PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [NAB2018]Day01(4月9日) 快晴となったNAB初日!今年注目の新しいソリューションとは

News

[NAB2018]Day01(4月9日) 快晴となったNAB初日!今年注目の新しいソリューションとは

2018-04-11 掲載

快晴の中いよいよ展示会が開催。初日は展示会オープンを前にして早朝からAJAとブラックマジックデザインのプレス発表があったので、まずはこの2つをレポートしよう。

AJA

AJAは今回12G-SDI対応のルーターKUMOやHDMI対応のKONA及びMini Converterのほか、HDR Image Analyzerなどを新製品として発表した。HDR Image AnalyzerはAJAのビデオ・オーディオI/OとColorfrontのHDR分析ツールを組み合わせたもので、波形やヒストグラム、ベクタースコープのほか、NitsレベルHDRモニタリングソリューションで、プロダクション、ポストプロダクション、品質管理(QC)、マスタリング、4K/UltraHD/2K/HD、HDR、WCGコンテンツの監視と分析などに対応しており、PQ(Perceptual Quantizer)、ハイブリッドログガンマ(HLG)、Rec.2020を含むHDRフォーマットの監視と分析を行う柔軟なソリューションとなっており、4K/UHDワークフローに対応。AJAではほかにもDesktop v14.2 softwareやv3.0 Ki Pro Ultra/Plus firmware、FS-HDR v2.5 softwareのアップデートも発表した。詳細はブースレポートで紹介しよう。

12G-SDI対応のルーターKUMO HDMI対応のKONA。4K60pキャプチャーが可能 HDR Image AnalyzerはAJAのビデオ・オーディオI/OとColorfrontのHDR分析ツールが融合した製品

ブラックマジックデザイン

一方ブラックマジックデザインは、エフェクトツールの強化や3Dエフェクトなどが追加されたDaVinci Resolveの新バージョンDaVinci Resolve 15や、SDIやHDMI、ファイバー、12Gなどに対応したMini Converterシリーズ、ATEM Television Studio Pro 4Kのほか、Blackmagic Pocket Cinema Camera 4Kなどが発表された。Pocket Cinema Camera 4Kは新たにデザインされたもので、MFTマウントのレンズに対応しているほか、5インチの大型タッチスクリーンモニターや4つの内蔵マイク、Bluetoothワイヤレスカメラコントロール、ファンタム電源対応のミニXLRオーディオ入力、HDMIオンセットモニタリング出力などを搭載している。10bitのProResおよび12bitのRAW収録が可能で、3D LUT対応となっている。

新たにデザインされたPocket Cinema Camera 4K ATEM Television Studio Pro 4K URSA BroadcastのCamera Fiber ConverterとStudio Fiber Converter

ニコン

初日の会場で目を引いたのは、ニコンブース。今年はロボットカメラを大きくアピールしていた。これはmrmoco社のロボットシステムにニコンのデジタル一眼レフカメラを組み込んだもので、ブース内ではスポーツイベントの収録システムの紹介が行われていたほか、NAB会場入口のエントランスホールではロボットカメラが人とダンスをしながら撮影をするというイベントを行っていた。

スポーツイベントの収録システムの紹介コーナー 画面をタッチするだけの簡単操作で各カメラを操作できる ロボットカメラのカットモデル mrmoco社のロボットシステムとニコンのデジタル一眼レフカメラによるダンシングロボットカメラ。ボタンを押すと数秒間ロボットが稼働し、自動的に撮影される 昨日セッティングが終了した状態。今日は人垣ができていて撮影できないほどだった ロボットカメラで撮影した画像

SHARP

シャープは業務用の8Kカメラを発表し昨年話題になったが、NABではカメラ以外にもシャープが得意とするところの大型の液晶ディスプレイのほか、27型の8K対応モニターを参考出展していた。27型8Kモニターの発売に関しては今のところ未定で、パネルや画像エンジンを組み込み用やOEMとして販売していくとのこと。8Kがもう少しポピュラーになり、インターフェースなどの規格が決まればシャープとしての発売を考えているようだ。シャープは台湾資本になったことで、民生機や業務用といったこだわりはあまりなくなり、自社の技術が生かせる分野であればどこであれ積極的に進出していくようになったということのようだ。

