PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [BIRTV2018]Vol.06 ブースレポートPart01 カメラメーカー編
News

[BIRTV2018]Vol.06 ブースレポートPart01 カメラメーカー編

#Report NOW! #BIRTV

2018-09-11 掲載

txt・構成:編集部

2018年のBIRTVは、放送、映画制作会社、運営代理店を中心に520の出展社、展示会場は5万平方メートル以上の規模で開催された。日本のInterBEEに比べると出展社数は約半分だが、展示会場の広さは同等といっていいだろう。今年も多くの出展社を集めて開催されたBIRTVの展示会場から、主要なカメラメーカーをピックアップしてレポートしよう。

Sony China

■8K Crystal LEDディスプレイシステム

海外メーカーを集めたホール8Bで最も広い面積を使って出展していのはソニーだ。そのソニーブースで注目を浴びていたのは長さ約10メートル、高さ約5.4メートルの440インチスクリーンを使った8K Crystal LEDディスプレイシステムの展示だ。中国市場では初展示で、臨場感あふれる紅白歌合戦やサカナクションなど、日本のアーティストの映像を上映し、近くを通った多くの人は足を止めて8Kの映像に見入っていた。

■CineAltaV
中国ではデジタルシネマカメラ「CineAltaV」という名称で取り扱われている

Cine Gearでジェームズ・キャメロン監督の「アバター」続編にソニーのシネマカメラが採用決定の発表が話題になったが、そのフルフレームイメージャ搭載のデジタルシネマカメラ「CineAltaV」の展示も注目を集めていた。6K解像度フルフレームセンサー、8つの内蔵NDフィルター、PL/Eマウント交換可能なデザイン、15Stopのダイナミックレンジ、4:3アナモフィックや6:5アナモフィック対応などを実現。

VENICEの名でお馴染みのシネマカメラだが、中国では商品名に地名を使うことができないとのことでCineAltaVの名称の変更が行われたとのことだ。

CineAltaVの紹介のパネル
■HXR-NX200

4K対応のNXCAMファミリー「HXR-NX200」も、BIRTVで初公開された注目の新製品だ。中国などでは4Kの需要が増加しているが、PXW-Z280やPXW-Z190では価格が高すぎる。そこで4Kに対応したNXCAMファミリーとして企画したカメラだ。

ベースはHXR-NX100でこのHD機を4Kバージョンにしたモデルで、1.0インチのExmor R CMOSイメージセンサーを搭載。有効画素数は1,420万画素、12倍光学ズーム、3連リングを搭載し、SDIは非搭載。NXCAMファミリーなので、記録フォーマットは4K XAVC Sフォーマットのレートで記録となる。残念ながら日本での発売予定はないとのことだ。

Panasonic

572平方メートルを使った広いブースに、オーディオビジュアル製品とソリューションを展示。その中の4Kビジュアルプロダクトエリアでは、シネマカメラのAU-EVA1やVARICAMシリーズ、ハンドヘルド型4KカメラAG-DVX200、AG-UX180、AG-UX90が展示されていた。

4Kビジュアルプロダクトエリア

特に注目したいのは、EVA1とATOMOSのレコーダー「SHOGUN INFERNO」を組み合わせた展示だ。EVA1は、5.7Kスーパー35mmイメージセンサーを搭載したパナソニックの5.7KのシネマカメラだがSHOGUN INFERNOと組み合わせることで、5.7K ProRes RAW記録に対応。ProRes RAWは妥当なファイルサイズで記録メディアを節約し、ストレスなく編集ができることで今、注目の組み合わせだ。

シネマカメラのEVA1とSHOGUN INFERNOを組み合わせ VARICAMシリーズ「AU-V35C1RMC」

ARRI China

■ALEXA 65
ALEXA 65で撮影された映画のポスターとともにシステムを展示

カメラと照明機器が展示されていた。カメラは、ラージフォーマット対応のALEXA LFやシグネチャープライムレンズ、AMIRA、ALEXA 65、ALEXA Miniなどを展示。その中でも特に人を集めていたのはARRIレンタルを通じて利用可能なALEXA 65システムの展示だ。筐体のサイズはALEXAと同じに見えるが、それでいて65mmデジタルシネマカメラを実現しているのもポイントであろう。

