PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [NAB2018:ニコン]ビデオ撮影に特化した「D850フィルムメーカーズキット」やD850で撮影をした8Kタイムラプスムービーを展示
News

[NAB2018:ニコン]ビデオ撮影に特化した「D850フィルムメーカーズキット」やD850で撮影をした8Kタイムラプスムービーを展示

#Nikon #NAB2018

2018-04-27 掲載

DSLRビデオをワンセットにした「D850フィルムメーカーズキット」を展示

ニコンブースで目に止まったのは、米国のみ販売を開始した「D850フィルムメーカーズキット」。フルフレーム4K UHDの記録に対応するD850本体や3本の純正レンズ、ProResやDNxHRの記録に対応したATOMOSのレコーダー「NINJA FLAME」、ステレオマイクロホンの「ME-1」、ワイヤレスマイクロホンの「ME-W1」、D850用のバッテリー「EN-EL15a」をセットにしたもの。Pelicanのケースのサイズに合わせた発泡フォームに入っており、ユーザー側で用意したPelicanのケースに入れ替えてキャリーオンできるようになっている。

ボディはD850で、ATOMOSのレコーダー「NINJA FLAME」をセットにしている

セットの中でも気になったのはBluetoothに対応したワイヤレスマイクロホン「ME-W1」だ。一般的なマイクロホンはトランスミッターで拾った音を飛ばすが、ME-W1の場合はレシーバーでも音声の収録が可能。例えば、自分のメモ書きのようなコメントも同時収録できる。

セットにはNIKKORプライムレンズが3本含まれている

セットのレンズは、20mmと35mm、85mmのNIKKOR f/1.8プライムレンズの3本。D850は、FXフォーマット(フルフレーム)の16:9で撮影が可能で、装着したレンズのそのままの画角で撮影が可能。さらに、1.5倍の画角になるDXフォーマット(APS-C)をクロップするモードも搭載しており、約30mm、約50mm、約120mmの画角で撮影できる。つまり、3本で6つの焦点距離が撮影が可能と考えてもよいだろう。

D850フィルムメーカーズキットには、モニター一体型4Kレコーダー「NINJA FLAME」を含んでいる。D850の内部記録の最大記録時間は29分59秒で、4K撮影時はピーキングが使えない。しかし、NINJA FLAMEに記録をすれば収録時間に制限はないし、NINJA FLAMEのピーキング機能を使うことができる。また、内部記録時は4:2:0となるが、NINJA FLAMEをHDMIケーブルで接続すれば4:2:2、8bit、4K UHD非圧縮ファイルの記録が可能になる。

D850は8Kタイムラプスムービーの撮影に最適な機能を備えている

D850で撮影された8Kタイムラプスムービーも気になる展示だった。タイムラプスムービーを実際に撮ってみると、露出をマニュアルにしていても明るさがコロコロと変わった現象に悩まされることがある。D850には直前に撮影したフレームを参考にする露出平滑化機能を搭載。明るさの変化を抑えることができるようになっている。

8Kタイムラプスのコーナーが設けられていて、2本の作品が公開されていた 8Kもの解像度があると大迫力の映像を実現できる

またD850は、ミラーアップをしてメカシャッターを開けっ放しにして電子シャッターでの撮影が可能。電子シャッターで撮影できることは、大量にシャッターを切るタイムラプス撮影でもシャッターへの負担を抑えることができる。D850は、8Kタイムラプスを撮るのにコストパフォーマンスの高いカメラといっていいだろう。

撮影を自動化するロボットを展示

自動撮影ロボットの展示も大変な注目を浴びていた。MRMCと呼ばれる映画やテレビ、コマーシャルの特撮に特化したロボット制御ソリューションの製品で、2016年にニコンが買収した100%ニコンの子会社だ。ニコンは、カメラマンが撮影できないようなところから撮りたいというニーズを実現するために買収したという。

MRMCは、映像用のロボットに特化したメーカーだ。例えば、産業用ロボットと同じような動き方で撮影をすると視聴者は酔ってしまう映像になる。そこで、MRMCのロボットは最初ゆっくり動いて早くうごいてゆっくり動くことによって視聴者がスムーズに見られるような映像を実現している。また、決まった位置に高速に動きながらも精密にきちっとした場所に止まるなど、映像に特化したニーズを満たしている。

