進化するジンバル、三脚や雲台の成長も負けていない

■スタビライズで業界をリードするDJI話題の新製品

DJIは今年も話題豊富で、2つの製品がノミネートとなった。まず1つが、一眼レフとミラーレスカメラ用に設計された同社初のデジタル手持ちスタビライザー「Ronin-S」だ。3軸ジンバルテクノロジー搭載で、手ブレを抑えた滑らかな動画やタイムラプスの撮影が可能。3.6kgのペイロードまで対応し、キヤノンのEOS-1D XシリーズやEOS 5Dシリーズ、パナソニックのGHシリーズ、ソニーのαシリーズなどと組み合わせで使用できる。

もう1つが、カメラ搭載ジンバルの「Osmo Pocket」。カメラ部門ではなく、3軸ジンバルにカメラを搭載したものとして三脚・ジンバル部門にノミネートした。

左からDJIのRonin-S、Osmo Pocket

■ジンバル専門メーカーからも新製品登場

ハンドジンバルの専門のメーカーでもあるFeiyuTechは、4kgのペイロードに対応した一眼レフ用新型ジンバル「AK4000」を発売。ジンバルハンドル部にLCDタッチパネルを標準装備し、ジンバルのモード変換、バッテリーなどの状態確認、カメラと連携することでカメラのISOやホワイトバランス等も調節することができる。

ZHIYUNも負けてはない。ミラーレスカメラ用スタビライザー「WEEBILL LAB」はワイヤレス高解像度転送技術を搭載しており、各自の携帯しているスマートフォンをモニターとして使用することが可能。ライブビューやリアルタイムパラメーターの設定もスマートフォンの画面をタッチするだけで操作できる。2018年12月発売予定が2019年1月に延期されたが、特別にエントリーとした。

左からFeiyuTechのAK4000、ZHIYUNのWEEBILL LAB

■まだまだ進化する三脚と雲台

Flowtech 75も今年大変話題となった製品だ。三脚の上部にクイックリリースブレーキを搭載することで時間をかけずに高さの調整が可能。ちなみに、ヴァイテックプロダクションソリューションズにはボール径が100mmのFlowtech 100もラインナップされているが、2019年1月発売ということで今年のノミネートからは除外した。

雲台ではヴァイテックイメージングのNitrotech N12が話題になった。Nitrotech N8雲台の上位モデルで、N8と同様にナイトロジェンピストン機構を搭載。雲台上部のカウンターバランス調整ノブを回すと、ナイトロジェンピストンが昇降し、カウンターバランスが4kgから12kg(機材重心高55mm時)の範囲で無段階調整可能。

左からヴァイテックプロダクションソリューションズの「Flowtech 75」、ヴァイテックイメージングの「Nitrotech N12」

PRONEWS AWARD 2018 三脚・ジンバル部門ノミネート製品

以下が三脚・ジンバル部門のノミネート製品となる。

  • DJI 「Ronin-S」
  • DJI 「Osmo Pocket」
  • FeiyuTech「AK4000」
  • ZHIYUN「WEEBILL LAB」
  • ヴァイテックプロダクションソリューションズ「Flowtech 75」
  • ヴァイテックイメージング「Nitrotech N12」

何が受賞するのか…?発表は、次頁!