PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [CP+2018]Vol.03 ブラッシュアップされたカメラ、レンズ製品に注目。やっぱりレンズが好き!
Special

[CP+2018]Vol.03 ブラッシュアップされたカメラ、レンズ製品に注目。やっぱりレンズが好き!

2018-03-05 掲載

技術の進歩により高クオリティな製品が多数登場

多少風が強いものの引き続き快晴のみなとみらいのCP+会場。3日目の今日は再びメイン会場に戻ってレポートを再開しよう。

カメラはセンサーや画像処理技術の進歩により高感度かつクオリティの高い画質が得られるようになってきた。こうした技術は世界的に見ても日本がリードしており、今回も従来より低照度でもクオリティの高い撮影ができるカメラが登場したり、手ぶれ補正の向上やオートフォーカスのスピードや精度の向上など様々なブラッシュアップが施されたカメラが登場している。こうした進歩はフィルムの時代とは隔世の感があるが、もちろんこうしたカメラの進歩はこれからも間違いなく進んでいくことは今回のCP+を見てもおわかりいただけるだろう。

一方、ここ数年レンズも様々な製品が出てきている。一つはオートフォーカスや手ぶれ補正の機構がレンズ側にもあり、カメラに合わせた改良が必要になってくるという事情がある。もう一つは、こうした改良をきっかけにレンズ設計も新規に行い今後のセンサーの性能向上に備えるということもあるだろう。これらは、カメラ側の事情に起因することだが、レンズ専業メーカーもこうした動きに追従しながらもカメラメーカーにはない特徴を打ち出していく必要がある。

ただ、レンズ専業メーカーがカメラメーカーの発売するカメラ用レンズを作る場合、カメラメーカーのライセンスに必要になるのが一般的で、特にオートフォーカスや手ぶれ補正はカメラとの連携が正確にできないと最悪うまく動作しない。こうした機能を必要としないマニュアルレンズならば話は別で、以前から主にオールドレンズの設計をそのままに各社のデジタルカメラのマウントに変更したものが販売されているし、マウント変換アダプターもある。こうしたレンズの特徴は、往年の味のある描写のレンズや特殊なレンズだが、表現の自由を求める一定数のユーザーが存在する。

将来的なカメラ性能の向上に対応するため社内規格を大幅に見直した新世代のスターレンズペンタックスHD PENTAX-DA* 11-18mmF2.8ED DC AW(参考出品)

シグマ14-24mmF2.8DG。キヤノン用はカメラ側のレンズ光学補正に対応Artラインのレンズだが、Sportsライン同等の防塵防滴機能を備えたプロフェッショナル仕様となっている

パナソニックLEICA DG ELMARIT 200mmF2.8 POWER O.I.S。大口径F2.8の超望遠レンズで、低照度下の被写体も撮影することが可能。1.4xテレコンバーター装着時0.56倍のテレマクロ撮影ができる

パナソニックLEICA DG VARIO-ELMARIT 8-18mm F2.8-4.0 ASPH。動画撮影に対応した光学設計と鏡筒内部構造の最適化により、4K動画撮影時のAFサーチ時の微小な画角の変化を最小限に抑制

新たに設計されたZEISS Milvus 25mm F1.4。曲線を取り入れたユニークなデザインで発表当時から話題となっていたレンズで、今回の25mmF1.4 を加えると15-135mmまでの9本がラインナップされているほか、50mmと100mmのマクロレンズもある

トキナーFiRIN 20mm F2 FE AF。FiRIN 20mm F2 FE MF(右)と同じ光学系を採用。リング型超音波モーターを搭載し静かで速いAFを実現している

SAMYANG XPシリーズ。従来のレンズよりも画質を向上させたPREMIUMシリーズとしてラインナップされている。高解像力を実現したほか、色収差や歪曲収差を抑えている

