PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [新世紀シネマレンズ漂流:もの作りの現場から編]Vol.05 FUJINONのMK50-135mm T2.9に最適化されたSLR Magic Anamorpho…
Special

Vol.05 FUJINONのMK50-135mm T2.9に最適化されたSLR Magic Anamorphot-65 1.33x Anamorphic Adapter試用レポート

2018-10-30 掲載

txt:ヤギシタヨシカズ 構成:編集部

アナモフィックレンズアダプターとは?

手軽にシネスコが試せるアダプター「SLR Magic Anamorphot-65 1.33x Anamorphic Adapter」を試用してみました。

我々が最近利用しているビデオカメラの多くは、16:9のアスペクト比で撮影することを前提に作られています。これらのカメラで16:9よりも横に長いシネマスコープ(2.39:1)のアスペクト比を再現するには上下をクロップしないといけなく、画質の低下は避けられませんでした。SLR Magic Anamorphot-65を使えば、横方向を圧縮して撮影することによりセンサーの全面を使ってシネマスコープサイズを実現できます。今回は試してはいませんが、開放付近での横一線に伸びるフレアや被写体前後のボケ味などアナモフィックならではの特徴的な特性が表現としても使われています。

撮影からの流れを解説すると、横に圧縮して記録し、ポスプロで横を伸ばす、あるいは縦を潰して2.39:1の縦横比に戻します。この時に被写体が正しい縦横比に戻す作業を行うことによって、センサー全面を利用して画質向上を狙うというものです。

16:9のセンサーを例に取って図解するとこのような形になります。

今回紹介するSLR Magic Anamorphot-65 1.33x Anamorphic Adapterは、FUJINONのMK50-135mm T2.9に最適化されています。

外観から見ていきましょう。重量は780g。見た目の印象よりも軽かったです。可動部分があり、中に空洞があるので、このサイズのワイコンなどをイメージすると少し拍子抜けするような軽さです。

「SLR Magic Anamorphot-65 1.33x Anamorphic Adapter」の外観

レンズを前から覗いてみると、楕円型の形状になっているのがわかります。

アナモフィックレンズアダプターにもフォーカスリングがあります。レンズでフォーカスを合わせて、アナモフィックレンズアダプターでもフォーカスを合わせるという作業が必要になります。実際の撮影手順は従来のように巻き尺で被写体との距離を測り、レンズでフォーカスをセット、その後アダプターで画面を見ながらフォーカスを確認する作業が必要になります。

アナモフィックレンズアダプターの装着

筆者所有のカメラ、レンズで使用してみました。

FUJINONのMK50-135mm T2.9に最適化されていますが、MK18-55mm T2.9でも利用可能です。ただし、おおむね30mmよりワイド側ではケラレます。今回は準備できませんでしたが、アナモフィックレンズアダプターの下にもロッドなどを介して支持することを推奨します。

縦長になってしまう映像を現場でモニターするために、筆者の場合は所有するSmall HD 502のメニューから縦横比を設定することでノーマルに戻すことができました。

FS7 IIの4Kでの撮影

16:9で撮影したものがこちらです。

アナモフィックレンズアダプターを利用したものがこちらです。上下の画角はそのままで、横にだけ広がった範囲を撮影できます。

なお、このアナモフィックレンズアダプターを装着すると、少し描写が柔らかい感じになる傾向があるので、そういったタッチを狙った作品には適していると思いました。また、アダプターを付けたことによってファクターを考慮する必要はないように感じましたので、アダプターを使用していない時と絞りは変わりません。

ポスプロで映像の比率を戻す

記録したサイズ3840×2160は、編集ソフトで縦横位の設定を変更して利用してください。Adobe Premiere Proの場合、プロジェクトウィンドウからクリップを右クリック→「変更」→「フッテージを変換」でこちらのメニューが出ますので、「ピクセル縦横比」グループから「ピクセル縦横比を指定:」メニューを選択し、「HDアナモルフィック 1080(1.333)」を選択してください。

今回のテストを通して、今まで個人で手を出し辛かったアナモルフィック撮影が、これによって手軽に試すことができるようになりました。選択肢の一つに入れてみてはいかがでしょうか?

機材協力:ジュエ株式会社

txt:ヤギシタヨシカズ 構成:編集部


Vol.04 [新世紀シネマレンズ漂流:もの作りの現場から] Vol.06

[ Category : ]
[ DATE : 2018-10-30 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

特集記事

Virtual Production Field Guide Season2 Virtual Production Field Guide Season2
バーチャルプロダクション特集のSeason2。引き続き国内の最新の動向やワークフローを追う。
ARRI, my love ARRI, my love
映画機材界の雄であるARRI。日本での販売拡大に注目されるARRIの歴史から実用例までフィーチャーする。
SXSW2021 SXSW2021
3/16~20日にオンライン開催となった「SXSW2021」をレポートする。
Virtual Production Field Guide Virtual Production Field Guide
国内のバーチャルプロダクションの展開と、映像制作ワークフローへの影響について紹介
CP+2021 CP+2021
オンライン開催のCP+2021で発表された新製品をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編 新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編
2020年末から2021年に発売されたレンズ新製品をピックアップする。
映像基礎講座 映像基礎講座 Episode 2
2020年8月に公開された特集「映像基礎講座」続編。引き続き映像の基本や基礎知識を学ぶ。
CES2021 CES2021
オールデジタルのオンライン開催となったCES2021をレポートする。
年末イッキ読み! 年末イッキ読み!
2020年に話題になった製品の特集やコラム記事をまとめて振り返る。
PRONEWS AWARD 2020 PRONEWS AWARD 2020
激動の1年となった2020年の映像業界を、PRONEWS編集部が総括する。
2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [新世紀シネマレンズ漂流:もの作りの現場から編]Vol.05 FUJINONのMK50-135mm T2.9に最適化されたSLR Magic Anamorpho…