PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [CES2019]Vol.09 Shiftallのビール専用冷蔵庫が目指すのは、スマート在庫管理に基づくマイクロリテールのプラットフォーム

News

[CES2019]Vol.09 Shiftallのビール専用冷蔵庫が目指すのは、スマート在庫管理に基づくマイクロリテールのプラットフォーム

2019-01-15 掲載

txt:江口靖二 構成:編集部

Shiftallがビール専用の冷蔵庫「DrinkShift」を発表した。ワインなど特化したスマート冷蔵庫と言えるものはすでにいくつか存在するが、ビールに特化したものははじめてだ。そしてこのDrinkShiftがこの先目指すものは、スマートな在庫管理をベースにした流通プラットフォームなのだ。

Drinkshiftの仕組みは次の図の通り。

DrinkShiftのホームページより

在庫管理と消費状況が把握できる冷蔵庫がクラウドにデータを送る。残数や消費動向に応じて自動発注されて倉庫からビールが配送される。CES会場でも多くの質問があったようだが、在庫の識別は重量センサーのみだ。検討の結果、何らかのタグをビールに貼り付けたり、AIを用いた画像認識などはオーバースペックであると結論付けたそうだ。この割り切りによってビジネスがむしろ拡大する。

DrinkShifは銘柄の識別はできないが、そもそもそ必要がないのである。それはビールの流通販売も同社が行うからだ。そのために酒販免許も取得し、彼ら自ら複数のクラフトビール会社と交渉をし在庫を抱えて販売を行うという。自動発注の際に、あらかじめ複数のクラフトビールからユーザーが選択登録したり、おすすめセットのようなものもできるかもしれない。

いずれにせよ、あくまでも在庫「数」の管理に特化することで、ビジネスとしてはハードウエアの一度きりの販売だけではなく、継続的に流通に関わることができる。プリンタとインク、宅配型のウォーターサーバーのビジネスに似ているとも言えるが、数多くの種類のクラフトビールを何らかの方法でユーザーがチョイスできるという点ではこれらとは異なるものになる。

瓶ビールに特化した収納部分 スマートフォンやタブレットで在庫確認や発注が可能

まだ未定ということだが、冷蔵庫の初期購入費用をケータイ電話の2年縛りのようなモデルにして、完全サブスクリプションモデルにすることも検討しているとのことだ。

Shiftall社はハードウエアスタートアップとして注目をされている。その第一弾商品は、単なる物売りだけではない。同社は、「ハードとソフトが高度に混ざりあった新しいモノづくり」を目指すとしているが、ここで言うソフトというのはソフトウエアということだけではなく、サービスとしてのビールのデリバリーなのである。なお実際の物流は既存の配送事業者と提携するとのこと。

とても興味深いのは、DrinkShiftの開発のきっかけは、スマートなビール冷蔵庫を作るところが出発点ではないそうという点だ。IoTを用いたスマートな在庫管理をベースにして、商品の流通までも自社で手がけていくこと、つまり新たなプラッフォフォームを創ることがDrinkShiftの目指していくもののようだ。これまでの類似例としては富山の薬売りだったり、オフィスグリコだったりも同様なモデルは不可能ではないが、シンプルな重量センシングだけでは成立できないのでビジネスとしてスタートできるかは微妙だ。

いい意味での割り切りによって、ビジネスが横に大きく広がっていくことが期待される。そしてこのプラットフォームはある意味近未来の小売店舗、マイクロリテールそのものなのである。

txt:江口靖二 構成:編集部
Vol.08 [CES2019] Vol.10

[ Category : , ]
[ DATE : 2019-01-15 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.05 Sony DMPC(Digital Media Production Center)オープニングイベントレポート

新しいDMPCは、LA東北部の山中のMedia Center Driveにある txt:手塚一佳 構成:編集部 Sony DMPCがオープニングイベントを開催! 5月30... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.02 アンジェニュー、好みの描画に合わせて鏡胴内のレンズや絞り羽根を交換できるプライムレンズ「Optimo Prime」を開発発表

txt・構成:編集部 「なぜプライムを発売しないのか?」お客様の要望から発売へ 業界標準のズームレンズとして親しまれているAngénieuxは、Cine Gear Ex... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.01 Cine Gear Expo 2019〜パナソニックがプレミアセミナーでシネマ向けLUMIX「S1H」開発を発表

txt・構成:編集部 映画業界の祭典~Cine Gear 2019開催! 今年も映画撮影機材の専門展示会「Cine Gear Expo」が米ハリウッドの中心、パラマウン... 続きを読む

