PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [PRONEWS AWARD 2018]Vol.02 ラージフォーマトの台頭によって変わるレンズ地図~レンズ編

News

[PRONEWS AWARD 2018]Vol.02 ラージフォーマトの台頭によって変わるレンズ地図~レンズ編

2018-12-25 掲載

1 2

ラージフォーマット対応の新製品がぞくぞくと登場

■老舗のレンズメーカーからラージフォーマット対応の新ラインナップ登場

昨年から今年にかけてVENICE、DSMC2 MONSTRO 8K VV、ALEXA LFなどのラージフォーマットシネマカメラが各社から登場。その動向に合わせて、ツァイスやARRIからラージフォーマット対応のレンズシリーズが登場した。

ツァイスはハイエンドシネレンズシリーズ「Supreme Prime」を発表。イメージサークルは46.2mmで、昨今登場したラージフォーマットカメラに対応。今後の10年、業界の第一線で活躍できる位置づけとしている。焦点距離は15mmから200mmの13本で、テレ端とワイド端以外のT値は1.5。近距離から遠距離まで、幅広い撮影シーンで絞りを選べる。

ARRIは、ALEXA LFの発表に合わせて新システムに対応した新しいレンズ「Signature Prime」を発表。ALEXA LFと同時に開発されたLPLマウント対応の短焦点レンズシリーズで、12mmから280mmまでの16本がラインナップされている。自然なスキントーンとクリーミーといった独特なボケ感を特長としており、レンズの鏡胴の部分にマグネシウムの素材を採用することで軽量に作られている。

左からツァイスはラージフォーマット対応の「Supreme Prime」、ARRIの「Signature Prime」
■国産レンズメーカーのシネマレンズも追従

国産のシネレンズも負けていない。

Tokinaは、46.7mmの大きなイメージサークルをもつ「VISTA」シリーズを発売を開始。特長はARRIのSignature PrimeのT1.8よりも明るいT1.5を実現しているところだ。しかも、通常のシネマレンズはワイド端やテレ端はT値が高くなるが、VISTAは18mmでもT1.5を実現。ブリージングも極限まで抑えている。これらの実現するための、ゼロから独自設計で作られているというこだわりをもったレンズシリーズだ。

キヤノンは、プライムレンズのラインナップ14mm、24mm、35mm、50mm、85mm、135mmの6本に「CN-E20mm T1.5 L F」を新たに投入。4Kの画質で、T値は1.5と明るく、フルフレーム対応を特長とする。VENICEやARRIなどはマウントアダプターを使うことによって使用可能。奇数枚の11枚の絞り羽を使用しており、絞りの形がきれいにだせるようになっている。

シグマはIBC 2018で「28mm T1.5 FF」「40mm T1.5 FF」「105mm T1.5 FF」の3本を発表。プライムレンズのラインナップは、14mmから135mmまでの10本となる。

左から、Tokinaの「VISTA」シリーズ、シグマの「28mm T1.5 FF」「40mm T1.5 FF」「105mm T1.5 FF」、キヤノンの「CN-E20mm T1.5 L F」

PRONEWS AWARD 2018 レンズ部門ノミネート製品

以下がレンズ部門のノミネート製品となる。

  • カールツァイス「Supreme Prime」シリーズ
  • シグマ SIGMA CINE LENS「28mm T1.5 FF/40mm T1.5 FF/105mm T1.5 FF」
  • ARRI「Signature Prime」シリーズ
  • Tokina「VISTA」シリーズ
  • キヤノン「CN-E20mm T1.5 L F」
  • キヤノン「CJ24e×7.5B」「CJ14e×4.3B」「CJ18e×7.6B」シリーズ
  • キヤノン「CJ45e×9.7B」「CJ45e×13.6B」
  • 富士フイルム「MKX18-55mmT2.9」「MKX50-135mmT2.9」
  • 富士フイルム「FUJINON UA46×9.5BERD」「UA46×13.5BERD」

何が受賞するのか…?発表は、次頁!

