PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [10万円以下のジンバル選び]Vol.04 コンパクトなサイズに機能が詰まったFeiyu Tech「a2000」

News

[10万円以下のジンバル選び]Vol.04 コンパクトなサイズに機能が詰まったFeiyu Tech「a2000」

2018-12-19 掲載

txt:飯田雄平 構成:編集部

最低限の機能がギュっとコンパクトに詰まった一台

Feiyu Techは中国のスタビライザーメーカーで、スマートフォンやアクションカム、ミラーレス一眼クラス向けのジンバルを多く販売しているメーカーだ。2013年にFeiyu Techが3軸手持ちジンバルの開発に成功。スマートフォンジンバルはアップルストアでも販売され、高品質な製品が多い。

a2000のパッケージは、コンパクトながら同じパッケージ内に両手持ちハンドルも入っており、すぐに切り替えられる。このパッケージの同梱物は、両手持ちハンドル、片手持ちハンドル、バッテリー4本、本体、チャージャー、クイックシュー、ケーブル・ネジ類。

RONIN-Sのパッケージよりコンパクトなパッケージだ。

今回比較したジンバルのパッケージの比較。左からRONIN-S、a2000、Crane2、Nebula 4100 Slant

α7にちょうど良いサイズ感

a2000は本体重量約1kgに対し、ペイロード0.25kg~2.5kgまで対応。a2000という名前なので2kgまでのペイロードかと思っていたが、今年3月のアップデートにより2.5kgまでに拡張されたそうだ。本体重量は今回比較した中で、α7が載るクラスの中では最も軽い(RONIN-Sは約1.8kg、Crane 2は約1.2kg)。長時間のオペレートとなると、100gの重さでも大きく変わってくるので非常に扱いやすい。

DJI
RONIN-S
ZHIYUN
CRANE 2
FEIYU TECH
a2000
FILMPOWER
Nebula 4100
Slant
FILMPOWER
Nebula 4500
5-Axis Slant
最大積載量 3.6kg 最小500g
最大3.2kg
最小250g
最大2.5kg
最大1.8kg 最大4kg
バッテリー
駆動時間
12時間 最小12時間
最大18時間
12時間 最大10時間 最大8時間
重量 約1.5kg(ジンバルのみ)、約1.85kg(ジンバルとグリップを含む) 1.25kg 約1.1kg(ジンバルのみ) 716g(ジンバルのみ)、約810g(ジンバルとグリップを含む) 1.2kg
軸数 3軸 3軸 3軸 3軸 5軸
価格 税込92,800円 税込84,000円 税抜99,500円
税込107,460円
国内問い合わせ先 DJI JAPAN VANLINKS Grow

Feiyu Techのミラーレス用ジンバルのラインナップ

今回レビューするa2000を含め、Feiyu Techのミラーレス用ジンバルには3つのラインナップがある。

G6 Plusは本体重量663gでペイロード800gまで、a1000は本体重量857gでペイロード1500gまで、a2000は本体重量1111gでペイロード2500gまで。MFTやAPS-Cクラスカメラではa1000で、フルサイズミラーレスクラスであれば余裕を持ってa2000が良いだろう。

機能はa1000とa2000は大きくは変わらない。G6 Plusは2018年9月に発売された新製品で、スマートフォンからアクションカム、小型ミラーレスまで幅広く対応しており、パラメータ表示ディスプレイの搭載や、Bluetooth・Wi-Fiを用いたカメラ・スマホ連携機能がa1000/a2000よりも強化されている。

両手持ちが使いやすい

a2000は大きく本体部分とハンドル部分に分かれており、ハンドル部分にバッテリーや操作スイッチが設置されている。同梱されていた両手持ちハンドルは、片手持ちハンドルを外して装着するタイプで、両手持ちハンドルのグリップ部にバッテリーを入れ替えて操作する。

カメラの高さとハンドル部が同じ高さのため、モニターが見やすく操作がしやすかった。個人的には、このように安定して置けることでレンズ交換などが容易であるのがポイントだ。ハンドル部などに1/4ネジ穴があり、モニターやマイクなどが装着可能。

