PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [Digital Cinema Bülow VII~Cine Gear 2018]Vol.01 Cine Gear Expo 2018〜時代に合わせ進化するPa…
News

[Digital Cinema Bülow VII~Cine Gear 2018]Vol.01 Cine Gear Expo 2018〜時代に合わせ進化するPanavision

2018-06-04 掲載

txt・構成:編集部

映画業界の祭典〜Cine Gear 2018開催!

今年も映画撮影機材の専門展示会「Cine Gear Expo」が米ハリウッドの中心、パラマウントスタジオ内で6月1~2日の2日間にわたって開催された。今年で22年目を迎えるCine Gear Expoは、主に映画撮影現場で使用されるカメラ、特機、周辺機材などを一堂に集めた、完全に映画制作者向けの展示会である。

面白いのが、会場が展示会のためのホールではなく、映画の撮影所で行われることだろう。まさにハリウッド映画のロケ現場で、本場ハリウッドの楽しい雰囲気の中で開催される。

特機を中心にクレーンや特殊撮影用の走行車両など、どれも映画撮影機材に特化された撮影周辺機材が並ぶ世界屈指の映画撮影機材イベントだ。なかなか日本では見られないメーカや機材が目白押しなのである。

先々月に開催されたNAB Showや他の放送機材の展示会とは異なり、まさに映画に特化したイベントとなっている。恒例となったCine Gearのレポートを通して、映画業界で起こっている潮流を紹介していこう。

■特集:Digital Cinema Bülow VII Index

REDのDSMC2で動作する「DXL-M」を発表

PanavisionのDXL-M

Panavisionは、Cine Gear開催前にREDのDSMC2カメラで動作する新しいカメラアドオン「DXL-M」を発表。Panavisionはデジタルシネマカメラシステム「DXL」をラインナップしているが、「その小型版はないのか?」という要望が高かったという。そこで、‎REDの‎DMS2にセンサーはMONSTRO 8K VVのシステムの後ろにモジュールを搭載する構成で実現をしている。

DXL-Mの後部のユニット

モジュールには、DXLに近いような拡張機能を設けながら、DXLより小さくできる。DXL-Mの「M」はminiの略ではなくmoduleの「M」。中央のカメラのボディは、REDのDMS2専用で、DSMC1には対応しない。センサーはMONSTRO、HELIUM、GEMINIなど特に問わない。

今年2月にロンドンのBSC Expoで発表されたDLX2との違いは、DXL2はあくまでもDXLの筐体にMONSTROセンサーを搭載したもの。DXL-MはDMS2のボディにモジュールをつけた形でDXLっぽくするような感じのものとなる。

DXL-Mは、従来のPanavisionと同じレンタルオンリーでの利用を予定している。しかし、モジュールだけの販売も行うかもしれないとのこと。

今年2月に発表したDXL2

世界に1本しか存在しない大判対応のアナモフィックレンズ

PanavisionのUltra VISTA。2019年のQ1かそれ以降に発売を予定

Panavisionはフィルム時代からUltra Panavisionを使うことにより、スコープよりももう少し大きい2.76:1のワイドな画角を作ることができていた。DXLでもセンサーは1.9:1の画角で、アナモフィックに1.6xスクイーズを入れると超ワイドスクリーンの2.76:1のアスペクト比を提供できる。

新しく発表されたUltra VISTAでも、DXLの大判センサー用に1.6xのスクイーズを噛ませば2.76:1のワイドな画角を撮影可能という展示が行われていた。Ultra VISTAは世界に1本しか存在しない作りたてのレンズで、きれいなアナモの画が出るので需要が期待できそうとのことだ。

Ultra VISTAで撮影中のモニターの様子

T1.4を実現した大判対応のPanaSpeedシリーズ

Primoシリーズのレンズは人気だが、スーパー35しかカバーできない。そこで次世代版として登場したのがPanaSpeedで、大判フォーマット、フルフレームをカバーし、T値は1.4のスピードを実現。焦点距離はまだ未定だが、すべてT1.4でリリース予定。

