PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [PRONEWS AWARD 2017]Vol.04 トレンド2017部門ノミネート製品~映像新領域

News

[PRONEWS AWARD 2017]Vol.04 トレンド2017部門ノミネート製品~映像新領域

2017-12-29 掲載

1 2

中国系のベンチャー企業がリリースする360°カメラが話題

今年からVRやIP、HDR、空撮などの新領域で最も話題になった製品に授与する「トレンド2017部門」を新設。VRに関しては各地でVRエンターテインメント施設や体験スポットが続々とオープンするほど今年も勢いは健在だが、360°カメラの新製品も多かった。その中でも特に中国系のベンチャー企業がリリースする360°カメラが多くの反響を呼んだ。

左からArashi Vision社の「Insta360 ONE」、Arashi Vision社の「Insta360 Pro」、ImagineVision Technology社の「Z CAM S1」、リコーの「THETA V」

Shenzhen Arashi Vision社の「Insta360 ONE」は、手のひらサイズの4K・2400万画素の360°カメラ。最大7K(6912×3456)の360°動画は120fpsスロモーション撮影が可能。特に、バレットタイム撮影と呼ばれる特殊な映像がカメラとスマホだけで制作できることで大変話題を呼んだ。

同じくArashi Vision社の「Insta360 Pro」は、6つの魚眼レンズと4つのマイクで最大8K品質の360°の静止画や動画、4K 3Dの360°静止画や動画、4Kライブストリーミングにも対応する業務用の360°カメラだ。Shenzhen ImagineVision Technology社の「Z CAM S1」は、6K30fpsから4K60fpsの全天球360°動画の撮影が可能。リコーの「THETA V」は、4Kの360°動画に対応。特徴は4chのマイクの内蔵で空間音声記録に対応する。

空撮をますます身近にした小型軽量のドローン「Spark」

DJIの「Spark」

DJIの「Spark」は安価で手のひらサイズを実現したドローンで、今年一番話題になった機体といっていいだろう。カメラのセンサーは、1/2.3インチCMOSの12MPに2軸メカニカルのジンバルを搭載し、安定した動画の撮影が可能。特に手のジェスチャーだけで機体をコントロールできるジェスチャーコントロール機能が特徴で、ドローンを使った自撮りも可能としている。

放送とインターネット配信のビデオ制作フローを融合したオールインワンシステム

NewTekの「TriCaster TC1」

NewTekは、TriCasterシリーズの新モデルで最大4K UHD 60pのフォーマットに対応した外部16入力チャンネルのライブプロダクションシステム「TriCaster TC1」を発表。NDIテクノロジーを実装し、Skype TXテクノロジーを実装したことで、遠隔地から送られてくるSkype通話ビデオチャンネルをライブ番組の入力ソースとして追加することを可能としている。

PRONEWS AWARD 2017 トレンド2017部門ノミネート製品

以上がトレンド2017部門のノミネート製品となる。

  • Arashi Vision社 「Insta360 ONE」
  • Arashi Vision社 「Insta360 Pro」
  • ImagineVision Technology社 「Z CAM S1」
  • リコー 「THETA V」
  • DJI 「Spark」
  • GoPro 「Karma」
  • NewTek 「TriCaster」

何が受賞するのか…?発表は、次頁!

1 2

[ Category : ]
[ DATE : 2017-12-29 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[PRONEWS AWARD 2017]Vol.05 PRONEWS AWARD大賞 -2017年大晦日に思うこと-

VARICAMを継承しながらコストパフォーマンスに優れたシネマカメラ「AU-EVA1」 毎年大晦日の恒例、いよいよPRONEWS AWARDの発表だ。再度受賞下プロダクトやノ... 続きを読む

[PRONEWS AWARD 2017]Vol.03 周辺機器/ポストプロダクション部門ノミネート製品〜映像業界を支える周辺機器

小型化多機能化が一層進んだビデオスイッチャー イベントやセミナーなどのライブ配信の需要の増加と共に、マルチカム運用によるスイッチャーへの注目度も増している。そんな期待に応えて... 続きを読む

[PRONEWS AWARD 2017]Vol.02 レンズ部門ノミネート製品〜近年レンズが最も輝いた年

名門レンズメーカーから新ズームレンズとプライムレンズのリニューアルが登場 左からズーム比3倍の標準ズームレンズ「Type EZ-1」、ズーム比2.7倍の広角ズームレンズ「... 続きを読む

[PRONEWS AWARD 2017]Vol.01 4K/8K時代の新領域カメラ部門

100万円以下の4K対応シネマカメラが各社から登場 2017年は、4K/10ビット4:2:2映像や、RAWの内部収録対応で100万円を切る4Kまたは4K以上のSuper35m... 続きを読む

[PRONEWS AWARD 2017]Vol.00 映像業界の2017年を振り返ろう

年の瀬に振り返る映像業界の今と未来 年末恒例のPRONEWS AWARDの季節である。いよいよAWARDも今年で8回目を迎えた。毎度この年の瀬の時期に思う事は、今年も映像業界... 続きを読む

特集記事

10万円以下のジンバル選び 10万円以下のジンバル選び
一層注目が増している小型カメラジンバルをDJIやZHIYUN、FEIYU TECH、FILMPOWERの4社5機種に渡って比較紹介。
Inter BEE 2018 Inter BEE 2018
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2018の歩き方 InterBEE 2018の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編 新世紀シネマレンズ漂流:もの作りの現場から
「新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編」の続編。前回紹介することができなかったシネマレンズメーカーを取材。
Photokina2018 Photokina2018
ドイツ・ケルンメッセで開催されたスチルカメラの祭典 Photokina2018をレポート。
IBC2018 IBC2018
オランダ・アムステルダムで開催された欧州最大の映像・放送の展示会IBC2018をレポート。
映画「万引き家族」〜撮影部と撮影監督の眼差し 映画「万引き家族」〜撮影部と撮影監督の眼差し
「万引き家族」はいかにして生まれたのか?今回の特集ではその制作側を覗いてみる。
SIGGRAPH2018 SIGGRAPH2018
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2017をレポート。
BIRTV2018 BIRTV2018
中国・北京で開催されたアジア地区ではInterBEEと並ぶ大規模な放送機器展 BIRTVをレポート。
QBEE2018 QBEE2018
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
inside DaVinci 15 inside DaVinci 15
史上最大のアップデートを実現したと言われるDaVinci Resolve 15に関する最新動向をまとめてみた。
Cine Gear Expo 2018 Cine Gear Expo 2018
米ハリウッドの中心、パラマウントスタジオで開催された「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2018 After Beat NAB SHOW 2018
東京・秋葉原で開催された「After NAB Show Tokyo 2018」をレポート。
NAB2018 スペシャルレポート NAB2018
世界最大の放送機器展覧会「2018 NAB Show(NAB2018)」をレポート。
Your Choice?GH5 or GH5S Your Choice?GH5 or GH5S
映像業界で活躍中のカメラマンやディレクターに聞く「GH5」と「GH5S」の選び方。

トップ > 特集 > [PRONEWS AWARD 2017]Vol.04 トレンド2017部門ノミネート製品~映像新領域