PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [CES2019]Vol.03 自動運転から環境問題、「これから」のテクノロジースタートアップ6選〜Eureka Parkの台頭

News

[CES2019]Vol.03 自動運転から環境問題、「これから」のテクノロジースタートアップ6選〜Eureka Parkの台頭

2019-01-10 掲載

「Eureka Park」もいよいよ商標登録されている!
txt:西村真里子・編集部 | 構成:編集部

「これから」の時代に必要なプロダクトを展示した「Eureka Park」に注目

CES2019初日、年々拡大し、今一番熱いスタートアップエリア「Eureka Park」を訪問した。2012からスタートしたCES内Eureka Parkは年々出展社数が増加している。今年は昨年の800社から1.5倍増となる1,100社の出展となった。Eureka Parkに入るとフランスのスタートアップ「French Tech」群が多数出展していることを目の当たりにするが、フランス以外にもイギリス、イスラエル、オランダ、イタリア、台湾、韓国など国を挙げての出展がここ最近のトレンドとなってきている。

日本は昨年スタートした国を挙げてのスタートアップ支援「J-Startup」のパビリオンで22社のスタートアップが新たな投資や商談の機会を探る。ちなみに、Eureka Parkがスタートした2012年から既に1.5Billion US$(約1,627億円)の投資が出展スタートアップにはあるようだ(CESを訪れる投資家の数も年々増えているのだ)。LVCCの会場も人は多いが、体感的にこのエリアがいちばん人が多いかったのではないだろうか?

大企業だけではなく、スタートアップの活躍も注目されるCES2019で見つけた「これから」の時代に必要なプロダクトを作っているスタートアップをここでは紹介する。

「これから」の自動車ディスプレイコミュニケーション、EV化対策

■Gauzy

自動運転時代には運転を自動車に任せられるので移動時間をエンターテインメント化できる。車窓をディスプレイにして映像を流す際に利用できるのがイスラエルのスタートアップGauzyが提供しているソリューションだ。このソリューションでは普段使いの際には透明の窓だが、映像を流す際にはON/OFFボタンで車窓の透過を下げて映像が映りやすくできる。素材の研究を進めているスタートアップならではの自動運転時代の車窓へのアプローチである。

https://www.gauzy.com/

■GBatteries

カナダのGBatteriesはこれからの電気自動車(EV)時代に向けてよりスピーディーに充電させることを目指し「5分充電」を謳い文句に出展していた。CESメディアカンファレンスに登壇したToyota米国社長はトヨタ車は2025年までに全車両をEV対応すると発表し、これからEV普及が加速する際に急速充電テクノロジーは需要高まるだろう。

https://www.gbatteries.com/

■Reviver Auto

自動運転時代には車同士のコミュニケーションも活発になると思うが、車道に出ている全自動車が自動運転になる時代はまだまだ先だ。既存の自動車へのコミュニケーションの可能性を高める一つがカリフォルニアのReviver Autoのソリューションかもしれない。こちらは電子ペーパーを利用したナンバープレートなので、必要なメッセージを外に伝達できる。例えば路上駐車している際に「何時に戻ります」というメッセージを残したり、車線を譲ってくれた車に対しての「ありがとう」というメッセージを残したりできる。既にアメリカや中東では導入が進んでいるそうだ。

https://www.reviverauto.com/

「これから」の地球に向けた取り組み

CES初の試みとして「CES Eureka Park Climate Change Innovators Awards」環境問題に取り組む企業への表彰の仕組みも作られた。最新テックを追いかけるだけではなく環境問題についても意識を高めるCESである。

■GoSun

GoSunは太陽発電を活用しながら電気もガスも使わず調理できる調理器具である。太陽光を効率よく利用できる蓄電およびバキュームチューブが特徴で、昼夜問わずに調理が可能だ。現在はキャンプ用を意識しているが、ベランダおよび太陽を浴びる場所で調理をするのが当たり前の時代が来るかもしれない。

https://www.gosun.co/

■NanoScent

イスラエルのNanoScentはリアルタイムに空気中の揮発性有機化合物(VOCs)を感知してくれる。体に悪い影響を与える空気中の成分を即座に教えてくれるので知らず知らずに病気になるというような事態を避けることができるだろう。ちなみにこのNanoScentは昨年までは人の気配を匂いで理解するという「その人がいた感覚」を知らせるテクノロジーとして出展していた。ピボットしてより地球に優しいアプローチをとり、CES環境アワードを受賞したのである。

https://nanoscentlabs.com/

■myFC

アワードは受賞してないが「水」を分解してエネルギーを生成する充電器を製造する「myFC」はスマホカバー型のチャージャーを発表していた。スマホを約2回完全充電できる「水」充電器はカセットタイプで2ドル。何回もリユース可能なので地球に優しいエネルギーとしては優秀だ。

