラムシステム」とデンマークREALFICTION社の3Dホログラムディスプレイ「dreamoc」シリーズを出展する。特に注目なのは、観客とステージの間に斜めに設置した特殊なフィルムに映像を反射させるゴーストトリックと呼ばれる3Dホログラムソリューションで、1/4のデモ用ボックスで実際に世界で利用された事例を紹介する。「dreamoc HD3」は、デンマークREALFICTION社のホログラムディスプレイで、横幅1035mmと大型サイズなのが特徴。

そのほかにも、ジョリーグッドがVRソリューション、先進映像協会 ルミエール・ジャパン・アワード2017が受賞作品、日本放送協会がインテグラル立体の飛び出す絵本などを展示する。

02 Insta360[#6301]

「Insta360 ONE」や「Insta360 Pro」で話題の360°3D VRカメラブランドInsta360がInterBEEに初出展。Insta360 ONEは、360°VRアクションカメラで、2400万画素と7K画質、120fpsスロモーション撮影が特徴。また、360°映像から自由に角度を変えられる編集機能「Free Capture」でバレットタイム撮影と呼ばれる映像が誰でも簡単に制作できるのは面白い。ぜひ同社ブースでバレットタイム撮影を体験してほしい。

Insta360 Proもプロの間で話題の360°3D VRカメラだ。6つの200°魚眼レンズを搭載し、最大8K解像度で高画質な360°の写真や動画の撮影ができる。4K撮影時のリアルタイムスティッチングをはじめ、タイムラプスモードや100fpsの高速撮影、手ブレを軽減するスタビライザー機能に対応。さらに、360°ライブストリーミングにも対応しており、プロフェッショナル向けの映像制作や配信に適した機能を提供する。

03 インタニヤ[#6105]

同社の注目製品は、250°の魚眼レンズ「Entaniya Fisheye HAL 250」シリーズ。250°の広角魚眼レンズなので、カメラ1台のワンショットでVRが作成可能。面倒なステッチが不要で、VR形式に展開するためのVR変換ソフトが不要で、撮影が楽に行えるというメリットがある。Back to BackでVRを作成したいという場合は、広いオーバラップがあるため安定したステッチが行える。

200°の魚眼レンズ「Entaniya Fisheye HAL 200」も展示する。焦点距離3.65mmモデルがE/MFT/Cマウント、焦点距離5.2mmモデルがEF/Eマウントを用意している。360 VR Rigとして、Sony α7シリーズやα6500、UMC-S3CA用のSide by Side Rigを展示する。α7シリーズを使えば、フルサイズセンサーのカメラならではの自然な階調の360° VR動画が作成可能となる。

04 Too[#5207]

8K VRワークフローとして、360°カメラ「Insta360 Pro」による撮影からAdobe CC、InstaVRによる8K VRワークフローの紹介に注目。最大8K解像度で高画質な360°全天球写真・動画の撮影ができるカメラ「Insta360 Pro」で撮影をし、360°VRビデオ制作に対応する機能を強化した「Adobe Premiere Pro CC」で編集。動画の360°コンテンツ間の行き来が可能な「リンク」を設定することで、VRアプリを開発できるブラザーベースのオーサリングツール「InstaVR」で書き出す流れの360°ビデオの制作を紹介する。

特にブラウザ上で素早く簡単にVRアプリを作ることのできるWebアプリケーション「InstaVR」は面白いツールだ。InstaVRは、複数の360°動画コンテンツに行き来が可能な「リンク」を設定することで、専門知識なしでVRアプリを開発できる。一度オーサリングすれば、AndroidやiOSに対応したアプリや、Webブラウザ用コンテンツ、さらにGoogleのモバイルVRプラットフォーム「Daydream」まで、様々なプラットフォームへワンクリックで出力することができる。

Tooブースでは、放送コンテンツ制作対応4K/60p編集ターンキーシステムを展示する。ヒューレットパッカード社のワークステーション「Z840」をベースに、HDRやHLGでもストレスのない編集を実現できるとしている。

※掲載しているブース写真は過去に開催されたイベントのものです。
Eコース[Inter BEE 2017の歩き方] Aコース

[ Category : , ]
[ DATE : 2017-11-10 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[CES2018]Extra.01 停電のエレクトロニクスショーその時考える“電気”のこと

txt:小寺由子&編集部 / 構成:編集部 印象的だった今年のCES2018 1月12日に幕を閉じたCES2018。様々な余韻を残しながら、例年にない大きな変化が見られ... 続きを読む

