PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [CP+2018]プロフォトブース:世界最小のスタジオライト「Profoto A1」を一押しで展示

News

[CP+2018]プロフォトブース:世界最小のスタジオライト「Profoto A1」を一押しで展示

2018-03-05 掲載

プロフォトブースの一押しは、昨年9月に発表した小型のストロボ「A1」だ。プロフォトというと世界トップクラスのストロボメーカーであり、特にバッテリー式でコードレスのオフカメラフラッシュ「B1」や「B2」がプロのフォトグラファーに大人気だ。そんなモノブロックストロボやフラッシュヘッド+ジェネレーターで有名なプロフォトから、同社初のオンカメラとしても使える小型のストロボの発売が話題となっている。

A1のコンセプトは世界最少のスタジオライト。A1が従来のクリップオンストロボと違うとろは、丸型のヘッドを採用しているところ。従来のクリップオンストロボはヘッドが長方形のため、直射すると光が四角く写ってしまう。A1はヘッドを丸くすることによって、柔らかい光を作り出すことができる。A1の光を壁に当てて見せて頂いたが、確かに柔らかい光を実現できていた。そこは大きな特長といえるだろう。

「A1」はプロフォト史上最も小さなストロボで、オンカメラとして使用することも可能 ヘッドはラウンド型で、自然な減光部を作り出すことができるようになっている

また、モデリングライトが搭載されているところも特長だ。例えば、A1にはズーム機能が搭載されており、モデリングライトを使うことでシャッターを切る前にライティングの確認をすることを可能にしている。

A1自体にAirリモートと呼ばれる無線が内蔵されており、多灯で組みたい場合にオフカメラにした別のA1との接続はもちろん、同社のモノブロックストロボ「B1X」などとシームレスに接続ができる。A1はキヤノン用とニコン用が販売されており、ソニー用を年内に発売予定。

A1の光を柔らかく、滑らかにする専用のライトシェーピングツール「ドームディフューザー」。写真はモデリングライトを点灯させているところ A1専用のやわらかく美しい光を作り出すことができるライトシェーピングツール「ソフトバウンス」。マグネット式マウントを採用しており、一瞬で装着と脱着を可能にしている 側面にはTTLとマニュアルの切り換えスイッチを搭載。AirTTLで写真を撮ると適正露出を獲ることができて、その適正露出の設定を維持しながらマニュアルで微調整をすることができる 大型でハイコントラストなディスプレイを搭載している

[ Category : , ]
[ DATE : 2018-03-05 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[CP+2018]ATOMOSブース:SUMO19M/SUMO19、NINJA INFERNOを様々なカメラと組み合わせた展示

ATOMOSはNABやInterBeeでは大きなブースを構えて各社の最新のカメラと組み合わせた出展を行っているが、CP+は写真が中心のイベントということもあり、かなり規模を縮小した... 続きを読む

[CP+2018]EIZOブース:写真、動画の両方で信頼性のあるカラーマネジメントディスプレイ

写真でもビデオでもカラーグレーディングを行う場合は信頼性のあるモニターが必要となる。モニターを見ながら色味などを調整するので当然だが、プリントが必要になる写真の場合はプリンターや最... 続きを読む

[CP+2018]Vol.03 ブラッシュアップされたカメラ、レンズ製品に注目。やっぱりレンズが好き!

技術の進歩により高クオリティな製品が多数登場 多少風が強いものの引き続き快晴のみなとみらいのCP+会場。3日目の今日は再びメイン会場に戻ってレポートを再開しよう。 カメ... 続きを読む

[CP+2018]平和精機工業ブース:ハンズフリーモノポッド「HFMP」とクイックリリースアダプター「AP-X」を組み合わせた「HFMP AP KIT」を展示

平和精機工業は一眼レフカメラにも最適な一脚ハンズフリーモノポッドHFMPや、三脚システムRSシリーズのほか、スライダーシステムLIBEC ALLEXなどを出展した。 今回の新... 続きを読む

[CP+2018]アドビ システムズブース:写真家やエバンジェリストが、LightroomやPhotoshopの使いこなしを解説

「Lightroom」と「Photoshop」の便利な使いこなし術をセッションで紹介 アドビは昨年のCP+に引き続き、今年も出展。ブース内のステージに大型スクリーンを設けて4... 続きを読む

[CP+2018]リコーブース:THETAを活用した新しい映像&音声コミュニケーションサービスを提案。参考出品の新開発スターレンズも展示

リコーブース 360°全天球動画 RICOH THETA Sで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chromeブラウザおよび... 続きを読む

[CP+2018]ニッシンジャパンブース:大光量最大GN80のグリップ型スピードライト「MG10」を初展示

太陽光にも負けない日中シンクロでも使える大光量ストロボを実現 一押しの展示は、CP+の会期に合わせて発表したグリップ型スピードライト「MG10」だ。ブースのスタッフに「MG1... 続きを読む

[CP+2018]マンフロットブース:三脚、バッグ、フィルターなどの新製品を多数展示

■マンフロットブース 360°全天球動画 RICOH THETA Sで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chromeブラウ... 続きを読む

[CP+2018]キヤノンブース:EOS Kiss初のミラーレス「EOS Kiss M」が人気。CINEMA EOS SYSTEM 8Kの参考展示も!

キヤノンブース 360°全天球動画 RICOH THETA Sで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chromeブラウザおよ... 続きを読む

特集記事

IBC2018 IBC2018
オランダ・アムステルダムで開催された欧州最大の映像・放送の展示会IBC2018をレポート。
映画「万引き家族」〜撮影部と撮影監督の眼差し 映画「万引き家族」〜撮影部と撮影監督の眼差し
「万引き家族」はいかにして生まれたのか?今回の特集ではその制作側を覗いてみる。
SIGGRAPH2018 SIGGRAPH2018
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2017をレポート。
BIRTV2018 BIRTV2018
中国・北京で開催されたアジア地区ではInterBEEと並ぶ大規模な放送機器展 BIRTVをレポート。
QBEE2018 QBEE2018
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
inside DaVinci 15 inside DaVinci 15
史上最大のアップデートを実現したと言われるDaVinci Resolve 15に関する最新動向をまとめてみた。
Cine Gear Expo 2018 Cine Gear Expo 2018
米ハリウッドの中心、パラマウントスタジオで開催された「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2018 After Beat NAB SHOW 2018
東京・秋葉原で開催された「After NAB Show Tokyo 2018」をレポート。
NAB2018 スペシャルレポート NAB2018
世界最大の放送機器展覧会「2018 NAB Show(NAB2018)」をレポート。
Your Choice?GH5 or GH5S Your Choice?GH5 or GH5S
映像業界で活躍中のカメラマンやディレクターに聞く「GH5」と「GH5S」の選び方。
SXSW2018 SXSW2018
米国テキサス州オースティンで開催されたSXSWをレポート。
CP+2018 CP+2018
パシフィコ横浜にて開催されたカメラと写真の総合展示会「CP+2018」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編 新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編
2017年から2018年にかけて発売する、人気のスチルカメラ用レンズも含めた最新の単焦点シネレンズを紹介。
CES2018 CES2018
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2018をレポート。
最新カメラ探訪2018 最新カメラ探訪2018
国内3大メーカーが世に問う「映像表現を進化させるプロダクト」とは?最新カメラ事情を紹介。

トップ > 特集 > [CP+2018]プロフォトブース:世界最小のスタジオライト「Profoto A1」を一押しで展示