PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [SXSW2018]Vol.03 キーワードは“禅”。SXSW2018に刻まれた日本の心、文化たち〜インタラクティブ部門

News

[SXSW2018]Vol.03 キーワードは“禅”。SXSW2018に刻まれた日本の心、文化たち〜インタラクティブ部門

2018-03-16 掲載

txt:西村真里子・編集部 / 構成:編集部

SXSWで広まる日本文化

オープニングスピーチを飾るSXSWプログラムマネージャーのヒュー・フォレスト

「SXSWでは“ZEN(禅)”の心が必要だ。なぜならぜ”ZEN”の状態がセレンディピティを呼び、思わぬ発見や出会えるからだ」

SXSW2018のオープニングスピーチを飾ったSXSWプログラムマネージャーのヒュー・フォレストの冒頭の言葉には“ZEN”についての言及が多かった。それは2,000を超えるセッション、10日間で40万人を超える来場者が来る場所では冷静な心でいるのが大事だということを伝えるためである。マインドフルネスも一般的になってきた時代には日本の精神が米国のカンファレンスでも感じられる。当記事ではSXSW2018で感じた“日本的”なものと(少し脚色がついているものもあるかもしれないが)、SXSW2018インタラクティブ部門で話題を呼んでいた日本の文化事例を紹介する。

インタラクティブの現場から


■Googleでは検索できないものを探す旅を語る
Googleでは検索できないものを探す旅に出ているタティアナ・マスラニ(左)

「なぜ私たちはここにいるのか?人生の意味は何か?神はいるのか?」

元Google社員で現在は作家として活躍するタティアナ・マスラニは、テクノロジーや科学が発達しても解決できない問いを探す旅に出かけた。毎日瞑想を行い、南米、インド、アフリカ、京都を旅し問いに対しての答えを探す旅についての記録をセッションで紹介していた。面白いのはSkypeを通じてサウスアフリカのヨガにも参加しているらしく、インターネットは精神的な旅を続ける手助けもしてくれていることがわかる。


■永平寺の僧侶もSXSWに参戦

福井県の永平寺の僧侶がパナソニックとのセッションに登場し自動運転時代に必要な禅の精神について語った。本家本元の「禅」がSXSWに初めてインストールされた記念すべき年がSXSW2018である。


■禅、瞑想を手助けするプロダクト
東芝の瞑想をサポートするデバイス

東芝デザインセンターが紹介していたプロダクトは瞑想をする際に手助けしてくれるデバイスだ。手のひらに納まりの良い形状のデバイスを通じて、瞑想に適した呼吸方法を伝えてくれる。マインドフルネスの人気から展示ブースでは質問をし続ける方が並んでおり関心の高さが伺えた。


■スマホからアシスタントを召喚する
SXSW2018でデビューを果たしたSamsung Aurora

禅というよりはアニミズムに近いものだが、Samsung C-LabがSXSWで初公開していたAuroraはスマホを差し込むと自分のアシスタントキャラクターが召喚され、音声ベースでお願いを叶えてくれる。スマートスピーカーの声だけのコミュニケーションの味気なさにキャラクターが温もりを添えてくれる、というコンセプトだ。日本ではGateboxなども先行しているが、スマホを差し込むと充電もできるしコミュニケーションも楽しくなるAuroraは、家庭内でのスマホの新しいあり方を提示してくれているとも言える。


■“低度テクノロジー”という考え方
“低度テクノロジー”という考えでシンプルに楽しめるデバイスを開発する出村光世氏(右)

昨年までのSXSWでは人工知能、ロボティクスなど先端テクノロジー、高度テクノロジーを語ることが多かったが、今年は「今あるテクノロジーで何ができるか?」という進化よりも“ソーシャルインパクト”を意識するアプローチが気になった。オープニング基調講演を飾ったテクノロジーを活用し難民コミュニケーションを加速する「Techfugee」のジョセフィン・グーブは身近なコミュニケーションツールを使うだけで難民問題は解決できると語る(すごい技術よりも、ホスピタリティーの問題なのだ)。また、トレードショーに出展していた出村光世氏は“低度テクノロジー”という考えの元、シンプルなテクノロジーでどこまでエンターテインメントを楽しくできるのか?という実験を進めている。


■忍者のように動くドローン
「忍者ドローン」の今後の展開が楽しみである

ドローンの課題であるバッテリーと落下の危険性に対して”忍者”的に解決を目指すアプローチをするプロジェクトがある。「Todai to Texas」チームの一つとして参加していたNinja Droneはビニールハウスなどで活用できるドローンだ。まるで忍者の忍びのようにロープをつたって必要な場所に移動し、作業を完結するものだ。一つのロープの横移動するものはすでに存在するが、忍者ドローンは、そのアームで縦横無尽に貼られたネット上のロープを行き来できるというものだ。ロープを張るところがまず最初の障壁になると思うが「忍者ドローン」というキャッチーなアプローチでスタートアップしているのがセンス良いと思う。今後の展開が楽しみである。


