PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [After Beat NAB SHOW 2018]Vol.02 After NAB Show Tokyo 2018レポート02

News

[After Beat NAB SHOW 2018]Vol.02 After NAB Show Tokyo 2018レポート02

2018-06-01 掲載

txt:稲田出 構成:編集部

AfterNABの会場はコンパクトではあるものの、50社近いメーカーが出展している。前回に引き続きブースの紹介をしていこう。

エーディテクノ

エーディテクノは12G-SDI対応12.5型4K IPS液晶モニターUH1250Sや、3G-SDI入出力対応フルHD液晶パネル搭載の31.5型ワイド業務用マルチメディアディスプレイSL3150S、4K対応15.6型業務用マルチメディアディスプレイUH1560のほか、DIGITAL FORECAST社の12G-SDI対応光延長器や分配器、光延長器などを出展した。

4K対応15.6型業務用マルチメディアディスプレイUH1560。入力は4K60p対応のHDMI2.0入力やHDMI1.4入力を各2系統のほか、DisplayPort1.2とアナログVGA入力端子を各1系統ずつ搭載している。パネル上で4つのフルHD映像を同時表示させる4分割画面表示機能や2つの映像を上下または、左右に表示させる2分割画面表示機能、PinP画面表示が可能 DIGITAL FORECAST社の12G-SDI対応光延長器や分配器、光延長器

バイオス

バイオスは新製品としてThunderbolt3対応ストレージEclair PRO EP106TB3(4月発売の)およびEclair PRO EP112T(5月発売の)の2モデルを国内初出展したほか、8月発売予定のSecure Lock Managemene System搭載バッファローコラボレーションモデルを出展した。Secure Lock Managemene SystemはオプションICカードのほか、SuicaやEdy、おサイフケータイ対応スマートフォンなどを使ってHDDのロックを解除するもので、面倒なパスワード入力を使用しなくても手持ちのICカードをキーとすることができる。

3.5インチHDDを6台搭載可能なEclair PRO EP106TB3。独自開発のRAIDコントローラーを採用しており、実測値で約800MB/sのパフォーマンスを発揮。Thunderbolt 3のほか、USB3.0およびeSATA 6Gを搭載している ICカードをパスワードの代わりにできるポータブルタイプのHDD。ファームウェア不正改ざんチェック機能や暗号化など強固なセキュリティを搭載している

ATV

ATVはHDMI2.0対応の2チャンネル1M/EのAVミキサーA-PRO-1のほかSDIやHDMIに対応した4チャンネルAVミキサーA-PRO-4、8チャンネルマルチフォーマットビデオスイッチャーMS-8や各種コンバーターなどを出展した。

A-PRO-1は、4K(UHD)60p対応のAVミキサーで各種合成、静止画、4K/HD間のUP&DOWNコンバート、フレームレート変換、リモート制御、複数台連動、信号断による自動切換などの機能を搭載。またシステムの構築や信号断時のバックアップ用途にも利用可能なミニスイッチャーとなっている。

近日発売の4K対応ミニスイッチャーA-PRO-1。2入力2出力のHDMIを装備しており、全入出力にUP&DOWNコンバーターを搭載している。静止画を保存することができ、信号断の時に保存した静止画の表示ができる 各種SDI-MDMIビデオコンバーターと8チャンネルマルチフォーマットビデオスイッチャーMS-8。MS-8はSDI、HDMI、アナログRGB、アナログ・コンポジット入力を各2系統ずつ装備しているほか、Webブラウザからパラメータの変更やGPIの入出力にも対応している

AWSエレメンタル

AWSエレメンタルは、Amazon Web Services傘下の会社で、メディア処理技術をクラウドコンピューティングにフル活用した新しいクラウドビデオサービスAWS Media Servicesや、画質クオリティを保ちながら、可能な限りビットレートを下げるクオリティQVBR技術、OTT配信事業者のメディア管理を一本化できる、MEPG-DASH互換CMAF規格、加入者にスマートフォン、タブレット、コンピュータでWebTVを提供するエンドツーエンドソリューションInsysGOなどを出展した。

