PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [BIRTV2018]Vol.08 ブースレポートPart03 周辺機器メーカー編
News

[BIRTV2018]Vol.08 ブースレポートPart03 周辺機器メーカー編

2018-09-11 掲載

txt・構成:編集部

BIRTVのカメラメーカー編、レンズメーカー編に続き、照明やレコーダーを扱う主要なメーカーのブースレポートを紹介しよう。

Falcon Eyes

■ロールフレックスRGBW/100W/LEDマット「RX-718」

Falcon Eyesは、1993年創業の写真用照明機器メーカーで、最近は巻き取り可能なLEDビデオライトのメーカーとして有名だ。特に近年のLEDメーカーのトレンドはRGB対応といっていいだろう。RX-718は、そんなトレントを反映したロールフレックスでRGBW対応、100WのLEDマットだ。

色温度は2700ケルビンから9999ケルビンまで変更でき、それ以外にRGBで色を作ることができる。あらかじめ設定されている9色のほかに、赤、グリーン、青を0から255ステップで変更できる。色が変えられるLEDライトは操作が複雑なものが多いが、RX-718はシンプルなのも特徴といえるだろう。

rgbwコントロールボックスから簡単に設定可能

■T8

まだ発売されていないライトも展示されていた。こちらはRGBが作れるタイプで、かなり小型なモデル。30Wで3000K-5600Kに対応したRGB-LEDパネルを採用し、ソニーのNP-Fバッテリーで駆動可能。

■T12

50WのロールフレックスRGBパネルを採用。こちらもソニーのNP-Fバッテリーをサポート。

Aputure Imaging Industries

Aputureは深センを拠点とするLEDライトで注目のメーカーで、特にLED定常光ビデオライトの「Light Storm C300d」や「Light Storm COB 120d」が話題だ。そんなAputureは2つの新製品と5つの新しいアクセサリーを発表。中でももっとも話題になってるのが120dをアップグレードした「Aputure 120 d MARK II」だ。

Aputure LS C120D IIはオリジナルのC120Dを完全に再設計したものだという。特長は、120dよりも25%以上明るくなり、調光は0%~100%の無段階輝度コントロールに変更。壊れかけている電球やパパラッチ、花火、雷、テレビなどの5つの特殊効果のプリセットモードを搭載し、電源アダプターとコントローラーの一体設計によってアクセサリーを減らしているなどの改良が加えられている。

新製品のAputure 120D MARK IIに壁や天井・床にロゴを投影するユニットを組み合わせた状態

Aputureのロゴを壁に投影するデモが行われていた

Aputure LS C300dと新製品の「Fresnel Mount X」

Blackmagic Design

■DaVinci Resolve 15/Blackmagic eGPU

Blackmagic DesignもBIRTVに出展していたが、ブースの位置はホール4の中国国内メーカーコーナーに位置していた。新製品はeGPUで8月13日に公式バージョンをリリースしたDaVinci Resolve 15と組み合わされて展示されていた。

eGPUは、DaVinci Resolveや3Dゲーム、VRアプリケーション向けの外部の高性能グラフィックスプロセッサで、Radeon Pro 580の搭載や2基のThunderbolt3ポート、HDMI 2.0を装備している。DaVinci Resolve 15の特徴はFusionとの融合だ。ポストプロダクションをiMacやMacBook Proで実現したいという人には最適な製品だろう。

■Blackmagic Pocket Cinema Camera 4K

Blackmagic Pocket Cinema Camera 4Kも並ばなければ触れないほどの人気だった。10ビットのProResと12ビットRAW記録、フルサイズの4/3 HDRセンサを搭載。感度は、ISO 25600まで対応する。

ATOMOS 中国

■NINJA V

NINJA VがGH5Sと組み合わせて展示

レコーダーのSUMO 19/SUMO 19MやSHOGUN INFERNOやNINJA INFERNOなどの展示が中心だが、今後発売予定の軽量小型のポータブルモニター/レコーダーの「NINJA V」の実機に触れる形で展示されていた。5.2インチ1000nit HDRモニターを搭載するコンパクトなレコーダーだ。SSDが搭載されていないので記録を試すことはできなかったが、パナソニックのGH5Sと組み合わせて体験が可能となっていた。

SDIは搭載せずにHDMIに対応。本体は小型化を実現

右側面の様子。マイク、ヘッドホン、リモート、電源スイッチが並んでいる

従来のSSDよりも20%小さい約640ミリ×約770ミリのAtomX SSDminiに対応。標準のSATA IIIコネクタを使用しているため、ATOMOSの従来の製品との互換性がある

コーデックの設定画面。ProResに対応する

SZ DJI Technology

DJIは8月23日、ニューヨークでMAVIC 2 PROとMAVIC 2 ZOOMを発表。BIRTVの期間中であったが、その発表の翌日には、ブースに2機の実機が展示されていた。

■Mavic 2 Zoom

1/2.3インチCMOSセンサーにズーム機能を搭載。光学ズームを使用して9枚の写真を自動で撮影、合成して48MPの超高解像写真を生成する機能を搭載している。また、デジタル2倍ズームと光学2倍ズーム(24mm–48mm)を組み合わせ、フルHD解像度のロスレス動画を撮影できる96mm相当の中望遠を実現する。

