中国系のベンチャー企業がリリースする360°カメラが話題

今年からVRやIP、HDR、空撮などの新領域で最も話題になった製品に授与する「トレンド2017部門」を新設。VRに関しては各地でVRエンターテインメント施設や体験スポットが続々とオープンするほど今年も勢いは健在だが、360°カメラの新製品も多かった。その中でも特に中国系のベンチャー企業がリリースする360°カメラが多くの反響を呼んだ。

左からArashi Vision社の「Insta360 ONE」、Arashi Vision社の「Insta360 Pro」、ImagineVision Technology社の「Z CAM S1」、リコーの「THETA V」

Shenzhen Arashi Vision社の「Insta360 ONE」は、手のひらサイズの4K・2400万画素の360°カメラ。最大7K(6912×3456)の360°動画は120fpsスロモーション撮影が可能。特に、バレットタイム撮影と呼ばれる特殊な映像がカメラとスマホだけで制作できることで大変話題を呼んだ。

同じくArashi Vision社の「Insta360 Pro」は、6つの魚眼レンズと4つのマイクで最大8K品質の360°の静止画や動画、4K 3Dの360°静止画や動画、4Kライブストリーミングにも対応する業務用の360°カメラだ。Shenzhen ImagineVision Technology社の「Z CAM S1」は、6K30fpsから4K60fpsの全天球360°動画の撮影が可能。リコーの「THETA V」は、4Kの360°動画に対応。特徴は4chのマイクの内蔵で空間音声記録に対応する。

空撮をますます身近にした小型軽量のドローン「Spark」

DJIの「Spark」

DJIの「Spark」は安価で手のひらサイズを実現したドローンで、今年一番話題になった機体といっていいだろう。カメラのセンサーは、1/2.3インチCMOSの12MPに2軸メカニカルのジンバルを搭載し、安定した動画の撮影が可能。特に手のジェスチャーだけで機体をコントロールできるジェスチャーコントロール機能が特徴で、ドローンを使った自撮りも可能としている。

放送とインターネット配信のビデオ制作フローを融合したオールインワンシステム

NewTekの「TriCaster TC1」

NewTekは、TriCasterシリーズの新モデルで最大4K UHD 60pのフォーマットに対応した外部16入力チャンネルのライブプロダクションシステム「TriCaster TC1」を発表。NDIテクノロジーを実装し、Skype TXテクノロジーを実装したことで、遠隔地から送られてくるSkype通話ビデオチャンネルをライブ番組の入力ソースとして追加することを可能としている。

PRONEWS AWARD 2017 トレンド2017部門ノミネート製品

以上がトレンド2017部門のノミネート製品となる。

  • Arashi Vision社 「Insta360 ONE」
  • Arashi Vision社 「Insta360 Pro」
  • ImagineVision Technology社 「Z CAM S1」
  • リコー 「THETA V」
  • DJI 「Spark」
  • GoPro 「Karma」
  • NewTek 「TriCaster」

何が受賞するのか…?発表は、次頁!