PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [NAB2018]Day02(4月10日) 4K8K、IP、HDR〜日々進化するソリューション群
Special

[NAB2018]Day02(4月10日) 4K8K、IP、HDR〜日々進化するソリューション群

2018-04-12 掲載

開催2日目も熱気ある会場から

初日に比べいつもなら会場の込み具合が平均化するはずが今年は一向に変わらずさらに込み具合が増してきた印象だ。会場の熱気にあてられたのだろうかそとの気温も早朝から汗ばむほどだ。

ここ数年HDRやIPが話題となっているが、4K8Kは単にレゾリューションだけでなくダイナミックレンジや色域も従来と変わるし、画像データの伝送容量も大きくなるのでそうしたことへの対応やそれにつれて新たな規格が進行しているためともいえよう。

4K8Kでは今までの3G-SDIのほか、6G-SDIや12G-SDIのほかファイバーなどがあるほか、エンベデッドオーディオへの対応も必要になる。すでにアストロデザインや朋栄といった国内メーカーがHDR対応のコンバーターを発売しているが、AJAやBlackmagic Designなども新製品を発表している。異なるインターフェース間の変換のほか、レゾリューションやHDR対応などこうしたコンバーターは今後も様々な種類も製品が発売されるだろう。

そうした中でアストロデザインは新たな試みを始めている。アップコンバートが必要な場合走査線などをピクセル単位で補完する必要があり、その補完のアルゴリズムがアップコンバート時の画質を左右する重要な要素になっていたが、アストロデザインではディープラーニングの手法を応用したものを参考出展していた。

アストロデザインはディープラーニングの手法を応用した2Kから4Kへのアップコンバートを披露した。変換前と理想的な変換後の映像を学習させることで高品質な変換が可能となる。演算速度の問題もあり現状はシチュエーションごとに1000枚ほどの静止画を使って学習させている

GPUを並列にした画像演算専用のコンピュータシステム。ディープラーニングでのアップコンバートではこうしたシステムを使ってもリアルタイムの動画処理は難しい

朋栄FA-9600。アップ/ダウン/クロスなどの各種変換に対応したコンバーターで色域やダイナミックレンジに対応した新開発のカラープロセス回路を搭載している

NitsレベルHDRモニタリングソリューションAJA HDR Image Analyzer。Colorfront製のHDR分析ツールを組み合わせることで、PQ(Perceptual Quantizer)、ハイブリッドログガンマ(HLG)、Rec.2020を含むHDRフォーマットの監視と分析が可能

Blackmagic DesignHDMI対応のコンバーターMini Converter UpDownCross HD

DEGITAL FORCASTのコンバーターBrideg UHDシリーズ。SDI、HDMIのほか光ファイバー対応など各種ラインナッされている

伝送路のIP化は必須とはいえ現行のHDシステムとの整合性や撮影現場での利便性ではSDIやHDMIの方が有利だ。現在はこの辺りが複雑化の原因となっている部分といえるだろう。実際IPといってもTICOやAIMS、IP Live Allianceあたりが有力ではあるもののまだ1つの方向にまとまっていない。スイッチャーはカメラ以外にも様々な入力があり、各社ともに様々な入力や出力に対応しているがIPに関してはグラスバレー系のAIMS派とソニー系のIP Live派に分かれているのが現状だ。

ソニーのスイッチャーXシリーズ。本体のIOボードにはSDIやIPなどのオプションが用意されている

グラスバレーのIP対応スイッチングシステムGV K-frame X Kayenne

パナソニックのIPはAIMS派だが、現状スイッチャーは12G-SDIをメインにしている

朋栄のSDI、IPハイブリッドシステム。現状ではSDIやIPの混在となり複雑化は避けられないようである


Day01 [NAB2018デイリーレポート] Day03(近日公開)▶

[ Category : , ]
[ DATE : 2018-04-12 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[After Beat NAB SHOW 2018]Vol.04 注目の360°VRの課題は、どこで、なにで、なにを見るのか

txt:稲田出 構成:編集部 AR/MR/VRがもたらす未来とは テレビは4K/8Kの時代を迎え、解像度的には一般の視聴には充分といえる状況になってきた。テレビの進歩は... 続きを読む

