PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [InterBEE 2018の歩き方]Dコース:三脚・スタビライザーの世界〜ジンバル/スタビライザー/三脚コース

News

[InterBEE 2018の歩き方]Dコース:三脚・スタビライザーの世界〜ジンバル/スタビライザー/三脚コース

2018-11-06 掲載

撮影現場でポピュラーになってきた3軸カメラジンバルに注目

最近の撮影現場では、カメラ自体を揺れにくくする3軸カメラジンバルがポピュラーになってきている。主要なカメラジンバルメーカーは、DJIをはじめFREEFLY、ZHIYUN、FeiyuTech、FILMPOWER、Pilotfly、Gudsen、Tiltaなど。残念ながら今回は、3軸ジンバルに限って言えばInterBEEでの展示はあまり多くない。

FILMPOWERを扱うジュエは出展は行なうが、ジンバルの展示予定はないとのこと。RONIN-Sで有名なDJIは今年のInterBEEに出展しないが、三友ブースでRONIN 2やRONIN-S、Master Wheelsの展示が行われる。ZHIYUNでは、ジンバルの新製品の展示が行われる予定で、気になる方は要チェックだ。

01 平和精機工業[#8502]

左から自立式一脚セット「HFMP AP KIT」、エントリー三脚「TH-X」

エントリーやミドルレンジモデルの製品の組み合わせた「組み合わせ提案エリア」や、「修理相談コーナー」、「ハイエンド展示エリア」を設置。「組み合わせ提案エリア」にはビデオ一脚システムの「HFMP」やエントリー三脚の「TH-X」の展示に加え、無段階カウンターバランスシステムを搭載したRSと、スライダーシステムのLIBEC ALLEXによる視点移動撮影の組み合わせ提案を展示する。

「修理相談コーナー」は、サービス担当者がブースに在中して、メンテナンス方法などを聞くことができる。

「ハイエンドエリア」は、InterBeeでは初の展示となる超小型ペデスタルシステムやの展示や、フラッグシップモデルのRSPLUS、伸縮式ジブアームの「SWIFT JIB50 KIT」とリモートヘッドの「REMO30」の組み合わせ提案や、日本初となる参考展示の製品も行われる。

02 銀一[#8409]

左からiPhoneとAndroid向けのスタビライザー「Steadicam Volt」と一脚の「Steadicam AIR」

カメラスタビライザーの本家、Steadicamを展示。Steadicamはカメラを載せるSled、Sledを支持するArm、Armを接続するカメラマン着用のVestで構成されるプロフェッショナルフィルム向けモデルがメインだが、最近はスマートフォン向けの「Steadicam Volt」や一脚の「Steadicam AIR」などもある。

Steadicam Voltは、iPhoneやAndroidなどのスマートフォンやGoProを装着し、手ブレや揺れのないスムースなショットの撮影が可能。ティルト・ロール方向ともにジャイロ制御されて走りながら撮影ができる「スポーツモード」と、ロール方向のみジャイロ制御されティルトやパン方向は従来のステディカムのように指で操作した動きがそのまま反映される「ムービーモード」の2種類が搭載されている。

Steadicam AIRは、高さ調節用フットペダルを搭載した一脚。軽量でコンパクトなカーボンファイバー製で、6.8kgまでに対応した「AIR 15」と11.3kgまでに対応した「AIR 25」がある。

03 ZHIYUN TECH[#5503]

左から新製品のWEEBILL LABとCRANE 3 LAB、CRANE 3 LABを背面から見た様子

ZHIYUN(ジーウン)は、2015年に中国・桂林(けいりん)で設立されたスタビライザー専門のメーカー。InterBEEへは積極的で、2016年から3年連続で出展。フラグシップモデルの「CRANE 3 LAB」とミラーレスカメラ向けの「WEEBILL LAB」を展示する。

