PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [CP+2018]コシナブース:「MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 E-mount」や「COLOR-SKOPAR 21mmF3.5 As…

News

[CP+2018]コシナブース:「MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 E-mount」や「COLOR-SKOPAR 21mmF3.5 Aspherical E-mount」を参考出品

2018-03-04 掲載

コシナブース 360°全天球動画
RICOH THETA Sで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ChromeブラウザおよびiOS/Android版YouTubeアプリが必要です。(アプリ起動はこちら)

CP+で3本のレンズを参考出品

注目の製品は、参考出品として展示されていた「MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 E-mount」と「COLOR-SKOPAR 21mmF3.5 Aspherical E-mount」、「NOKTON 50mm F1.2 Aspherical VM」。「MACRO APO-LANTHAR 110mm」と「NOKTON 50mm」はブース内カウンターにて実際の製品を試すことができるようになっていた。

また、フォクトレンダーやカールツァイスのタッチアンドトライコーナーが設けられており、現行製品全てが試せるようになっていた。カメラを持参すれば自身のカメラでの試写することも可能。タッチアンドトライコーナーの中でも、特にフォクトレンダーのEマウントシリーズの周りに人が多く集まっていた。

フォクトレンダーのEマウントシリーズの交換レンズの周りには多くの人が集まっていた

フォクトレンダーのEマウントシリーズは、10mm、12mm、15mm、35mm、40mm、65mmの6本をラインアップしているが、その中でも特に解像性能が特長のMACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical E-mountを実機で確かめたいという人や、発売されたばかりのNOKTON 40mm F1.2 Aspherical、NOKTON classic 35mm F1.4を実際に触ってみたいという人が多いという。

■MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 E-mount

フォクトレンダーのレンズにおいて特に高性能な製品に与えられる称号「PO-LANTHAR」をもつ交換レンズ。フルサイズのイメージセンサーをカバーするソニーEマウントのイメージセンサーに対応。最大撮影倍率は、等倍(撮影距離35cm) 。価格や発売時期は未定。

■COLOR-SKOPAR 21mmF3.5 Aspherical E-mount

コンパクトで高性能を特長とするフォクトレンダー「COLOR-SKOPAR」シリーズの交換レンズで、全長39.9mmのコンパクト設計により、携帯性を高めた高性能・超広角レンズとなっている。デジタルカメラ特有の撮像素子の構造に起因する周辺部の色被りを解消するために、センサーへの入射光線角度を最適化した光学設計を採用。絞り開放状態から画面隅々までコントラスト・解像力に優れた性能を備えている。

■NOKTON 50mm F1.2 Aspherical VM

距離計連動システムを搭載したレンジファインダー用交換レンズ。F1.2の大口径でありながら、最短撮影距離は0.7mを実現。光学系には2枚の両面非球面レンズを採用し、絞り開放から使える性能を特長とする。

■Milvus 25mm F1.4 ZE/ZF.2

2017年12月7日に発売され、まだ間もないMilvus 25mm 1.4も注目の交換レンズだ。25mmというツァイス独特の焦点距離で大口径のF1.4を実現。すべくゼロから新設計されたレンズだという。

コシナのレンズはフルメタルで作られているところに注目

普段ではみることができない製品カットモデルも目を引く展示となっていた。特にカットモデルはかっこよさを見るのではなく、カットモデルの断面を見てほしいのとことだ。コシナの交換レンズはアルミと真鍮で製造されおり、カットした断面はそれらの材質の色に光っている。他社製の交換レンズは鏡胴に樹脂を使ったり、金属と樹脂を組み合わせている製品も多い。「コシナのレンズはフルメタルで作られている」というところにぜひ注目してほしいとのことだ。

ずらりと並んだカットモデルの展示 HELIAR-HYPER WIDE 10mm F5.6 Aspherical VMのカットモデル ULTRON 21mm F1.8 Aspherical VMのカットモデル Milvus 1.4/25のカットモデル

[ Category : , ]
[ DATE : 2018-03-04 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[CP+2018]ATOMOSブース:SUMO19M/SUMO19、NINJA INFERNOを様々なカメラと組み合わせた展示

ATOMOSはNABやInterBeeでは大きなブースを構えて各社の最新のカメラと組み合わせた出展を行っているが、CP+は写真が中心のイベントということもあり、かなり規模を縮小した... 続きを読む

[CP+2018]EIZOブース:写真、動画の両方で信頼性のあるカラーマネジメントディスプレイ

写真でもビデオでもカラーグレーディングを行う場合は信頼性のあるモニターが必要となる。モニターを見ながら色味などを調整するので当然だが、プリントが必要になる写真の場合はプリンターや最... 続きを読む

[CP+2018]Vol.03 ブラッシュアップされたカメラ、レンズ製品に注目。やっぱりレンズが好き!