[SXSW2019]Vol.09 これからの世界と自分を見据えるためのSXSWの歩き方

txt:曽我浩太郎(未来予報) 構成:編集部 SXSWの「未来が見える場所」からの脱皮 毎年SXSWインタラクティブイノベーションアワードでは「ブレイクアウトトレンド」とい... 続きを読む

[SXSW2019]Vol.08 映画でSXSWを勝ち抜くためには?勝利の掟を知る

SXSWは、世界でも注目されるべき映画祭のひとつ 世界に数多くある映画祭でもSXSW(以下:SXSW=映画祭)は異色だと言われている。もちろん作品ラインナップにも現れているが... 続きを読む

[SXSW2019]Vol.07 データサイエンティストが見たSXSW2019の行方

txt:後藤真理絵(ヤフー株式会社) 構成:編集部 Ethical AIとは何か 2019年3月8日~3月13日まで、米国テキサス州オースティンで開催されたSXSW20... 続きを読む

[SXSW2019]Vol.06 SXSW2019セッション紹介。コンテンツ体験のデータ化と「想像力」

txt:佐々木淳 構成:編集部 リベラル・オピニオンと「エモーショナル」の喧騒 スタートアップ&イノベーション・ショーケースとしての隆盛も一段落し、2000を超すセッシ... 続きを読む

[SXSW2019]Vol.05 「Sony Wow Studio」三年目の施策。ソニーらしさ健在、賢者との対話に注目

txt:古賀心太郎(アマナビ airvision)&編集部 構成:編集部 SXSW Sony主催WOW Studioでドローン関連セクション 2019年3月8日から... 続きを読む

[SXSW2019]Vol.04 NHKが牽引する8Kの世界。そして聴覚、VRの可能性を探る展示に注目集まる

txt:岡本侑子(kiCk inc.) 構成:編集部 SXSW2019期間中、NHKエンタープライズはトレードショーで2つの展示を行い、NHKは、昨年に引き続き8Kシアターを... 続きを読む

特集記事

Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019 Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019
米国ハリウッドのパラマウントスタジオ内で開催された映画撮影機材の専門展示会「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2019 After Beat NAB SHOW 2019
東京・秋葉原のUDXにて開催されたAfter NAB Show 2019をレポート。
NAB2019 NAB2019
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会「NAB2019」をレポート。
SXSW2019 SXSW2019
テキサス州オースティンで開催されたSXSW2019をレポート。
CP+2019 CP+2019
パシフィコ横浜にて開催されたカメラと写真の総合展示会「CP+2019」をレポート。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
いまだから知っておきたいフィルムの現状や伝統的な技術などを紹介する。
CES2019 CES2019
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2019をレポート。
PRONEWS AWARD 2018 PRONEWS AWARD 2018
2018年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
10万円以下のジンバル選び 10万円以下のジンバル選び
一層注目が増している小型カメラジンバルをDJIやZHIYUN、FEIYU TECH、FILMPOWERの4社5機種に渡って比較紹介。
Inter BEE 2018 Inter BEE 2018
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2018の歩き方 InterBEE 2018の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編 新世紀シネマレンズ漂流:もの作りの現場から
「新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編」の続編。前回紹介することができなかったシネマレンズメーカーを取材。
Photokina2018 Photokina2018
ドイツ・ケルンメッセで開催されたスチルカメラの祭典 Photokina2018をレポート。
IBC2018 IBC2018
オランダ・アムステルダムで開催された欧州最大の映像・放送の展示会IBC2018をレポート。
映画「万引き家族」〜撮影部と撮影監督の眼差し 映画「万引き家族」〜撮影部と撮影監督の眼差し
「万引き家族」はいかにして生まれたのか?今回の特集ではその制作側を覗いてみる。

トップ > 特集 > [CES2019]Vol.09 Shiftallのビール専用冷蔵庫が目指すのは、スマート在庫管理に基づくマイクロリテールのプラットフォーム