PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [CP+2018]Vol.01 カメラの祭典CP+開催~目立つスマートフォンでの撮影とその周辺機器

News

[CP+2018]Vol.01 カメラの祭典CP+開催~目立つスマートフォンでの撮影とその周辺機器

2018-03-02 掲載

天候に恵まれた今年のCP+。春の陽気に誘われて…

2018年3月1から4日までの4日間パシフィコ横浜および大さん橋ホールにおいてCP+2018が開催された。今年は横浜に開催地を移して9年目にあたり、日本カメラショー時代から数えると50年を越えるそうである。半世紀にわたる中でカメラユーザーの層や利用の方法も様変わりしており、今年は若い女性をターゲットにした新企画Photo Weekendや、新しい写真集フェアPhotobook JP、パリをテーマにした企画などがトピックとなっているようだ。また、アネックスホール2Fでは恒例の中古カメラフェアやフォトアクセサリーアウトレットが開催され、「撮る、見る、つながる」をテーマにこの地域を挙げてのイベントになっている。

午後2時を回るころには交通機関の様子を見ていたと思われる来場者が一気に詰めかけた格好になり会場は人で溢れかえった

今回は朝から暴風雨による交通の乱れがあったものの、ほどなく天候が回復し、昼近くには気温も上がり春の陽気に包まれた。つい数時間前の天候がウソのような快晴となった。例年初日の午前中はマスコミや招待者のみの来場になり、その間午後からの一般入場を待つ長打の行列ができるのだが、今回は交通機関の回復をみながら来場のタイミングを図っていたようで、来場待ちの行列は短かった。とはいえ、2~3時事から一気に会場に来場者があふれかえって会場内の熱気が一気に上がった。

顕著に見えるスマードフォンで写真や動画をとるということ

ハイブリッドインスタントカメラSQ10。デジタルカメラにチェキのプリント機能を合体したようなカメラ。撮影した写真を選択、画像加工してチェキプリント出力できる。画面はチェキシリーズ初のスクエアフォーマット

スマートフォンに内蔵されたカメラの性能や機能が向上し、一般的にはこれで充分といえるところまで進化している。スマホではこうして撮影した写真をSNSなどにアップすることも容易で、すでにほとんどスマホユーザーがこうした機能を利用しているのではないだろうか。

4K 60fps動画対応のスポーツアクションカメラSJCAM SJ8。GoProそっくりの中華製のアクションカメラもすでにいくつかのメーカーから発売されており、国内にもこうして展開を始めている

一般の人が写真を楽しむ環境がプリントからSNSへとかなりの部分が移行してしまった現在、それまで写真撮影に利用していたコンパクトデジカメの存在が危うくなってきたというわけだ。もちろんコンデジのメーカーも手をこまねいていたわけではなく、スマホでは撮影が難しい部分をフォローする機能で対応したり、逆にスマホとの連携で活路を見出したりしてきた。とはいえ絶対数は下がってきておりこうした努力にも限界があるようだ。

ジンバル機構によるカメラスタビライザーだけでなく360°のパノラマ撮影にも対応しているDJI OSMO

とはいえ、InstagramなどのWeb上では様々な写真があふれかえり、フォロワー数や閲覧数などで報酬が発生する場合は掲載する写真のクオリティが必要になることも多い。こうしたWeb上での報酬で生計を立てているプロもいるが、ロケバスなどを使える大掛かりな撮影機材でなく、ほとんどは個人装備の範疇でこなしており、最近はこうした個人装備系のアクセサリーも充実してきた。

昨年Kickstarterで公開されたスマートフォンとアクションカム用のユニークな小型スタビライザーSteadicam Volt。銀一ブース Webに上げる写真や動画撮影ではこうした自撮り棒が定番だが、機能だけでなくデザイン的にもバリエーションが増えている。Shenzhen Sprocomm Technologiesブース スマートフォンに装着するライト。スマートフォンのライトの上にかぶせるように装着。照明のON/OFFはスマホのライトに連動する。まぶしいほどでかなりの光量がある。LPL商事ブース 瞳にドーナッツ状のアイキャッチが入るリング照明。よしみカメラのアカリーナ
[CP+2018] Vol.02

[ Category : , ]
[ DATE : 2018-03-02 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[BIRTV2018]Vol.08 ブースレポートPart03 周辺機器メーカー編

txt・構成:編集部 BIRTVのカメラメーカー編、レンズメーカー編に続き、照明やレコーダーを扱う主要なメーカーのブースレポートを紹介しよう。 Falcon Eye... 続きを読む