技術の進歩により高クオリティな製品が多数登場 多少風が強いものの引き続き快晴のみなとみらいのCP+会場。3日目の今日は再びメイン会場に戻ってレポートを再開しよう。 カメ... 続きを読む

[CP+2018]平和精機工業ブース:ハンズフリーモノポッド「HFMP」とクイックリリースアダプター「AP-X」を組み合わせた「HFMP AP KIT」を展示

平和精機工業は一眼レフカメラにも最適な一脚ハンズフリーモノポッドHFMPや、三脚システムRSシリーズのほか、スライダーシステムLIBEC ALLEXなどを出展した。 今回の新... 続きを読む

[CP+2018]アドビ システムズブース:写真家やエバンジェリストが、LightroomやPhotoshopの使いこなしを解説

「Lightroom」と「Photoshop」の便利な使いこなし術をセッションで紹介 アドビは昨年のCP+に引き続き、今年も出展。ブース内のステージに大型スクリーンを設けて4... 続きを読む

[CP+2018]リコーブース:THETAを活用した新しい映像&音声コミュニケーションサービスを提案。参考出品の新開発スターレンズも展示

リコーブース 360°全天球動画 RICOH THETA Sで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chromeブラウザおよび... 続きを読む

[CP+2018]プロフォトブース:世界最小のスタジオライト「Profoto A1」を一押しで展示

プロフォトブースの一押しは、昨年9月に発表した小型のストロボ「A1」だ。プロフォトというと世界トップクラスのストロボメーカーであり、特にバッテリー式でコードレスのオフカメラフラッシ... 続きを読む

[CP+2018]ニッシンジャパンブース:大光量最大GN80のグリップ型スピードライト「MG10」を初展示

太陽光にも負けない日中シンクロでも使える大光量ストロボを実現 一押しの展示は、CP+の会期に合わせて発表したグリップ型スピードライト「MG10」だ。ブースのスタッフに「MG1... 続きを読む

[CP+2018]マンフロットブース:三脚、バッグ、フィルターなどの新製品を多数展示

■マンフロットブース 360°全天球動画 RICOH THETA Sで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chromeブラウ... 続きを読む

特集記事

NAB2019 NAB2019
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会「NAB2019」をレポート。
SXSW2019 SXSW2019
テキサス州オースティンで開催されたSXSW2019をレポート。
CP+2019 CP+2019
パシフィコ横浜にて開催されたカメラと写真の総合展示会「CP+2019」をレポート。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
いまだから知っておきたいフィルムの現状や伝統的な技術などを紹介する。
CES2019 CES2019
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2019をレポート。
PRONEWS AWARD 2018 PRONEWS AWARD 2018
2018年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
10万円以下のジンバル選び 10万円以下のジンバル選び
一層注目が増している小型カメラジンバルをDJIやZHIYUN、FEIYU TECH、FILMPOWERの4社5機種に渡って比較紹介。
Inter BEE 2018 Inter BEE 2018
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2018の歩き方 InterBEE 2018の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編 新世紀シネマレンズ漂流:もの作りの現場から
「新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編」の続編。前回紹介することができなかったシネマレンズメーカーを取材。
Photokina2018 Photokina2018
ドイツ・ケルンメッセで開催されたスチルカメラの祭典 Photokina2018をレポート。
IBC2018 IBC2018
オランダ・アムステルダムで開催された欧州最大の映像・放送の展示会IBC2018をレポート。
映画「万引き家族」〜撮影部と撮影監督の眼差し 映画「万引き家族」〜撮影部と撮影監督の眼差し
「万引き家族」はいかにして生まれたのか?今回の特集ではその制作側を覗いてみる。
SIGGRAPH2018 SIGGRAPH2018
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2017をレポート。
BIRTV2018 BIRTV2018
中国・北京で開催されたアジア地区ではInterBEEと並ぶ大規模な放送機器展 BIRTVをレポート。

トップ > 特集 > [CP+2018]コシナブース:「MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 E-mount」や「COLOR-SKOPAR 21mmF3.5 Aspherical E-mount」を参考出品