ブロードキャスト品質の動画ワークフローをクラウド上で簡単に構築できるAWS Media Services。コンテンツ配信のAmazon CloudFront、監視用のAmazon CloudWatchや、人工知能Amazon Rekognitionなど、他のAWSサービスとシームレスに統合できる 画質クオリティを保ちながら、可能な限りビットレートを下げるQVBR技術およびOTT配信事業者のメディア管理を一本化できる、MEPG-DASH互換CMAF規格パッケージングによるコンテンツの再生

ジャパンマテリアル

ジャパンマテリアルは放送・業務用映像機器のほか半導体や液晶などに欠かせないガス供給システムや会議中継システム、デジタルサイネージシステムなどを扱っており、こうした機器やシステムの保守なども行っている。After NABでは、Matrox社のグラフィックボードやビジュアルリサーチ社グラフィック編集システムKarismaRDL、ブロードデザインのマルチフォーマットディスクレコーダーD-Stream LTなどを出展した。

ビジュアルリサーチ社グラフィック編集システムKarismaRDL。KarismaCGとD-Stream LTが連携して動作することで、スイッチャーを使用しなくても映像とテロップ・アニメーションをレンダリング無くリアルタイムで合成・再生を実現。D-Stream LTは既存のVTRと同様にデザインされており、SDI入出力のはか9ピンコントロール端子を備えており、従来のVTRコントローラーを使用することができる Matroxのグラフィックスボードは4Kワークフローに対応したMatrox Mojito4Kのほか、2面から8面のマルチモニター出力に対応する幅広いラインナップを提供。さらに複数枚使用して最大16面のマルチモニター出力に対応可能

伊藤忠ケーブルシステム

伊藤忠ケーブルシステムは、ファイルベース自動QCツールPulsarやファイルベースクオリティチェッカーBitNoteのほか、既設のNLEシステムを使ったインジェストソフトウェアCinegy Capture PRO、LTO LTFSニアラインアーカイブシステムDNAevolution、クラウドエンコードサービスAV1/ Bitmovinなどを出展した。こうした製品はケーブルテレビ局などで要となる製品となっており、他社との差別化につながっている。

既設のNLEシステムを使ったインジェストソフトウェアCinegy「Cinegy Capture PRO」や、ファイルベース自動QCツールVenera Technologies「Pulsar」とLTO LTFSニアラインファイルベースクオリティチェッカーTurbo Systems「BitNote」などソフトウェアベースの製品を出展 ハードウェア製品としてはKVM統合監視システムIHSE「TeraViewer」や4K対応共有ストレージFacilis Technology「TerraBlock」Ver.7.1、4K SDR⇔HDR双方向コンバータCobalt Digital「9904-UDX-4K」などを展示

共信コミュニケーションズ

共信コミュニケーションズは、放送のほか医療や公官庁などに向け様々なシステムを納品しているが、今回は4K/8K制作に必要なシステムとしてハイエンドフィニッシングシステムSGO Mistika/Quantumや、4K/HD対応編集システムMedia Composer、NEXIS | PRO、合成・VFXソフトウェアBlackmagic DesignのDaVinci Resolve 15などを出展した。

4K/8K(HDR)対応のハイエンドフィニッシングシステム及びVR、VFX制作アシストソフトウェアシステムSGO Mistika/Quantum。NABで発表されたMistika ReviewやMistika Boutiqueを披露したほか、フィニッシングマシンMistika UltimaとQuantumストレージXcellisとのコラボレーションワークフローのデモが行われた Avid Media ComposerおよびNEXIS | PROによる4K HDR対応ローコスト編集システムによるトータルワークフロー。NABで発表になったMedia Central・Fast ServeおよびAvid NEXISによるワークフロー強化及びアセットマネジメントシステム 他のソフトウェアとのやりとりなく編集・グレーディングから、VFX・MA(Fairlight)・ファイル変換まで、ワンストップで実現できるBlackmagic Design DaVinci Resolve 15。メジャーアップデートにより合成・VFXソフトウェアのFusionを統合しよりパワフルなシステムとなった