[After Beat NAB SHOW 2018]Vol.03 これまでの放送と、これからの放送〜HDRとSDRがもたらすものとは

txt:稲田出 構成:編集部 これからのHDRとSDRワークフローに必要なモノ 次世代の放送として4K/8Kが目前に迫り一部では開始しており、時代も変化を迎えている。従... 続きを読む

[NAB2018:AJA]KONAやKUMOシリーズの新製品、HDRイメージアナライザーを参考展示。日々変化する映像業界の先端を行く製品ラインナップを展開

AJAブース動画 360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chro... 続きを読む

[After Beat NAB SHOW 2018]Vol.02 After NAB Show Tokyo 2018レポート02

txt:稲田出 構成:編集部 AfterNABの会場はコンパクトではあるものの、50社近いメーカーが出展している。前回に引き続きブースの紹介をしていこう。 エーディ... 続きを読む

[After Beat NAB SHOW 2018]Vol.01 After NAB Show Tokyo 2018レポート01

txt:稲田出 構成:編集部 今年もこの季節がやってきた!After NAB Show開催 5月23、24日の2日間東京・秋葉原のUDXにおいて「After... 続きを読む

[NAB2018もうひとつの視点]Vol.02 NABの次の主役はAIとマシンラーニングに

txt:江口靖二 構成:編集部 映像制作の世界に一気に押し寄せてくるAIの波 今年のNABの傾向として、一気にAIやマシンラーニングが表舞台に上がってきた感がある。これは数... 続きを読む

[NAB2018:Angenieux]12倍の高倍率ズーム「Optimo Ultra 12x」や新型アナモフィックズームレンズ「Optimo Anamorphic 42-420 A2S」を展示

12倍のマルチフォーマットの高倍率ズーム「Optimo Ultra 12x」 IBC 2017で発表された12倍のズームレンズ「Optimo Ultra 12x」が展示されて... 続きを読む

[NAB2018:DJI]複雑なシーンや動きの激しいシーンでも滑らかな撮影を実現する「DJI FORCE PRO」と「DJI Master Wheels」を展示

360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ChromeブラウザおよびiOS/And... 続きを読む

[NAB2018:Tokina]VISTAの105mmの発表や11−20mmの試作機を展示

VISTAシリーズに105mm T1.5を発表 VISTAシリーズは今年入って18mmを発売開始したばかりだが、NABでは105mmのリリースを発表。VISTAシリーズのT値... 続きを読む

特集記事

ARRI, my love ARRI, my love
映画機材界の雄であるARRI。日本での販売拡大に注目されるARRIの歴史から実用例までフィーチャーする。
SXSW2021 SXSW2021
3/16~20日にオンライン開催となった「SXSW2021」をレポートする。
Virtual Production Field Guide Virtual Production Field Guide
国内のバーチャルプロダクションの展開と、映像制作ワークフローへの影響について紹介
CP+2021 CP+2021
オンライン開催のCP+2021で発表された新製品をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編 新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編
2020年末から2021年に発売されたレンズ新製品をピックアップする。
映像基礎講座 映像基礎講座 Episode 2
2020年8月に公開された特集「映像基礎講座」続編。引き続き映像の基本や基礎知識を学ぶ。
CES2021 CES2021
オールデジタルのオンライン開催となったCES2021をレポートする。
年末イッキ読み! 年末イッキ読み!
2020年に話題になった製品の特集やコラム記事をまとめて振り返る。
PRONEWS AWARD 2020 PRONEWS AWARD 2020
激動の1年となった2020年の映像業界を、PRONEWS編集部が総括する。
2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [NAB2018]Day02(4月10日) 4K8K、IP、HDR〜日々進化するソリューション群