CRANE 3 LABは撮影時の安定性を高める両手グリップデザインを採用。付属の三脚をスタビライザーにマウントしてハンドグリップとして使用することにより垂直に保持したり、ローアングルポジションにできる。また、スタビライザー本体の3軸モーターにロック機能を備え、バランス調整が正確に取れていれば、再び同じカメラとレンズを乗せる場合はバランスの再調整が不要。すばやく撮影を再開できる。4.5kgの最大搭載荷重に対応する。

04 TILTA[#4307]

左からスタビライザー「G2X」と「G2」

中国・深センに本社を置くTiltaは、2008年設立の手頃な価格が人気のアクセサリーメーカー。InterBEEは初出展。当初のメイン製品はDSLR向けのカメラリグで、近年の製品ではモジュールデザインを実現したBlackmagic Design Pocket Cinema Camera 4K用のリグやワイヤレスレンズコントロールシステムも話題だ。

Tiltaはカメラリグだけにとどまらず、3軸ジンバルスタビライザー「G2」や傾斜したスタビライザーアームを備えた「G2X」もラインナップしている。耐荷重は最大3.6kgで、上位機種と同じスタビライズの技術を使用しながらも小型でコンパクトなサイズを実現している。自動キャリブレーションを搭載し、銃のように見えるピストルグリップもポイントとなっている。

05 MILLER[#4301]

写真は、CX2フルードヘッド

Millerはベルボンと共同出展。スピード、バランス、強度を基礎に設計された新型のMiller CompassXシリーズの「CX2」、「CX6」、「CX8」、「CX10」、「CX18」の5機種を展示。新型のフルードヘッドは、従来のカウンターバランスを一歩前進させたMillerのCB PLUS技術が組み込まれており、従来4ポジションのカウンターバランスだったのに対して、新型のヘッドは上位機種のArrow xシリーズと同じ16ポジションのカウンターバランスを特徴としている。また、サイドローディングベースプレートにより、カメラリグを素早く簡単に取り付けることができる。

06 ヴァイテックプロダクションソリューションズ[#4201]

左から100mmボール径の「Flowtech100」、75mmボール径の「Flowtech75」

VintenやSachtlerなどのブランドを扱うヴァイテックビデオコムが今年4月からヴァイテックプロダクションソリューションズの名に変更。三脚の歴史を作り変えたと言われているFlowtechシリーズを展示する。

IBC 2018で発表された100mmボール径のFlowtech100を展示。スプレッダーレスでも使用できるヒンジロックシステム、素早いセットアップを可能にしたクイックリリースブレーキ、雨風や泥にも強い堅牢な耐候仕様も引き継いでいる。

今年の4月より発売を開始したFlowtech75も展示する。撮影の自由度の向上を可能とする数々の新開発テクノロジーの搭載を特徴とする。

07 ヴァイテックイメージング[#4001]

左から「befreeアドバンスカーボンT三脚キット」、「グリップタイトPRO2ゴリラポッド」

これまでアルミニウムを採用していたbefreeシリーズにカーボンを採用した「befreeアドバンスカーボンT三脚キット」「befree LiveカーボンT三脚ビデオ雲台キット」「befree GTアルミニウムT三脚キット」「befree GTカーボンT三脚キット」の4モデルが登場。その中でも「befree LiveカーボンT三脚ビデオ雲台キット」は脚部にカーボンファイバーチューブを採用することで自重が1.38kgを実現。ビデオ用のフルード雲台とレベリング機構を装備している。

JOBYの伸縮ポール付き三脚「テレポッド」シリーズや「ゴリラポッド」のスマートフォン用モデルなど13モデルを発売。テレポッドは、JOBY独自の伸縮ポール付き三脚。ゴリラポッドシリーズに、「グリップタイトPRO2ゴリラポッド」や「ゴリラポッドモバイルリグ」などのキットが発売される。


Cコース [InterBEE 2018の歩き方] Eコース

[ Category : , ]
[ DATE : 2018-11-06 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[InterBEE2018 360°VOYAGE]360°全天球動画でInterBEE会場をご紹介!

