PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [PRONEWS AWARD 2018]Vol.05 映像業界を取り巻く周辺機器部門

News

[PRONEWS AWARD 2018]Vol.05 映像業界を取り巻く周辺機器部門

2018-12-28 掲載

1 2

2018年最高のアクセサリー

■HDMI対応の定番外部レコーダー登場

周辺機器部門は、モニター、外付けレコーダー、SSD、スイッチャーなどを表彰する部門。今年もっとも目立った外部レコーダーはATOMOS「NINJA V」だ。これまでの同社5インチモデルはHDまでの入力だったが、NINJA Vは4K60Pまで撮れる。特に、4K/60PのHDMI出力に対応している富士フイルムのX-T3やパナソニックのGH5との組み合わせに最適な製品といえるだろう。

モニターで話題になったのはEIZOのHDR対応27型液晶ディスプレイ「ColorEdge CG279X」だ。PQ方式とHybrid Log Gamma方式の両方のガンマに対応。HDR対応のモニターはなかなか気軽に導入できるものではなかったが、CG279Xは購入しやすい税込約23万円を実現している。

左からATOMOS「NINJA V」、EIZOのHDR対応27型液晶ディスプレイ「ColorEdge CG279X」
■ワンマンオペレーションや小規模配信のための周辺機器が多数登場

今年は優秀なスイッチャーの発売が多かった。Blackmagic Design「ATEM Television Studio Pro 4K」は、従来機種のATEM Television Studio PRO HDデザインそのままに4Kに対応。すべて12G対応でSDI 8系統のスイッティングをこれ1台で可能にしている。

ATVの「A-PRO-1」は、独特の形をした4K対応のスイッチャーだ。ワイプ、ピクチャーインピクチャーなどの機能が一通り可能。2カメながらワンマンオペレーションのカメラマンが、現場で切り替えるスイッチャーとしても使用できるだろう。

左からBlackmagic Design「ATEM Television Studio Pro 4K」、ATV「A-PRO-1」

ローランドは、今年もビデオミキサー、スイッチャー、ビデオミキサーをリリースした。

「V-02HD」は、マルチフォーマットのビデオミキサー。2チャンネルのHDMI入力と2チャンネルの出力をもっている。世界最小といってもいいサイズを実現し、簡易ビデオミキサーを搭載。ワンマンオペレーションの現場にありがたい機材といえるだろう。

「XS-42H」は、4入力2出力マルチフォーマットマトリックススイッチャー。特長はマルチフォーマット対応で、HDMIケーブルで接続するだけで接続する。会議など進行の妨げにならないのが特長だ。また、スイッチャーは高価で大掛かりなイメージがあるが、XS-42Hは従来よりも少し安くなっている。一般的な企業の小さい会議室に入れて使うと便利だろう。

「VP-42H」は、ビデオプロセッサー。合成に特化している。4つの入力を自由に配置して、合成する。マルチビューとして使えたり、4:3のPowerPointの場合の左右の余白に別のものを出すことができる。

ローランドの「V-02HD」、「XS-42H」、「VP-42H」

PRONEWS AWARD 2018 周辺機器部門ノミネート製品

以下が周辺機器部門のノミネート製品となる。

  • ATOMOS モニター/レコーダー「NINJA V」
  • EIZO カラーマネージメントモニター「ColorEdge CG279X」
  • Blackmagic Design ライブプロダクションスイッチャー「ATEM Television Studio Pro 4K」
  • ローランド マルチフォーマット・ビデオ・ミキサー「V-02HD」
  • ローランド マトリックス・スイッチャー「XS-42H」
  • ローランド ビデオ・プロセッサー「VP-42H」
  • ATV AVミキサー「A-PRO-1」
  • サムスン ポータブルSSD「T5」

何が受賞するのか…?発表は、次頁!

