PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [PRONEWS AWARD 2018]Vol.06 PRONEWS AWARD大賞 -2018年大晦日に思うこと-

News

[PRONEWS AWARD 2018]Vol.06 PRONEWS AWARD大賞 -2018年大晦日に思うこと-

2018-12-31 掲載

優れた機能を手頃な価格で実現したBlackmagic Pocket Cinema Camera 4K

毎年大晦日の恒例、いよいよPRONEWS AWARDの発表。

少し前までは4K60Pで撮りたいと思っても、それが実現可能なカメラはまだ高額と思われていた。そこに、パナソニックのGH5シリーズや富士フイルムのX-T3などのミラーレス一眼の登場で少しずつ門戸は開かれてきた。もちろんPRONEWS定番のキヤノンのCINEMA EOS C200シリーズやパナソニックのAU-EVA1、ソニーのFS7 IIなどのミドルクラスのシネマカメラや機動性の高い4Kのカムコーダーは、主流と言える。

そんな状況に風穴を開けたのが、今回の大賞に挙げたBlackmagic Pocket Cinema Camera 4Kだ。

大賞
4Kデジタルフィルムカメラ「Blackmagic Pocket Cinema Camera 4K」
Blackmagic Design

Blackmagic Pocket Cinema Camera 4K は、ワンマン撮影が多いカメラマンを中心に今年もっとも話題になった製品だ。

解像度とフレームレートは4K DCI 60P、HD 120P、コーデックは10bit ProResと12bit RAWに対応。400と3200のデュアルゲインISOで厳しい条件にも対応可能な最大ISO25600、USB-Cスティックへの直接収録をサポート。これでいて価格は税別147,800円。ほぼすべての点で、今年発売された製品の中で最高の製品といっていいだろう。

サードパーティーメーカーもBMPCC 4Kを盛り上げている。SmallrigやTiltaからはケージを発売し、サムスンなどはBMPCC 4KにマッチするUSB 3.1 Gen 2 Type-C外付けSSDなど面白い製品が揃っている。

今後のアップデートでBlackmagic RAWにも対応する予定がある。利用可能になれば、Pocket Cinema Camera 4Kの価値はさらに高まるのは間違いない。

Blackmagic Designは、自社のモニタリングやスイッチャーなどのハードウェアとDaVinci Resolveソフトウェアで業界を支配しつつあるが、今後シネマカメラでも業界をリードするのでは?そんな期待を抱かせてくれる製品だ。

2019年の展望

2018年のシネマカメラとレンズは、ラージフォーマットに続々と対応。放送用レンズは、4K/8K対応の新製品が活気づいていた年だった。特にシネマカメラ関連はラージフォーマットに対する商品展開は目覚ましいものがあった。ソニーの「VENICE」、ARRIのラージフォーマットカメラシステム「ALEXA LF」、キヤノンの5.9Kフルサイズセンサーを搭載した「EOS C700 FF」など、各社からラージフォーマットの口火を切るモルが登場。映画、ドラマ、CMの撮影現場でパフォーマンスを発揮しつつある。

まだ世の中は完パケで4Kですら求められる場面は限られていると思うが、それでも2019年の注目は「8K」だろう。国内では2018年12月1日から、4K放送・8K放送である「新4K8K衛星放送」が開始され、世界のディスプレイ市場では8Kが急激に浸透することが見込まれている。今年のInterBEE 2018でもパナソニックの8Kセンサー搭載カメラを始め、各社8Kソリューションの展示は確実に増えていた。

実際に8K映像制作は、深刻なポストプロダクションのパフォーマンス不足が問題になりそうだ。Adobe Premiere ProやBlackmagicのDaVinci Resolveなどツールは、GPUなどを使ったさらなるパフォーマンスアップを期待したいところだ。8Kの非圧縮伝送に12G-SDIケーブルが4本必要というインターフェイスの課題は、フルスペック8K映像信号を1本のケーブルで伝送できるU-SDIケーブルに落ち着いていきそうだ。