テクノハウス

テクノハウスはテレビ局やラジオ局のシステム構築のほか、こうしたシステムを組むうえでキーとなる製品の販売代理店などを行っており、今回はiOSおよびAndoroid端末に対応したライブ中継アプリケーションMojoPro/Appや、UHDエンコーダーAviwest HE4000のほか、Evertzのクロスコンバーターなどを出展した。

EvertzのHDR・SDR相互変換対応UHD/3G/HDクロスコンバーター7814UDX-4K-12G・VPROC・HRD。Evertz では4K非圧縮SMPTE ST2110のビデオIPシステムを発表しており、国内でもIP対応のシステムが構築可能 携帯回線を使用して確実な放送ができるライブ中継アプリケーションAviwestのMojoPro/App。iOSおよびAndoroid端末に対応しており、3G/4G-LTEやWi-Fiを利用してライブ中継が可能なアプリ UHDエンコーダーAviwest HE4000。AviwestのSafeStreamsテクノロジーにより、管理されていないネットワーク環境の中でもライブビデオを配信することができ、世界中どこからでもネットを通して配信可能。H.264/AVCと同じ画質で最大50%のビットレートでUHD、HD、SD解像度をサポートし配信することが可能

東通インターナショナル

東通インターナショナルは、放送システムのほかヘリコプター撮影システムなどを扱っているが、今回のAfterNABではキャラクタージェネレーターD.O.T PostとBlackmagic DesignのATEMスイッチャーを連携させたシステムのほか、キャプチャー&トランスコーダーシステムmxfSPEEDRAIL、SDIにエンベデッドされたオーディオチャンネルの選択やダウンミックスなどが行えるRenegadeのM3Gなどを出展した。

2D/3DキャラクタージェネレーターD.O.T Post。簡単な操作で2D/3D対応のロゴタイプを作成可能なほか、豊富な文字修飾ができる。AvidのDekoのファイルを変換させることで編集可能な状態でD.O.Tにインポートすることが可能 キャプチャー&トランスコーダーシステムMOG Technologies社のmxfSPEEDRAIL。SDIからのインジェストのほかインジェスト中の編集ができる。Webサーバーへの出力やAvidシーケンスの自動配信などにも対応可能 SDI入力のデジタルオーディオミキサーRenegade社M3G。3G/HD/SD-SDIビデオのエンベディドオーディオの任意の8チャンネルをアナログに変換して出力可能なオーディオモニタリングセレクター

AfterNABを終えて

今年はテクノハウスや東通インターナショナルのほか、伊藤忠ケーブルシステム、共信コミュニケーションズといったSI系のブースが多かったのが特徴といえよう。After NAB ShowはNABで出展されていた新製品をいち早く取り入れて、プロダクションなどに最新の設備やシステムとして提供するプレゼンテーションの場として最適なのかもしれない。

ラスベガスで開催されたNAB2018では、IPやHDR、VRなどがトレンドとなっていたが、AfterNABではこうした将来的なものより今現在必要とされている製品が多く、AfterNABといってもだいぶ性格が異なるようだ。このあたりのコントラストは開催する場所にも起因するのかもしれない。そのあたりを比較するうえでも次回はNABでのトレンドを中心にレポートしていこうと思う。

txt:稲田出 構成:編集部
Vol.01 [After Beat NAB2018] Vol.03

[ Category : ]
[ DATE : 2018-06-01 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[After Beat NAB SHOW 2018]Vol.04 注目の360°VRの課題は、どこで、なにで、なにを見るのか

txt:稲田出 構成:編集部 AR/MR/VRがもたらす未来とは テレビは4K/8Kの時代を迎え、解像度的には一般の視聴には充分といえる状況になってきた。テレビの進歩は... 続きを読む

[After Beat NAB SHOW 2018]Vol.03 これまでの放送と、これからの放送〜HDRとSDRがもたらすものとは

txt:稲田出 構成:編集部 これからのHDRとSDRワークフローに必要なモノ 次世代の放送として4K/8Kが目前に迫り一部では開始しており、時代も変化を迎えている。従... 続きを読む