Kenkoミラーレンズ500mm F8 N II、800mm F8 N II(参考出品)。望遠レンズは全長が長く、重量も比較的重いが、ミラーレンズは全長が短く軽量という特徴がある。ただし、ドーナッツ上の独特のボケが生じる

中一光学 FREEWALKER 20mmF2 SuperMacro。4倍の拡大撮影が可能なマクロ専用レンズでマニュアル操作となる。姉妹機としてM.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macroがありそちらはオートフォーカスに対応。ソニーA E/キヤノンEF EF-M/フジXマウント、ペンタックスK/マイクロフォーサーズ/ニコンFマウントに対応可能

中一光学SPEEDMASTER 35mmF0.95 II。F0.95の大口径レンズで、従来レンズより大幅に小型軽量化されている。外装は金属製。ソニーE/キヤノンEF-M/フジXマウントに対応可能

フォクトレンダー21mmF3.5AsphericalソニーEマウント(参考出品)。センサーへの入射光角度を最適化することでデジタルカメラ特有の周辺部の色被りを軽減

フォクトレンダーMACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5ソニーEマウント(参考出品)。色収差など画質に影響のある収差を排除したマクロレンズ

フォクトレンダーNOKTON 50mm F1.2 Aspherical VMマウント(参考出品)。きれいなボケ味を描写できる。

LENSBAYボケオプティック。ノンコートの1群1枚構成の50mmガラスレンズで、12枚の絞り羽根を内蔵しているほか、11枚の様々な形状の「クリエイティブ絞りプレート」が付属している。このプレートを交換することで様々な形状のボケを作り出すことが可能

ゼロクロスC-PL。通常のPLフィルターより透過率が高く色の偏りもないという特徴のほか、特殊な緩衝材でフィルター本体をフィルター枠に固定することで、フィルター本体の歪を軽減し高画質を実現

アドバンスドローンフィルターIRNDキット。DJI Phantom 4 Pro/Advanced用でIRND4/8/16/32の4枚セット。空撮における露出オーバーを防ぎきれいな映像を撮影できる

Astro Nightscapeフィルター。天体撮影を行う場合の特定の波長だけを透過するフィルターで、カメラの撮像素子に装着して使用するため、カメラレンズを使わずに直接望遠鏡にカメラを装着できる

撮像素子のサイズ表記があるデモ用のフィルターをカメラの撮像素子に装着したところ

Astro Duoナローバンドフィルターの分光特性。このフィルターは人工照明の影響を低減するためのもので、Astro Nightscape同様カメラのセンサーに装着して使用するタイプ

武蔵オプチカルOptMag Plus。B4マウントレンズを大判センサー搭載カメラに装着するための光学式変換アダプター。B4のイメージサークルを大判センサーに対応するよう拡大光学系が内蔵している

武蔵オプチカルOpt Mag TL-OMFF。フルサイズセンサーを搭載したカメラにスーパー35mmフォーマット対応PLマウントレンズを結合させるための光学式アダプター

フジXマウントのカメラに対応したデジタル接写リングセット。10mmと16mmの接写リングをセットにしたもの

電子接点付きアダプターMmlite CM-EF-NEX。キヤノンのEFマウントレンズをソニーEマウントカメラに装着するための電子接点搭載の変換アダプター

K&F CONCEPT KF-CYMなど各種マウントアダプター。写真は電子接点に対応していないタイプ


Vol.02 [CP+2018] Vol.01

[ Category : , ]
[ DATE : 2018-03-05 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[CP+2021]Vol.00 オンラインで開催されるCP+はいかに?

