PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [CP+2018]EIZOブース:写真、動画の両方で信頼性のあるカラーマネジメントディスプレイ
Special

[CP+2018]EIZOブース:写真、動画の両方で信頼性のあるカラーマネジメントディスプレイ

2018-03-05 掲載

写真でもビデオでもカラーグレーディングを行う場合は信頼性のあるモニターが必要となる。モニターを見ながら色味などを調整するので当然だが、プリントが必要になる写真の場合はプリンターや最終出力するペーパーの特性も考慮する必要がある。

EIZOではキヤノンやエプソンのプリンターと組み合わせた場合のカラーマネジメントや、設定テクニックなどをこうした展示会でセミナーやデモンストレーションなどを通して紹介しているが、今回はイルフォードとピクトリコの用紙に対応したQuick Color Matchの新バージョンが公開されたことから、より幅広く各種用紙に対応できるようになった。これによりプリンターとプリントする用紙を選択するだけのシンプルな操作でプロファイルの設定ができるようになり、様々な種類の用紙を簡単に使い分けることが可能だ。

今回ブースで使用していたモニターは、ColorEdge CG318-4K、CG248-4K、CG2420のほか、CS2730、CS2420、CS230で、プリントだけでなく動画編集に対応したコーナーもあり、カメラで撮影した映像を静止画プリントや動画編集のデモも行われていた。

エプソンのプリンターによる色合わせ体験コーナー。用紙はイルフォードとピクトリコを使用していた

キヤノンのプリンターによる色合わせ体験コーナー。モニターはColorEdge CS2420やより広い作業スペースが取れる27.0型2560×1440のCS2730を使用

動画編集のコーナーではColorEdge CG318-4K、CG248-4Kを中心にCS2730やCS2420を使用

カラーグレーディングを行うには周囲の環境も重要。EIZOではLEDタイプの照明スタンドZ-80PRO2-EIZOを用意している

Z-80PRO2-EIZOはテーブルにクランプする作業を机の上から行えるようになっている

Quick Color Matcに対応したイルフォードの用紙。光沢やマットなどを選択可能。Quick Color Matcで用紙を選択するだけで簡単にセットできる

イルフォードの用紙はSMOOTH GLOSS(スムースグロス)、SMOOTH PEARL(スムースパール)、TEXTURED COTTON RAG(テクスチャードコットンラグ)、SMOOTH COTTON RAG(スムースコットンラグ)、GOLD FIBRE GLOSS(ゴールドファイバーグロス)、GOLD FIBRE SILK(ゴールドファイバーシルク)の6種類

ピクトリコ製の用紙の種類はGEKKOブルーラベル、ピクトリコプロセミグロスペーパー、ピクトリコプロホワイトフィルム、ピクトリコプロフォトペーパー、ピクトリコプロコットングロスペーパー、ピクトリコプロデザインペーパープラス、ピクトリコプロソフトグロスペーパーの7種類

一般のPCとの画面比較。ノートPCやタブレット端末などではかなり色味が異なっているのがわかる


[ Category : , ]
[ DATE : 2018-03-05 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[再現NAB2020]まとめ:EIZO編

60seconds Shot! 製品レポート CG3146 関連記事 ... 続きを読む

[再現NAB2020:動画]EIZO「ColorEdge PROMINENCE CG3146」

NAB2020で展示予定だった製品を1分間の動画で紹介するコーナー。EIZO社から「ColorEdge PROMINENCE CG3146」をご紹介いただきました! ... 続きを読む

[再現NAB2020:EIZO]キャリブレーションセンサーを内蔵したHDRリファレンスモニター「ColorEdge PROMINENCE CG3146」

60seconds Shoots DCI 4K解像度を持つ31.1型HDRリファレンスモニター「ColorEdge PROMINENCE CG3146」 EIZ... 続きを読む

[InterBEE2019]EIZOブース:CG3145-BS後継機種の開発中HDRリファレンスモニターを参考出展

12G-SDI入力対応、キャリブレーションセンサーを内蔵した開発中HDRリファレンスモニターを参考出展 右が開発中のHDRリファレンスモニターの参考出展 31.... 続きを読む

[NAB2019:EIZO]お手軽な価格でHDRコンテンツの編集作業や簡易色確認ができる27型カラーマネージメント液晶モニター「ColorEdge CG279X」を展示

EIZOブース動画 EIZOブースレポート メインの展示は、27型カラーマネージメント液晶モニター「ColorEdge CG279X」だ。27インチで解像度... 続きを読む

[NAB2019]EIZOブース(動画)

NAB2019のEIZOブース動画です。 ... 続きを読む

[CP+2019]EIZOブース:ColorEdgeの最新ラインナップおよび、デジタル写真をより楽しむためのモニターソリューションを展示

EIZOは、同社のカラーマネージメントモニターColorEdgeの最新ラインナップの出展および、デジタル写真をもっと楽しむためのモニターソリューションを披露した。 新発売とし... 続きを読む

[InterBEE2018]EIZOブース:PQ方式とHybrid Log Gamma方式両方のガンマに対応した27.0型カラーマネージメント液晶モニター「ColorEdge CG279X」を展示

EIZOブース 360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chromeブラウザおよ... 続きを読む

[NAB2018:EIZO]PQ方式とHG方式に対応した「CG319X」と1000cd/m2まで安定表示やコントラスト比100万:1を実現した「CG3145」を展示

EIZOブース動画 HDR周りの機能をさらに充実させた「ColorEdge CG319X」 一押しの展示は5月23日に発売するDCI 4K解像度に対応した31.... 続きを読む

特集記事

ARRI, my love ARRI, my love
映画機材界の雄であるARRI。日本での販売拡大に注目されるARRIの歴史から実用例までフィーチャーする。
SXSW2021 SXSW2021
3/16~20日にオンライン開催となった「SXSW2021」をレポートする。
Virtual Production Field Guide Virtual Production Field Guide
国内のバーチャルプロダクションの展開と、映像制作ワークフローへの影響について紹介
CP+2021 CP+2021
オンライン開催のCP+2021で発表された新製品をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編 新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編
2020年末から2021年に発売されたレンズ新製品をピックアップする。
映像基礎講座 映像基礎講座 Episode 2
2020年8月に公開された特集「映像基礎講座」続編。引き続き映像の基本や基礎知識を学ぶ。
CES2021 CES2021
オールデジタルのオンライン開催となったCES2021をレポートする。
年末イッキ読み! 年末イッキ読み!
2020年に話題になった製品の特集やコラム記事をまとめて振り返る。
PRONEWS AWARD 2020 PRONEWS AWARD 2020
激動の1年となった2020年の映像業界を、PRONEWS編集部が総括する。
2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [CP+2018]EIZOブース:写真、動画の両方で信頼性のあるカラーマネジメントディスプレイ