65mmデジタルカメラのALEXA 65
■ARRIグッズの販売コーナー
帽子やぬいぐるみ、Tシャツなどが売られていたグッズコーナー

ブース内に購入することができるグッズコーナーはNABやCine Gearでは見られないコーナーだ。Tシャツの種類が豊富で、もっとも売れているTシャツは「ALEXA 65」だという。変わったものでは「SkyPanel」のTシャツなどもあって、幅広く取り揃えていた。ARRIのぬいぐるみがパンダのわけは、「パンダは中国のシンボルだから」とのこと。パンダが抱えるカメラはAMIRAだ。

最も売れているというALEXA 65のTシャツ こちらはSkyPanelのTシャツ

Canon(China)

新製品は、フラッグシップのフルフレームシネマカメラ「EOS C700FF」とシネマレンズ「CN-E20mm T1.5 LF」だ。C700FFは、フルフレームで5.9Kの解像度を撮影することができる同社シネマカメラのフラグシップモデルだ。中国市場では初公開で、試写コーナーでは体験できるようになっていた。

放送用レンズのゾーンでは、キヤノンの旗艦レンズ「4K UHD-DIGISUPER 86」や携帯放送レンズ「CJ20ex7.8B IASE S」などを展示して注目を集めていた。

中国初公開のEOS C700FFとCN-E20mm T1.5 LFの組み合わせ 新しく「CN-E20mm」をラインナップしたシネマレンズの展示

RED DIGITAL CINEMA (CHINA)

■GEMINI 5K S35

REDのカメラは中国でも大人気で、DSMC2 MONSTRO 8K VV、HELIUM 8K S35、GEMINI 5K S35などのDSMC2のラインナップを展示していた。その中でもデュアルISOモード搭載で、スタンダードのベース感度はISO800、ローライトはISO3200を基準としているGEMINI 5K S35に注目が集まっていた。ISO6400でも画質は安定していると言われていて、暗いシーンでも対応しやすいのが特徴だ。ブース内に暗部での撮影が体験できるコーナーが設けられていて、このローライトモードの効果を試せるようになっていた。

Insta360

360°カメラで有名なArashi Visionは、8K3Dの動画を手軽に撮影できる「Insta360 Pro2」を展示。PRマネージャーの周丹氏にInsta360 Pro2のポイントを聞くことができた。

――8月21日に発表されましたInsta360 Pro2はBIRTVの会期に合わせて発表したのでしょうか?

Insta360 Pro2の発表はとくにBIRTVに合わせたというわけではありません。14ヶ月の商品開発の時間をかけて、やっと発表できるところまできて、8月21日に新商品を発表しました。それがちょうど偶然にもBIRTVの会期と重なるような形になりましたね。

――Arashi Visionが扱う360°カメラの出荷で、特に出荷台数の高い国などがあれば教えてください。

世界の180カ国に輸出しているのですけれども、具体的にどの国にどれぐらいのユーザー数、利用者がいるのか?また、具体的な数値まで把握していません。世界中の方たちに使っていただくために開発をした商品です。

――最後にInsta360のアピールをお願いします。

先日、Insta360 Pro2の製品を新しく発表しました。このシリーズは、撮影からポストプロダクションの編集、視聴まで全部まとめて使うことができます。ブレを抑えて安定した結果が得られる「FlowState」をPro2でも搭載しています。FarSight機能を使えば、標準で300m、間に遮るものがなければ3キロ離れた距離からでも高品位な映像をリアルタイムでモニターすることができます。

編集は、Premiere Proにインポートすれば、プロキシ素材ファイルも自動的に認識され、スティッチ後の画像を瞬時に確認でき、スティッチすることなくすぐに編集が開始できます。

