PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [NAB2018:CW Sonderoptic]Leica M 0.8をALEXA MiniやソニーのVENICEで利用するためのアダプターや3本の新ラインナッ…

News

[NAB2018:CW Sonderoptic]Leica M 0.8をALEXA MiniやソニーのVENICEで利用するためのアダプターや3本の新ラインナップを展示

2018-04-26 掲載

Leica M 0.8のラインナップに50mm F1.4、75mm F2、90mm F2が登場

ブースではARRI ALEXA MiniとLeica M 0.8を組み合わせた展示が行われていた

CW Sonderopticの目玉の展示は「Leica M 0.8」関連だ。Leica M 0.8は、スチルで有名なLeica Mレンズの特長的な描画を映像撮影向けで実現した交換レンズ。Leica M 0.8をARRI ALEXA MiniやソニーVENICEで利用するためのアダプターが展示されていた。どちらもCW Sonderoptic社製。VENICEのアダプターは2018年夏に利用可能となる。

Leica M 0.8をALEXA Miniで利用するためのアダプター Leica M 0.8をソニーVENICEで利用するためのアダプター

これまでのLeica M 0.8は21mmから50mmまでの5つの焦点距離で構成されていたが、NABでは50mm F1.4、75mm F2、90mm F2の3本が加わることが発表された。2018年夏に発売される予定。

新しく発表された50mm F1.4、75mm F2、90mm F2の3本

Summicron-CのイメージサークルはARRI LFカメラの16:9モードをカーバー

ブース正面にはCW Sonderopticのレンズと各社カメラのセンサー対応が一覧されていた

ブースで目を引いたのは、壁にCW Sonderopticのレンズのイメージサークルとあらゆるカメラのセンサーサイズが明記されていることだ。どのレンズがどのセンサーに対応しているのか一目瞭然でわかるようになっていた。

この表で注目をしたいのが、Summicron-Cのイメージサークルは、ARRI LFカメラの16:9モードをカーバーしているところ。なので、すでに出回っているSummicron-CでALEXA LFの16:9モードで撮影が可能。これは大きなメリットといえるだろう。

左側面は、CW SonderopticのレンズとREDのセンサー対応が一覧されていた 右側面は、CW SonderopticのレンズとARRIのセンサー対応が一覧されていた

[ Category : , ]
[ DATE : 2018-04-26 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[CES2019]Vol.12 まとめにくいCSE2019をあえて総括してみる

txt:江口靖二 構成:編集部 筆者はもともとテレビ業界の人であるが、最近はAIやブロックチェーンにも手を染めてしまっている。こうして17年ほど連続でCESに参加していると、... 続きを読む

[10万円以下のジンバル選び]Vol.06 ジンバルに新しいスタイルを巻き起こすZhiyunの新製品「CRANE 3 LAB」と「WEEBILL LAB」

txt:編集部 構成:編集部 Zhiyun(ジーウン)は、InterBEE2018で日本初公開となるCRANE 3 LAB(クレーンスリーラボ)とWEEBILL LAB(... 続きを読む

[CES2019]Vol.11 「ラストワンマイル」市場を取れ!モビリティCES最前線

txt:西村真里子 構成:編集部 CES2019の特徴の一つとして、昨年までのビジョンを語るフェーズから実行フェーズに移ったことがあげられるだろう。ポジティブに言うと... 続きを読む

[CES2019]Vol.10 なくならないでほしいCESの多様性を象徴した「牧歌的」プロダクトたち

txt:清水幹太 構成:編集部 CESでは多くの体験型デモンストレーションがある。VR体験や、シミュレータ、車に乗ってみたりなど、多くの参加者が新しい製品の新しい体験のた... 続きを読む

[CES2019]Vol.09 Shiftallのビール専用冷蔵庫が目指すのは、スマート在庫管理に基づくマイクロリテールのプラットフォーム

txt:江口靖二 構成:編集部 Shiftallがビール専用の冷蔵庫「DrinkShift」を発表した。ワインなど特化したスマート冷蔵庫と言えるものはすでにいくつか存... 続きを読む

[CES2019]Vol.08 ありそうでなかったライブ配信向けオールインワン機材「Yolo Box」

txt:小寺信良 構成:編集部 会場の一つであるSands Expoの1階は、Vol.02でもお伝えしたが、スタートアップやベンンチャーが沢山集まった「Eureka Park... 続きを読む

[CES2019]Vol.07 リテールの未来に向けて爆速で進むJD.com〜近く起きている大きな流れ

txt:江口靖二 構成:編集部 JD.comという会社をご存知だろうか。筆者は正直全く知らなかった。簡単に言うとこの会社はAmazonの中国版みたいなものだろうか。CSE20... 続きを読む

[CES2019]Vol.06 もう一つの8Kカメラは中国から登場〜さらに身近になる8Kの世界

txt:小寺信良  構成:編集部 気になるBOSMAの8Kカメラとは PRONEWS的には大注目のシャープ8Kビデオカメラだが、ここCESで発表されたのはそれだけではな... 続きを読む

[CES2019]Vol.05 「VR」「AR」からより大きな「Immersive」へと進化する

txt:清水幹太  構成:編集部 VR/ARへの半信半疑な思いが解消されてきた VR/ARという言葉が市民権を得て久しい。しかし、筆者はここまで常に、狭い意味でのVR/... 続きを読む

特集記事

CES2019 CES2019
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2019をレポート。
PRONEWS AWARD 2018 PRONEWS AWARD 2018
2018年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
10万円以下のジンバル選び 10万円以下のジンバル選び
一層注目が増している小型カメラジンバルをDJIやZHIYUN、FEIYU TECH、FILMPOWERの4社5機種に渡って比較紹介。
Inter BEE 2018 Inter BEE 2018
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2018の歩き方 InterBEE 2018の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編 新世紀シネマレンズ漂流:もの作りの現場から
「新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編」の続編。前回紹介することができなかったシネマレンズメーカーを取材。
Photokina2018 Photokina2018
ドイツ・ケルンメッセで開催されたスチルカメラの祭典 Photokina2018をレポート。
IBC2018 IBC2018
オランダ・アムステルダムで開催された欧州最大の映像・放送の展示会IBC2018をレポート。
映画「万引き家族」〜撮影部と撮影監督の眼差し 映画「万引き家族」〜撮影部と撮影監督の眼差し
「万引き家族」はいかにして生まれたのか?今回の特集ではその制作側を覗いてみる。
SIGGRAPH2018 SIGGRAPH2018
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2017をレポート。
BIRTV2018 BIRTV2018
中国・北京で開催されたアジア地区ではInterBEEと並ぶ大規模な放送機器展 BIRTVをレポート。
QBEE2018 QBEE2018
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
inside DaVinci 15 inside DaVinci 15
史上最大のアップデートを実現したと言われるDaVinci Resolve 15に関する最新動向をまとめてみた。
Cine Gear Expo 2018 Cine Gear Expo 2018
米ハリウッドの中心、パラマウントスタジオで開催された「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2018 After Beat NAB SHOW 2018
東京・秋葉原で開催された「After NAB Show Tokyo 2018」をレポート。

トップ > 特集 > [NAB2018:CW Sonderoptic]Leica M 0.8をALEXA MiniやソニーのVENICEで利用するためのアダプターや3本の新ラインナップを展示