[BIRTV2018]Vol.07 ブースレポートPart02 レンズメーカー編

txt・構成:編集部 ブースレポートPart01に引き続き、BIRTVに出展していた主要なレンズメーカーをレポートしよう。 FUJIFILM (China) Inves... 続きを読む

[BIRTV2018]Vol.06 ブースレポートPart01 カメラメーカー編

txt・構成:編集部 2018年のBIRTVは、放送、映画制作会社、運営代理店を中心に520の出展社、展示会場は5万平方メートル以上の規模で開催された。日本のInterBEE... 続きを読む

[BIRTV2018]Vol.04 ジンバル製品で気になったあれこれ

txt:小寺信良 構成:編集部 激戦区の軽量カメラシステム向けジンバル プロからすれば当たり前のものだが、一般的にはほとんど興味を持たれないというジャンルがある。その最... 続きを読む

[BIRTV2018]Vol.03 BIRTVでしかお目にかかれない機材たち

txt:小寺信良 構成:編集部 聞いたことのないメーカーの製品がおもしろい BIRTVの展示は、ほぼ中国国内へ向けての製品アピールであって、必ずしもインターナショナルな... 続きを読む

[BIRTV2018]Vol.02 シネマカメラ業界で存在感を放つKinefinityの魅力をCEO Jihua Zheng氏に聞く

txt・構成:編集部 今話題の中華製シネマカメラメーカーKinefinityを日本初直撃! BIRTVの注目といえば、中国ブランドのメーカーの展示だ。特にKinefinityは... 続きを読む

[BIRTV2018]Vol.01 JVC CONNECTED PRO CAM全貌が明らかに。| Roland中国向けの戦略とは?

txt:小寺信良 構成:編集部 いい意味で期待を裏切られたBIRTV 4月のNAB、11月のInterBEEと、PRONEWSでは取材班を編成して大規模な報道活動を行ってい... 続きを読む

[BIRTV2018]Vol.00 躍進凄まじい中国開催のBIRTVに注目せよ!

あなどれない中国スタンダードへの道 ダイナミックに躍進を続ける中国。PRONEWS編集部でもその中国で毎年開催されるBIRTVを詳細にお伝えするようになって2回目... 続きを読む

[QBEE2018]Vol.02 九州放送機器展2日目。外は豪雨でも中は熱いぜ!

txt/movie:MonkeyHills(岡英史&猿田守一) 構成:編集部 今年も雨だったQBEE最終日 QBEE最終日は土砂降りの雨の中からスタート。さすがに開場時... 続きを読む

特集記事

映画「万引き家族」〜撮影部と撮影監督の眼差し 映画「万引き家族」〜撮影部と撮影監督の眼差し
「万引き家族」はいかにして生まれたのか?今回の特集ではその制作側を覗いてみる。
SIGGRAPH2018 SIGGRAPH2018
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2017をレポート。
BIRTV2018 BIRTV2018
中国・北京で開催されたアジア地区ではInterBEEと並ぶ大規模な放送機器展 BIRTVをレポート。
QBEE2018 QBEE2018
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
inside DaVinci 15 inside DaVinci 15
史上最大のアップデートを実現したと言われるDaVinci Resolve 15に関する最新動向をまとめてみた。
Cine Gear Expo 2018 Cine Gear Expo 2018
米ハリウッドの中心、パラマウントスタジオで開催された「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2018 After Beat NAB SHOW 2018
東京・秋葉原で開催された「After NAB Show Tokyo 2018」をレポート。
NAB2018 スペシャルレポート NAB2018
世界最大の放送機器展覧会「2018 NAB Show(NAB2018)」をレポート。
Your Choice?GH5 or GH5S Your Choice?GH5 or GH5S
映像業界で活躍中のカメラマンやディレクターに聞く「GH5」と「GH5S」の選び方。
SXSW2018 SXSW2018
米国テキサス州オースティンで開催されたSXSWをレポート。
CP+2018 CP+2018
パシフィコ横浜にて開催されたカメラと写真の総合展示会「CP+2018」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編 新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編
2017年から2018年にかけて発売する、人気のスチルカメラ用レンズも含めた最新の単焦点シネレンズを紹介。
CES2018 CES2018
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2018をレポート。
最新カメラ探訪2018 最新カメラ探訪2018
国内3大メーカーが世に問う「映像表現を進化させるプロダクト」とは?最新カメラ事情を紹介。
PRONEWS AWARD 2017 PRONEWS AWARD 2017
2017年は映像業界にとってどのような年だったのか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。

トップ > 特集 > [CP+2018]Vol.01 カメラの祭典CP+開催~目立つスマートフォンでの撮影とその周辺機器