https://myfcpower.com/

1,100社以上のスタートアップを見て回るのはかなりしんどいのだが、未来を予想されるプロダクトに出会うと一気に元気になる。今年もEureka Parkはとても見応えがあった。ラスベガスはあいにくの天気ではあったが。

txt:西村真里子・編集部 | 構成:編集部
Vol.02 [CES2019] Vol.04

[ Category : , ]
[ DATE : 2019-01-10 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.16 会場で気になったあれこれ

txt・構成:編集部 美しい肌の色調と滑らかなボケ味を実現したPLプライムレンズ「Sumire Prime」 キヤノンは、NABで発表したSumire Prim... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.15 SmallHD/Teradek:ワイヤレスプロダクションモニターやカメラコントロール対応モニターを展示。両社の技術が新製品に集結

txt・構成:編集部 撮影現場での映像確認やDITに最適な17インチワイヤレスプロダクションモニター「17RX」 TeradekやWooden Camera、Sma... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.14 Cine Gear Expo 2019〜ATOMOS:オンセットやスタジオ用HDRシネマモニター/レコーダー「NEON」を展示

txt・構成:編集部 オンセットやスタジオ向けのHDRシネマモニターレコーダーが登場 ATOMOSは、Cine GearでHDRシネマモニター/レコーダー「NEON」を... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.13 富士フイルム、100メガピクセルのラージフォーマットミラーレス「GFX100」やシネマカメラ用ズームレンズ「Premista」を展示

txt・構成:編集部 話題のラージフォーマットミラーレスカメラとシネマカメラ用ズームレンズ「Premista」との組み合わせがユニーク 富士フイルムブースの注目は、... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.12 きれいなフレアとボケ味が特徴のプライムレンズの新製品「Tokina Vista One」シリーズを展示

txt・構成:編集部 シングルコートが特徴のフレアを実現したVista Oneシリーズをデモ 今年のTokina Cinemaブースは、昨年よりも大きくなっている。メイ... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.11 ニコン、フルフレームミラーレスカメラで12ビットProRes Raw出力対応「Z 7」を展示

txt・構成:編集部 3:2のフルフレームセンサーを16:9に上下カットした形で収録可能予定 Cine Gear展示エリアに、ニコンはブース出展していない。しかし、AT... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.10 パナビジョン、NDフィルターの度合いを調整できる6ストップ「LCND」フィルターシステムを展示

txt・構成:編集部 スタンドアロンでもワイヤレスでも濃度の調整が可能な「LCND」 パナビジョンは、レンズ、カメラ、フィルターから制作ワークフロー、ポストプロダクショ... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.08 Leitz、プライムレンズのThalia-Tシリーズに新ラインナップを検討中

txt・構成:編集部 ライカユーザーならお馴染みのTHAMBAR 90mmがThalia-Tシリーズとして登場 2019年8月発売予定のThalia-T 90m... 続きを読む

[DSJ2019]Vol.03 気になる表示装置と気になるアナ・デジ変換技術

txt:江口靖二 構成:編集部 シブくて新しい展示たち DSJは言うまでもなく日本最大のデジタルサイネージのイベントだ。デジタルサイネージには何かしらの表示装置が必要だ... 続きを読む

特集記事

DSJ2019 DSJ2019
幕張メッセで開催された国内最大のデジタルサイネージの展示会「DSJ2019」をレポート。
Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019 Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019
米国ハリウッドのパラマウントスタジオ内で開催された映画撮影機材の専門展示会「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2019 After Beat NAB SHOW 2019
東京・秋葉原のUDXにて開催されたAfter NAB Show 2019をレポート。
NAB2019 NAB2019
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会「NAB2019」をレポート。
SXSW2019 SXSW2019
テキサス州オースティンで開催されたSXSW2019をレポート。
CP+2019 CP+2019
パシフィコ横浜にて開催されたカメラと写真の総合展示会「CP+2019」をレポート。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
いまだから知っておきたいフィルムの現状や伝統的な技術などを紹介する。
CES2019 CES2019
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2019をレポート。
PRONEWS AWARD 2018 PRONEWS AWARD 2018
2018年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
10万円以下のジンバル選び 10万円以下のジンバル選び
一層注目が増している小型カメラジンバルをDJIやZHIYUN、FEIYU TECH、FILMPOWERの4社5機種に渡って比較紹介。
Inter BEE 2018 Inter BEE 2018
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2018の歩き方 InterBEE 2018の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編 新世紀シネマレンズ漂流:もの作りの現場から
「新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編」の続編。前回紹介することができなかったシネマレンズメーカーを取材。
Photokina2018 Photokina2018
ドイツ・ケルンメッセで開催されたスチルカメラの祭典 Photokina2018をレポート。
IBC2018 IBC2018
オランダ・アムステルダムで開催された欧州最大の映像・放送の展示会IBC2018をレポート。

トップ > 特集 > [CES2019]Vol.03 自動運転から環境問題、「これから」のテクノロジースタートアップ6選〜Eureka Parkの台頭