来年はどのような製品が登場し注目されるのだろうか?楽しみである。来年を予想しつつ、2018年のPRONEWSを締めたいと思う。

PRONEWS 編集部


Vol.05 [PRONEWS AWARD 2018] Vol.00

[ Category : ]
[ DATE : 2018-12-31 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[PRONEWS AWARD 2018]Vol.05 映像業界を取り巻く周辺機器部門

2018年最高のアクセサリー ■HDMI対応の定番外部レコーダー登場 周辺機器部門は、モニター、外付けレコーダー、SSD、スイッチャーなどを表彰する部門。今年もっとも目... 続きを読む

[PRONEWS AWARD 2018]Vol.04 進化するカメラサポート 三脚・ジンバル部門

進化するジンバル、三脚や雲台の成長も負けていない ■スタビライズで業界をリードするDJI話題の新製品 DJIは今年も話題豊富で、2つの製品がノミネートとなった。まず1つ... 続きを読む

[PRONEWS AWARD 2018]Vol.03 統合化や連携を強化するソフトウェアたちが群雄割拠のポストプロダクション部門

作業の短時間化、さらなるツールの取り込み、8Kオーバー解像度に対応したポストプロダクションツール ポストプロダクション用ソフトウェアは、業界定番のツールをすべてノミネートして... 続きを読む

[PRONEWS AWARD 2018]Vol.02 ラージフォーマトの台頭によって変わるレンズ地図~レンズ編

ラージフォーマット対応の新製品がぞくぞくと登場 ■老舗のレンズメーカーからラージフォーマット対応の新ラインナップ登場 昨年から今年にかけてVENICE、DSMC2 MO... 続きを読む

[PRONEWS AWARD 2018]Vol.01 ミラーレス、ハンドヘルド、シネマからカメラ部門の受賞を発表

2018年はハンドヘルド型カメラの当たり年 2017年は、「URSA mini Pro 4.6K」「EOS C200」「AU-EVA1」「VENICE」などのシネマカメラが一... 続きを読む

[PRONEWS AWARD 2018]Vol.00 映像業界の2018年を振り返ろう

年の瀬に振り返る映像業界の今と未来 年末恒例のPRONEWS AWARDの季節である。いよいよAWARDも今年で9回目を迎えた。毎度この年の瀬の時期に思う事は、今年も映像業界... 続きを読む

特集記事

Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019 Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019
米国ハリウッドのパラマウントスタジオ内で開催された映画撮影機材の専門展示会「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2019 After Beat NAB SHOW 2019
東京・秋葉原のUDXにて開催されたAfter NAB Show 2019をレポート。
NAB2019 NAB2019
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会「NAB2019」をレポート。
SXSW2019 SXSW2019
テキサス州オースティンで開催されたSXSW2019をレポート。
CP+2019 CP+2019
パシフィコ横浜にて開催されたカメラと写真の総合展示会「CP+2019」をレポート。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
いまだから知っておきたいフィルムの現状や伝統的な技術などを紹介する。
CES2019 CES2019
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2019をレポート。
PRONEWS AWARD 2018 PRONEWS AWARD 2018
2018年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
10万円以下のジンバル選び 10万円以下のジンバル選び
一層注目が増している小型カメラジンバルをDJIやZHIYUN、FEIYU TECH、FILMPOWERの4社5機種に渡って比較紹介。
Inter BEE 2018 Inter BEE 2018
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2018の歩き方 InterBEE 2018の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編 新世紀シネマレンズ漂流:もの作りの現場から
「新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編」の続編。前回紹介することができなかったシネマレンズメーカーを取材。
Photokina2018 Photokina2018
ドイツ・ケルンメッセで開催されたスチルカメラの祭典 Photokina2018をレポート。
IBC2018 IBC2018
オランダ・アムステルダムで開催された欧州最大の映像・放送の展示会IBC2018をレポート。
映画「万引き家族」〜撮影部と撮影監督の眼差し 映画「万引き家族」〜撮影部と撮影監督の眼差し
「万引き家族」はいかにして生まれたのか?今回の特集ではその制作側を覗いてみる。

トップ > 特集 > [PRONEWS AWARD 2018]Vol.06 PRONEWS AWARD大賞 -2018年大晦日に思うこと-