PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [CES2019]Vol.08 ありそうでなかったライブ配信向けオールインワン機材「Yolo Box」

News

[CES2019]Vol.08 ありそうでなかったライブ配信向けオールインワン機材「Yolo Box」

2019-01-15 掲載

txt:小寺信良 構成:編集部

会場の一つであるSands Expoの1階は、Vol.02でもお伝えしたが、スタートアップやベンンチャーが沢山集まった「Eureka Park」というエリアとなっている。まさに有象無象なベンチャーがギュウギュウになってしのぎを削り、来年まで生き残って成長すれば2階のもうちょっと大きな場所に移動できるわけだ。そんなるつぼのような場所だから、何か面白いものはないかと探し回る我々プレスにとっては、非常に無駄足を踏む可能性の高い場所だ。通称「砂金掘り」。小さな金を見つけるまで、果てしない量のベンチャーブースを掘ることになる。

これ一台で間に合うスグレモノ

そんな中、Video & Audioと題された小さなコーナーに面白い製品を見つけた。Yolo Livという中国系ベンチャーが開発するYolo Boxは、小型のストリーミング用ライブスタジオだ。

7インチタッチ式液晶モニターを備えており、一見するとよくあるHDMIレコーダに見えるが、実際にはライブスイッチャーに近い。フルHDまでのHDMI入力×2、USBストリーム入力×1を備え、事前にSDカードに収録した動画のポン出しもできる。加えてマイク入力も1系統備える。

スイッチング動作中の画面。ソースプレビューもできる PinPのサイズや位置は画面タッチで操作

出力はHDMIのほかイーサネット端子とWi-Fiも備える。それに加えて4GのSIMスロットがあり、ストリーミングしたいサービスに直接モバイル回線を使ってネット放送が可能だ。対応サービスは現在のところ、YouTube Live、Facebook Live、Twich。モニタリング用のヘッドホン出力も備えている。

入力端子は上部

現在実装されている機能は、タッチ操作によるスイッチング、PinP、静止画グラフィックスのオーバーレイといったところ。スイッチング収録や字幕キャプション、スコアボードの挿入といった機能は、今後実装予定とされている。内蔵バッテリーでおよそ3時間動作できるほか、USB Type-Cで外部からの電源供給も可能。

底部にはSDカードスロットのほか、SIMカードスロットがある

実際に実機上で動作確認してみたが、動くとされている機能はちゃんと動くようだ。ただ価格については、初日は3,000ドルと言っていたが、最終日にもう一度確認したら、来場者に散々高いと言われたのか、1,000ドルになっていた。値段は決まってなかったのだろう(最終日は$999と…)。来月から米国Amazonで販売を開始するという。

商品パッケージ

実際日本のSIMで動くのかも検証が必要だろうが、もしちゃんと動けばモニターとして使えることもあり、現場からの2カメ中継には強力な武器となりそうだ。機材の安定性や技適の有無なども含め、最終市販品で慎重に仕様を確認したいところである。

txt:小寺信良 構成:編集部
Vol.07 [CES2019] Vol.09

[ Category : , ]
[ DATE : 2019-01-15 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[4K・8K映像技術展Report]Vol.11 ビジュアルテクノロジーブース:8K60P映像編集向けターンキーのワークステーション「TRUX SUPER MAX」を展示

txt・構成:編集部 ビジュアルテクノロジーは、日本サムスンとITGマーケティングと合同のSamsung SSDブース内に出展し、8K60P映像編集向けターンキーのワークステ... 続きを読む

[4K・8K映像技術展Report]Vol.10 ガンスイブース:リアルタイムにフレームごとのHDRからSDR変換を実現するLYNX Technikのコンバーター「HDR Evie」を展示

txt・構成:編集部 ガンスイは、今年も映像伝送EXPOに出展。ドイツLYNX Technikのスタンドアロンのプラグアンドプレイモジュール「yellobrik」シリーズと、... 続きを読む

