PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [CES2019]Vol.05 「VR」「AR」からより大きな「Immersive」へと進化する

News

[CES2019]Vol.05 「VR」「AR」からより大きな「Immersive」へと進化する

2019-01-11 掲載

txt:清水幹太  構成:編集部

VR/ARへの半信半疑な思いが解消されてきた

VR/ARという言葉が市民権を得て久しい。しかし、筆者はここまで常に、狭い意味でのVR/ARという領域について半信半疑な思いで捉えてきた。

VRというのは、Oculus以来のものすごく狭義のイメージだと、正距円筒図法で投射した画像・映像を加速度センサーと連動させて動かす、というものになる。その体験が楽しいのはわかるのだが、既存技術の組み合わせでつくられた子供だましの体験のような気がしてしまって、それが未来のエンターテインメントの本丸になっていくものとはどうしても思えなかったのだ。

ARも然りだ。仮にARがマーカーにスマホをかざすと現実空間に何かが出てくる、というだけならば、早晩みんな飽きるのではないか、と考えていた。飽きるというのは、この要素技術が洗練されて未来に残っていくレベルのものになる前に、市場が成長を止めてしまうのではないか、ということでもある。

もちろんそれをそもそもの意味であるバーチャル・リアリティであるとかオーギュメンテッド・リアリティ(拡張現実)という広い意味で捉えればそこに大いなる可能性があるのは当然だ。しかし、世の中は、上記のような狭い意味でのVR/ARに夢を持ち過ぎていないか、ユーザーエクスペリエンスとしても煩雑ではあるし、みんなそのうち幻滅するんじゃないか、という思いがあった。

我々は、新しいテクノロジーに期待して盛り上がっては幻滅する、みたいなことに慣れている。仮想通貨などは、みんなでお祭り騒ぎをした後に、みんなで幻滅してしんみりと葬式をしているような印象すらある(本来の要素技術であるブロックチェーンの有用性については別の話として)。CESからも仮想通貨絡みの展示は、わかりやすい形で減っていた。

ところが、今回のCES2019は、そういったVR/ARへの半信半疑な思いを良い意味で解消してくれつつある。数え切れないほどあるスマートモビリティ系や、今回のCESのキーワードにもなっていそうな5G、こういったものたちは、まだ市場に出ていないプロトタイプあるいはそれ以前の概念デモでとどまっており、「実装されている・動く家電市」としてのキャラクターが強かったCESのプロトタイプショー化を感じさせた。

しかし、VR/ARブースには、プロトタイプを卒業して「家電製品」になった、「ちゃんと動くプロダクト」が溢れていた。会場内では、「Immersive」=「没入感」というワードをよく見かけた。アメリカのデジタルコンテンツ業界でもこのワードが多く聞かれるようになっている。つまりこの領域は「VR/AR」という概念を包括した「Immersive」というより大きな領域に発展しようとしている感がある。ポイントとして3つの点が挙げられるように感じた。

1.単純に体験のクオリティが上がっている

VR/ARの表示解像度が2K/4Kなのは当たり前。過去のVRにありがちだった「そうは言ってもピクセル感がある世界にいる感じ」は、全体的にほぼなくなりつつある。

「XImmerse」のAR Headset(Webサイトには商品紹介なし)は、スマートフォンをヘッドセットに挿して画面を鏡面反射させて現実世界とミックスするタイプのMR(Mixed Reality)デバイスだ。

Microsoft HololensやMagic Leapといった、眼鏡型のMRデバイスの大きな問題、「がっかり感」をつくる1つの要因として、視野が狭いということがあった。画面の切れ目でバーチャルな要素が切れてしまうため、没入感が失われていたが、このXImmerse AR Headsetは、スマートフォンベースであるからかなりトラッキングの精度が低いものの、視野についてはかなり広く、かなり自然に現実世界とバーチャルのミックスを実現していた。そういった視界のストレスのないMR体験であるがゆえに、細かいアラが目立つものの、そこの精度は高めることは容易だと考えられる。下記のツイートのデモがわかりやすい。