1 2

[ Category : ]
[ DATE : 2018-12-25 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[PRONEWS AWARD 2018]Vol.06 PRONEWS AWARD大賞 -2018年大晦日に思うこと-

優れた機能を手頃な価格で実現したBlackmagic Pocket Cinema Camera 4K 毎年大晦日の恒例、いよいよPRONEWS AWARDの発表。 少し... 続きを読む

[PRONEWS AWARD 2018]Vol.05 映像業界を取り巻く周辺機器部門

2018年最高のアクセサリー ■HDMI対応の定番外部レコーダー登場 周辺機器部門は、モニター、外付けレコーダー、SSD、スイッチャーなどを表彰する部門。今年もっとも目... 続きを読む

[PRONEWS AWARD 2018]Vol.04 進化するカメラサポート 三脚・ジンバル部門

進化するジンバル、三脚や雲台の成長も負けていない ■スタビライズで業界をリードするDJI話題の新製品 DJIは今年も話題豊富で、2つの製品がノミネートとなった。まず1つ... 続きを読む

[PRONEWS AWARD 2018]Vol.03 統合化や連携を強化するソフトウェアたちが群雄割拠のポストプロダクション部門

作業の短時間化、さらなるツールの取り込み、8Kオーバー解像度に対応したポストプロダクションツール ポストプロダクション用ソフトウェアは、業界定番のツールをすべてノミネートして... 続きを読む

[PRONEWS AWARD 2018]Vol.01 ミラーレス、ハンドヘルド、シネマからカメラ部門の受賞を発表

2018年はハンドヘルド型カメラの当たり年 2017年は、「URSA mini Pro 4.6K」「EOS C200」「AU-EVA1」「VENICE」などのシネマカメラが一... 続きを読む

[PRONEWS AWARD 2018]Vol.00 映像業界の2018年を振り返ろう

年の瀬に振り返る映像業界の今と未来 年末恒例のPRONEWS AWARDの季節である。いよいよAWARDも今年で9回目を迎えた。毎度この年の瀬の時期に思う事は、今年も映像業界... 続きを読む

特集記事

NAB2019 NAB2019
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会「NAB2019」をレポート。
SXSW2019 SXSW2019
テキサス州オースティンで開催されたSXSW2019をレポート。
CP+2019 CP+2019
パシフィコ横浜にて開催されたカメラと写真の総合展示会「CP+2019」をレポート。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
いまだから知っておきたいフィルムの現状や伝統的な技術などを紹介する。
CES2019 CES2019
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2019をレポート。
PRONEWS AWARD 2018 PRONEWS AWARD 2018
2018年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
10万円以下のジンバル選び 10万円以下のジンバル選び
一層注目が増している小型カメラジンバルをDJIやZHIYUN、FEIYU TECH、FILMPOWERの4社5機種に渡って比較紹介。
Inter BEE 2018 Inter BEE 2018
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2018の歩き方 InterBEE 2018の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編 新世紀シネマレンズ漂流:もの作りの現場から
「新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編」の続編。前回紹介することができなかったシネマレンズメーカーを取材。
Photokina2018 Photokina2018
ドイツ・ケルンメッセで開催されたスチルカメラの祭典 Photokina2018をレポート。
IBC2018 IBC2018
オランダ・アムステルダムで開催された欧州最大の映像・放送の展示会IBC2018をレポート。
映画「万引き家族」〜撮影部と撮影監督の眼差し 映画「万引き家族」〜撮影部と撮影監督の眼差し
「万引き家族」はいかにして生まれたのか?今回の特集ではその制作側を覗いてみる。
SIGGRAPH2018 SIGGRAPH2018
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2017をレポート。
BIRTV2018 BIRTV2018
中国・北京で開催されたアジア地区ではInterBEEと並ぶ大規模な放送機器展 BIRTVをレポート。

トップ > 特集 > [PRONEWS AWARD 2018]Vol.02 ラージフォーマトの台頭によって変わるレンズ地図~レンズ編