PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [CP+2018]ケンコー・トキナーブース:プレミアムレンズシリーズ「opera 50mm F1.4 FF」や「SAMYANG XP 50mm F1.2」を展示

News

[CP+2018]ケンコー・トキナーブース:プレミアムレンズシリーズ「opera 50mm F1.4 FF」や「SAMYANG XP 50mm F1.2」を展示

2018-03-05 掲載

ケンコー・トキナブース 360°全天球動画
RICOH THETA Sで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ChromeブラウザおよびiOS/Android版YouTubeアプリが必要です。(アプリ起動はこちら)

フルフレームハイエンドデジタル一眼レフカメラ対応のプレミアムレンズシリーズ「opera」を発表

「opera 50mm F1.4 FF」のキヤノンEFモデル。価格は未定で2018年夏発売予定

トキナーは、CP+の会期に合わせてフルサイズ一眼レフカメラ用交換レンズ「opera 50mm F1.4 FF」を発表した。ニコンのFマウントと、キヤノンのEFマウントを予定している。ケンコー・トキナーブースでは、さっそくレンズが参考展示されていた。

これまでトキナーのレンズというとAT-Xシリーズがお馴染みで、ターゲットはファミリー向けやアマチュアが中心であり、広角ズームを中心としたラインナップをリリースしていた。それらに加えて、フルサイズ一眼レフに向けた高級レンズ「opera」シリーズを拡充していくという。

これまでのAT-Xシリーズと違うところは、5,000万画素の解像力の実現と、リング型超音波モーターを搭載し、オートフォーカスの速度を高速化している。また、「トキナーブルー」と言われる青の抜けの良さも健在。手ブレ補正は搭載されていないという。

「opera」シリーズの第一弾が50mm単焦点レンズの理由は、標準50mmは交換レンズメーカーにとっては一番の鬼門で、もっとも自然で本質が試されるレンズ。それを一番最初に出して、「opera」シリーズの実力をアピールしようということで決まったという。

「opera」というシリーズ名の意味については、operaは本来はイタリア語で、仕事とか作品という意味があり、プロやハイアマチュア、アマチュアの方が作品を作るためのレンズ、という思いを込めて命名したとのことだ。

トキナーブランドに単焦点レンズは少なく、マクロレンズの「AT-X M100 PRO D」と「FíRIN 20mm F2 FE MF」などがあるだけだ。50mmの単焦点レンズは初めてだという

サムヤンのプレミアムシリーズに3本目となる「SAMYANG XP 50mm F1.2」が登場

レンズコーナーでひときわ目立っていた大柄なレンズの展示が目を引いた。「SAMYANG XP 50mm F1.2」だ。「先週発表されたばかりで、情報がまた降りてきていません」とスタッフが答えるほど発表されたばかりの新製品だ。

SAMYANGのフォト向けレンズは、オートフォーカスに対応した「SAMYANG AF」、一般向けのマニュアルフォーカスレンズ「SAMYANG 」、フルサイズ対応するマニュアルフォーカスレンズでプレミアムシリーズの「SAMYANG XP」の3種類をラインナップしているが、今回発表された「XP 50mm F1.2」はプレミアムシリーズの3本目となるレンズだ。対応マウントは、キヤノンEFのみとなっている。

真ん中が「SAMYANG XP 50mm F1.2」。F1.2の明るさが特長だ

キヤノン用AFレンズの初モデルとなる「AF 14mm F2.8 EF」も注目の新製品だ。SAMYANGというとマニュアルフォーカスのレンズというイメージが強いが、最近はAF対応レンズも充実させてきている。非球面レンズ2枚、高屈折レンズ4枚、低分散レンズ1枚の計7枚の特殊レンズの10群15枚のレンズを採用。マニュアルフォーカスや微調整が必要なときのためのAFとMFをすばやく切り替えられる切り換えスイッチを装備し、利便性を実現している。

中央がキヤノン用AFレンズの「AF 14mm F2.8 EF」

8mmフィルムを手軽にデジタルデータ化できる8mmフィルムコンバーター「KFS-888V」

ブースの中をぶらぶらと歩いて目に止まったのは8mmフィルムコンバーター「KFS-888V」だ。スーパー8やレギュラー8などの8mmフィルムをデータ化するという製品。パソコンに繋げずSDHCカードに直接記録できる。リールサイズは3号、4号、5号に対応。3分のスキャンにかかる時間は約35分。15分のスキャンしたにかかる時間は約140分。年配の方で、自宅に8mmフィルムがまだ残っていて、外注ではなく自分でスキャンしたいという人が購入しているという。