デジタルサイネージ用の大型ディスプレイ 業務用の8Kカメラ8C-B60A 27型の8K対応モニターと画面の部分写真

SIGMA

シグマはここ数年でデジタルシネマ用のレンズラインナップを一気にそろえ、業界でも注目されており、今回のNABでも8K対応のレンズラインナップを披露していた。8K対応をうたうレンズは現状あまり数が出ていない。特にズームレンズはキヤノンなどが試験的に出しているがまだまだの状況だ。今後はカメラ以外にもレンズなど8K対応の製品がでてくることになるだろう。いずれにしても4K8Kの時代になり、従来からの業務用ビデオメーカーだけでなく写真レンズのメーカーやシャープのように民生機のメーカーなどの参入もあり、業界の様子も変わりつつあるようだ。

8K対応のレンズラインナップを披露
Day00 [NAB2018デイリーレポート] Day02

[ Category : , ]
[ DATE : 2018-04-11 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[After Beat NAB SHOW 2018]Vol.04 注目の360°VRの課題は、どこで、なにで、なにを見るのか

txt:稲田出 構成:編集部 AR/MR/VRがもたらす未来とは テレビは4K/8Kの時代を迎え、解像度的には一般の視聴には充分といえる状況になってきた。テレビの進歩は... 続きを読む

[After Beat NAB SHOW 2018]Vol.03 これまでの放送と、これからの放送〜HDRとSDRがもたらすものとは

txt:稲田出 構成:編集部 これからのHDRとSDRワークフローに必要なモノ 次世代の放送として4K/8Kが目前に迫り一部では開始しており、時代も変化を迎えている。従... 続きを読む

[NAB2018:AJA]KONAやKUMOシリーズの新製品、HDRイメージアナライザーを参考展示。日々変化する映像業界の先端を行く製品ラインナップを展開

AJAブース動画 360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chro... 続きを読む

[After Beat NAB SHOW 2018]Vol.02 After NAB Show Tokyo 2018レポート02

txt:稲田出 構成:編集部 AfterNABの会場はコンパクトではあるものの、50社近いメーカーが出展している。前回に引き続きブースの紹介をしていこう。 エーディ... 続きを読む

[After Beat NAB SHOW 2018]Vol.01 After NAB Show Tokyo 2018レポート01

txt:稲田出 構成:編集部 今年もこの季節がやってきた!After NAB Show開催 5月23、24日の2日間東京・秋葉原のUDXにおいて「After... 続きを読む

[NAB2018もうひとつの視点]Vol.02 NABの次の主役はAIとマシンラーニングに

txt:江口靖二 構成:編集部 映像制作の世界に一気に押し寄せてくるAIの波 今年のNABの傾向として、一気にAIやマシンラーニングが表舞台に上がってきた感がある。これは数... 続きを読む

[NAB2018:Angenieux]12倍の高倍率ズーム「Optimo Ultra 12x」や新型アナモフィックズームレンズ「Optimo Anamorphic 42-420 A2S」を展示

12倍のマルチフォーマットの高倍率ズーム「Optimo Ultra 12x」 IBC 2017で発表された12倍のズームレンズ「Optimo Ultra 12x」が展示されて... 続きを読む

[NAB2018:DJI]複雑なシーンや動きの激しいシーンでも滑らかな撮影を実現する「DJI FORCE PRO」と「DJI Master Wheels」を展示

360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ChromeブラウザおよびiOS/And... 続きを読む

[NAB2018:Tokina]VISTAの105mmの発表や11−20mmの試作機を展示

VISTAシリーズに105mm T1.5を発表 VISTAシリーズは今年入って18mmを発売開始したばかりだが、NABでは105mmのリリースを発表。VISTAシリーズのT値... 続きを読む

特集記事

Camera Preview 2020 Camera Preview 2020
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
BIRTV2019 BIRTV2019
中国・北京の中国国際展覧中心で開催された展示会「BIRTV 2019」をレポート。
SIGGRAPH2019 SIGGRAPH2019
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2019をレポート。

トップ > 特集 > [NAB2018]Day01(4月9日) 快晴となったNAB初日!今年注目の新しいソリューションとは