厳選360°全天球動画ブースレポート InterBEE2018の会場内で360°全天球動画をお届け!InterBEE2018に参加できなかった方も、会場の雰囲気を少しでも感じ... 続きを読む

[InterBEE2018]クラウディアンブース:容量無制限でデータを保存・管理できるオブジェクトストレージ製品「CLOUDIAN HYPERSTORE」を展示

■クラウディアンブース 360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chromeブラ... 続きを読む

[InterBEE2018 ブース動画]会場から動画レポートをお届け!

厳選動画ブースレポート InterBEE2018から動画ブースレポートをお届け! キヤノン ソニー ... 続きを読む

[InterBEE2018]ImageVISIONブース(動画)

InterBEE2018のImageVISIONブース動画です。 ... 続きを読む

[InterBEE2018]PROTECHブース(動画)

InterBEE2018のPROTECHブース動画です。 ... 続きを読む

[InterBEE2018]ケンコープロフェショナルイメージングブース:LEDライトなどの照明機材やシネマレンズの新製品を展示

小型で強力な薄型モバイルLEDライト「mini10」シリーズ 一押しは、MISONICS社の小型で強力な薄型モバイルLEDライト「mini10」シリーズ。内蔵バッテリ... 続きを読む

[InterBEE2018]ATENジャパンブース:PCのコンソールをイントラネット経由で延長可能なIP-KVMエクステンダー「KE89」シリーズを展示

ATENジャパンブース 360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chromeブラ... 続きを読む

[InterBEE2018]バイオスブース:8K映像編集に活用できる高速ストレージ「EP112TB3」を展示

バイオスブース 360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chromeブラウザおよ... 続きを読む

[InterBEE2018]AJA Video Systemsブース:次世代の8Kソリューションを多数展示。ユーザーの要望を叶える製品を作り続けること

txt:山下大輔 構成:編集部 AJA Video Systemsブース 360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視... 続きを読む

特集記事

10万円以下のジンバル選び 10万円以下のジンバル選び
一層注目が増している小型カメラジンバルをDJIやZHIYUN、FEIYU TECH、FILMPOWERの4社5機種に渡って比較紹介。
Inter BEE 2018 Inter BEE 2018
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2018の歩き方 InterBEE 2018の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編 新世紀シネマレンズ漂流:もの作りの現場から
「新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編」の続編。前回紹介することができなかったシネマレンズメーカーを取材。
Photokina2018 Photokina2018
ドイツ・ケルンメッセで開催されたスチルカメラの祭典 Photokina2018をレポート。
IBC2018 IBC2018
オランダ・アムステルダムで開催された欧州最大の映像・放送の展示会IBC2018をレポート。
映画「万引き家族」〜撮影部と撮影監督の眼差し 映画「万引き家族」〜撮影部と撮影監督の眼差し
「万引き家族」はいかにして生まれたのか?今回の特集ではその制作側を覗いてみる。
SIGGRAPH2018 SIGGRAPH2018
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2017をレポート。
BIRTV2018 BIRTV2018
中国・北京で開催されたアジア地区ではInterBEEと並ぶ大規模な放送機器展 BIRTVをレポート。
QBEE2018 QBEE2018
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
inside DaVinci 15 inside DaVinci 15
史上最大のアップデートを実現したと言われるDaVinci Resolve 15に関する最新動向をまとめてみた。
Cine Gear Expo 2018 Cine Gear Expo 2018
米ハリウッドの中心、パラマウントスタジオで開催された「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2018 After Beat NAB SHOW 2018
東京・秋葉原で開催された「After NAB Show Tokyo 2018」をレポート。
NAB2018 スペシャルレポート NAB2018
世界最大の放送機器展覧会「2018 NAB Show(NAB2018)」をレポート。
Your Choice?GH5 or GH5S Your Choice?GH5 or GH5S
映像業界で活躍中のカメラマンやディレクターに聞く「GH5」と「GH5S」の選び方。

トップ > 特集 > [InterBEE 2018の歩き方]Dコース:三脚・スタビライザーの世界〜ジンバル/スタビライザー/三脚コース