8mmフィルムを簡単にデジタルデータ化できるフィルムコンバーター。パソコンを使わずにSDHCカードにダイレクト保存が可能なのも特長だ

[ Category : , ]
[ DATE : 2018-03-05 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[10万円以下のジンバル選び] Vol.03 ペイロード3.2kgを実現ながら1.25kgと軽量のZHIYUN「Crane 2」

txt:飯田雄平 構成:編集部 ZHIYUNとは? ZHIYUN(ジーウン)は、一眼クラスから、スマホやGoProなどの小型カメラ向けのジンバルを発売している中国のメー... 続きを読む

[SXSW2018]Vol.10 SXSWワールドプレミアから全国上映へ「旅するダンボール」ができるまで

txt:猪蔵 編集部/ 構成:編集部 現地での反響を受け広がる上映の道 アカデミー賞とカンヌ映画祭をつなぐのはSXSW Film部門ではないのか?と言われるほど... 続きを読む

[10万円以下のジンバル選び]Vol.02 DJIから登場した片手持ちジンバル「RONIN-S」

txt:飯田雄平、編集部 構成:編集部 3.6kgのペイロードに対応する大型の片手持ちジンバル RONIN-Sは、DJIからRONINシリーズ初の片手持ちとして発売され... 続きを読む

[InterBEE2018]世界中の映画業界から信頼を得ているDuclos Lensesのマシュー・デュクロス氏に聞く

InterBEE開催に合わせてDuclos Lensesの最高執行責任者蒹プロジェクトマネージャー、マシュー・デュクロス氏が来日。Duclos Lensesはレンズの販売からシネマ... 続きを読む

[InterBEE2018 360°VOYAGE]360°全天球動画でInterBEE会場をご紹介!

厳選360°全天球動画ブースレポート InterBEE2018の会場内で360°全天球動画をお届け!InterBEE2018に参加できなかった方も、会場の雰囲気を少しでも感じ... 続きを読む

[InterBEE2018]ヴァイテックプロダクションソリューションズブース:Flowtech 100と専用グラウンドスプレッダーを国内初展示

■ヴァイテックプロダクションソリューションズブース 360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版G... 続きを読む

[InterBEE2018]クラウディアンブース:容量無制限でデータを保存・管理できるオブジェクトストレージ製品「CLOUDIAN HYPERSTORE」を展示

■クラウディアンブース 360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chromeブラ... 続きを読む

[InterBEE2018 ブース動画]会場から動画レポートをお届け!

厳選動画ブースレポート InterBEE2018から動画ブースレポートをお届け! キヤノン ソニー ... 続きを読む

[InterBEE2018]ImageVISIONブース(動画)

InterBEE2018のImageVISIONブース動画です。 ... 続きを読む

特集記事

10万円以下のジンバル選び 10万円以下のジンバル選び
一層注目が増している小型カメラジンバルをDJIやZHIYUN、FEIYU TECH、FILMPOWERの4社5機種に渡って比較紹介。
Inter BEE 2018 Inter BEE 2018
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2018の歩き方 InterBEE 2018の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編 新世紀シネマレンズ漂流:もの作りの現場から
「新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編」の続編。前回紹介することができなかったシネマレンズメーカーを取材。
Photokina2018 Photokina2018
ドイツ・ケルンメッセで開催されたスチルカメラの祭典 Photokina2018をレポート。
IBC2018 IBC2018
オランダ・アムステルダムで開催された欧州最大の映像・放送の展示会IBC2018をレポート。
映画「万引き家族」〜撮影部と撮影監督の眼差し 映画「万引き家族」〜撮影部と撮影監督の眼差し
「万引き家族」はいかにして生まれたのか?今回の特集ではその制作側を覗いてみる。
SIGGRAPH2018 SIGGRAPH2018
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2017をレポート。
BIRTV2018 BIRTV2018
中国・北京で開催されたアジア地区ではInterBEEと並ぶ大規模な放送機器展 BIRTVをレポート。
QBEE2018 QBEE2018
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
inside DaVinci 15 inside DaVinci 15
史上最大のアップデートを実現したと言われるDaVinci Resolve 15に関する最新動向をまとめてみた。
Cine Gear Expo 2018 Cine Gear Expo 2018
米ハリウッドの中心、パラマウントスタジオで開催された「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2018 After Beat NAB SHOW 2018
東京・秋葉原で開催された「After NAB Show Tokyo 2018」をレポート。
NAB2018 スペシャルレポート NAB2018
世界最大の放送機器展覧会「2018 NAB Show(NAB2018)」をレポート。
Your Choice?GH5 or GH5S Your Choice?GH5 or GH5S
映像業界で活躍中のカメラマンやディレクターに聞く「GH5」と「GH5S」の選び方。

トップ > 特集 > [CP+2018]ケンコー・トキナーブース:プレミアムレンズシリーズ「opera 50mm F1.4 FF」や「SAMYANG XP 50mm F1.2」を展示