1 2

[ Category : ]
[ DATE : 2018-12-28 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[PRONEWS AWARD 2018]Vol.06 PRONEWS AWARD大賞 -2018年大晦日に思うこと-

優れた機能を手頃な価格で実現したBlackmagic Pocket Cinema Camera 4K 毎年大晦日の恒例、いよいよPRONEWS AWARDの発表。 少し... 続きを読む

[PRONEWS AWARD 2018]Vol.04 進化するカメラサポート 三脚・ジンバル部門

進化するジンバル、三脚や雲台の成長も負けていない ■スタビライズで業界をリードするDJI話題の新製品 DJIは今年も話題豊富で、2つの製品がノミネートとなった。まず1つ... 続きを読む

[PRONEWS AWARD 2018]Vol.03 統合化や連携を強化するソフトウェアたちが群雄割拠のポストプロダクション部門

作業の短時間化、さらなるツールの取り込み、8Kオーバー解像度に対応したポストプロダクションツール ポストプロダクション用ソフトウェアは、業界定番のツールをすべてノミネートして... 続きを読む

[PRONEWS AWARD 2018]Vol.02 ラージフォーマトの台頭によって変わるレンズ地図~レンズ編

ラージフォーマット対応の新製品がぞくぞくと登場 ■老舗のレンズメーカーからラージフォーマット対応の新ラインナップ登場 昨年から今年にかけてVENICE、DSMC2 MO... 続きを読む

[PRONEWS AWARD 2018]Vol.01 ミラーレス、ハンドヘルド、シネマからカメラ部門の受賞を発表

2018年はハンドヘルド型カメラの当たり年 2017年は、「URSA mini Pro 4.6K」「EOS C200」「AU-EVA1」「VENICE」などのシネマカメラが一... 続きを読む

[PRONEWS AWARD 2018]Vol.00 映像業界の2018年を振り返ろう

年の瀬に振り返る映像業界の今と未来 年末恒例のPRONEWS AWARDの季節である。いよいよAWARDも今年で9回目を迎えた。毎度この年の瀬の時期に思う事は、今年も映像業界... 続きを読む

特集記事

CES2019 CES2019
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2019をレポート。
PRONEWS AWARD 2018 PRONEWS AWARD 2018
2018年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
10万円以下のジンバル選び 10万円以下のジンバル選び
一層注目が増している小型カメラジンバルをDJIやZHIYUN、FEIYU TECH、FILMPOWERの4社5機種に渡って比較紹介。
Inter BEE 2018 Inter BEE 2018
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2018の歩き方 InterBEE 2018の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編 新世紀シネマレンズ漂流:もの作りの現場から
「新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編」の続編。前回紹介することができなかったシネマレンズメーカーを取材。
Photokina2018 Photokina2018
ドイツ・ケルンメッセで開催されたスチルカメラの祭典 Photokina2018をレポート。
IBC2018 IBC2018
オランダ・アムステルダムで開催された欧州最大の映像・放送の展示会IBC2018をレポート。
映画「万引き家族」〜撮影部と撮影監督の眼差し 映画「万引き家族」〜撮影部と撮影監督の眼差し
「万引き家族」はいかにして生まれたのか?今回の特集ではその制作側を覗いてみる。
SIGGRAPH2018 SIGGRAPH2018
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2017をレポート。
BIRTV2018 BIRTV2018
中国・北京で開催されたアジア地区ではInterBEEと並ぶ大規模な放送機器展 BIRTVをレポート。
QBEE2018 QBEE2018
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
inside DaVinci 15 inside DaVinci 15
史上最大のアップデートを実現したと言われるDaVinci Resolve 15に関する最新動向をまとめてみた。
Cine Gear Expo 2018 Cine Gear Expo 2018
米ハリウッドの中心、パラマウントスタジオで開催された「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2018 After Beat NAB SHOW 2018
東京・秋葉原で開催された「After NAB Show Tokyo 2018」をレポート。

トップ > 特集 > [PRONEWS AWARD 2018]Vol.05 映像業界を取り巻く周辺機器部門