[NAB2018:AJA]KONAやKUMOシリーズの新製品、HDRイメージアナライザーを参考展示。日々変化する映像業界の先端を行く製品ラインナップを展開

AJAブース動画 360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chro... 続きを読む

[After Beat NAB SHOW 2018]Vol.01 After NAB Show Tokyo 2018レポート01

txt:稲田出 構成:編集部 今年もこの季節がやってきた!After NAB Show開催 5月23、24日の2日間東京・秋葉原のUDXにおいて「After... 続きを読む

[NAB2018もうひとつの視点]Vol.02 NABの次の主役はAIとマシンラーニングに

txt:江口靖二 構成:編集部 映像制作の世界に一気に押し寄せてくるAIの波 今年のNABの傾向として、一気にAIやマシンラーニングが表舞台に上がってきた感がある。これは数... 続きを読む

[NAB2018:Angenieux]12倍の高倍率ズーム「Optimo Ultra 12x」や新型アナモフィックズームレンズ「Optimo Anamorphic 42-420 A2S」を展示

12倍のマルチフォーマットの高倍率ズーム「Optimo Ultra 12x」 IBC 2017で発表された12倍のズームレンズ「Optimo Ultra 12x」が展示されて... 続きを読む

[NAB2018:DJI]複雑なシーンや動きの激しいシーンでも滑らかな撮影を実現する「DJI FORCE PRO」と「DJI Master Wheels」を展示

360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ChromeブラウザおよびiOS/And... 続きを読む

[NAB2018:Tokina]VISTAの105mmの発表や11−20mmの試作機を展示

VISTAシリーズに105mm T1.5を発表 VISTAシリーズは今年入って18mmを発売開始したばかりだが、NABでは105mmのリリースを発表。VISTAシリーズのT値... 続きを読む

[NAB2018:ニコン]ビデオ撮影に特化した「D850フィルムメーカーズキット」やD850で撮影をした8Kタイムラプスムービーを展示

DSLRビデオをワンセットにした「D850フィルムメーカーズキット」を展示 ニコンブースで目に止まったのは、米国のみ販売を開始した「D850フィルムメーカーズキット」。フルフ... 続きを読む

特集記事

新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編 新世紀シネマレンズ漂流:もの作りの現場から
「新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編」の続編。前回紹介することができなかったシネマレンズメーカーを取材。
Photokina2018 Photokina2018
ドイツ・ケルンメッセで開催されたスチルカメラの祭典 Photokina2018をレポート。
IBC2018 IBC2018
オランダ・アムステルダムで開催された欧州最大の映像・放送の展示会IBC2018をレポート。
映画「万引き家族」〜撮影部と撮影監督の眼差し 映画「万引き家族」〜撮影部と撮影監督の眼差し
「万引き家族」はいかにして生まれたのか?今回の特集ではその制作側を覗いてみる。
SIGGRAPH2018 SIGGRAPH2018
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2017をレポート。
BIRTV2018 BIRTV2018
中国・北京で開催されたアジア地区ではInterBEEと並ぶ大規模な放送機器展 BIRTVをレポート。
QBEE2018 QBEE2018
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
inside DaVinci 15 inside DaVinci 15
史上最大のアップデートを実現したと言われるDaVinci Resolve 15に関する最新動向をまとめてみた。
Cine Gear Expo 2018 Cine Gear Expo 2018
米ハリウッドの中心、パラマウントスタジオで開催された「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2018 After Beat NAB SHOW 2018
東京・秋葉原で開催された「After NAB Show Tokyo 2018」をレポート。
NAB2018 スペシャルレポート NAB2018
世界最大の放送機器展覧会「2018 NAB Show(NAB2018)」をレポート。
Your Choice?GH5 or GH5S Your Choice?GH5 or GH5S
映像業界で活躍中のカメラマンやディレクターに聞く「GH5」と「GH5S」の選び方。
SXSW2018 SXSW2018
米国テキサス州オースティンで開催されたSXSWをレポート。
CP+2018 CP+2018
パシフィコ横浜にて開催されたカメラと写真の総合展示会「CP+2018」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編 新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編
2017年から2018年にかけて発売する、人気のスチルカメラ用レンズも含めた最新の単焦点シネレンズを紹介。

トップ > 特集 > [After Beat NAB SHOW 2018]Vol.02 After NAB Show Tokyo 2018レポート02