また、最後の視聴のところなのですが、クリスタルビュー技術を用いれば、Pro 2で撮影したコンテンツを専用フォーマットに変換することで、主流のスマホやヘッドセットでも8Kのままに再生できるようになります。これまでは8Kで撮影をしていても、対応が6Kのみでいたら画像を圧縮させて視聴をしていました。撮影をした画質をそのままの画質で見られないのが普通だったのですけれども、Pro2は8Kで撮影をしてさまざまな視聴環境からそのまま8Kの画質で楽しむことができるのも一番の魅力です。

txt・構成:編集部
Vol.05 [BIRTV2018] Vol.07

[ Category : , ]
[ DATE : 2018-09-11 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[CES2020]Vol.11 Crystal LEDとAtom Viewで実現するヴァーチャルセット最前線~まさにリアルを超える?!

txt:西村真里子・猪蔵・編集部 構成:編集部 リアルとバーチャルの境目がなくなる影像制作 CES 2020はそれまでのCESの歴史から大きくシフトを宣言している年であ... 続きを読む

[CES2020]Vol.10 テレビ局が不在でも完全に8Kが主流のCES2020

txt:江口靖二 構成:編集部 CES 2020の主流が「8K」となった理由 CES 2020では完全に8Kが主流である。グローバルで市場を牽引する中国とアメリカでは、... 続きを読む

[CES2020]Vol.09 「次の10年のエンターテインメント・プラットフォーム」とは?〜モバイル向け動画配信サービスQuibiスタート直前

txt:加藤薫(博報堂DYメディアパートナーズ) 構成:編集部 モバイル向けストリーミングサービス「Quibi」とは? 生活を変えるテクノロジーのショーケースとして... 続きを読む

[CES2020]Vol.08 日常が“つながる”と意外なものがメディアになる?未来の生活を彩るものたち

txt:平野陽子 (大広) 構成:編集部 2020年1月7日~1月10日、米国ラスベガスにて「CES 2020」が開催された。すでに多くのメディアで語られているが、再度振り返... 続きを読む

[CES2020]Vol.07 人工人間、身体性が問われるテクノロジー「NEONプロジェクト」

txt:西村真里子 構成:編集部 CES 2020で注目のテクノロジー「NEON」とは CES 2020の日本のスタートアップが出展するEureka Parkに... 続きを読む

[CES2020]Vol.06 目の付け所がAIなプロダクトが続々登場〜会場から見えてくるAIプロダクト達

txt:江口靖二 構成:編集部 進化する画像センサーがより良い未来を作る サムスンの「Ballie」は目の付け所がサムスンなプロダクトだ。百聞は一見にしかず、サムス... 続きを読む

[CES2020]Vol.05 航空会社として初基調講演。デルタ航空が考えるイノベーション〜パラレル リアリティ ディスプレイ

txt:江口靖二 構成:編集部 航空会社として初めての基調講演 CESでのキーノートには、例年家電メーカーであったり、インテルやクアルコムのようなチップ系のメーカー、最近では自... 続きを読む

[CES2020]Vol.04 より多くの人を集めるために〜CESにおける「見せ方」と「ブランディング」効果とは?

Audiのブースは上からキラキラしたリボンが無数に装飾されており、否が応でも足を踏み入れたくなる txt:清水幹太 構成:編集部 来場者の気を引く“見せ方”は多種多様 ... 続きを読む

[CES2020]Vol.03 一般化を迎えたカテゴリーに花開く、味わい深いプロダクトたち〜展示会スタート

txt:清水幹太 / 編集部 構成:編集部 いよいよ展示会が始まる MediaDayが終わり、CES展示会場での展示がいよいよ始まった。CESの他の展示会と大きく違う点... 続きを読む

特集記事

	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [BIRTV2018]Vol.06 ブースレポートPart01 カメラメーカー編