PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [CP+2018]ニッシンジャパンブース:大光量最大GN80のグリップ型スピードライト「MG10」を初展示
Special

[CP+2018]ニッシンジャパンブース:大光量最大GN80のグリップ型スピードライト「MG10」を初展示

2018-03-05 掲載

太陽光にも負けない日中シンクロでも使える大光量ストロボを実現

一押しの展示は、CP+の会期に合わせて発表したグリップ型スピードライト「MG10」だ。ブースのスタッフに「MG10」の開発のポイントを聞いてみると、大光量のスロトボがほしいというユーザーからの要望に応えたところだという。屋外でストロボを使って日中シンクをさせると、クリップオンだと絞って撮らないといけなくなるので太陽光に負けてしまう。「日中シンクロでも耐えられる大光量のストロボがほしい」という要望が多く寄せられていたという。

しかし、クリップオンストロボは頑張って光量を上げたとしても、最大ガイドナンバーは60ぐらいが限界。また、クリップオンストロボはあまり大きくするとホットシューに負担がかかりすぎて破損をさせてしまう可能性もある。

そこで、ニッシンの1つの結論としてグリップタイプのストロボになったという。グリップタイプにすることによってコンデンサーを大きくしたり電池もたくさん搭載して大光量のストロボの仕様にすることができる。こうして最大ガイドナンバー80を実現した「MG10」を実現したという。

発光部に高耐熱クオーツ管を採用し、最大ガイドナンバー80の大光量を実現するグリップ型スピードライト「MG10」

カメラと付けて使ったり、離して使うことも可能

大光量を実現したいならば、モノブロックストロボという選択もある。ただし、モノブロックはそれなりの大きさがあるので、取り回しが大変だったり、小回りができない。クリップオンのいいところは、小型・軽量なので、持ち運びも非常にコンパクトで収まりやすいところだ。グリップタイプは、クリップオンストロボとモノブロックの中間みたいな存在で、オンカメラでもオフカメラでも使えるのも「MG10」の特長であるという。

また、「MG10」は、高耐熱クオーツ管を採用しているところもポイントとなっている。従来の製品は、連続発光で発光部が高温になると過熱防止機能が働き、安全のために発光を停止する仕様になっている。高耐熱クオーツ管は高温に強いので、熱が上がっても絶え続けて、発光を続けることができるという。途中で止まったりしないのも特長であるという。

本機左右どちらにも装着可能な専用ブラケットが付属し、カメラと組み合わせて使うことが可能

本体の操作パネルは、電源ボタンとオープンモードボタン、チャンネル設定ダイヤルと発光グループ設定ダイヤルのみ。操作設定はすべてワイヤレスTTLコマンダー「Air10s」から行う


[ Category : , ]
[ DATE : 2018-03-05 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[CP+2019]ニッシンジャパンブース:マシンガンストロボの後継機種が2機種登場。待望のクリップオンタイプも展示

クオーツ発光管のモデルが2機種登場。MG10を含めて3ラインナップへ ブース側面に設置されていたタッチ&トライコーナー ニッシンは2012年に高耐熱クオーツ管搭載マ... 続きを読む

[CP+2018]ATOMOSブース:SUMO19M/SUMO19、NINJA INFERNOを様々なカメラと組み合わせた展示

ATOMOSはNABやInterBeeでは大きなブースを構えて各社の最新のカメラと組み合わせた出展を行っているが、CP+は写真が中心のイベントということもあり、かなり規模を縮小した... 続きを読む

[CP+2018]EIZOブース:写真、動画の両方で信頼性のあるカラーマネジメントディスプレイ

写真でもビデオでもカラーグレーディングを行う場合は信頼性のあるモニターが必要となる。モニターを見ながら色味などを調整するので当然だが、プリントが必要になる写真の場合はプリンターや最... 続きを読む

[CP+2018]Vol.03 ブラッシュアップされたカメラ、レンズ製品に注目。やっぱりレンズが好き!

技術の進歩により高クオリティな製品が多数登場 多少風が強いものの引き続き快晴のみなとみらいのCP+会場。3日目の今日は再びメイン会場に戻ってレポートを再開しよう。 カメ... 続きを読む

[CP+2018]平和精機工業ブース:ハンズフリーモノポッド「HFMP」とクイックリリースアダプター「AP-X」を組み合わせた「HFMP AP KIT」を展示

平和精機工業は一眼レフカメラにも最適な一脚ハンズフリーモノポッドHFMPや、三脚システムRSシリーズのほか、スライダーシステムLIBEC ALLEXなどを出展した。 今回の新... 続きを読む

[CP+2018]アドビ システムズブース:写真家やエバンジェリストが、LightroomやPhotoshopの使いこなしを解説

「Lightroom」と「Photoshop」の便利な使いこなし術をセッションで紹介 アドビは昨年のCP+に引き続き、今年も出展。ブース内のステージに大型スクリーンを設けて4... 続きを読む

[CP+2018]リコーブース:THETAを活用した新しい映像&音声コミュニケーションサービスを提案。参考出品の新開発スターレンズも展示

リコーブース 360°全天球動画 RICOH THETA Sで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chromeブラウザおよび... 続きを読む

[CP+2018]プロフォトブース:世界最小のスタジオライト「Profoto A1」を一押しで展示

プロフォトブースの一押しは、昨年9月に発表した小型のストロボ「A1」だ。プロフォトというと世界トップクラスのストロボメーカーであり、特にバッテリー式でコードレスのオフカメラフラッシ... 続きを読む

[CP+2018]マンフロットブース:三脚、バッグ、フィルターなどの新製品を多数展示

■マンフロットブース 360°全天球動画 RICOH THETA Sで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chromeブラウ... 続きを読む

特集記事

ARRI, my love ARRI, my love
映画機材界の雄であるARRI。日本での販売拡大に注目されるARRIの歴史から実用例までフィーチャーする。
SXSW2021 SXSW2021
3/16~20日にオンライン開催となった「SXSW2021」をレポートする。
Virtual Production Field Guide Virtual Production Field Guide
国内のバーチャルプロダクションの展開と、映像制作ワークフローへの影響について紹介
CP+2021 CP+2021
オンライン開催のCP+2021で発表された新製品をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編 新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編
2020年末から2021年に発売されたレンズ新製品をピックアップする。
映像基礎講座 映像基礎講座 Episode 2
2020年8月に公開された特集「映像基礎講座」続編。引き続き映像の基本や基礎知識を学ぶ。
CES2021 CES2021
オールデジタルのオンライン開催となったCES2021をレポートする。
年末イッキ読み! 年末イッキ読み!
2020年に話題になった製品の特集やコラム記事をまとめて振り返る。
PRONEWS AWARD 2020 PRONEWS AWARD 2020
激動の1年となった2020年の映像業界を、PRONEWS編集部が総括する。
2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [CP+2018]ニッシンジャパンブース:大光量最大GN80のグリップ型スピードライト「MG10」を初展示