PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [10万円以下のジンバル選び] Vol.05 個性的なモデルをラインナップするFILMPOWERの「Nebula 4100 Slant」/「Nebula 450…

News

[10万円以下のジンバル選び] Vol.05 個性的なモデルをラインナップするFILMPOWERの「Nebula 4100 Slant」/「Nebula 4500 5-Axis Slant」

2019-01-31 掲載

txt:飯田雄平 構成:編集部

独創的かつ革新的な製品を生み出しているFILMPOWER

今回比較したジンバルの中でも、かなり個性的な特徴をもつ機種が、このFILMPOWER Nebulaシリーズだ。FILMPOWERは、アメリカ・サンフランシスコにある2010年創業の新興メーカーで、カメラ周辺機器を販売している。2013年にNebula 5000ジンバルを初めて発表。その後、一眼向けジンバルとしてNebula 4000シリーズと、一回り大きいNebula 5000シリーズを展開している。

DJI
RONIN-S
ZHIYUN
CRANE 2
FEIYU TECH
a2000
FILMPOWER
Nebula 4100
Slant
FILMPOWER
Nebula 4500
5-Axis Slant
最大積載量 3.6kg 最小500g
最大3.2kg
最小250g
最大2.5kg
最大1.8kg 最大4kg
バッテリー
駆動時間
12時間 最小12時間
最大18時間
12時間 最大10時間 最大8時間
重量 約1.5kg(ジンバルのみ)、約1.85kg(ジンバルとグリップを含む) 1.25kg 約1.1kg(ジンバルのみ) 716g(ジンバルのみ)、約810g(ジンバルとグリップを含む) 1.2kg
軸数 3軸 3軸 3軸 3軸 5軸
価格 税込92,800円 税込84,000円 税抜99,500円
税込107,460円
税込89,100円 税込98,820円
国内問い合わせ先 DJI JAPAN VANLINKS Grow

小型軽量、ミラーレス機に最適なNebula 4100 Slant

Nebula 4100 Slantは、本体・パッケージングともに圧倒的にコンパクトだ。ペイロードは1.8kg、重量は約700g。今回評価した中でもっとも小型のジンバルである。

Nebula 4100の内容物一覧。本体、クイックシュー、バッテリー、小型三脚、チャージャーがコンパクトに収まっていた 一番奥がNebula 4100のケース。DJI Osmoと同じくらいだろうか。非常にコンパクトだ
■APS-CやMFT機などのコンパクトミラーレス向き

ペイロード1.8kgとあるが、安定したカメラワークのためにも乗せるカメラの重量には余裕を持つのが良いだろう。重量に余裕を持つことで、バランス調整も楽になる。コンパクトな代わりにモーターのパワーはそこそこであるため、セッティング時にしっかりとバランスを取ってあげることが重要になる。

ペイロード1.8kg 重量700gのため、a6500やGH5といったコンパクトミラーレス系との相性が良い

FUJIFILM X-T1を載せて使ってみた。非常に取り回しが良く、街中でも気軽に撮影できる。また、Nebula 4100 Slantは、名前にもSlantとあるように、軸受け部分が斜めになっているところがポイントだ。これによって、非常にモニターが見やすい。カメラとの干渉もしにくくなり非常に使いやすい。

■ロックレバーやスイッチ類などは、全体的な作りに癖があり慣れが必要

スイッチやロックレバーなどの機構は大雑把に作られており、使い始めはバランス調整にも少し手間取った。軸受けは左側にあるときのみ正常に作動する。ロックレバーはしっかりと締めないと落ちやすいので注意だ。

操作部の様子。モード選択ボタンを押す回数によって、正面モード→フォローモード(ロール固定)→ロックモード→ロールフォローモードと切り替えができる

5軸のデュアルハンドルを搭載したNebula 4500 5-Axis Slant

■本特集唯一の5軸補正ジンバル

続いて紹介するのがNebula 4500 5-Axis Slantである。Nebula 4100や、今回比較した機種との大きな違いは、5軸補正という点である。Nebula 4500 5-Axis Slant以外はすべて3軸の補正だ。

5軸補正は両手持ち専用となり、ロール・ピッチ・ヨーに加え、ハンドルと本体との間のバネで縦横の動きを吸収し補正する。このバネの効果は、スライダーのようなゆっくりしたワーク時に非常に有効である。逆に走り回ったり歩きながらの動作は、バネの動きで弾みやすくなってしまうためあまり向いていない。忍者歩きの如く、上下動をなくすよう意識して歩く必要がある。

