PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [CES2019]Vol.09 Shiftallのビール専用冷蔵庫が目指すのは、スマート在庫管理に基づくマイクロリテールのプラットフォーム

News

[CES2019]Vol.09 Shiftallのビール専用冷蔵庫が目指すのは、スマート在庫管理に基づくマイクロリテールのプラットフォーム

2019-01-15 掲載

txt:江口靖二 構成:編集部

Shiftallがビール専用の冷蔵庫「DrinkShift」を発表した。ワインなど特化したスマート冷蔵庫と言えるものはすでにいくつか存在するが、ビールに特化したものははじめてだ。そしてこのDrinkShiftがこの先目指すものは、スマートな在庫管理をベースにした流通プラットフォームなのだ。

Drinkshiftの仕組みは次の図の通り。

DrinkShiftのホームページより

在庫管理と消費状況が把握できる冷蔵庫がクラウドにデータを送る。残数や消費動向に応じて自動発注されて倉庫からビールが配送される。CES会場でも多くの質問があったようだが、在庫の識別は重量センサーのみだ。検討の結果、何らかのタグをビールに貼り付けたり、AIを用いた画像認識などはオーバースペックであると結論付けたそうだ。この割り切りによってビジネスがむしろ拡大する。

DrinkShifは銘柄の識別はできないが、そもそもそ必要がないのである。それはビールの流通販売も同社が行うからだ。そのために酒販免許も取得し、彼ら自ら複数のクラフトビール会社と交渉をし在庫を抱えて販売を行うという。自動発注の際に、あらかじめ複数のクラフトビールからユーザーが選択登録したり、おすすめセットのようなものもできるかもしれない。

いずれにせよ、あくまでも在庫「数」の管理に特化することで、ビジネスとしてはハードウエアの一度きりの販売だけではなく、継続的に流通に関わることができる。プリンタとインク、宅配型のウォーターサーバーのビジネスに似ているとも言えるが、数多くの種類のクラフトビールを何らかの方法でユーザーがチョイスできるという点ではこれらとは異なるものになる。

瓶ビールに特化した収納部分 スマートフォンやタブレットで在庫確認や発注が可能

まだ未定ということだが、冷蔵庫の初期購入費用をケータイ電話の2年縛りのようなモデルにして、完全サブスクリプションモデルにすることも検討しているとのことだ。

Shiftall社はハードウエアスタートアップとして注目をされている。その第一弾商品は、単なる物売りだけではない。同社は、「ハードとソフトが高度に混ざりあった新しいモノづくり」を目指すとしているが、ここで言うソフトというのはソフトウエアということだけではなく、サービスとしてのビールのデリバリーなのである。なお実際の物流は既存の配送事業者と提携するとのこと。

とても興味深いのは、DrinkShiftの開発のきっかけは、スマートなビール冷蔵庫を作るところが出発点ではないそうという点だ。IoTを用いたスマートな在庫管理をベースにして、商品の流通までも自社で手がけていくこと、つまり新たなプラッフォフォームを創ることがDrinkShiftの目指していくもののようだ。これまでの類似例としては富山の薬売りだったり、オフィスグリコだったりも同様なモデルは不可能ではないが、シンプルな重量センシングだけでは成立できないのでビジネスとしてスタートできるかは微妙だ。

いい意味での割り切りによって、ビジネスが横に大きく広がっていくことが期待される。そしてこのプラットフォームはある意味近未来の小売店舗、マイクロリテールそのものなのである。

txt:江口靖二 構成:編集部
Vol.08 [CES2019] Vol.10

[ Category : , ]
[ DATE : 2019-01-15 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[4K・8K映像技術展Report]Vol.11 ビジュアルテクノロジーブース:8K60P映像編集向けターンキーのワークステーション「TRUX SUPER MAX」を展示

txt・構成:編集部 ビジュアルテクノロジーは、日本サムスンとITGマーケティングと合同のSamsung SSDブース内に出展し、8K60P映像編集向けターンキーのワークステ... 続きを読む

[4K・8K映像技術展Report]Vol.10 ガンスイブース:リアルタイムにフレームごとのHDRからSDR変換を実現するLYNX Technikのコンバーター「HDR Evie」を展示

txt・構成:編集部 ガンスイは、今年も映像伝送EXPOに出展。ドイツLYNX Technikのスタンドアロンのプラグアンドプレイモジュール「yellobrik」シリーズと、... 続きを読む

