PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [PRONEWS AWARD 2018]Vol.04 進化するカメラサポート 三脚・ジンバル部門

News

[PRONEWS AWARD 2018]Vol.04 進化するカメラサポート 三脚・ジンバル部門

2018-12-27 掲載

1 2

PRONEWS AWARD 2018 三脚・ジンバル部門受賞製品発表

三脚・ジンバル部門
ゴールド賞
Osmo Pocket
DJI

ゴールド賞は、Osmo Pocketだ。Osmo Pocketは、民生向けの機器だが、ジンバルカメラを小型化して誰でも使えるようにした点で受賞とした。

Osmo Pocketは1/2.3インチの小型センサーとf2.0の固定レンズを搭載。実機を初めて見た人は、「スマホのカメラで十分なのでは?」なんて思われるかもしれない。しかし、揺れを抑えた滑らかな映像や100MB/sの4K60P画質を見てしまうと、そんな気持ちは払拭される。BMPCC 4Kはポケットに入らなかったが、Osmo Pocketは高さ121mmで重量は113.4g。実際にポケットに入れることが可能。このいつでも携帯できるサイズ感がOsmo Pocketの最大の魅力といえるだろう。Active Trackと呼ばれる機能を使えば、3軸のジンバルカメラが被写体を常に自動的に追ってくれるところも面白い。

また、Osmo Pocketの興味深いところは、撮影とカメラのコントロールを1つの製品で実現しているところにもある。DJIは今後、国産カメラメーカーでは実現できないもっと凝ったモーションコントロール機能を搭載したカメラを出すのではないか?そんな期待が膨らむ興味深い製品でもある。

三脚・ジンバル部門
シルバー賞
Flowtech 75
ヴァイテックプロダクションソリューションズ

シルバー賞はFlowtech 75だ。ボール径は75mmで最大耐荷重は20kgのミドルレンジのカメラをターゲットにした三脚だ。脚はカーボンファイバーでききており、デザインは洗練されている。

受賞理由は、世界最速の三脚と言われる手軽に高さの調節ができて、2.9kgと軽量なところだ。Flowtech 75にはクイックリリースレバーが搭載されており、レバーを引き上げると三脚の高さを自由に調整ができ、高さが決まったところでレバーを閉じてロックできる。この上げ下げは極めて短時間で調整が可能だ。Sachtlerには、これまでスピードロックと呼ばれる3段三脚を1箇所のレバーで調整できる機能があったが、それよりもさらに改善されている感じだ。

特に、一人で撮って一人で移動しなければならないワンマンオペレーションのカメラマンには、うってつけの三脚といえるだろう。


Vol.03 [PRONEWS AWARD 2018] Vol.05
1 2

[ Category : ]
[ DATE : 2018-12-27 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[PRONEWS AWARD 2018]Vol.06 PRONEWS AWARD大賞 -2018年大晦日に思うこと-

優れた機能を手頃な価格で実現したBlackmagic Pocket Cinema Camera 4K 毎年大晦日の恒例、いよいよPRONEWS AWARDの発表。 少し... 続きを読む

[PRONEWS AWARD 2018]Vol.05 映像業界を取り巻く周辺機器部門

2018年最高のアクセサリー ■HDMI対応の定番外部レコーダー登場 周辺機器部門は、モニター、外付けレコーダー、SSD、スイッチャーなどを表彰する部門。今年もっとも目... 続きを読む

[PRONEWS AWARD 2018]Vol.03 統合化や連携を強化するソフトウェアたちが群雄割拠のポストプロダクション部門

作業の短時間化、さらなるツールの取り込み、8Kオーバー解像度に対応したポストプロダクションツール ポストプロダクション用ソフトウェアは、業界定番のツールをすべてノミネートして... 続きを読む

[PRONEWS AWARD 2018]Vol.02 ラージフォーマトの台頭によって変わるレンズ地図~レンズ編

ラージフォーマット対応の新製品がぞくぞくと登場 ■老舗のレンズメーカーからラージフォーマット対応の新ラインナップ登場 昨年から今年にかけてVENICE、DSMC2 MO... 続きを読む

[PRONEWS AWARD 2018]Vol.01 ミラーレス、ハンドヘルド、シネマからカメラ部門の受賞を発表

2018年はハンドヘルド型カメラの当たり年 2017年は、「URSA mini Pro 4.6K」「EOS C200」「AU-EVA1」「VENICE」などのシネマカメラが一... 続きを読む

[PRONEWS AWARD 2018]Vol.00 映像業界の2018年を振り返ろう

年の瀬に振り返る映像業界の今と未来 年末恒例のPRONEWS AWARDの季節である。いよいよAWARDも今年で9回目を迎えた。毎度この年の瀬の時期に思う事は、今年も映像業界... 続きを読む

特集記事

	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。

トップ > 特集 > [PRONEWS AWARD 2018]Vol.04 進化するカメラサポート 三脚・ジンバル部門