[4K・8K映像技術展Report]Vol.09 三友ブース:小型の放送用カメラや8K対応光伝送装置を使ったケーブル1本の伝送デモを展示

txt・構成:編集部 Dream CHIP社SDI対応の小型放送カメラ「ATOM one」ファミリーを展示 三友は、長距離拠点の8K伝送を可能にする「THUNDER... 続きを読む

[4K・8K映像技術展Report]Vol.08 ATENジャパンブース:ビデオキャプチャとビデオスイッチを統合したマルチチャンネルオーディオ/ビデオミキサーデバイス「Stream Live HD. UC9020」を展示

txt・構成:編集部 ATENジャパンは、「第3回 映像伝送EXPO」に出展。目玉は、4K60P対応の新製品のビデオキャプチャ機能付きオーディオ/ビデオミキサー「Stre... 続きを読む

[4K・8K映像技術展Report]Vol.07 ニコンブース:配信やカメラコントロールが可能な4Kワンオペライブ配信ソリューションを展示

少人数でもライブ配信が可能な4Kワンオペライブ配信ソリューション ニコンは、一眼カメラやミラーレスカメラでお馴染みのニコンは、動画のライブ配信をするためのワンマンオペレーショ... 続きを読む

[4K・8K映像技術展Report]Vol.06 アストロデザインブース:8Kカムコーダーのプロトタイプ機や、8K60P 4ストリーム同時処理可能なTamazone Workstationを展示

txt・構成:編集部 8Kカムコーダー「8C-B60A」をカスタマイズしたプロトタイプ機を展示 アストロデザインの展示製品はすべて8Kだ。撮影システムコーナーでは、... 続きを読む

[QBEE2019]Vol.03 地味にすごい製品を発掘!

txt/movie:MonkeyHills(岡英史&猿田守一) 構成:編集部 前回に引き続き、気になったブースを紹介していく。 AJA NABで登場し注目... 続きを読む

[QBEE2019]Vol.02 隠れたおもしろ製品を探しに行こう

txt/movie:MonkeyHills(岡英史&猿田守一) 構成:編集部 前回に引き続き、気になったブースを紹介していこう。 アストロデザイン 8Kカメラ... 続きを読む

[QBEE2019]Vol.01 今年は快晴開催!九州放送機器展2019初日で気になったもの

txt/movie:MonkeyHills(岡英史&猿田守一) 構成:編集部 QBEE2019開幕!宝物を探して九州へ 毎年梅雨時期と重なるためか、これまで荒天... 続きを読む

特集記事

SIGGRAPH2019 SIGGRAPH2019
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2019をレポート。
QBEE2019 QBEE2019
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
4K・8K映像技術展Report 4K・8K映像技術展Report
東京ビッグサイト青海展示棟にて開催された4K・8K映像技術などの最新技術が一堂に出展する「通信・放送Week2019」をレポート。
DSJ2019 DSJ2019
幕張メッセで開催された国内最大のデジタルサイネージの展示会「DSJ2019」をレポート。
Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019 Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019
米国ハリウッドのパラマウントスタジオ内で開催された映画撮影機材の専門展示会「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2019 After Beat NAB SHOW 2019
東京・秋葉原のUDXにて開催されたAfter NAB Show 2019をレポート。
NAB2019 NAB2019
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会「NAB2019」をレポート。
SXSW2019 SXSW2019
テキサス州オースティンで開催されたSXSW2019をレポート。
CP+2019 CP+2019
パシフィコ横浜にて開催されたカメラと写真の総合展示会「CP+2019」をレポート。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
いまだから知っておきたいフィルムの現状や伝統的な技術などを紹介する。
CES2019 CES2019
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2019をレポート。
PRONEWS AWARD 2018 PRONEWS AWARD 2018
2018年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
10万円以下のジンバル選び 10万円以下のジンバル選び
一層注目が増している小型カメラジンバルをDJIやZHIYUN、FEIYU TECH、FILMPOWERの4社5機種に渡って比較紹介。
Inter BEE 2018 Inter BEE 2018
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2018の歩き方 InterBEE 2018の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。

トップ > 特集 > [CES2019]Vol.08 ありそうでなかったライブ配信向けオールインワン機材「Yolo Box」