オンライン開催はいかに CP+の季節がやってきた。残念ながらは昨年のCP+2020は開催中止となったが、今年は、オンラインのみでCP+2021 ONLINEとして、2021年2月... 続きを読む

ソニーFX3メイン写真

[CP+2021]Vol.02 ソニー、小型シネマカメラ「FX3」発売。トップハンドルや冷却ファン、タリーランプなど動画専用機としての操作性や拡張性が魅力

txt・構成:編集部 ソニーは、フルサイズイメージセンサー搭載のCinema Lineの映像制作用カメラ「FX3」を2021年3月12日に発売する。受注開始は3月2日10時よ... 続きを読む

CP2021ズームレンズメイン

[CP+2021]Vol.01 パナソニック、焦点距離300mmでマクロ撮影が可能な望遠ズームレンズ「LUMIX S 70-300mm F4.5-5.6 O.I.S.」発売

txt・構成:編集部 小型化と軽量化を実現した望遠ズームレンズ登場 パナソニックは、フルサイズミラーレス一眼カメラLマウントシステム用交換レンズ「LUMIX S 70-... 続きを読む

CES2021_06

[CES2021]Vol.06 ALL DIGITALのCES2021で感じたこれからのビジネスコンベンションの行方

txt:江口靖二 構成:編集部 「CES2021 IS ALL DIGITAL」ということで、CES2021は紆余曲折を経て最終的に完全オンライン開催となった。こうした環境下... 続きを読む

[CES2021]Vol.05 インフラとしての責任を表明したTechGiantsとテクノロジーの未来とは

txt:平野陽子(大広) 構成:編集部 CES2021は全てオンラインで開催したことは周知の通りだ。そのテクノロジーパートナーとしてて支えたのがMicrosoftだ。そう今回... 続きを読む

CES2021_04_LG_top

[CES2021]Vol.04 元気になる「LG Future Talk」がオススメ!

txt:江口靖二 構成:編集部 LGがイメージするニューノーマルの世界観とは CES2020において、LGはプレスカンファレンスに加えてCES Spotlight Se... 続きを読む

Verizon_CES_keynote

[CES2021]Vol.03 5Gが映像業界を後押し、最高のエンターテインメントを生む

txt:平野陽子(大広) 構成:編集部 オール・デジタルで始まったCES2021 その年の重要なテクノロジートレンドを体現する企業が務めるKeynoteトップバッタ... 続きを読む

[CES2021]Vol.02 今年のテックトレンドとは?〜CTA’s 2021 Tech Trends to Watch解剖

txt:西村真里子 構成:編集部 手探りのCES2021はどうなるのか? オール・デジタルのCESが開幕した。CESツイッターアカウントもこのデジタル化の波を楽しむかの... 続きを読む

[CES2021]Vol.01 見本市の恐竜CESは絶滅を免れることができるのか?〜開催直前事前案内

txt:西村真里子・猪蔵 構成:編集部 「現実」を見つめるチカラが試される2021年 CES2020基調講演の会場から 毎年年始、新年の浮かれ気分にプラス... 続きを読む

特集記事

ARRI, my love ARRI, my love
映画機材界の雄であるARRI。日本での販売拡大に注目されるARRIの歴史から実用例までフィーチャーする。
SXSW2021 SXSW2021
3/16~20日にオンライン開催となった「SXSW2021」をレポートする。
Virtual Production Field Guide Virtual Production Field Guide
国内のバーチャルプロダクションの展開と、映像制作ワークフローへの影響について紹介
CP+2021 CP+2021
オンライン開催のCP+2021で発表された新製品をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編 新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編
2020年末から2021年に発売されたレンズ新製品をピックアップする。
映像基礎講座 映像基礎講座 Episode 2
2020年8月に公開された特集「映像基礎講座」続編。引き続き映像の基本や基礎知識を学ぶ。
CES2021 CES2021
オールデジタルのオンライン開催となったCES2021をレポートする。
年末イッキ読み! 年末イッキ読み!
2020年に話題になった製品の特集やコラム記事をまとめて振り返る。
PRONEWS AWARD 2020 PRONEWS AWARD 2020
激動の1年となった2020年の映像業界を、PRONEWS編集部が総括する。
2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [CP+2018]Vol.03 ブラッシュアップされたカメラ、レンズ製品に注目。やっぱりレンズが好き!