PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [SXSW2018]Vol.02 イーロン・マスク×クリエイティブ:映像がビジネスを加速する

News

[SXSW2018]Vol.02 イーロン・マスク×クリエイティブ:映像がビジネスを加速する

2018-03-13 掲載

txt:西村真里子・編集部 / 構成:編集部

あなたの質問に答えます!

今年に入って感動したプロジェクトの一つが、Space X社のFalcon Heavyの打ち上げだ。デヴィッド・ボウイの曲に乗せてロケットが打ち上げられる。そのロケットの先には“Starman”が乗っている。宇宙へのロマンとデヴィッド・ボウイへのオマージュが重なり非常に感動したプロジェクトだった。世界中の多くの人が感動し、イーロン・マスクのプロジェクトへの期待をさらに高めただろう。

世界中を熱狂させたFalcon Heavyプロジェクトを遂行したイーロン・マスクがSXSW 2018スペシャルシークレットゲストで登場した。実に急な発表で前日にアナウンスされ12時開演のチケットを求めて明け方から長蛇の列が…。SXSWセッションの中でも1、2を争う人気となった。そのセッションタイトルは「Elon Musk Answers Your Questions!(イーロン・マスクがあなたの質問に答えます!)」だ。

Q:尊敬する人は誰ですか?
A:カニエ・ウェスト

Q:1日の睡眠時間は何時間ですか?
A:約5時間

Q:Netflixドラマ「シリコンバレー」のお気に入りエピソードは?
A:エピソード4

というカジュアルな質問からAI、火星移住計画などについてまで幅広い内容で80分間セッションが行われた。その、質問の一つに完成されたばかりの「“Falcon Heavy and Starman, Part 2”ムービーをどのような想いで作ったのか?」というのがあった。イーロン・マスクは以下のように回答している。

■Falcon Heavy and Starman, Part 2”

この映像のゴールは、人々をインスパイアすること。挑戦すること全てが可能だということを伝えたかった。

イーロン・マスクはビジネスマンとしても優れているが、クリエイティブ・ディレクターとしても非常に優れている。もちろん.クリエイティブ・プロダクションも入っていると思うが、センスが良い。宇宙、電気自動運転車、エネルギーなど大きなビジョンを持って取り組みつつ、同時に細部まで管理している。

Q:大きなビジョンを描きつつ、ディテールまで徹底する、そのズームイン・ズームアウトをどのように行っているのか?

正しい判断をするためには、ディテールまで把握してないと決断できない。素晴らしいチームがいるので大きなビジョンと、ディテールまでこだわることができるのだ。

イーロン・マスクは映像の力を使って新たな価値観を提案するのも優れている。2年前のSXSWで話題になったイーロン・マスクのプロジェクトの一つであるHyperloopはもちろん、SXSW 2018でも交通渋滞をなくすためのトンネルプロジェクトで新たな価値観を提案していたBoring Co.(日本語で言うなら“掘り起こし会社”)社で進めている、渋滞をなくすためにトンネルを掘り地下の乗合バスでスムーズな交通を実現するものである。このプロジェクトも映像で紹介された。彼のビジネスは映像の力を使って仲間を集め、前人未到のプロジェクトを進めている印象が強い。

■Boring Co urban loop system preview

イーロン・マスクの映像型創造性に注目

いうまでもなく優れたビジネスマンは想像力豊かなクリエイターでもある。火星移住計画にまつわる質問でQ:火星ではどのような行政になるのか?というものに対して、イーロン・マスクは以下のように即座に回答する。

直接民主主義(Direct Democracy)。あらゆる問題について誰もが意見言える世界だ。法律も常に変化してよく、60%の合意で法律が作成され、40%の合意で古い法律が無効になるというものが望ましい。

確かに、時代にそぐわないルールは常に変化していくのが望ましい。イーロン・マスクの話を聞いていると法律そのものも新陳代謝を活発にしていく仕組みができそうである。それにしてもイーロン・マスクは創造性が豊かだ。その発想性は文字で考えるとよりもやはり映像的な思考で広がっていうのだろう。突然の質問にも上記のように答えていく。

いつも心にチャーミングさを持とう

[SXSW 2018] Elon Musk & “My little buttercup” from the three amigos

最後にイーロン・マスクはさらにスペシャルゲストで現れた実の弟とともに彼らが子供の頃お気に入りだった歌を歌って退場していった。優れたビジネスマンはクリエイターでもあり、パフォーマーでもあるのだ。この愛くるしさが多くの優秀な仲間を惹きつけ大きなプロジェクトを成功させているのだろう、と退場するイーロン・マスクの背中を見ながら感じた。

txt:西村真里子・編集部 / 構成:編集部
Vol.01 [SXSW2018] Vol.03

[ Category : , ]
[ DATE : 2018-03-13 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[SXSW2019]Vol.09 これからの世界と自分を見据えるためのSXSWの歩き方

txt:曽我浩太郎(未来予報) 構成:編集部 SXSWの「未来が見える場所」からの脱皮 毎年SXSWインタラクティブイノベーションアワードでは「ブレイクアウトトレンド」とい... 続きを読む

