PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [CES2019]Vol.06 もう一つの8Kカメラは中国から登場〜さらに身近になる8Kの世界

News

[CES2019]Vol.06 もう一つの8Kカメラは中国から登場〜さらに身近になる8Kの世界

2019-01-12 掲載

txt:小寺信良  構成:編集部

気になるBOSMAの8Kカメラとは

PRONEWS的には大注目のシャープ8Kビデオカメラだが、ここCESで発表されたのはそれだけではなかった。ベンチャー企業が多数出展するSands Expoにて、BOSMAという企業が8Kカメラを出展すると聞いて、早速出かけていった。

現在のBOSMAは米国にも拠点を持ち、スマートホーム関連の製品を数多くリリースしているが、元々は中国・広州にて双眼鏡や望遠鏡、ライフル用のスコープなどの光学製品トップブランドで、欧米向けにはOEMで設計製造してきた会社である。

今回出展された8Kカメラは、監視向けとしてとりあえず作ってみたという。センサーはシャープ製の8Kマイクロフォーサーズセンサーで、シャープが発表した8Kカメラに搭載されるのと同じもの。フレームレートは、4Kは120Pだが、8Kは30Pまで。

BOSMAの8Kカメラ

一方画像処理エンジンは中国HiSilicon製を採用。HiSiliconはHUAWEIの子会社で、同社製スマートフォンのKirinプロセッサを作っているメーカーである。

ボディ全長のうち半分はレンズで、残り半分がカメラ部

まだセンサーもチップもテストサンプルレベルで、これから細かいソフトウェアのアップデートを進めていくところだが、ハードウェアとしてはまとまったので作ってみたという。現在はHDMI2.0出力しかないため4Kで出力していたが、特に際立って照明もしていない会場を映してもノイズは感じられず、センサーや画像処理エンジンの素性はなかなか良さそうだ。

4K出力による表示。S/Nは悪くない

当初、スマートホームの延長から監視カメラ用途を考えていたが、出展してみたら意外に放送用の固定カメラや工場の検品用途で使えないかというリクエストがあったという。各用途向けはレンズバリエーションの話なので、元々光学メーカーであるBOSMAなら問題ないと胸を張る。

価格帯はまだ決定していないが、放送用8Kカメラの半額ぐらいを狙いたいという。今回発表されたシャープの8Kビデオカメラはプロシューマ向けで、それ以上になると放送用しかないため、その間を繋ぐカメラとしてのバリエーションを期待したいところだ。

txt:小寺信良 構成:編集部
Vol.05 [CES2019] Vol.07

[ Category : , ]
[ DATE : 2019-01-12 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[BIRTV2019]Vol.06 FalconEyes、さらなる大型化を実現したシート型LED新製品2機種を展示

txt・構成:編集部 もっとも大きなシート型LEDの新製品「RX-120TDX」が登場 FalconEyesは、香港に本社を置くスタジオ機器の老舗メーカーだ... 続きを読む

[BIRTV2019]Vol.05 Tilta、腕の負担を軽減するジンバルスタビライザのサポートシステム「Armor Man 3」を展示

txt・構成:編集部 さまざまなメーカーのジンバルシステムに対応し、重量を吸収して長時間撮影を実現 中国のアクセサリーメーカーの中でも、もっとも勢いがあるメーカーといえ... 続きを読む

[BIRTV2019]Vol.04 富士フイルム、AF機能を搭載した4K対応放送用レンズ「FUJINON UA107×8.4BESM AF」を初公開

txt・構成:編集部 8K放送用レンズの展示が人気 中国の中国工業情報化部は、2022年までの4Kテレビと8Kテレビの販売台数を盛り込んだ「超高精細映像産業発展行動計画... 続きを読む

[BIRTV2019]Vol.03 ニコン、Noct0.95大口径レンズやフルフレーム対応ミラーレス用ProRes RAWソリューション展示

txt・構成:編集部 0.95の浅い被写世界深度で被写体を強調できる「NIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noct」を展示 ニコン(NIKON IMAGING... 続きを読む

[BIRTV2019]Vol.01 ソニー、3板式4Kイメージセンサーを備えたグローバルシャッター搭載「PXW-Z750」を世界初公開

txt・構成:編集部 中国開催の展示会「BIRTV 2019」 8月21日から24日までの5日間、中国・北京の中国国際展覧中心で「BIRTV 2019」が開催された。B... 続きを読む

[4K・8K映像技術展Report]Vol.11 ビジュアルテクノロジーブース:8K60P映像編集向けターンキーのワークステーション「TRUX SUPER MAX」を展示

txt・構成:編集部 ビジュアルテクノロジーは、日本サムスンとITGマーケティングと合同のSamsung SSDブース内に出展し、8K60P映像編集向けターンキーのワークステ... 続きを読む

[4K・8K映像技術展Report]Vol.10 ガンスイブース:リアルタイムにフレームごとのHDRからSDR変換を実現するLYNX Technikのコンバーター「HDR Evie」を展示

txt・構成:編集部 ガンスイは、今年も映像伝送EXPOに出展。ドイツLYNX Technikのスタンドアロンのプラグアンドプレイモジュール「yellobrik」シリーズと、... 続きを読む

[4K・8K映像技術展Report]Vol.09 三友ブース:小型の放送用カメラや8K対応光伝送装置を使ったケーブル1本の伝送デモを展示

txt・構成:編集部 Dream CHIP社SDI対応の小型放送カメラ「ATOM one」ファミリーを展示 三友は、長距離拠点の8K伝送を可能にする「THUNDER... 続きを読む

特集記事

新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
BIRTV2019 BIRTV2019
中国・北京の中国国際展覧中心で開催された展示会「BIRTV 2019」をレポート。
SIGGRAPH2019 SIGGRAPH2019
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2019をレポート。
QBEE2019 QBEE2019
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
4K・8K映像技術展Report 4K・8K映像技術展Report
東京ビッグサイト青海展示棟にて開催された4K・8K映像技術などの最新技術が一堂に出展する「通信・放送Week2019」をレポート。
DSJ2019 DSJ2019
幕張メッセで開催された国内最大のデジタルサイネージの展示会「DSJ2019」をレポート。
Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019 Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019
米国ハリウッドのパラマウントスタジオ内で開催された映画撮影機材の専門展示会「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2019 After Beat NAB SHOW 2019
東京・秋葉原のUDXにて開催されたAfter NAB Show 2019をレポート。
NAB2019 NAB2019
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会「NAB2019」をレポート。
SXSW2019 SXSW2019
テキサス州オースティンで開催されたSXSW2019をレポート。
CP+2019 CP+2019
パシフィコ横浜にて開催されたカメラと写真の総合展示会「CP+2019」をレポート。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
いまだから知っておきたいフィルムの現状や伝統的な技術などを紹介する。
CES2019 CES2019
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2019をレポート。
PRONEWS AWARD 2018 PRONEWS AWARD 2018
2018年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
10万円以下のジンバル選び 10万円以下のジンバル選び
一層注目が増している小型カメラジンバルをDJIやZHIYUN、FEIYU TECH、FILMPOWERの4社5機種に渡って比較紹介。

トップ > 特集 > [CES2019]Vol.06 もう一つの8Kカメラは中国から登場〜さらに身近になる8Kの世界