PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [NAB2018:ニコン]ビデオ撮影に特化した「D850フィルムメーカーズキット」やD850で撮影をした8Kタイムラプスムービーを展示

News

[NAB2018:ニコン]ビデオ撮影に特化した「D850フィルムメーカーズキット」やD850で撮影をした8Kタイムラプスムービーを展示

2018-04-27 掲載

DSLRビデオをワンセットにした「D850フィルムメーカーズキット」を展示

ニコンブースで目に止まったのは、米国のみ販売を開始した「D850フィルムメーカーズキット」。フルフレーム4K UHDの記録に対応するD850本体や3本の純正レンズ、ProResやDNxHRの記録に対応したATOMOSのレコーダー「NINJA FLAME」、ステレオマイクロホンの「ME-1」、ワイヤレスマイクロホンの「ME-W1」、D850用のバッテリー「EN-EL15a」をセットにしたもの。Pelicanのケースのサイズに合わせた発泡フォームに入っており、ユーザー側で用意したPelicanのケースに入れ替えてキャリーオンできるようになっている。

ボディはD850で、ATOMOSのレコーダー「NINJA FLAME」をセットにしている

セットの中でも気になったのはBluetoothに対応したワイヤレスマイクロホン「ME-W1」だ。一般的なマイクロホンはトランスミッターで拾った音を飛ばすが、ME-W1の場合はレシーバーでも音声の収録が可能。例えば、自分のメモ書きのようなコメントも同時収録できる。

セットにはNIKKORプライムレンズが3本含まれている

セットのレンズは、20mmと35mm、85mmのNIKKOR f/1.8プライムレンズの3本。D850は、FXフォーマット(フルフレーム)の16:9で撮影が可能で、装着したレンズのそのままの画角で撮影が可能。さらに、1.5倍の画角になるDXフォーマット(APS-C)をクロップするモードも搭載しており、約30mm、約50mm、約120mmの画角で撮影できる。つまり、3本で6つの焦点距離が撮影が可能と考えてもよいだろう。

D850フィルムメーカーズキットには、モニター一体型4Kレコーダー「NINJA FLAME」を含んでいる。D850の内部記録の最大記録時間は29分59秒で、4K撮影時はピーキングが使えない。しかし、NINJA FLAMEに記録をすれば収録時間に制限はないし、NINJA FLAMEのピーキング機能を使うことができる。また、内部記録時は4:2:0となるが、NINJA FLAMEをHDMIケーブルで接続すれば4:2:2、8bit、4K UHD非圧縮ファイルの記録が可能になる。

D850は8Kタイムラプスムービーの撮影に最適な機能を備えている

D850で撮影された8Kタイムラプスムービーも気になる展示だった。タイムラプスムービーを実際に撮ってみると、露出をマニュアルにしていても明るさがコロコロと変わった現象に悩まされることがある。D850には直前に撮影したフレームを参考にする露出平滑化機能を搭載。明るさの変化を抑えることができるようになっている。

8Kタイムラプスのコーナーが設けられていて、2本の作品が公開されていた 8Kもの解像度があると大迫力の映像を実現できる

またD850は、ミラーアップをしてメカシャッターを開けっ放しにして電子シャッターでの撮影が可能。電子シャッターで撮影できることは、大量にシャッターを切るタイムラプス撮影でもシャッターへの負担を抑えることができる。D850は、8Kタイムラプスを撮るのにコストパフォーマンスの高いカメラといっていいだろう。

撮影を自動化するロボットを展示

自動撮影ロボットの展示も大変な注目を浴びていた。MRMCと呼ばれる映画やテレビ、コマーシャルの特撮に特化したロボット制御ソリューションの製品で、2016年にニコンが買収した100%ニコンの子会社だ。ニコンは、カメラマンが撮影できないようなところから撮りたいというニーズを実現するために買収したという。

MRMCは、映像用のロボットに特化したメーカーだ。例えば、産業用ロボットと同じような動き方で撮影をすると視聴者は酔ってしまう映像になる。そこで、MRMCのロボットは最初ゆっくり動いて早くうごいてゆっくり動くことによって視聴者がスムーズに見られるような映像を実現している。また、決まった位置に高速に動きながらも精密にきちっとした場所に止まるなど、映像に特化したニーズを満たしている。

自動撮影ロボットを使ったソリューションも展示されていた。1つが「Polycam:Chat」で、カメラに映っている最大4名の形の顔と関節の状況を認知して、自動的にカメラが被写体を追いかける。主に小さいスタジオでの用途を想定したものだという。

もう1つが「Polycam:Player」で、ステレオカメラでサッカープレーヤーの位置情報を認知して、それに従ってロボティックポットと呼ばれているロボットが自動追尾するというソリューション。ロボティックポットの中にはニコンのD5が入っている。


