PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [NAB2018:Shure]ワイヤレスシステムやシーリングアレイマイクロホンシステムなど、個人ユーザー向け製品だけでなく、設備系製品も多数展示

News

[NAB2018:Shure]ワイヤレスシステムやシーリングアレイマイクロホンシステムなど、個人ユーザー向け製品だけでなく、設備系製品も多数展示

2018-04-26 掲載

Shureは新たなワイヤレスシステムAXT Digitalや、シーリングアレイマイクロホンシステムMicroflex Advance、動画撮影アプリShurePlus MOTIV Videoなどを出展した。SHUREというとマイクやヘッドホンを思い浮かべるが、最近は個人向けの製品だけでなく、設備系の製品にも力を入れており、QSCとの共同開発でMXA910コントロールプラグインなども発表している。

QSCはアンプやスピーカーなどどちらかというと出口系が得意のメーカーで、SHUREのマイクロホンや収音技術とコラボレーションすることで、入口から出口までをトータルでカバーできることになる。ワイヤレスマイクは国内だけでなく海外でもデジタル化が進んでおり、ブースでは昨年発表したAXT Digitalワイヤレスシステムを中心としたアピールが行われていた。

ADシリーズのトランスミッターで、ハンドマイクタイプのものはマイクカプセル部分を交換できるようになっている。交換用マイクカプセルには、定評のあるSM58やBATA58、BETA87、KSM8などが用意されており、ADXシリーズのトランスミッターも同じものが共通して使用可能 Wireiess Workbench 6はワイヤレス機器の周波数管理を包括的に行うができるソフトウェアで、接続した機器の管理から最適な周波数プランニング、運用時の電波状況モニタリングなどを行うことが可能。AXT Digitalのほか、AXTやULX-D、QLX-D、PSM1000、UHF-Rに対応している マイクロボディパック型トランスミッターADX1M。アンテナが内蔵されており、形状も丸みを帯びているので、目立たずに装着しやすい。仕込む必要があるENG収録や劇場公演などに最適 広帯域UHFスペクトラムスキャン/分析機能に加え、周波数コーディネーション機能を搭載したAXT600スペクトラムマネージャーや、Quadversityにより1つのチャンネルに4本のアンテナを割り当て可能なAXTデジタル受信機AD4Qなど ラックマウントタイプの充電ステーションSBC840。ADX1用の充電池SB910やADX2/ADX2FD用の充電池SB920などを充電可能な8ベイ充電器。Shure Wireless Workbenchによるリモートモニタリングが可能 4チャンネルAXTデジタルレシーバーAD4QとSBRCラックマウント型充電ステーション。AD4Qはアンテナ受信範囲の拡大とRF信号のS/N比向上を実現するQuadversityモードを搭載しているほか、DanteまたはAES67デジタル出力のリダンダント構成に対応 ラックマウント型充電ステーションSBRC。SB900A用充電モジュールとSB910用充電モジュール、SB920用充電モジュール、SB910M用充電モジュールが用意されており、4つまで任意に選択することが可能 インタビューマイクとして定番のSM63LやKSM8、SM7B、SM27など放送用マイクのラインナップ アンテナ混合機PA821B上からパーソナルモニターシステムPSM1000およびPSM900、インイヤーモニターシステムPA411、ステレオパーソナルモニタリングシステムPSM300 ワイヤレスパーソナルモニターシステムP10Rとステージモニタリング用レシーバーP9RA、P3RA シーリングアレーマイクロホンMXA910。ステアラブルカバレッジ(Steerable Coverage)技術を採用し、最大8つの独立した個別収音パターンを設定することで、発言者の声を天井から極めて正確に収音可能 IntelliMix DSPセットを内蔵しており、ブラウザベースのコントロールソフトウェアでローブ設定などのマイクロホン特性のほか、オートミキシング設定、プリセットテンプレートなどを直感的なユーザーインターフェースで設定可能。Danteネットワークオーディオに対応している

一方、モバイルジャーナリストやレコーディングミュージシャン、ブロガー、ポッドキャスターといったiOSコンテンツクリエイターに向けのソリューションとして、ShurePlus MOTIV Videoをリリースしており、こうした個人向けにも高音質録音を可能するソリューションを提供している。

オーディオパフォーマンスと動画撮影機能を統合したモバイルアプリケーションShurePlus MOTIV Videoは、オーディオメーター、非圧縮オーディオ、ゲインコントロール、波形表示等の機能を搭載しており、iPhoneやタブレット端末でも高品質な収録が行えるソリューションとなっており、こうしたガジェット用のマイクとしてMOTIV iOS&USBマイクシリーズMV88やMV51、MV5、MVi、MVLをラインナップしている。

デジタルステレオコンデンサーマイクロホンMV88。Lightningコネクターを備えたiOS端末用マイク 高音質録音を可能にする動画撮影アプリShurePlus MOTIV Video。MOTIVシリーズのオーディオパフォーマンスと動画撮影機能を統合した無料モバイルアプリケーションで、オーディオと動画の収録を同時に行うことができる。MOTIVマイクロホン設定の変更、メーターや波形を表示する際のiOSビデオアプリとShurePlus MOTIVの切り替えが不要になったことで、アプリの使い勝手が向上。オーディオと動画のコントロールをひとつにまとめたことにより、ボタンひとつで高品質のオーディオ録音が可能となった 撮影中リアルタイムでの調整を可能にするゲインコントロールのほか、継続的に音質を維持するための撮影画面上でのオーディオメーター表示、コントロールインターフェースも搭載している