PanavisionはすでにPrimo 70シリーズという高解像度を実現したレンズシリーズをリリースしているが、PanaSpeedは高解像度の面で70シリーズより1つ下がるものの少し暖かい色合いを出す昔のPrimoシリーズのレンズに似た質感を特長としている。

アナモフィックのフレアーが出る「アナモフィックフレアーアタッチメント」

アナモフィックのフレアーが出るアダプター「アナモフィックフレアーアタッチメント」を展示。通用のレンズに付けるだけでアナモフィックのフレアーを光学的に見せることができる。

アナモフィックはレンズが高価で数量も出ないが、アナモフィックの効果を求める人は多い。そういった人に最適なアダプターといえるだろう。

アナモフィックフレアーアタッチメントを装着して、レンズに向けてペンライトを点灯させて撮影をした様子

鏡胴からギアを排除したドローンやジンバル向けのシネマレンズ「Primo X」

「Primo X」は内部にモーターを完全に収納するドローンやジンバル向けのシネマレンズ。鏡胴の外面にギアがない。外部で動くパーツを排除しており、密閉したレンズが実現できる。ドローンでの撮影は防塵が重要で、ダストがレンズの中に入って故障の原因となっていた。また、外付けのモーターを搭載すると、バランスが崩れたり空気抵抗の問題も起こる。そんな問題に対応するために密閉したレンズを実現したという。

操作は、外部からコントロール可能。プライムレンズには24mmと14mmがリリースされており、Primo 70シリーズと同じ光学系を使用している。

露出を調整する新しいアプローチのバリアブルNDフィルター「LCND」

試作展示として注目を浴びていたのが「LCND」と呼ばれるバリアブルNDフィルター。液晶の技術を使ってNDフィルターを実現するというもので、ボーイング787の透過光量を5段階に電動で調整できる電動式のシェードをイメージしていただければわかりやすいと思う。関連会社となったLEE Filters社との共同開発だという。展示のデモ機ではボタンを押すごとに3、6、9、12、15、18ストップと6段階に変化する。また、高い精度で1ストップごとの2、3、4、5、6のように変化させることもできる。

夕方の撮影で露光が微妙に変化する際に、NDフィルターを入れ替えなければいけない場合があるが、カメラがクレーンの先についていると交換が困難となる。しかし、LCNDなら一発で露出を瞬時に変えられるといったシーンで発揮できる。

使いやすいワークフローをシネマ業界に提供していきたい

Panavisionはカメラ、レンズメーカーでありながらそのビジネスモデルはレンタルにある。日本ではあまり使用する機会は少なくはないが、やはりハリウッドの雄である。そのブランド力は相当なものだ。ブース裏には、Panavisonロゴの入ったグッズコーナーが設けられ、販売されていたが異常な人気を誇っていた。これもやはりPanavisionブランド力の強さを物語っているものといえよう。

最後に、Panavisionの貞廣春樹氏に今後の動向について聞いてみた。

PanavisionのR&D技術部 製品開発ディレクター 貞廣春樹氏

貞廣氏:日本では、Panavisionの機材は三和映材社様から借りることができます。弊社の代理店でもあります。日本でも、ぜひ使って欲しいと思います。

また、今年はDXLシリーズのカメラを出しましたが、ワークフローを積極的に拡張していく予定です。カメラ的には昔から孤立気味でしたが、もっとポストプロダクションに便利なカメラを作っていきたいと考えています。ポストに優しい、ポストで使いやすいカメラにしていきたい。そのため、ファームウェアのアップデートはポスト向けの機能が多くなっています。

それと同時に、大判フォーマットを機会に、便利なレンズ、きれいなレンズ、アーティスト的な凄い特長のあるレンズなどを積極的に出していきたい考えています。レンズとポストプロダクションを改善して、さらに使いやすいシステムを実現していく予定です。

txt・構成:編集部


[Digital Cinema Bülow VII] Vol.02

[ Category : , ]
[ DATE : 2018-06-04 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