自動撮影ロボットを使ったソリューションも展示されていた。1つが「Polycam:Chat」で、カメラに映っている最大4名の形の顔と関節の状況を認知して、自動的にカメラが被写体を追いかける。主に小さいスタジオでの用途を想定したものだという。

もう1つが「Polycam:Player」で、ステレオカメラでサッカープレーヤーの位置情報を認知して、それに従ってロボティックポットと呼ばれているロボットが自動追尾するというソリューション。ロボティックポットの中にはニコンのD5が入っている。


[ Category : , ]
[ DATE : 2018-04-27 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[Camera Preview 2020]Vol.02 現場でのスピード感や12bitの表現力を両立したニコンZ7+NINJA V

txt:村上岳 構成:編集部 ニコンZ 7の魅力 筆者は元々、スチルのフォトグラファーである。その時からずっとニコンのカメラとレンズを使用している。映像を撮ってみようと... 続きを読む

[再現:CP+2020]Vol.02 ニコンは発売前の「D6」やNIKKOR Z レンズの新製品を初展示

取材・文:編集部 撮影:小山田有作 CP+2020で注力した幻の動画コーナーとは? 東京都港区にあるニコンイメージングジャパンにて、CP+2020ニコンブースについてさ... 続きを読む

[BIRTV2019]Vol.03 ニコン、Noct0.95大口径レンズやフルフレーム対応ミラーレス用ProRes RAWソリューション展示

txt・構成:編集部 0.95の浅い被写世界深度で被写体を強調できる「NIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noct」を展示 ニコン(NIKON IMAGING... 続きを読む

[4K・8K映像技術展Report]Vol.07 ニコンブース:配信やカメラコントロールが可能な4Kワンオペライブ配信ソリューションを展示

少人数でもライブ配信が可能な4Kワンオペライブ配信ソリューション ニコンは、一眼カメラやミラーレスカメラでお馴染みのニコンは、動画のライブ配信をするためのワンマンオペレーショ... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.11 ニコン、フルフレームミラーレスカメラで12ビットProRes Raw出力対応「Z 7」を展示

txt・構成:編集部 3:2のフルフレームセンサーを16:9に上下カットした形で収録可能予定 Cine Gear展示エリアに、ニコンはブース出展していない。しかし、AT... 続きを読む

[NAB2019:Nikon]フルサイズミラーレスカメラ「ニコン Z 7」「ニコン Z 6」を展示。映像撮影に必要なものをワンパッケージにした「Z 6フィルムメーカーズキット」にも注目

360°全天球動画 Insta360 ONE Xで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ChromeブラウザおよびiOS/An... 続きを読む

[CP+2019]プロ向け動画エリア:カメラ、レンズ、周辺機器などの動画ソリューションを一気に堪能!

CP+会期中の2月28日と3月1日の2日間、パシフィコ横浜の会議センター3階ではプロ向け動画エリアが設けられ、主に動画撮影に必要なカメラやレンズ、撮影機材などのメーカー14社が出展... 続きを読む

[CP+2019]ニコン/ニコンイメージングジャパンブース:フルサイズミラーレスカメラ Z 7/Z 6やNIKKOR Zレンズシリーズなどを展示

ニコンはフルサイズミラーレスカメラ Z 7やZ 6の開発中ファームアップ情報展示や最新のNIKKOR Zレンズシリーズ、新COOLPIXシリーズとしてA1000やB600などを出展... 続きを読む

[After Beat NAB SHOW 2018]Vol.04 注目の360°VRの課題は、どこで、なにで、なにを見るのか

txt:稲田出 構成:編集部 AR/MR/VRがもたらす未来とは テレビは4K/8Kの時代を迎え、解像度的には一般の視聴には充分といえる状況になってきた。テレビの進歩は... 続きを読む

特集記事

	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [NAB2018:ニコン]ビデオ撮影に特化した「D850フィルムメーカーズキット」やD850で撮影をした8Kタイムラプスムービーを展示