VRの大きな活躍の場となりつつある体験型のアトラクションの領域でも、かなりダイナミックな体験を安価に実現できる機材が登場している。「HURRICANE 360 VR」は、巨大なVRチェアだ。アクチュエータで、VR体験上の動きに同期して動きをコントロール。単純に揺れたり落ちたりだけではなく、360°椅子を回転させることができる。

遊園地などにはよくありそうな仕組みだが、このシステムは$80,000(約880万円)で導入可能。この価格感ならば、予算の少ない商業イベントや、小さい商業施設などにもこういった本格的なVRエンターテインメントを組み入れることができるかもしれない。

2.体験の幅が広がっている

新しい方法でより良いVR体験を実現する技術も生まれている。CES2019で発表されたHTC VIVE cosmosは、加速度センサーではなく、ゴーグル前面に配置された2つのカメラからの視差を利用して、自分の位置や角度をトラッキングする、インサイドアウト方式と呼ばれるカメラベースの空間トラッキング手法を利用している最新のVRヘッドセットだ。昨年から登場していたこの技術により、モーショントラッキングをワイヤレスかつ安価に実現できる。

巨大なモーションキャプチャ装置などやルームランナー的なデバイスなしに、VR空間上の自分の位置を移動させることが可能になる。実際に、このタイプのヘッドセットを着用すると、自分の動きに合わせて世界を自然に歩き回ることができるようになっている。

VR空間上での位置トラッキングについてはその他も様々な実用的なデバイスが登場している。VR専用の「足の動きトラッキングシューズ」である「Cybershoes」は、足に着用して、地面を蹴ることで、実際にVR空間を歩いたり走ったりという体験を、やはりコンパクトに実現している(ただ、スピード等のコントロールが難しく、筆者は体験後に気持ち悪くなってしまった)。

3.用途が広がっている

VRの1つの有効な活用方法として話題に上ってきた医療分野への活用を行っているプロダクトも具体的なものが登場している。

The Psychoの「MedVR」は、手術のトレーニングをバーチャルに行う「手術シミュレータ」だ。実際に手術用のハサミなどを駆使して、処置を行っていく。医師が手術に熟練するためには実際の手術で経験を積む必要があるが、その機会はそうそう頻繁に得られるわけではないので、こういったシミュレータの活用は、医師全体の手術技能のボトムアップへの貢献を期待されている。そしてもちろん、この方向性の活用が進めば、ロボットアームを使った実際の遠隔手術も実現することが可能になるだろう。

VRはもはやエンターテインメント領域だけのものではなく、社会の中で重要な役割を担い始める可能性がある。

そして「Immersive」へ

これら3つのポイントを踏まえても、この「Immersive」領域は、市場を拡張して、体験として洗練されつつも、まだまだ山のように改善できる要素がある。つまりは、「磨けば磨くほどどんどん良くなる」領域なのだ。もっと解像度が上がり、もっとトラッキングの精度が上がり、もっと要素が広がれば、さらに日常生活の中で活用されるものになっていき、そうなればさらに市場が広がり、成長が加速する。ここまで来ると「半信半疑」とは言っていられなくなる。そろそろVR/ARの領域は、その成長の上で「確変」状態に入りつつあるのかもしれない。

txt:清水幹太 構成:編集部
Vol.04 [CES2019] Vol.06

[ Category : , ]
[ DATE : 2019-01-11 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[BIRTV2019]Vol.06 FalconEyes、さらなる大型化を実現したシート型LED新製品2機種を展示

txt・構成:編集部 もっとも大きなシート型LEDの新製品「RX-120TDX」が登場 FalconEyesは、香港に本社を置くスタジオ機器の老舗メーカーだ... 続きを読む

[BIRTV2019]Vol.05 Tilta、腕の負担を軽減するジンバルスタビライザのサポートシステム「Armor Man 3」を展示

txt・構成:編集部 さまざまなメーカーのジンバルシステムに対応し、重量を吸収して長時間撮影を実現 中国のアクセサリーメーカーの中でも、もっとも勢いがあるメーカーといえ... 続きを読む