■寿司職人の技をオープン化する“オープンミール”
寿司職人の技をオープン化する「寿司テレポーテーション」

トレードショーで大きく存在感を示していたのが電通チームの「寿司テレポーテーション」である。デンソーと組んでいる当プロジェクトは寿司職人の熟練の業をロボットアームに記憶させ再現性を高めるものである。賛否両論あるとは思うが衛生的でないお店でお寿司を食べるより抗菌化されたロボットで職人のお寿司を食べる方が良いという意見もあるだろう。実現可能性を問うよりはSXSWではデモンストレーションを見せフィードバックを受けるのが重要だ。何れにせよ寿司&ロボットアームで行列が絶えなかったことは出展としては大成功だ。


■三角おにぎりをいつでもどこでも味わえる
三角おにぎりを自動で握ってくれるパナソニックのONI ROBOT

パナソニックは昨年よりメイン会場から離れた6th streetというライブ会場などで賑わうストリートの一角に独自展示スペースを構えている。私が出会ったオースティンの若者は「パナソニックでおにぎりを食べた!」と喜んでいた。

今回展示されていたONI ROBOTは三角おにぎりを作ってくれるマシンだ。アニメの影響で海外でも「おにぎり」の認知は高まり、訪日外国人がコンビニおにぎりを好んで食べているシーンもよく見かけるようになった。ただ三角おにぎりは祖母や母から譲り受けないとなかなか習得するのが難しい。ONI ROBOTはこれから海外でも美味しい三角おむすびを食べられるキッカケになるかもしれない。


■けん玉のゲーム性を高めるDENDAMA
DENDAMAでけん玉の楽しさを可視化する

JETROブースで出展していたDENDAMAはけん玉をデジタル化する。けん玉の技を決めるとスコアが高くなることが可視化され、よりわかりやすくけん玉の楽しさを伝えていける。


■KEEP CALM & DO EXHIBISIONISM
100BANCH「Fundoshi Hack Project」星野雄三氏

今年100周年を迎えるパナソニックは、次の100年を考え「100BANCH」というプログラムを組み、スタートアップを支援している。その100BANCHからSXSWに4チーム出展していたのだが、パナソニックハウスはもちろんオースティンの街中でも話題を呼び、一緒に写真を撮って欲しい!という人たちが列をなしていたのが「Fundoshi Hack Project」である。ふんどし文化を伝えるとともに、ふんどしになっても恥ずかしくない体を鍛えるためのトレーニングもあわせて販売している。

プロジェクトをリードする星野雄三氏とはイーロン・マスクのセッションに一緒に向かったのだが、一緒に写真を撮って欲しいと声をかけてくる人が絶えなかった。ふんどし文化がSXSW来場者のInstagramやTwitterを経由して拡散されていく。

日本にSXSW Interactive文を広めた井口尊仁氏の新たな挑戦

知ったかぶりをなくすソフトウェア「Transparent」を紹介する井口氏

ここまでは禅や日本文化がSXSW2018インタラクティブ部門で広まっていた事例を紹介したが、最後に、SXSWインタラクティブ部門を日本に広めた功労者である井口氏のプロジェクトも紹介したい。

セカイカメラやARグラス「Telepathy」で2011年から日本の存在感を高めてくれた井口氏は今年「Transparent」というプロダクトを出展していた。「知ったかぶりをなくす」この仕組は会話の中で出てきたキーワードをある時は画像で、ある時はテキストでリアルタイムにログ化してくれるものだ。

例えば海外の方が「FUNDOSHI」と聞いてもすぐにはイメージつかなくてもそこにふんどしの画像検索結果があれば理解しやすくなる。この「Transparent」はソフトウェアなので入力装置や出力装置はお好みのもので良いようだ。たとえばVUZIX BLADEのような音声認識対応ARグラスで出力するのであれば、異文化の方とコミュニケーションする際にわからない単語が出てきてもメガネの内側に画像やテキストで補足がつくので知ったかぶりがなくなる。コミュニケーションの深度も高まるだろう。

マインドフルネスの浸透や、アニメによる日本文化が世界に広まった現在、テクノロジーやアイデア、デザインを駆使してSXSWのように多国籍で、多様なバックグラウンドの方々が集まる場所で「日本文化」を拡散していくのはプロダクト海外展開やインバウンドに向けて、とても効果が高いと考える。もちろん今までのSXSWでも同様の取組をしていたが、今年の出展者のマインド、展示内容、海外からの受け入れ方を見ているとこれから更に良い形で発展していく希望が持てる。もっともっとユニークな形で来年以降もSXSWで日本文化をみんなで広めていければ幸いである。

txt:西村真里子・編集部 / 構成:編集部
Vol.02 [SXSW2018] Vol.04

[ Category : , ]
[ DATE : 2018-03-16 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[SXSW2018]Vol.09 ウェス・アンダーソン最新作「犬ヶ島」で大団円〜Film部門成功の理由

txt:宮川麻衣子(未来予報)with Tom INOKAWAa.k.a.猪蔵 / 構成:編集部 Filmは大作とローカル作品をバランス良く共存させることに成功している ... 続きを読む

