PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [CP+2018]ハッセルブラッドブース:1億画素を誇る中判デジタルカメラや、マルチショットで4億画素を実現する「ハッセルブラッドH6D」シリーズを展示
News

[CP+2018]ハッセルブラッドブース:1億画素を誇る中判デジタルカメラや、マルチショットで4億画素を実現する「ハッセルブラッドH6D」シリーズを展示

#Hasselblad #Hassel #CP+2018

2018-03-02 掲載

ハッセルブラッドブース 360°全天球動画
RICOH THETA Sで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ChromeブラウザおよびiOS/Android版YouTubeアプリが必要です。(アプリ起動はこちら)

一億画素の撮影を実現する「ハッセルブラッドHシステムのH6D」

左から「Hasselblad HCD 35-90mmF4-5.6」と「Hasselblad HC 50-110mmF3.5-4.5」の2本のズームレンズが展示されていた。ボディは「Hasselblad H6D-100c」

ハッセルブラッドブースのメインの展示はHシステムの「H6D」シリーズで、1億画素を誇る中判デジタルカメラ「H6D-100c」が展示されていた。以前までの中判デジタルカメラのイメージセンサーはCCDが一般的で、感度が低いために「スタジオ専門のカメラ」という認識が一般的だった。H6Dのセンサーには感度200や400と上げていってもノイズに悩まされれないCMOSを搭載し、比較的高感度でも使える中判カメラになっているという。

ボディからデジタルカメラバックを外したところ。センサーのサイズは40.0×53.4mm 1億画素のマルチショットで4億画素を実現する「ハッセルブラッドH6D-400C MS」。ガラスケースに入れられた状態で展示されていた

薄型ボディが魅力のハッセルブラッドのミラーレス中判デジタルカメラ「X1D」

X1Dのボディはブラックとシルバーの2種類用意されている

ハッセルブラッドのミラーレス中判デジタルカメラ「X1D」の展示も大変な注目を集めていた。中判デジタルカメラだが、最少サイズを実現しており、特に薄いボディを特長としている。16ビットの階調により、暗部から明るいところまでをしっかりと表現できるのを特長とする。レンズシャッターの採用により最大2000分の1までシンクロする。日中シンクロなど野外でストロボ撮影をする際に重宝するという。レンズは、広角から30mm、45mm、90mm、120mmのマクロの4本がラインナップされている。

ハッセルブラッドの空撮カメラ「ハッセルブラッドA6D」

ハッセルブラッドの空撮専用カメラ「A6D-100c」

ハッセルブラッドA6D呼ばれる空撮専用のカメラも展示されていた。Hシステムをベースに空撮用の専用設計のカメラボディや空撮用の専用レンズをラインナップしている。

DJI M600やジンバルと組み合わせた展示が行われていた

最高クオリティのスキャナーとしてお馴染みの「フレックスタイトX5」

最高峰のフィルムスキャナーとして昔から親しまれているFlextightスキャナー。FireWireに対応したX5が展示されていた

フレックスタイトを知らない人は「シュレッターですか?」と思うかもしれない。昔からフィルムスキャナのー最高峰として有名なFlextightスキャナーの「X5」が展示されていた。インターフェイスはFireWireで、専用ソフトウエアは「FlexColor」を採用している。フィルムスキャナーだが、問い合わせは増えているという。業界に競合製品はなく、「オンリーワンの製品」と紹介していた。


[ Category : , ]
[ DATE : 2018-03-02 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[再現:CP+2020]Vol.06 ハッセルブラッドジャパン、待望の最小中判カメラシステム「907X」シリーズについて聞く

取材・文:編集部 CP+2020のハッセルブラッドブースではミュージアムを予定していた 2019年はCP+未出展だったハッセルブラッドジャパン。今年は、DJIとの合同ブ... 続きを読む

[CP+2019]DJI JAPANブース:実機やシミュレーターでドローンの魅力をアピール。憧れのALPA 12 TCも展示

ドローンは「Mavic 2 Pro」と「Mavic 2 Zoom」を展示 DJIは今年もCP+2019に出展。ドローンは、「Mavic 2 Pro」、「Mavic 2 Zoo... 続きを読む

[CP+2018]ATOMOSブース:SUMO19M/SUMO19、NINJA INFERNOを様々なカメラと組み合わせた展示

ATOMOSはNABやInterBeeでは大きなブースを構えて各社の最新のカメラと組み合わせた出展を行っているが、CP+は写真が中心のイベントということもあり、かなり規模を縮小した... 続きを読む

[CP+2018]EIZOブース:写真、動画の両方で信頼性のあるカラーマネジメントディスプレイ

写真でもビデオでもカラーグレーディングを行う場合は信頼性のあるモニターが必要となる。モニターを見ながら色味などを調整するので当然だが、プリントが必要になる写真の場合はプリンターや最... 続きを読む

[CP+2018]Vol.03 ブラッシュアップされたカメラ、レンズ製品に注目。やっぱりレンズが好き!

技術の進歩により高クオリティな製品が多数登場 多少風が強いものの引き続き快晴のみなとみらいのCP+会場。3日目の今日は再びメイン会場に戻ってレポートを再開しよう。 カメ... 続きを読む

[CP+2018]平和精機工業ブース:ハンズフリーモノポッド「HFMP」とクイックリリースアダプター「AP-X」を組み合わせた「HFMP AP KIT」を展示

平和精機工業は一眼レフカメラにも最適な一脚ハンズフリーモノポッドHFMPや、三脚システムRSシリーズのほか、スライダーシステムLIBEC ALLEXなどを出展した。 今回の新... 続きを読む

[CP+2018]アドビ システムズブース:写真家やエバンジェリストが、LightroomやPhotoshopの使いこなしを解説

「Lightroom」と「Photoshop」の便利な使いこなし術をセッションで紹介 アドビは昨年のCP+に引き続き、今年も出展。ブース内のステージに大型スクリーンを設けて4... 続きを読む

[CP+2018]リコーブース:THETAを活用した新しい映像&音声コミュニケーションサービスを提案。参考出品の新開発スターレンズも展示

リコーブース 360°全天球動画 RICOH THETA Sで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chromeブラウザおよび... 続きを読む

[CP+2018]プロフォトブース:世界最小のスタジオライト「Profoto A1」を一押しで展示

プロフォトブースの一押しは、昨年9月に発表した小型のストロボ「A1」だ。プロフォトというと世界トップクラスのストロボメーカーであり、特にバッテリー式でコードレスのオフカメラフラッシ... 続きを読む

特集記事

	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [CP+2018]ハッセルブラッドブース:1億画素を誇る中判デジタルカメラや、マルチショットで4億画素を実現する「ハッセルブラッドH6D」シリーズを展示