[ Category : , ]
[ DATE : 2018-04-27 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[After Beat NAB SHOW 2018]Vol.04 注目の360°VRの課題は、どこで、なにで、なにを見るのか

txt:稲田出 構成:編集部 AR/MR/VRがもたらす未来とは テレビは4K/8Kの時代を迎え、解像度的には一般の視聴には充分といえる状況になってきた。テレビの進歩は... 続きを読む

[After Beat NAB SHOW 2018]Vol.03 これまでの放送と、これからの放送〜HDRとSDRがもたらすものとは

txt:稲田出 構成:編集部 これからのHDRとSDRワークフローに必要なモノ 次世代の放送として4K/8Kが目前に迫り一部では開始しており、時代も変化を迎えている。従... 続きを読む

[NAB2018:AJA]KONAやKUMOシリーズの新製品、HDRイメージアナライザーを参考展示。日々変化する映像業界の先端を行く製品ラインナップを展開

AJAブース動画 360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chro... 続きを読む

[After Beat NAB SHOW 2018]Vol.02 After NAB Show Tokyo 2018レポート02

txt:稲田出 構成:編集部 AfterNABの会場はコンパクトではあるものの、50社近いメーカーが出展している。前回に引き続きブースの紹介をしていこう。 エーディ... 続きを読む

[After Beat NAB SHOW 2018]Vol.01 After NAB Show Tokyo 2018レポート01

txt:稲田出 構成:編集部 今年もこの季節がやってきた!After NAB Show開催 5月23、24日の2日間東京・秋葉原のUDXにおいて「After... 続きを読む

[NAB2018もうひとつの視点]Vol.02 NABの次の主役はAIとマシンラーニングに

txt:江口靖二 構成:編集部 映像制作の世界に一気に押し寄せてくるAIの波 今年のNABの傾向として、一気にAIやマシンラーニングが表舞台に上がってきた感がある。これは数... 続きを読む

[NAB2018:Angenieux]12倍の高倍率ズーム「Optimo Ultra 12x」や新型アナモフィックズームレンズ「Optimo Anamorphic 42-420 A2S」を展示

12倍のマルチフォーマットの高倍率ズーム「Optimo Ultra 12x」 IBC 2017で発表された12倍のズームレンズ「Optimo Ultra 12x」が展示されて... 続きを読む

[NAB2018:DJI]複雑なシーンや動きの激しいシーンでも滑らかな撮影を実現する「DJI FORCE PRO」と「DJI Master Wheels」を展示

360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ChromeブラウザおよびiOS/And... 続きを読む

[NAB2018:Tokina]VISTAの105mmの発表や11−20mmの試作機を展示

VISTAシリーズに105mm T1.5を発表 VISTAシリーズは今年入って18mmを発売開始したばかりだが、NABでは105mmのリリースを発表。VISTAシリーズのT値... 続きを読む

特集記事

QBEE2018 QBEE2018
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
inside DaVinci 15 inside DaVinci 15
史上最大のアップデートを実現したと言われるDaVinci Resolve 15に関する最新動向をまとめてみた。
Cine Gear Expo 2018 Cine Gear Expo 2018
米ハリウッドの中心、パラマウントスタジオで開催された「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2018 After Beat NAB SHOW 2018
東京・秋葉原で開催された「After NAB Show Tokyo 2018」をレポート。
NAB2018 スペシャルレポート NAB2018
世界最大の放送機器展覧会「2018 NAB Show(NAB2018)」をレポート。
Your Choice?GH5 or GH5S Your Choice?GH5 or GH5S
映像業界で活躍中のカメラマンやディレクターに聞く「GH5」と「GH5S」の選び方。
SXSW2018 SXSW2018
米国テキサス州オースティンで開催されたSXSWをレポート。
CP+2018 CP+2018
パシフィコ横浜にて開催されたカメラと写真の総合展示会「CP+2018」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編 新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編
2017年から2018年にかけて発売する、人気のスチルカメラ用レンズも含めた最新の単焦点シネレンズを紹介。
CES2018 CES2018
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2018をレポート。
最新カメラ探訪2018 最新カメラ探訪2018
国内3大メーカーが世に問う「映像表現を進化させるプロダクト」とは?最新カメラ事情を紹介。
PRONEWS AWARD 2017 PRONEWS AWARD 2017
2017年は映像業界にとってどのような年だったのか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2017 Inter BEE 2017
千葉幕張メッセにて開催されるInterBEE2017をレポート。
InterBEE2017の歩き方 InterBEE2017の歩き方
目的に合わせたブースをピックアップし、最小限の力で最大の効果が得られる最強の「Inter BEE 2017の歩き方」を紹介。
inside DaVinci 14 inside DaVinci 14
4月に行われたNAB2017にて発表となったDaVinci Resolve 14を紹介。

トップ > 特集 > [NAB2018:ニコン]ビデオ撮影に特化した「D850フィルムメーカーズキット」やD850で撮影をした8Kタイムラプスムービーを展示