[ Category : , , ]
[ DATE : 2018-04-26 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[After Beat NAB SHOW 2018]Vol.04 注目の360°VRの課題は、どこで、なにで、なにを見るのか

txt:稲田出 構成:編集部 AR/MR/VRがもたらす未来とは テレビは4K/8Kの時代を迎え、解像度的には一般の視聴には充分といえる状況になってきた。テレビの進歩は... 続きを読む

[After Beat NAB SHOW 2018]Vol.03 これまでの放送と、これからの放送〜HDRとSDRがもたらすものとは

txt:稲田出 構成:編集部 これからのHDRとSDRワークフローに必要なモノ 次世代の放送として4K/8Kが目前に迫り一部では開始しており、時代も変化を迎えている。従... 続きを読む

[NAB2018:AJA]KONAやKUMOシリーズの新製品、HDRイメージアナライザーを参考展示。日々変化する映像業界の先端を行く製品ラインナップを展開

AJAブース動画 360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chro... 続きを読む

[After Beat NAB SHOW 2018]Vol.02 After NAB Show Tokyo 2018レポート02

txt:稲田出 構成:編集部 AfterNABの会場はコンパクトではあるものの、50社近いメーカーが出展している。前回に引き続きブースの紹介をしていこう。 エーディ... 続きを読む

[After Beat NAB SHOW 2018]Vol.01 After NAB Show Tokyo 2018レポート01

txt:稲田出 構成:編集部 今年もこの季節がやってきた!After NAB Show開催 5月23、24日の2日間東京・秋葉原のUDXにおいて「After... 続きを読む

[NAB2018もうひとつの視点]Vol.02 NABの次の主役はAIとマシンラーニングに

txt:江口靖二 構成:編集部 映像制作の世界に一気に押し寄せてくるAIの波 今年のNABの傾向として、一気にAIやマシンラーニングが表舞台に上がってきた感がある。これは数... 続きを読む

[NAB2018:Angenieux]12倍の高倍率ズーム「Optimo Ultra 12x」や新型アナモフィックズームレンズ「Optimo Anamorphic 42-420 A2S」を展示

12倍のマルチフォーマットの高倍率ズーム「Optimo Ultra 12x」 IBC 2017で発表された12倍のズームレンズ「Optimo Ultra 12x」が展示されて... 続きを読む

[NAB2018:DJI]複雑なシーンや動きの激しいシーンでも滑らかな撮影を実現する「DJI FORCE PRO」と「DJI Master Wheels」を展示

360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ChromeブラウザおよびiOS/And... 続きを読む

[NAB2018:Tokina]VISTAの105mmの発表や11−20mmの試作機を展示

VISTAシリーズに105mm T1.5を発表 VISTAシリーズは今年入って18mmを発売開始したばかりだが、NABでは105mmのリリースを発表。VISTAシリーズのT値... 続きを読む

特集記事

新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編 新世紀シネマレンズ漂流:もの作りの現場から
「新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編」の続編。前回紹介することができなかったシネマレンズメーカーを取材。
Photokina2018 Photokina2018
ドイツ・ケルンメッセで開催されたスチルカメラの祭典 Photokina2018をレポート。
IBC2018 IBC2018
オランダ・アムステルダムで開催された欧州最大の映像・放送の展示会IBC2018をレポート。
映画「万引き家族」〜撮影部と撮影監督の眼差し 映画「万引き家族」〜撮影部と撮影監督の眼差し
「万引き家族」はいかにして生まれたのか?今回の特集ではその制作側を覗いてみる。
SIGGRAPH2018 SIGGRAPH2018
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2017をレポート。
BIRTV2018 BIRTV2018
中国・北京で開催されたアジア地区ではInterBEEと並ぶ大規模な放送機器展 BIRTVをレポート。
QBEE2018 QBEE2018
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
inside DaVinci 15 inside DaVinci 15
史上最大のアップデートを実現したと言われるDaVinci Resolve 15に関する最新動向をまとめてみた。
Cine Gear Expo 2018 Cine Gear Expo 2018
米ハリウッドの中心、パラマウントスタジオで開催された「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2018 After Beat NAB SHOW 2018
東京・秋葉原で開催された「After NAB Show Tokyo 2018」をレポート。
NAB2018 スペシャルレポート NAB2018
世界最大の放送機器展覧会「2018 NAB Show(NAB2018)」をレポート。
Your Choice?GH5 or GH5S Your Choice?GH5 or GH5S
映像業界で活躍中のカメラマンやディレクターに聞く「GH5」と「GH5S」の選び方。
SXSW2018 SXSW2018
米国テキサス州オースティンで開催されたSXSWをレポート。
CP+2018 CP+2018
パシフィコ横浜にて開催されたカメラと写真の総合展示会「CP+2018」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編 新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編
2017年から2018年にかけて発売する、人気のスチルカメラ用レンズも含めた最新の単焦点シネレンズを紹介。

トップ > 特集 > [NAB2018:Shure]ワイヤレスシステムやシーリングアレイマイクロホンシステムなど、個人ユーザー向け製品だけでなく、設備系製品も多数展示