PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [CP+2019]開催直前:Vol.01 プロ向け動画エリアの注目はこれだ!

News

[CP+2019]開催直前:Vol.01 プロ向け動画エリアの注目はこれだ!

2019-02-21 掲載

txt:編集部 構成:編集部

2月28日~3月3日に開催されるCP+2019。プロニュースでは、メディアパートナーとして今年もCP+2019の見どころを紹介する事前特集を行う。来場される方が会場を回りやすいように、来場されない方でも内容を把握できることを目指して「プロ向け動画エリア」や「展示会場」の注目ブースについて紹介を予定しよう。

【CP+2019 開催概要】

■名称
CP+(シーピープラス)2019

■会期
2019年2月28日(木)・3月1日(金)・2日(土)・3日(日)

■会場
パシフィコ横浜(展示ホール、アネックスホール、会議センター)/大さん橋ホール

■開場時間
10:00~18:00(初日は12:00から、最終日のみ17:00終了)

■入場料金
1,500円(税込)(Web事前登録で無料になる)
障がいがある事を証明する手帳を持参の方、小学生以下の方は無料

動画に特化した機材をまとめて展示

CP+は民生向きのスチルカメラ向けのイベントだが、今年も毎年恒例の業務用に特化したプロ向けの動画ソリューションを紹介する「プロ向け動画エリア」が設けられている。

一眼ムービーはもちろん、写真レンズの描写力を生かしたムービーカメラや、より演出力を高める周辺機器など、最新動画ソリューションを紹介する。会場は、展示会場とは別会場となるパシフィコ横浜 会議センター304。日程は2月28日と3月1日の2日間開催のみとなり、CP+全体日程より短いため注意してほしい。

今年もパシフィコ横浜会議センターで行われるプロ向け動画エリア CP+2018のプロ向け動画エリアの様子 プロ向け動画エリアの会場は、パシフィコ横浜 会議センター304

ソニービジネスソリューション/ソニーマーケティング

CP+2018プロ向け動画エリアのソニービジネスソリューションブースの様子 左からPXW-Z280、「α6400」

XDCAMやNXCAM、Handycam、デジタル一眼カメラαシリーズを展示する。4K60Pハンディカムコーダー「PXW-Z280」や「PXW-Z190」、デジタル一眼カメラの「α6400」などの新製品が展示されるだろう。PXW-Z280は、有効3840×2160画素4K ExmorR CMOSイメージセンサーを3板式で搭載することにより、感度F12の高感度を特徴としている。

α6400は、0.02秒の高速AF、高速・高精度な「リアルタイム瞳AF」「リアルタイムトラッキング」機能搭載のAPS-Cセンサー搭載デジタル一眼カメラ。全画素読み出しによる高解像4K動画記録をはじめ、HDR(HLG)やS-Log/S-Gamutなど、クリエイティブな動画制作をサポートする動画機能を搭載している。

パナソニック

CP+2018プロ向け動画エリアのパナソニックブースの様子 左からEVA1、バージョンアップしたファームウェアの画面

Ver.3.00にファームウェアアップデートしたコンパクトシネマカメラ「AU-EVA1」を展示する。これまでのEVA1でも4K60P収録が可能であったが、記録できるのは8ビットまでに限られていた。今回のソフトウェアアップデートにより、HEVC LongGOP 200Mの「4K/UHD 59p/50p 420_10bit@200Mbps」や「4K/UHD 29p/25p/23p/24p 420_10bit@150Mbps」が追加され、4K60Pの状態で10ビットでの記録が可能になる。

富士フイルムイメージングシステムズ

左からX-T3と「Xマウント」に対応したシネマレンズ「MKX18-55mm」「MKX50-135mm」

ミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM X-T3」と「Xシリーズ」用のシネマレンズを展示する。FUJIFILM X-T3は、ミラーレスデジタルカメラでありながら4K/60P 4:2:0 10bitのカメラ内SDカード記録に対応。さらに、より多くの色情報を記録できる4K/60P 4:2:2 10bitHDMI出力にも、APS-Cサイズ以上のセンサーを搭載したミラーレスデジタルカメラとして初めて対応した。

「Xシリーズ」採用の「Xマウント」初対応のシネマレンズ「MKX18-55mm」「MKX50-135mm」も展示予定。

ローランド

左からAVストリーミングミキサー「VR-1HD」、小型モバイルビデオミキサー「V-02HD」

ローランドはCP+のプロ向け動画エリアに初出展。3月発売予定のストリーミングミキサー「VR-1HD」を展示する。YouTuberなど出演者自身でプロクオリティの番組を作ることができるライブ配信に対応するフルハイビジョン対応のAVストリーミングミキサーで、映像や音響を操作するスタッフがいなくてもパフォーマーやパーソナリティー自身が思い通りに音と映像を演出しながらライブ配信できるのを特徴としている。

