PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [SXSW2018]Vol.00 その熱狂は誰も止められない。SXSW2018開催中!
News

[SXSW2018]Vol.00 その熱狂は誰も止められない。SXSW2018開催中!

2018-03-12 掲載

txt・構成:編集部

映像関係者なら今すぐ参加を!

いよいよ今年もテキサス州オースティンでSXSW(South by Southwest/サウス・バイ・サウスウエスト:以下SXSW)の季節がやってきた。SXSWは、「Music」、「Interactive」、「Film」と三つのカテゴリーを中心に1000を超えるセッションや展示会から構成されるイベントである。

今年も3月9日から18日まで周辺イベントも含め約2週間という期間で開催中である。その風変わりなイベント名は、映画「North by Northwest」(北北西に進路を取れ)に由来している。オースティンコンベンションセンターを中心に市街のホテルや店舗を巻き込んでの開催で、地元住民も参加してしまう街を挙げての一大イベントとなっている。

日本では「Interactive」部門がよく取り上げられテック関連のイメージが大きいSXSWではあるが、実は「Film」部門が熱いと断言する。さらに他の映画祭よりも!

世界的なインディーズ映画祭で登竜門とされていた「サンダンス映画祭も今や権威化してしまい(良い意味での成長)。それをSXSWが引き継ぎ、その熱い想いや熱狂が繰り広げられている。 なぜインディースからハリウッド大作までSXSWに集うのだろうか?

それは、一重に規模に関わらず映像を愛してやまない人々がこのイベントに参加しているからだ(日本のFilm参加者はまだまだ少ない!今年日本からの作品は3本しかない…)。有名無名を問わずSXSWなら!と参加する人が多いのだ。映画会社や配給会社、機材関連のメーカーや、現場のスタッフなど映像関連に携わる多くの人々がこのオースティンに集っている。

祝・Film部門25周年!全ての見たくなる内容の濃さにうれしい悲鳴

収容人数2000人を超る歴史のあるパラマウントシアター

今年25周年を迎えるFilm部門は、スクリーニング上映と、カンファレンスセッションから構成されている。インディーズ映画からメジャー大作まで数多くの作品が日々公開される。

SXSWがワールドプレミアになるスピルバーグ監督(左)とSXSWFilm部門ディレクターのジャネット女史(右)

2018年も盛りだくさんでワールドプレミア上映が多く、今年のシークレット上映(昨年はT2トレインスポッティング)も、ハリウッドの雄スティーブン・スピルバーグ監督自身が登壇し、新作「Ready Player One」が世界初お披露目された。Film部門25周年として「Ready Player One」のストーリーを絶妙に再現したパーティーも開催された。またウェス・アンダーソン監督の新作「Isle of Dogs |犬ヶ島」もSXSW最終日に上映予定だ。

バリー・ジェンキンス監督は、自分の生い立ちと重ねマイノリティーとしてのポジションと監督業について振り返る内容となった

さらに基調講演には昨年のアカデミー賞受賞作品「Moonlight」バリー・ジェンキンス監督が登壇。SXSWでワールドプレミアされたことも記憶に新しい「π」や「ブラックスワン」のダーレン・アロノフスキー監督も基調講演を行った。

Netflixで旧作がリメイクされ活動の幅が広いスパイク・リー監督は独特の口調で悩める若手監督志望者のQ&Aに多くの時間を割いた

また久々にスパイク・リー監督も新作「Pass Over」を引っさげカンファレンスも行った。

Film部門25周年記念オープニングパーティーは、日本の銃夢のハリウッド版「Alita: Battle Angel(2018冬公開予定)」のオースティン市近郊の撮影スタジオを利用して開催された。「シン・シティ」のロバート・ロドリゲス監督も登壇した。「銃夢」は、ジェームズ・キャメロン監督だあったが、制作総指揮に回り、ロバート・ロドリゲスが監督を務めることになった。

ロバート・ロドリゲス監督スタッフ陣がコメント。トレードマークのテンガロンハットは今回着用していなかった。

スクリーニング後には、長めの質疑応答が開催され、直接監督や出演者と交流するまたとない機会になる。カンファレンスは、映像制作に関わる事ほぼすべてが網羅されている。朝から、深夜までスクリーニングやカリキュラムがびっしりと組まれ、何を選択するか?悩みは尽きない。トレードショーでも機材出展が行われている。「Music」、「Interactive」でも注目すべきものを含め映像にどっぷり浸かる事が出来る「Film部門」を中心に追いかけて行こうと思う。

