PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [PRONEWS AWARD 2017]Vol.02 レンズ部門ノミネート製品〜近年レンズが最も輝いた年

News

[PRONEWS AWARD 2017]Vol.02 レンズ部門ノミネート製品〜近年レンズが最も輝いた年

2017-12-25 掲載

1 2

名門レンズメーカーから新ズームレンズとプライムレンズのリニューアルが登場

左からズーム比3倍の標準ズームレンズ「Type EZ-1」、ズーム比2.7倍の広角ズームレンズ「Type EZ-2」

2017年は、アンジェニューやツァイスといった老舗のシネマレンズメーカーから新製品が相次いだ。アンジェニューのEZシリーズの特徴は、後玉レンズ交換方式採用のSuper35mmのイメージサークル(最大30mm)とフルフレーム/ビスタビジョンのイメージサークル(最大46mm)に対応可能なところだ。レンズマウントもPL、EF、Eマウントに任意で交換でき、Super35mmやフルフレーム(フルサイズ)センサーのシネマカメラやDSLRに使用できる。Type EZ-1はSuper35mmフォーマットのカメラと組み合わせた場合、30-90mm F1.9/T2、Type EZ-2はSuper35mmカメラと組み合わせた場合15-40mmF1.9/T2となる。

10種類のコンパクトプライムレンズ「CP.3」シリーズ

ツァイスはNABで10種類のコンパクトプライムレンズ「CP.3」シリーズを発表。広角から望遠まで15mmから135mmまでをラインナップし、24×36mmのフルフレームフォーマットをカバーし、キヤノンやニコン、ソニーの一眼カメラに対応する。鏡筒前枠は95mmに統一され、従来のCP.2と比較して軽量小型化を実現している。特に注目なのは、フォーカス位置ごとのレンズ補正データが記録できる「ZEISS eXtended Data」を内蔵した「CP.3 XD」だ。レンズ名、レンズ製造番号、開放絞り値、実絞り設定値、焦点距離、実撮影距離、フォーカス位置ごとの被写界深度、フォーカス位置ごとの湾曲収差補正データ、周辺減光補正データなどのポストプロダクションに役に立つ情報の出力に対応する。

国産メーカーからお手頃な値段のシネレンズが登場

左から18-55mmの標準ズームレンズ「FUJINON MK18-55mm T2.9」、50-135mmの望遠ズームレンズ「FUJINON MK50-135mm T2.9」

2017年はお手頃なシネレンズのリリースが相次いだ。富士フイルムの「MKレンズ」シリーズは、18-55mmの標準ズームレンズ「FUJINON MK18-55mm T2.9」と50-135mmの望遠ズームレンズ「FUJINON MK50-135mm T2.9」のシネマカメラ用レンズ。Super 35mmやAPS-Cセンサー対応のEマウントを採用したボディに対応する。

MKレンズの魅力は、デジタルカメラ用交換レンズの持つズーミング時の焦点移動や光軸ずれ、フォーカシング時の画角変更(ブリージング)を抑制しているところだ。この他、フォーカス、ズーム、アイリス(絞り)を独立マニュアル操作可能な3連リングを搭載し、全ての操作リングのギアピッチを0.8M(モジュール)に統一。フォーカスリングの回転角を幅広い200°に設計し、精緻なフォーカシングを可能にするなどの操作性も実現している。

左から「SIGMA 18-35mm T2」と「SIGMA 24-35mm T2.2 FF」

シグマは、IBC2016でシネマカメラ用の交換レンズ「SIGMA CINE LENS」を発表。一般的なデジタルシネマカメラのSuper35mmのイメージサークルに対応したHigh Speed Zoomシリーズと、フルフレームに対応したFF High Speed Primeシリーズ、FF Zoomシリーズをラインナップ。フレア、ゴーストの低減やシャープネスとボケの両立など、スチルカメラで定評のあるクオリティをシネレンズでも実現している。

PRONEWS AWARD 2017 レンズ部門ノミネート製品

以上がレンズ部門のノミネート製品となる。

  • アンジェニュー シネマズームレンズ「Angenieux Type EZ」シリーズ
  • Carl Zeiss シネプライムレンズ「Compact Prime CP.3」
  • 富士フイルム シネマカメラ用レンズ「MKレンズ」シリーズ(FUJINON MK18-55mm T2.9/FUJINON MK50-135mm T2.9)
  • シグマ 「SIGMA CINE LENS」シリーズ

何が受賞するのか…?発表は、次頁!