[4K・8K映像技術展Report]Vol.09 三友ブース:小型の放送用カメラや8K対応光伝送装置を使ったケーブル1本の伝送デモを展示

txt・構成:編集部 Dream CHIP社SDI対応の小型放送カメラ「ATOM one」ファミリーを展示 三友は、長距離拠点の8K伝送を可能にする「THUNDER... 続きを読む

[4K・8K映像技術展Report]Vol.08 ATENジャパンブース:ビデオキャプチャとビデオスイッチを統合したマルチチャンネルオーディオ/ビデオミキサーデバイス「Stream Live HD. UC9020」を展示

txt・構成:編集部 ATENジャパンは、「第3回 映像伝送EXPO」に出展。目玉は、4K60P対応の新製品のビデオキャプチャ機能付きオーディオ/ビデオミキサー「Stre... 続きを読む

[4K・8K映像技術展Report]Vol.07 ニコンブース:配信やカメラコントロールが可能な4Kワンオペライブ配信ソリューションを展示

少人数でもライブ配信が可能な4Kワンオペライブ配信ソリューション ニコンは、一眼カメラやミラーレスカメラでお馴染みのニコンは、動画のライブ配信をするためのワンマンオペレーショ... 続きを読む

[4K・8K映像技術展Report]Vol.06 アストロデザインブース:8Kカムコーダーのプロトタイプ機や、8K60P 4ストリーム同時処理可能なTamazone Workstationを展示

txt・構成:編集部 8Kカムコーダー「8C-B60A」をカスタマイズしたプロトタイプ機を展示 アストロデザインの展示製品はすべて8Kだ。撮影システムコーナーでは、... 続きを読む

[QBEE2019]Vol.03 地味にすごい製品を発掘!

txt/movie:MonkeyHills(岡英史&猿田守一) 構成:編集部 前回に引き続き、気になったブースを紹介していく。 AJA NABで登場し注目... 続きを読む

[QBEE2019]Vol.02 隠れたおもしろ製品を探しに行こう

txt/movie:MonkeyHills(岡英史&猿田守一) 構成:編集部 前回に引き続き、気になったブースを紹介していこう。 アストロデザイン 8Kカメラ... 続きを読む

[QBEE2019]Vol.01 今年は快晴開催!九州放送機器展2019初日で気になったもの

txt/movie:MonkeyHills(岡英史&猿田守一) 構成:編集部 QBEE2019開幕!宝物を探して九州へ 毎年梅雨時期と重なるためか、これまで荒天... 続きを読む

特集記事

SIGGRAPH2019 SIGGRAPH2019
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2019をレポート。
QBEE2019 QBEE2019
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
4K・8K映像技術展Report 4K・8K映像技術展Report
東京ビッグサイト青海展示棟にて開催された4K・8K映像技術などの最新技術が一堂に出展する「通信・放送Week2019」をレポート。
DSJ2019 DSJ2019
幕張メッセで開催された国内最大のデジタルサイネージの展示会「DSJ2019」をレポート。
Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019 Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019
米国ハリウッドのパラマウントスタジオ内で開催された映画撮影機材の専門展示会「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2019 After Beat NAB SHOW 2019
東京・秋葉原のUDXにて開催されたAfter NAB Show 2019をレポート。
NAB2019 NAB2019
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会「NAB2019」をレポート。
SXSW2019 SXSW2019
テキサス州オースティンで開催されたSXSW2019をレポート。
CP+2019 CP+2019
パシフィコ横浜にて開催されたカメラと写真の総合展示会「CP+2019」をレポート。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
いまだから知っておきたいフィルムの現状や伝統的な技術などを紹介する。
CES2019 CES2019
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2019をレポート。
PRONEWS AWARD 2018 PRONEWS AWARD 2018
2018年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
10万円以下のジンバル選び 10万円以下のジンバル選び
一層注目が増している小型カメラジンバルをDJIやZHIYUN、FEIYU TECH、FILMPOWERの4社5機種に渡って比較紹介。
Inter BEE 2018 Inter BEE 2018
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2018の歩き方 InterBEE 2018の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。

トップ > 特集 > [CES2019]Vol.09 Shiftallのビール専用冷蔵庫が目指すのは、スマート在庫管理に基づくマイクロリテールのプラットフォーム