SXSW2018 Filmでホットな作品たち

■READY PLAYER ONE | Steven Spielberg
■She’s Gotta Have It (Netflix) | Spike LEE
■ISLE OF DOGS「犬ヶ島」 | Wes Anderson
■Alita: Battle Angel(銃夢)| Robert Rodriguez
■Perfect | Steven Soderbergh with music by Flying Lotus

txt・構成:編集部


[SXSW2018] Vol.01

[ Category : , ]
[ DATE : 2018-03-12 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[SXSW2019]Vol.09 これからの世界と自分を見据えるためのSXSWの歩き方

txt:曽我浩太郎(未来予報) 構成:編集部 SXSWの「未来が見える場所」からの脱皮 毎年SXSWインタラクティブイノベーションアワードでは「ブレイクアウトトレンド」とい... 続きを読む

[SXSW2019]Vol.08 映画でSXSWを勝ち抜くためには?勝利の掟を知る

txt:Yoko HIRANO 編集部 | 構成 編集部 SXSWは、世界でも注目されるべき映画祭のひとつ 世界に数多くある映画祭でもSXSW(以下:SXSW=映画祭)は異... 続きを読む

[SXSW2019]Vol.07 データサイエンティストが見たSXSW2019の行方

txt:後藤真理絵(ヤフー株式会社) 構成:編集部 Ethical AIとは何か 2019年3月8日~3月13日まで、米国テキサス州オースティンで開催されたSXSW20... 続きを読む

[SXSW2019]Vol.06 SXSW2019セッション紹介。コンテンツ体験のデータ化と「想像力」

txt:佐々木淳 構成:編集部 リベラル・オピニオンと「エモーショナル」の喧騒 スタートアップ&イノベーション・ショーケースとしての隆盛も一段落し、2000を超すセッシ... 続きを読む

[SXSW2019]Vol.05 「Sony Wow Studio」三年目の施策。ソニーらしさ健在、賢者との対話に注目

txt:古賀心太郎(アマナビ airvision)&編集部 構成:編集部 SXSW Sony主催WOW Studioでドローン関連セクション 2019年3月8日から... 続きを読む

[SXSW2019]Vol.04 NHKが牽引する8Kの世界。そして聴覚、VRの可能性を探る展示に注目集まる

txt:岡本侑子(kiCk inc.) 構成:編集部 SXSW2019期間中、NHKエンタープライズはトレードショーで2つの展示を行い、NHKは、昨年に引き続き8Kシアターを... 続きを読む

[SXSW2019]Vol.03 SXSW2019で語られた、これからの「情報」「メディア」「コンテンツ」のあり方とは

txt:加藤薫(博報堂DYメディアパートナーズ) 構成:編集部 新たな形の情報、メディア、コンテンツ 現在の映像とは、映画館、TV、スマートフォン、デジタルサイネー... 続きを読む

[SXSW2019]Vol.02 SXSWでAmazon、Netflixら新興勢の巨大プロモ合戦〜VOD勢力図に動きあり

txt:萩原明子 構成:編集部 引き続きSXSW Film部門について見ていこう。「SXSW2019」3月8日から17日まで行われた期間中、会場の内外で目立った動きをみせてい... 続きを読む

[SXSW2019]Vol.01 変化が止まらないSXSWには多様性しかない

txt・構成:Tom INOKAWA / 編集部 SXSWとは、そもそも何なのか? SXSW2019(The South by Southwest:サウス・バイ・サウス... 続きを読む

特集記事

CP+2021 CP+2021
オンライン開催のCP+2021で発表された新製品をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編 新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編
2020年末から2021年に発売されたレンズ新製品をピックアップする。
映像基礎講座 映像基礎講座 Episode 2
2020年8月に公開された特集「映像基礎講座」続編。引き続き映像の基本や基礎知識を学ぶ。
CES2021 CES2021
オールデジタルのオンライン開催となったCES2021をレポートする。
年末イッキ読み! 年末イッキ読み!
2020年に話題になった製品の特集やコラム記事をまとめて振り返る。
PRONEWS AWARD 2020 PRONEWS AWARD 2020
激動の1年となった2020年の映像業界を、PRONEWS編集部が総括する。
2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [SXSW2018]Vol.00 その熱狂は誰も止められない。SXSW2018開催中!