■Mavic 2 PRO

従来機種のMavic Proと比べて約4倍となる10-Bitカラープロファイルに対応した1インチCMOSセンサーを搭載。Hasselbladが独自に開発したHasselblad Natural Color Solution(HNCS:ハッセルブラッドナチュラルカラーソリューション)技術を搭載し、色彩の細部まで忠実に再現できる20MPの空撮映像を撮影可能。また、F値2.8–F11の範囲で絞り値を調整できるので、さまざまな環境下での撮影にも対応する。

ProHcH

■ビデオカメラ用ソフト収納ケース「PB-01B」

ProHcH(プローエッチシーエッチ)は、ソフトバックやプラスティックや金属のボックス、防水系のレインカバー、発送や運送用のビデオラックを扱うブランド。

ソフトカメラバックは、特別デザインのファスナーや特注のチャックで、一万回以上のひっぱりテスト済み。新製品はビデオカメラ用ソフト収納ケース「PB01B」で色は黒、重量は2.1キロ。ハンディーカメラとアクセサリーに対応する。

■ビデオカメラ用ソフト収納ケース「PB-05A」

FS用カメラソフトバック「PB-05A」はFS5やFS7、F55に対応。色は黒で重量は3.4キロ。

■EFPカムコーダーレインカバー「RC-04」

ProHcHのレインカバーは、透明部分はTPU透明ゴム製で、防水コーティングを特徴とする。新製品は「RC-04」で、ブラックのほかに紫外線を吸収する新色のシルバーグレーが登場。スタジオカメラや中継カメラに対応する。

ProHcHの製品は全商品をAmazonに登録し、今後はAmazonで買えるようになるという。

txt・構成:編集部


Vol.07 [BIRTV2018] Vol.00

[ Category : , ]
[ DATE : 2018-09-11 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

CES2021_06

[CES2021]Vol.06 ALL DIGITALのCES2021で感じたこれからのビジネスコンベンションの行方

txt:江口靖二 構成:編集部 「CES2021 IS ALL DIGITAL」ということで、CES2021は紆余曲折を経て最終的に完全オンライン開催となった。こうした環境下... 続きを読む

[CES2021]Vol.05 インフラとしての責任を表明したTechGiantsとテクノロジーの未来とは

txt:平野陽子(大広) 構成:編集部 CES2021は全てオンラインで開催したことは周知の通りだ。そのテクノロジーパートナーとしてて支えたのがMicrosoftだ。そう今回... 続きを読む

CES2021_04_LG_top

[CES2021]Vol.04 元気になる「LG Future Talk」がオススメ!

txt:江口靖二 構成:編集部 LGがイメージするニューノーマルの世界観とは CES2020において、LGはプレスカンファレンスに加えてCES Spotlight Se... 続きを読む

Verizon_CES_keynote

[CES2021]Vol.03 5Gが映像業界を後押し、最高のエンターテインメントを生む

txt:平野陽子(大広) 構成:編集部 オール・デジタルで始まったCES2021 その年の重要なテクノロジートレンドを体現する企業が務めるKeynoteトップバッタ... 続きを読む

[CES2021]Vol.02 今年のテックトレンドとは?〜CTA’s 2021 Tech Trends to Watch解剖

txt:西村真里子 構成:編集部 手探りのCES2021はどうなるのか? オール・デジタルのCESが開幕した。CESツイッターアカウントもこのデジタル化の波を楽しむかの... 続きを読む

[CES2021]Vol.01 見本市の恐竜CESは絶滅を免れることができるのか?〜開催直前事前案内

txt:西村真里子・猪蔵 構成:編集部 「現実」を見つめるチカラが試される2021年 CES2020基調講演の会場から 毎年年始、新年の浮かれ気分にプラス... 続きを読む

[CES2020]Vol.11 Crystal LEDとAtom Viewで実現するヴァーチャルセット最前線~まさにリアルを超える?!

txt:西村真里子・猪蔵・編集部 構成:編集部 リアルとバーチャルの境目がなくなる影像制作 CES 2020はそれまでのCESの歴史から大きくシフトを宣言している年であ... 続きを読む

[CES2020]Vol.10 テレビ局が不在でも完全に8Kが主流のCES2020

txt:江口靖二 構成:編集部 CES 2020の主流が「8K」となった理由 CES 2020では完全に8Kが主流である。グローバルで市場を牽引する中国とアメリカでは、... 続きを読む

[CES2020]Vol.09 「次の10年のエンターテインメント・プラットフォーム」とは?〜モバイル向け動画配信サービスQuibiスタート直前

txt:加藤薫(博報堂DYメディアパートナーズ) 構成:編集部 モバイル向けストリーミングサービス「Quibi」とは? 生活を変えるテクノロジーのショーケースとして... 続きを読む

特集記事

Virtual Production Field Guide Virtual Production Field Guide
国内のバーチャルプロダクションの展開と、映像制作ワークフローへの影響について紹介
CP+2021 CP+2021
オンライン開催のCP+2021で発表された新製品をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編 新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編
2020年末から2021年に発売されたレンズ新製品をピックアップする。
映像基礎講座 映像基礎講座 Episode 2
2020年8月に公開された特集「映像基礎講座」続編。引き続き映像の基本や基礎知識を学ぶ。
CES2021 CES2021
オールデジタルのオンライン開催となったCES2021をレポートする。
年末イッキ読み! 年末イッキ読み!
2020年に話題になった製品の特集やコラム記事をまとめて振り返る。
PRONEWS AWARD 2020 PRONEWS AWARD 2020
激動の1年となった2020年の映像業界を、PRONEWS編集部が総括する。
2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [BIRTV2018]Vol.08 ブースレポートPart03 周辺機器メーカー編