PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [NAB2018:CW Sonderoptic]Leica M 0.8をALEXA MiniやソニーのVENICEで利用するためのアダプターや3本の新ラインナッ…

News

[NAB2018:CW Sonderoptic]Leica M 0.8をALEXA MiniやソニーのVENICEで利用するためのアダプターや3本の新ラインナップを展示

2018-04-26 掲載

Leica M 0.8のラインナップに50mm F1.4、75mm F2、90mm F2が登場

ブースではARRI ALEXA MiniとLeica M 0.8を組み合わせた展示が行われていた

CW Sonderopticの目玉の展示は「Leica M 0.8」関連だ。Leica M 0.8は、スチルで有名なLeica Mレンズの特長的な描画を映像撮影向けで実現した交換レンズ。Leica M 0.8をARRI ALEXA MiniやソニーVENICEで利用するためのアダプターが展示されていた。どちらもCW Sonderoptic社製。VENICEのアダプターは2018年夏に利用可能となる。

Leica M 0.8をALEXA Miniで利用するためのアダプター Leica M 0.8をソニーVENICEで利用するためのアダプター

これまでのLeica M 0.8は21mmから50mmまでの5つの焦点距離で構成されていたが、NABでは50mm F1.4、75mm F2、90mm F2の3本が加わることが発表された。2018年夏に発売される予定。

新しく発表された50mm F1.4、75mm F2、90mm F2の3本

Summicron-CのイメージサークルはARRI LFカメラの16:9モードをカーバー

ブース正面にはCW Sonderopticのレンズと各社カメラのセンサー対応が一覧されていた

ブースで目を引いたのは、壁にCW Sonderopticのレンズのイメージサークルとあらゆるカメラのセンサーサイズが明記されていることだ。どのレンズがどのセンサーに対応しているのか一目瞭然でわかるようになっていた。

この表で注目をしたいのが、Summicron-Cのイメージサークルは、ARRI LFカメラの16:9モードをカーバーしているところ。なので、すでに出回っているSummicron-CでALEXA LFの16:9モードで撮影が可能。これは大きなメリットといえるだろう。

左側面は、CW SonderopticのレンズとREDのセンサー対応が一覧されていた 右側面は、CW SonderopticのレンズとARRIのセンサー対応が一覧されていた

[ Category : , ]
[ DATE : 2018-04-26 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[Camera Preview 2020]Vol.05 キヤノン、8K RAW内部記録対応「EOS R5」や4K60Pの普及機新定番「EOS R6」登場

txt・構成:編集部 キヤノンから次世代フルサイズミラーレスカメラEOS R5/EOS R6登場 キヤノンは2020年7月9日、EOS Rシステムのフルサイズミラーレス... 続きを読む

[Camera Preview 2020]Vol.04 パナソニック、S1H Ver.2.0メジャーアップデートを提供開始

txt・構成:編集部 動画RAWデータ出力機能は急遽延期 パナソニックは5月25日、S1H初のメジャーアップデートなるファームウェア2.0を無償で提供開始した。しかし、... 続きを読む

[Camera Preview 2020]Vol.03 C300 Mark IIとVideo Assist 12GでBlackmagic RAW収録を実現

txt:松盛俊道 構成:編集部 Video Assistにレコーダーを搭載。バックアップレコーダーとして活用可能 筆者は神戸や大阪を中心に、ブライダルの撮影や映像製作に... 続きを読む

[AfterCOVID-19 映像業界サバイバル 再起動編]Vol.05 完全非接触型リモート撮影で作ったCMの裏側すべて見せます~STUDIO DISTANCE

txt:山本加奈 構成:編集部 Withコロナ時代をどうやって生き抜くか Withコロナ時代の映像制作の現状を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを... 続きを読む

[Camera Preview 2020]Vol.02 現場でのスピード感や12bitの表現力を両立したニコンZ7+NINJA V

txt:村上岳 構成:編集部 ニコンZ 7の魅力 筆者は元々、スチルのフォトグラファーである。その時からずっとニコンのカメラとレンズを使用している。映像を撮ってみようと... 続きを読む

[Camera Preview 2020]Vol.01 スキントーンが破綻しにくいDGOセンサー搭載シネマカメラ「C300 Mark III」登場。カメラマン手嶋氏に聞く

txt 構成:編集部 撮影:小山田有作 「フィッシュマンズ」のヒューマンドキュメンタリー制作をC300 Mark IIで撮影 今年の春に発表されたシネマカメラの中でも、... 続きを読む

[Camera Preview 2020]Vol.00 2020年新カメラ選びを考える

txt・構成:編集部 最大120fpsの4K RAWを内部記録可能なシネマカメラの登場、ミラーレスカメラは外部レコーダーと組み合わせでRAW記録に対応 残念ながら今年4... 続きを読む

[AfterCOVID-19 映像業界サバイバル]Vol.04 新型コロナウイルス感染予防ガイドラインまとめ(随時更新)

txt/構成:編集部 徐々に再開される映像制作の現場 空前の社会的危機となっている新型コロナウイルス(COVID-19)。5月末に緊急事態宣言が解かれ、6月を迎えて少しづつ... 続きを読む

[再現NAB2020:動画]エーディテクノ「LCD1017」

NAB2020で展示予定だった製品を1分間の動画で紹介するコーナー。エーディテクノ社から「LCD1017」をご紹介いただきました! ... 続きを読む

特集記事

Camera Preview 2020 Camera Preview 2020
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
BIRTV2019 BIRTV2019
中国・北京の中国国際展覧中心で開催された展示会「BIRTV 2019」をレポート。
SIGGRAPH2019 SIGGRAPH2019
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2019をレポート。

トップ > 特集 > [NAB2018:CW Sonderoptic]Leica M 0.8をALEXA MiniやソニーのVENICEで利用するためのアダプターや3本の新ラインナップを展示