CES2021_06

[CES2021]Vol.06 ALL DIGITALのCES2021で感じたこれからのビジネスコンベンションの行方

txt:江口靖二 構成:編集部 「CES2021 IS ALL DIGITAL」ということで、CES2021は紆余曲折を経て最終的に完全オンライン開催となった。こうした環境下... 続きを読む

[CES2021]Vol.05 インフラとしての責任を表明したTechGiantsとテクノロジーの未来とは

txt:平野陽子(大広) 構成:編集部 CES2021は全てオンラインで開催したことは周知の通りだ。そのテクノロジーパートナーとしてて支えたのがMicrosoftだ。そう今回... 続きを読む

CES2021_04_LG_top

[CES2021]Vol.04 元気になる「LG Future Talk」がオススメ!

txt:江口靖二 構成:編集部 LGがイメージするニューノーマルの世界観とは CES2020において、LGはプレスカンファレンスに加えてCES Spotlight Se... 続きを読む

Verizon_CES_keynote

[CES2021]Vol.03 5Gが映像業界を後押し、最高のエンターテインメントを生む

txt:平野陽子(大広) 構成:編集部 オール・デジタルで始まったCES2021 その年の重要なテクノロジートレンドを体現する企業が務めるKeynoteトップバッタ... 続きを読む

[CES2021]Vol.02 今年のテックトレンドとは?〜CTA’s 2021 Tech Trends to Watch解剖

txt:西村真里子 構成:編集部 手探りのCES2021はどうなるのか? オール・デジタルのCESが開幕した。CESツイッターアカウントもこのデジタル化の波を楽しむかの... 続きを読む

[CES2021]Vol.01 見本市の恐竜CESは絶滅を免れることができるのか?〜開催直前事前案内

txt:西村真里子・猪蔵 構成:編集部 「現実」を見つめるチカラが試される2021年 CES2020基調講演の会場から 毎年年始、新年の浮かれ気分にプラス... 続きを読む

[CES2020]Vol.11 Crystal LEDとAtom Viewで実現するヴァーチャルセット最前線~まさにリアルを超える?!

txt:西村真里子・猪蔵・編集部 構成:編集部 リアルとバーチャルの境目がなくなる影像制作 CES 2020はそれまでのCESの歴史から大きくシフトを宣言している年であ... 続きを読む

[CES2020]Vol.10 テレビ局が不在でも完全に8Kが主流のCES2020

txt:江口靖二 構成:編集部 CES 2020の主流が「8K」となった理由 CES 2020では完全に8Kが主流である。グローバルで市場を牽引する中国とアメリカでは、... 続きを読む

[CES2020]Vol.09 「次の10年のエンターテインメント・プラットフォーム」とは?〜モバイル向け動画配信サービスQuibiスタート直前

txt:加藤薫(博報堂DYメディアパートナーズ) 構成:編集部 モバイル向けストリーミングサービス「Quibi」とは? 生活を変えるテクノロジーのショーケースとして... 続きを読む

特集記事

Virtual Production Field Guide Virtual Production Field Guide
国内のバーチャルプロダクションの展開と、映像制作ワークフローへの影響について紹介
CP+2021 CP+2021
オンライン開催のCP+2021で発表された新製品をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編 新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編
2020年末から2021年に発売されたレンズ新製品をピックアップする。
映像基礎講座 映像基礎講座 Episode 2
2020年8月に公開された特集「映像基礎講座」続編。引き続き映像の基本や基礎知識を学ぶ。
CES2021 CES2021
オールデジタルのオンライン開催となったCES2021をレポートする。
年末イッキ読み! 年末イッキ読み!
2020年に話題になった製品の特集やコラム記事をまとめて振り返る。
PRONEWS AWARD 2020 PRONEWS AWARD 2020
激動の1年となった2020年の映像業界を、PRONEWS編集部が総括する。
2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [Digital Cinema Bülow VII~Cine Gear 2018]Vol.01 Cine Gear Expo 2018〜時代に合わせ進化するPa…