[BIRTV2019]Vol.04 富士フイルム、AF機能を搭載した4K対応放送用レンズ「FUJINON UA107×8.4BESM AF」を初公開

txt・構成:編集部 8K放送用レンズの展示が人気 中国の中国工業情報化部は、2022年までの4Kテレビと8Kテレビの販売台数を盛り込んだ「超高精細映像産業発展行動計画... 続きを読む

[BIRTV2019]Vol.03 ニコン、Noct0.95大口径レンズやフルフレーム対応ミラーレス用ProRes RAWソリューション展示

txt・構成:編集部 0.95の浅い被写世界深度で被写体を強調できる「NIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noct」を展示 ニコン(NIKON IMAGING... 続きを読む

[BIRTV2019]Vol.01 ソニー、3板式4Kイメージセンサーを備えたグローバルシャッター搭載「PXW-Z750」を世界初公開

txt・構成:編集部 中国開催の展示会「BIRTV 2019」 8月21日から24日までの5日間、中国・北京の中国国際展覧中心で「BIRTV 2019」が開催された。B... 続きを読む

[4K・8K映像技術展Report]Vol.11 ビジュアルテクノロジーブース:8K60P映像編集向けターンキーのワークステーション「TRUX SUPER MAX」を展示

txt・構成:編集部 ビジュアルテクノロジーは、日本サムスンとITGマーケティングと合同のSamsung SSDブース内に出展し、8K60P映像編集向けターンキーのワークステ... 続きを読む

[4K・8K映像技術展Report]Vol.10 ガンスイブース:リアルタイムにフレームごとのHDRからSDR変換を実現するLYNX Technikのコンバーター「HDR Evie」を展示

txt・構成:編集部 ガンスイは、今年も映像伝送EXPOに出展。ドイツLYNX Technikのスタンドアロンのプラグアンドプレイモジュール「yellobrik」シリーズと、... 続きを読む

[4K・8K映像技術展Report]Vol.09 三友ブース:小型の放送用カメラや8K対応光伝送装置を使ったケーブル1本の伝送デモを展示

txt・構成:編集部 Dream CHIP社SDI対応の小型放送カメラ「ATOM one」ファミリーを展示 三友は、長距離拠点の8K伝送を可能にする「THUNDER... 続きを読む

特集記事

新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
BIRTV2019 BIRTV2019
中国・北京の中国国際展覧中心で開催された展示会「BIRTV 2019」をレポート。
SIGGRAPH2019 SIGGRAPH2019
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2019をレポート。
QBEE2019 QBEE2019
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
4K・8K映像技術展Report 4K・8K映像技術展Report
東京ビッグサイト青海展示棟にて開催された4K・8K映像技術などの最新技術が一堂に出展する「通信・放送Week2019」をレポート。
DSJ2019 DSJ2019
幕張メッセで開催された国内最大のデジタルサイネージの展示会「DSJ2019」をレポート。
Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019 Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019
米国ハリウッドのパラマウントスタジオ内で開催された映画撮影機材の専門展示会「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2019 After Beat NAB SHOW 2019
東京・秋葉原のUDXにて開催されたAfter NAB Show 2019をレポート。
NAB2019 NAB2019
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会「NAB2019」をレポート。
SXSW2019 SXSW2019
テキサス州オースティンで開催されたSXSW2019をレポート。
CP+2019 CP+2019
パシフィコ横浜にて開催されたカメラと写真の総合展示会「CP+2019」をレポート。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
いまだから知っておきたいフィルムの現状や伝統的な技術などを紹介する。
CES2019 CES2019
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2019をレポート。
PRONEWS AWARD 2018 PRONEWS AWARD 2018
2018年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
10万円以下のジンバル選び 10万円以下のジンバル選び
一層注目が増している小型カメラジンバルをDJIやZHIYUN、FEIYU TECH、FILMPOWERの4社5機種に渡って比較紹介。

トップ > 特集 > [CES2019]Vol.05 「VR」「AR」からより大きな「Immersive」へと進化する