PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [NAB2018:EIZO]PQ方式とHG方式に対応した「CG319X」と1000cd/m2まで安定表示やコントラスト比100万:1を実現…
Special

[NAB2018:EIZO]PQ方式とHG方式に対応した「CG319X」と1000cd/m2まで安定表示やコントラスト比100万:1を実現した「CG3145」を展示

2018-04-17 掲載

EIZOブース動画

HDR周りの機能をさらに充実させた「ColorEdge CG319X」

一押しの展示は5月23日に発売するDCI 4K解像度に対応した31.1インチの「ColorEdge CG319X」(以下:CG319X)。PQ方式とHybrid Log Gamma方式のガンマ対応が特長。

PQ方式とHybrid Log Gamma方式に対応した「ColorEdge CG319X」

CG319Xのカラーモード。「Rec.2020」などの色域・ガンマを再現する表示モードを標準搭載

HLGは、輝度値を相対的に扱うのでバリアブルに変わっていくが、CG319Xのクリッピング機能を使えばクリッピングする輝度まではターゲットとなる輝度のモニターで見たときと同じ輝度で表示できる。

CG319Xにはクリッピング機能を搭載

500cd/m2でクリッピングを設定

1000cd/m2でクリッピングを設定

CG319Xのセルフキャリブレーションの機能が、少しバージョンアップをした。これまではセルフキャリブレーションの機能を実行すると作業途中でも真っ暗になってしまうため、深夜に自動的に行うようスケジュール設定を行い、回避していた。しかし、それでもその時間帯に作業をしている場合はキャリブレーションをキャンセルするしかなかった。CG319Xのセルフキャリブレーションは実行中でも作業画面を表示させたまま再調整ができるようになり、作業を中断することなく実行できるようになった。

CG319Xはセルフキャリブレーションを搭載

画面上部のカラーパッチと右下の調整中ウィンドウだけ表示をして、セルフキャリブレーションが行われるようになった

グラスバレーのEDIUSのターンキーシステムには、今後のバージョンアップでモニターのセッティングを紐付けできる機能を搭載予定。こちらの機能のデモも行われていた。例えばEDIUSでRec.709のコンテンツに切り替えた際、これまでモニターの設定は手動で切り変えて確認をする必要があった。

しかし、EDIUSのターンキーのシステムとCG319Xでは、EDIUSのカラー設定をRec.709に変えると自動的にCG319Xの表示がRec.709に切り替わる。この機能はEIZOがSDKをグラスバレーに提供して、グラスバレーがEDIUSの中でUSBケーブルで信号を送って切り替えを行っている。

これまでSDRとHDRが混合している際に、SDRのモニター表示でHDRのコンテンツを編集してしまい色が合わない事故が起きることがあった。自動的な切り替え機能により、このようなトラブルを防ぐことができる。よりスムーズなSDRとHDRの制作環境ができそうだ。

こちらの機能はEIZOのCG3145など、一部のモニターに対応する機能だ

HDR周りの機能を充実させた「ColorEdge PROMINENCE CG3145」

HDRリファレンスモニターの「ColorEdge PROMINENCE CG3145」(以下:CG3145)も展示されていた。CG3145は最大輝度1000cd/m2でコントラスト比100万:1 を実現。CG319XとCG3145を比べて、どのぐらいの差があるのかを確認できるように展示されていた。実際に比較をしてみると、液晶モニターで黒を表示するというのは困難だが、CG3145は黒がきちんと絞まって表示されているという印象に見えた。

CG3145は、正確なHDRの色を見たいというユーザーに引き合いがあるという。CG3145は環境温度に合わせてモニター内部で温度のコントロールを行うことで、色の安定を高めており、リファレンスとして安心して使えるところが特長とのことだ。


[ Category : , ]
[ DATE : 2018-04-17 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

特集記事

Virtual Production Field Guide Season2 Virtual Production Field Guide Season2
バーチャルプロダクション特集のSeason2。引き続き国内の最新の動向やワークフローを追う。
ARRI, my love ARRI, my love
映画機材界の雄であるARRI。日本での販売拡大に注目されるARRIの歴史から実用例までフィーチャーする。
SXSW2021 SXSW2021
3/16~20日にオンライン開催となった「SXSW2021」をレポートする。
Virtual Production Field Guide Virtual Production Field Guide
国内のバーチャルプロダクションの展開と、映像制作ワークフローへの影響について紹介
CP+2021 CP+2021
オンライン開催のCP+2021で発表された新製品をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編 新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編
2020年末から2021年に発売されたレンズ新製品をピックアップする。
映像基礎講座 映像基礎講座 Episode 2
2020年8月に公開された特集「映像基礎講座」続編。引き続き映像の基本や基礎知識を学ぶ。
CES2021 CES2021
オールデジタルのオンライン開催となったCES2021をレポートする。
年末イッキ読み! 年末イッキ読み!
2020年に話題になった製品の特集やコラム記事をまとめて振り返る。
PRONEWS AWARD 2020 PRONEWS AWARD 2020
激動の1年となった2020年の映像業界を、PRONEWS編集部が総括する。
2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [NAB2018:EIZO]PQ方式とHG方式に対応した「CG319X」と1000cd/m2まで安定表示やコントラスト比100万:1を実現…