[SXSW2018]Vol.08 SXSWを楽しむための秘訣は、全てに争わないこと。五感で感じること

txt:宮川麻衣子(未来予報) 構成:編集部 SXSWへ7回目の参加となった今年、常にその変化を感じながらも、今年は自分にとってより大きな転換を感じた年だった。イベントは水物... 続きを読む

[SXSW2018]Vol.07 成熟しはじめたVR市場から見る、これから必要となる新しい視点と倫理

txt:曽我浩太郎(未来予報) 構成:編集部 気になるVRについても考えてみよう SXSWが開催前に発表した2018年のトレンドの一つとして「THE VR MARKET... 続きを読む

[SXSW2018]Vol.06 SXSW発バリー・ジェンキンス監督が語るアカデミー作品賞「Moonlight」までの軌跡

txt:Kana YAMAMOTO 構成:編集部 やはり豊作だった25周年を迎えるFilm部門 フィルム、インタラクティブ、ミュージックの祭典SXSW。今年25周年を迎えた... 続きを読む

[SXSW2018]Vol.05 人気ドラマ「ウエストワールド」セッションにイーロン・マスク飛び入り参加。ただ上映するだけではないSXSWが仕掛けの巧妙さ

txt:宮川麻衣子(未来予報) 構成:編集部 映画もドラマもプレミア上映。インフルエンサーを取り込む仕掛けがそこに! Westworldのクリエイティブチームと... 続きを読む

[SXSW2018]Vol.04 未来の議論を誘発させる実験的なストーリーテリングを世界中が求めている〜音楽と映像そしてインタラクティブの融合領域

txt:曽我浩太郎(未来予報) 構成:編集部 未来学者たちの「ポスト・テクノロジー化」を象徴するSXSW2018 「シンギュラリティ(人工知能が人間を越える技術的特異点... 続きを読む

[SXSW2018]Vol.02 イーロン・マスク×クリエイティブ:映像がビジネスを加速する

txt:西村真里子・編集部 / 構成:編集部 あなたの質問に答えます! 今年に入って感動したプロジェクトの一つが、Space X社のFalcon Heavyの打ち上げだ。デ... 続きを読む

[SXSW2018]Vol.01 汗をかくほどソニーを楽しむ!SXSW 2018 Sony WOW Studio初日一番乗り体験レポート

txt:西村真里子 構成:編集部 眠っている能力が拡張される感覚!ソニーの体験型ブース“WOW Studio” 昨年よりSXSWで大規模に展開しているソニーの体... 続きを読む

[SXSW2018]Vol.00 その熱狂は誰も止められない。SXSW2018開催中!

txt・構成:編集部 映像関係者なら今すぐ参加を! いよいよ今年もテキサス州オースティンでSXSW(South by Southwest/サウス・バイ・サウスウ... 続きを読む

特集記事

映画「万引き家族」〜撮影部と撮影監督の眼差し 映画「万引き家族」〜撮影部と撮影監督の眼差し
「万引き家族」はいかにして生まれたのか?今回の特集ではその制作側を覗いてみる。
SIGGRAPH2018 SIGGRAPH2018
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2017をレポート。
BIRTV2018 BIRTV2018
中国・北京で開催されたアジア地区ではInterBEEと並ぶ大規模な放送機器展 BIRTVをレポート。
QBEE2018 QBEE2018
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
inside DaVinci 15 inside DaVinci 15
史上最大のアップデートを実現したと言われるDaVinci Resolve 15に関する最新動向をまとめてみた。
Cine Gear Expo 2018 Cine Gear Expo 2018
米ハリウッドの中心、パラマウントスタジオで開催された「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2018 After Beat NAB SHOW 2018
東京・秋葉原で開催された「After NAB Show Tokyo 2018」をレポート。
NAB2018 スペシャルレポート NAB2018
世界最大の放送機器展覧会「2018 NAB Show(NAB2018)」をレポート。
Your Choice?GH5 or GH5S Your Choice?GH5 or GH5S
映像業界で活躍中のカメラマンやディレクターに聞く「GH5」と「GH5S」の選び方。
SXSW2018 SXSW2018
米国テキサス州オースティンで開催されたSXSWをレポート。
CP+2018 CP+2018
パシフィコ横浜にて開催されたカメラと写真の総合展示会「CP+2018」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編 新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編
2017年から2018年にかけて発売する、人気のスチルカメラ用レンズも含めた最新の単焦点シネレンズを紹介。
CES2018 CES2018
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2018をレポート。
最新カメラ探訪2018 最新カメラ探訪2018
国内3大メーカーが世に問う「映像表現を進化させるプロダクト」とは?最新カメラ事情を紹介。
PRONEWS AWARD 2017 PRONEWS AWARD 2017
2017年は映像業界にとってどのような年だったのか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。

トップ > 特集 > [SXSW2018]Vol.03 キーワードは“禅”。SXSW2018に刻まれた日本の心、文化たち〜インタラクティブ部門