1 2

[ Category : ]
[ DATE : 2017-12-25 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[PRONEWS AWARD 2017]Vol.05 PRONEWS AWARD大賞 -2017年大晦日に思うこと-

VARICAMを継承しながらコストパフォーマンスに優れたシネマカメラ「AU-EVA1」 毎年大晦日の恒例、いよいよPRONEWS AWARDの発表だ。再度受賞下プロダクトやノ... 続きを読む

[PRONEWS AWARD 2017]Vol.04 トレンド2017部門ノミネート製品~映像新領域

中国系のベンチャー企業がリリースする360°カメラが話題 今年からVRやIP、HDR、空撮などの新領域で最も話題になった製品に授与する「トレンド2017部門」を新設。VRに関... 続きを読む

[PRONEWS AWARD 2017]Vol.03 周辺機器/ポストプロダクション部門ノミネート製品〜映像業界を支える周辺機器

小型化多機能化が一層進んだビデオスイッチャー イベントやセミナーなどのライブ配信の需要の増加と共に、マルチカム運用によるスイッチャーへの注目度も増している。そんな期待に応えて... 続きを読む

[PRONEWS AWARD 2017]Vol.01 4K/8K時代の新領域カメラ部門

100万円以下の4K対応シネマカメラが各社から登場 2017年は、4K/10ビット4:2:2映像や、RAWの内部収録対応で100万円を切る4Kまたは4K以上のSuper35m... 続きを読む

[PRONEWS AWARD 2017]Vol.00 映像業界の2017年を振り返ろう

年の瀬に振り返る映像業界の今と未来 年末恒例のPRONEWS AWARDの季節である。いよいよAWARDも今年で8回目を迎えた。毎度この年の瀬の時期に思う事は、今年も映像業界... 続きを読む

特集記事

10万円以下のジンバル選び 10万円以下のジンバル選び
一層注目が増している小型カメラジンバルをDJIやZHIYUN、FEIYU TECH、FILMPOWERの4社5機種に渡って比較紹介。
Inter BEE 2018 Inter BEE 2018
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2018の歩き方 InterBEE 2018の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編 新世紀シネマレンズ漂流:もの作りの現場から
「新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編」の続編。前回紹介することができなかったシネマレンズメーカーを取材。
Photokina2018 Photokina2018
ドイツ・ケルンメッセで開催されたスチルカメラの祭典 Photokina2018をレポート。
IBC2018 IBC2018
オランダ・アムステルダムで開催された欧州最大の映像・放送の展示会IBC2018をレポート。
映画「万引き家族」〜撮影部と撮影監督の眼差し 映画「万引き家族」〜撮影部と撮影監督の眼差し
「万引き家族」はいかにして生まれたのか?今回の特集ではその制作側を覗いてみる。
SIGGRAPH2018 SIGGRAPH2018
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2017をレポート。
BIRTV2018 BIRTV2018
中国・北京で開催されたアジア地区ではInterBEEと並ぶ大規模な放送機器展 BIRTVをレポート。
QBEE2018 QBEE2018
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
inside DaVinci 15 inside DaVinci 15
史上最大のアップデートを実現したと言われるDaVinci Resolve 15に関する最新動向をまとめてみた。
Cine Gear Expo 2018 Cine Gear Expo 2018
米ハリウッドの中心、パラマウントスタジオで開催された「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2018 After Beat NAB SHOW 2018
東京・秋葉原で開催された「After NAB Show Tokyo 2018」をレポート。
NAB2018 スペシャルレポート NAB2018
世界最大の放送機器展覧会「2018 NAB Show(NAB2018)」をレポート。
Your Choice?GH5 or GH5S Your Choice?GH5 or GH5S
映像業界で活躍中のカメラマンやディレクターに聞く「GH5」と「GH5S」の選び方。

トップ > 特集 > [PRONEWS AWARD 2017]Vol.02 レンズ部門ノミネート製品〜近年レンズが最も輝いた年