バッテリーは乾電池型充電池2本使用

バッテリーは、乾電池型充電池2本で最大12時間使用可能。一日十分持つだろう。microUSBでの給電に対応している。

まとめ

Sony α7ユーザーにはちょうど良いサイズ感で、荷物を減らしたいビデオグラファーにはぴったりだ。操作性とサイズ感など総合したユーザーフレンドリーな設計で、初心者にも適しているといえる。G6 Plusのような、スマートフォンやカメラとの連携機能が強化した新型にも期待したい。


txt:飯田雄平 構成:編集部
Vol.03 [10万円以下のジンバル選び] Vol.04

[ Category : ]
[ DATE : 2018-12-19 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[10万円以下のジンバル選び] Vol.05 個性的なモデルをラインナップするFILMPOWERの「Nebula 4100 Slant」/「Nebula 4500 5-Axis Slant」

txt:飯田雄平 構成:編集部 独創的かつ革新的な製品を生み出しているFILMPOWER 今回比較したジンバルの中でも、かなり個性的な特徴をもつ機種が、このFILM... 続きを読む

[10万円以下のジンバル選び]Vol.07 強化された最大積載量と操作性を向上させたFeiyuTechの新製品「AK」シリーズについて聞く

txt:編集部 構成:編集部 FeiyuTechは2018年12月14日より、デジタルカメラ向けの2種類の片手用ジンバル「AK2000」と「AK4000」の国内販売を開始... 続きを読む

[10万円以下のジンバル選び]Vol.06 ジンバルに新しいスタイルを巻き起こすZhiyunの新製品「CRANE 3 LAB」と「WEEBILL LAB」

txt:編集部 構成:編集部 Zhiyun(ジーウン)は、InterBEE2018で日本初公開となるCRANE 3 LAB(クレーンスリーラボ)とWEEBILL LAB(... 続きを読む

[10万円以下のジンバル選び] Vol.03 ペイロード3.2kgを実現ながら1.25kgと軽量のZHIYUN「Crane 2」

txt:飯田雄平 構成:編集部 ZHIYUNとは? ZHIYUN(ジーウン)は、一眼クラスから、スマホやGoProなどの小型カメラ向けのジンバルを発売している中国のメー... 続きを読む

[10万円以下のジンバル選び]Vol.02 DJIから登場した片手持ちジンバル「RONIN-S」

txt:飯田雄平、編集部 構成:編集部 3.6kgのペイロードに対応する大型の片手持ちジンバル RONIN-Sは、DJIからRONINシリーズ初の片手持ちとして発売され... 続きを読む

[10万円以下のジンバル選び]Vol.01 一眼レフやミラーレスに最適な小型電動ジンバルの現在

txt:飯田雄平、編集部 構成:編集部 手軽になったジンバルたち 2018年7月、ドローンでお馴染みのDJI社からも、一眼レフやミラーレスクラスのカメラ向け片手ジンバル... 続きを読む

特集記事

NAB2019 NAB2019
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会「NAB2019」をレポート。
SXSW2019 SXSW2019
テキサス州オースティンで開催されたSXSW2019をレポート。
CP+2019 CP+2019
パシフィコ横浜にて開催されたカメラと写真の総合展示会「CP+2019」をレポート。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
いまだから知っておきたいフィルムの現状や伝統的な技術などを紹介する。
CES2019 CES2019
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2019をレポート。
PRONEWS AWARD 2018 PRONEWS AWARD 2018
2018年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
10万円以下のジンバル選び 10万円以下のジンバル選び
一層注目が増している小型カメラジンバルをDJIやZHIYUN、FEIYU TECH、FILMPOWERの4社5機種に渡って比較紹介。
Inter BEE 2018 Inter BEE 2018
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2018の歩き方 InterBEE 2018の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編 新世紀シネマレンズ漂流:もの作りの現場から
「新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編」の続編。前回紹介することができなかったシネマレンズメーカーを取材。
Photokina2018 Photokina2018
ドイツ・ケルンメッセで開催されたスチルカメラの祭典 Photokina2018をレポート。
IBC2018 IBC2018
オランダ・アムステルダムで開催された欧州最大の映像・放送の展示会IBC2018をレポート。
映画「万引き家族」〜撮影部と撮影監督の眼差し 映画「万引き家族」〜撮影部と撮影監督の眼差し
「万引き家族」はいかにして生まれたのか?今回の特集ではその制作側を覗いてみる。
SIGGRAPH2018 SIGGRAPH2018
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2017をレポート。
BIRTV2018 BIRTV2018
中国・北京で開催されたアジア地区ではInterBEEと並ぶ大規模な放送機器展 BIRTVをレポート。

トップ > 特集 > [10万円以下のジンバル選び]Vol.04 コンパクトなサイズに機能が詰まったFeiyu Tech「a2000」