軸受が45度の角度になっている「Slant」タイプだ。ペイロードは4kgと、かなり安定したスタビライズが得られる。

バッテリーは大きい。最大駆動時間8時間。

簡易的なものになるが、3軸タイプに変更できる片手持ち可能なハンドルも付属する。

■個性的なラインナップは使いこなせば武器になる

このFILMPOWER Nebulaシリーズは、ずば抜けてコンパクトな4100 Slantや、5軸でしっかりと補正する4500 5-Axis Slantなど、他のメーカーには持っていない特徴がある。設定に慣れが必要であったり、5軸ならではのオペレーションが必要であったりと、万人受けするわけではないが、マスターすれば強力な武器となるだろう。


txt:飯田雄平 構成:編集部
Vol.04 [10万円以下のジンバル選び] Vol.06

[ Category : ]
[ DATE : 2019-01-31 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[10万円以下のジンバル選び]Vol.07 強化された最大積載量と操作性を向上させたFeiyuTechの新製品「AK」シリーズについて聞く

txt:編集部 構成:編集部 FeiyuTechは2018年12月14日より、デジタルカメラ向けの2種類の片手用ジンバル「AK2000」と「AK4000」の国内販売を開始... 続きを読む

[10万円以下のジンバル選び]Vol.06 ジンバルに新しいスタイルを巻き起こすZhiyunの新製品「CRANE 3 LAB」と「WEEBILL LAB」

txt:編集部 構成:編集部 Zhiyun(ジーウン)は、InterBEE2018で日本初公開となるCRANE 3 LAB(クレーンスリーラボ)とWEEBILL LAB(... 続きを読む

[10万円以下のジンバル選び]Vol.04 コンパクトなサイズに機能が詰まったFeiyu Tech「a2000」

txt:飯田雄平 構成:編集部 最低限の機能がギュっとコンパクトに詰まった一台 Feiyu Techは中国のスタビライザーメーカーで、スマートフォンやアクションカム、ミ... 続きを読む

[10万円以下のジンバル選び] Vol.03 ペイロード3.2kgを実現ながら1.25kgと軽量のZHIYUN「Crane 2」

txt:飯田雄平 構成:編集部 ZHIYUNとは? ZHIYUN(ジーウン)は、一眼クラスから、スマホやGoProなどの小型カメラ向けのジンバルを発売している中国のメー... 続きを読む

[10万円以下のジンバル選び]Vol.02 DJIから登場した片手持ちジンバル「RONIN-S」

txt:飯田雄平、編集部 構成:編集部 3.6kgのペイロードに対応する大型の片手持ちジンバル RONIN-Sは、DJIからRONINシリーズ初の片手持ちとして発売され... 続きを読む

[10万円以下のジンバル選び]Vol.01 一眼レフやミラーレスに最適な小型電動ジンバルの現在

txt:飯田雄平、編集部 構成:編集部 手軽になったジンバルたち 2018年7月、ドローンでお馴染みのDJI社からも、一眼レフやミラーレスクラスのカメラ向け片手ジンバル... 続きを読む

特集記事

SIGGRAPH2019 SIGGRAPH2019
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2019をレポート。
QBEE2019 QBEE2019
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
4K・8K映像技術展Report 4K・8K映像技術展Report
東京ビッグサイト青海展示棟にて開催された4K・8K映像技術などの最新技術が一堂に出展する「通信・放送Week2019」をレポート。
DSJ2019 DSJ2019
幕張メッセで開催された国内最大のデジタルサイネージの展示会「DSJ2019」をレポート。
Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019 Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019
米国ハリウッドのパラマウントスタジオ内で開催された映画撮影機材の専門展示会「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2019 After Beat NAB SHOW 2019
東京・秋葉原のUDXにて開催されたAfter NAB Show 2019をレポート。
NAB2019 NAB2019
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会「NAB2019」をレポート。
SXSW2019 SXSW2019
テキサス州オースティンで開催されたSXSW2019をレポート。
CP+2019 CP+2019
パシフィコ横浜にて開催されたカメラと写真の総合展示会「CP+2019」をレポート。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
いまだから知っておきたいフィルムの現状や伝統的な技術などを紹介する。
CES2019 CES2019
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2019をレポート。
PRONEWS AWARD 2018 PRONEWS AWARD 2018
2018年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
10万円以下のジンバル選び 10万円以下のジンバル選び
一層注目が増している小型カメラジンバルをDJIやZHIYUN、FEIYU TECH、FILMPOWERの4社5機種に渡って比較紹介。
Inter BEE 2018 Inter BEE 2018
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2018の歩き方 InterBEE 2018の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。

トップ > 特集 > [10万円以下のジンバル選び] Vol.05 個性的なモデルをラインナップするFILMPOWERの「Nebula 4100 Slant」/「Nebula 4500 5-Axis Slant」