[SXSW2019]Vol.08 映画でSXSWを勝ち抜くためには?勝利の掟を知る

SXSWは、世界でも注目されるべき映画祭のひとつ 世界に数多くある映画祭でもSXSW(以下:SXSW=映画祭)は異色だと言われている。もちろん作品ラインナップにも現れているが... 続きを読む

[SXSW2019]Vol.07 データサイエンティストが見たSXSW2019の行方

txt:後藤真理絵(ヤフー株式会社) 構成:編集部 Ethical AIとは何か 2019年3月8日~3月13日まで、米国テキサス州オースティンで開催されたSXSW20... 続きを読む

[SXSW2019]Vol.06 SXSW2019セッション紹介。コンテンツ体験のデータ化と「想像力」

txt:佐々木淳 構成:編集部 リベラル・オピニオンと「エモーショナル」の喧騒 スタートアップ&イノベーション・ショーケースとしての隆盛も一段落し、2000を超すセッシ... 続きを読む

[SXSW2019]Vol.05 「Sony Wow Studio」三年目の施策。ソニーらしさ健在、賢者との対話に注目

txt:古賀心太郎(アマナビ airvision)&編集部 構成:編集部 SXSW Sony主催WOW Studioでドローン関連セクション 2019年3月8日から... 続きを読む

[SXSW2019]Vol.04 NHKが牽引する8Kの世界。そして聴覚、VRの可能性を探る展示に注目集まる

txt:岡本侑子(kiCk inc.) 構成:編集部 SXSW2019期間中、NHKエンタープライズはトレードショーで2つの展示を行い、NHKは、昨年に引き続き8Kシアターを... 続きを読む

[SXSW2019]Vol.03 SXSW2019で語られた、これからの「情報」「メディア」「コンテンツ」のあり方とは

txt:加藤薫(博報堂DYメディアパートナーズ) 構成:編集部 新たな形の情報、メディア、コンテンツ 現在の映像とは、映画館、TV、スマートフォン、デジタルサイネー... 続きを読む

[SXSW2019]Vol.02 SXSWでAmazon、Netflixら新興勢の巨大プロモ合戦〜VOD勢力図に動きあり

txt:萩原明子 構成:編集部 引き続きSXSW Film部門について見ていこう。「SXSW2019」3月8日から17日まで行われた期間中、会場の内外で目立った動きをみせてい... 続きを読む

[SXSW2019]Vol.01 変化が止まらないSXSWには多様性しかない

txt・構成:編集部 SXSWとは、そもそも何なのか? SXSW2019(The South by Southwest:サウス・バイ・サウスウエスト)が今年も3月8日よ... 続きを読む

特集記事

DSJ2019 DSJ2019
幕張メッセで開催された国内最大のデジタルサイネージの展示会「DSJ2019」をレポート。
Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019 Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019
米国ハリウッドのパラマウントスタジオ内で開催された映画撮影機材の専門展示会「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2019 After Beat NAB SHOW 2019
東京・秋葉原のUDXにて開催されたAfter NAB Show 2019をレポート。
NAB2019 NAB2019
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会「NAB2019」をレポート。
SXSW2019 SXSW2019
テキサス州オースティンで開催されたSXSW2019をレポート。
CP+2019 CP+2019
パシフィコ横浜にて開催されたカメラと写真の総合展示会「CP+2019」をレポート。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
いまだから知っておきたいフィルムの現状や伝統的な技術などを紹介する。
CES2019 CES2019
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2019をレポート。
PRONEWS AWARD 2018 PRONEWS AWARD 2018
2018年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
10万円以下のジンバル選び 10万円以下のジンバル選び
一層注目が増している小型カメラジンバルをDJIやZHIYUN、FEIYU TECH、FILMPOWERの4社5機種に渡って比較紹介。
Inter BEE 2018 Inter BEE 2018
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2018の歩き方 InterBEE 2018の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編 新世紀シネマレンズ漂流:もの作りの現場から
「新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編」の続編。前回紹介することができなかったシネマレンズメーカーを取材。
Photokina2018 Photokina2018
ドイツ・ケルンメッセで開催されたスチルカメラの祭典 Photokina2018をレポート。
IBC2018 IBC2018
オランダ・アムステルダムで開催された欧州最大の映像・放送の展示会IBC2018をレポート。

トップ > 特集 > [SXSW2018]Vol.02 イーロン・マスク×クリエイティブ:映像がビジネスを加速する