[CES2018]Vol.07 大量中華ブースが繰り広げる「もうひとつのCES」〜真の主人公ここにあり

“DESGIN & SOURCE”と銘打たれた新設ブース。しかしその実態は…。大きさはほぼLVCCサウスホールと同じ規模面積。このテントの大きさを見るだけでも価値あり…。 txt... 続きを読む

[CES2018]Vol.06 制作・開発者目線から見たCES2018〜なぜ僕らはCESに足を向けるのか?

txt:清水幹太 編集部 /  構成:編集部 見方によって景色は大きく変わる これを書いている筆者は、普段はテクニカルディレクター及び開発者として様々な制作・開発プロジ... 続きを読む

[CES2018]Vol.05 気になるディスプレイ関連の注目ポイント

txt:江口靖二 / 編集部 構成:編集部 CES2018で気になったディスプレイ製品色々 サムスンのメディア向けカンファレンスで発表された「The Wall」 ... 続きを読む

[CES2018]Vol.04 CES2018で静かに盛り上がる「なんかいい」UX大系

txt:清水幹太  / 構成:編集部 直感的な“なんかいい”もの VRに人工知能、暗号通貨、あるいはAIスピーカー等々、最新技術の動向を色濃く投影するCESではある... 続きを読む

[CES2018]Vol.03 カメラコントロールボックスCCB-WD1で広がる映像の可能性

txt:小寺由子 編集部 / 構成:編集部 米国ラスベガスにおいて、恒例のCES2018が開催された。以前はその年の新製品や今後のコンセプトモデルなどが多数発表され、各社新製... 続きを読む

[CES2018]Vol.02 時代の潮目〜これからはモビリティが最上位概念であることを示したCES2018

txt:江口靖二 編集部 / 構成:編集部 CES2018のキーワードとは CESはご承知の通り、ここ数年テレビやデジタル家電だけの領域ではなく、IoTやAIなども含め... 続きを読む

[CES2018]Vol.01 混沌のCES開催〜“非接触性”の増加、未来のモビリティ提案

txt:西村真里子 編集部 / 構成:編集部 全く予想のつかないCES 今年のCESはいろんな意味で大いに荒れた。それは展示内容もそうだが、会期中珍しくラスベガ... 続きを読む

[最新カメラ探訪2018]Vol.03 パナソニック「AU-EVA1」開発者に訊く〜高画質とコストパフォーマンスを両立した中級機を実現

txt・構成:編集部 CineGearで発表されたEFマウント採用のシネカメラがついに登場 2017年のCineGearの発表で話題をさらったEFマウント搭載の5.7K... 続きを読む

特集記事

CES2018 CES2018
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2018をレポート。
最新カメラ探訪2018 最新カメラ探訪2018
国内3大メーカーが世に問う「映像表現を進化させるプロダクト」とは?最新カメラ事情を紹介。
PRONEWS AWARD 2017 PRONEWS AWARD 2017
2017年は映像業界にとってどのような年だったのか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2017 Inter BEE 2017
千葉幕張メッセにて開催されるInterBEE2017をレポート。
InterBEE2017の歩き方 InterBEE2017の歩き方
目的に合わせたブースをピックアップし、最小限の力で最大の効果が得られる最強の「Inter BEE 2017の歩き方」を紹介。
inside DaVinci 14 inside DaVinci 14
4月に行われたNAB2017にて発表となったDaVinci Resolve 14を紹介。
SIGGRAPH2016 How to Media Composer | First
誰でも無料で使えるAvid Media Composer | Firstのセットアップ方法や、使い勝手を解説していく。
QBEE2016 BIRTV 2017
中国・北京で開催されたアジア地区ではInterBEEと並ぶ大規模な放送機器展 BIRTVをレポート。
SIGGRAPH2017 SIGGRAPH2017
世界最大のCGとインタラクティブ技術の学会・展示会SIGGRAPH2017をレポート。
THE ROAD TO VR THE ROAD TO VR
幅広いジャンルで活用されているVRが、いかに普及、どのように進化していくのかを考える。
Digital Cinema Bülow VI~CineGear 2017 Digital Cinema Bülow VI~CineGear 2017
米国ハリウッドで開催された映画撮影機材の専門展示会 Cine Gear Expoをレポート。
QBEE2017 QBEE2017
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
After Beat NAB SHOW 2017 After Beat NAB SHOW 2017
東京秋葉原のUDXにおいて開催されたAfterNABshowで今年のNABの総括を考える。
NAB2017 NAB2017
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会 2017 NAB Showをレポート。
SXSW2017 SXSW2017
米国テキサス州オースティンで開催された、SXSWをレポート。

トップ > 特集 > [InterBEE 2017の歩き方]Fコース:体験映像の可能性を探る 〜VR/360°コース