V-02HD、V-1HD、V-1SDIなどの小型スイッチャーも展示予定。

三友

左からLeica M 0.8、DJI Ronin-S

Leitz CINE LENSESや、DJIのカメラスタビライザー、Blackmagic Designのシネマカメラ、VRカメラシステムを中心とした製品を展示する。特にLeitz CINEからはスチルで有名なLeica Mレンズの特長的な描画を映像撮影向けで実現したLeica M 0.8を中心に展示を行う予定。光学的には、Mレンズと同一で、シネマスタンダードのアクセサリーで使用するためのフォーカスやアイリスギアを搭載したもの。

ニコン

左からフルサイズミラーレスカメラ「Z 7」と「Z 6」

シネマレンズや様々なアクセサリーを装着したフルサイズミラーレスカメラー「Z 7」と「Z 6」の展示やライブ配信ソリューションなどを展示する。「Z 7」と「Z 6」は、内径55mmによる大口径の新しい「Z マウント」を搭載しており、フルフレームでの4K UHD(3840×2160)/30pやフルHD/120pの動画撮影も可能。

4K UHD動画撮影時には、全画素読み出しにより解像感の高い映像が得られる。また、4K UHD、フルHDともに「アクティブD-ライティング」、「電子手ブレ補正」、「フォーカスピーキング」を使用できる。

ティアック

CP+2018プロ向け動画エリアのティアックブースの様子 左からDR-X、DR-701D

TASCAM(タスカム)ブランドのオーディオレコーダーを多数展示する。新製品は、USBオーディオインターフェース搭載ステレオオーディオレコーダー「DR-X」シリーズ。DSLRカメラの他、iPhone動画撮影用ステレオマイクとしても使用でき、簡単な高音質収録を実現する。

その他、カメラとのHDMI同期が可能なカメラ用リニアPCMレコーダー/ミキサー「DR-701D」や、コンパクトで手軽に高音質収録ができるオーディオレコーダー「DR-10シリーズ」など動画撮影に親和性の高いオーディオレコーダーの試聴・展示を行う。

カールツァイス

左からCP.3シリーズ、Lightweight Zoom LWZ.3

「Compact Prime CP.3シリーズ」とスーパー35mm判シネズーム「Lightweight Zoom LWZ.3」を展示する。CP.3は、ユーザーが簡単にマウント交換やシム調整ができる「IMS交換マウントシステム」や35mmフルフレームセンサーに対応したシネレンズシリーズ。

「Lightweight Zoom LWZ.3」はSuper 35mmに特化したレンズで、これまでのフルサイズ用のズームレンズよりも3割ほど軽量・小型化を実現している。

Lime Tec

プロニュースでもコラムでお馴染みのLime Tec栁下隆之氏が、所有・カスタマイズした撮影機材を中心に、現場のセットアップを実際に展示。過去に「あの記事で見た!」機材を手に取って試せる場所として、自らブースを出展。

都合上記事では書き切れなかったノウハウを赤裸々に語ったり、低予算に負けない撮影のコツを、機材の工夫で乗り越えてきた筆者ならではのノウハウを公開するという。「自腹でNABやCineGearに取材に行く程の機材マニアならではの展示を、見にぜひご来場ください!」と栁下氏のコメント。

テクニカルファーム

左からNOGAアーム、TF-PLATE

現場のこだわりから生まれたオリジナル商品を展示する。「NOP40」は、三脚ヘッド位置を400mm高くするアダプター。sachtlerやVintenでも使用可能。 プロ用自在アームシステムのNOGAアーム、TF-PLATEなども展示予定。

ケンコープロフェショナルイメージング

CP+2018プロ向け動画エリアのケンコープロフェショナルイメージングブースの様子 左からTokinaの「VISTA」シリーズ、HIVE LIGHTINGの「WASP100-C」

シネマ用レンズ「Tokina CINEMA」、撮影用LED照明の「DEDOLIGHT」、「HIVE」、「MISONICS」スタビライザーの「GLIDECAM」、カメラ用/照明用バッテリーの「FXLION」などを展示する。Tokinaブランドには、CINEMA ATXシリーズやシネマレンズ「VISTA」シリーズがありVISTAシリーズは18mmから105mmの6本をラインナップする。

HIVE LIGHTINGからは、「BEE 50-C」や「WASP100-C」などが展示されれるだろう。いずれもオムニカラーのため、色温度のほかにいろいろな色を発色可能。コントロールは背面のダイヤルや、DMXコントローラーを使ったり、iPadアプリ「Hive SHOT」も使用できる。

RAID

左からSmallHDの「Focus」、bebobの小型軽量タイプのバッテリーVMICRO

SmallHD、WoodenCamera、bebobなどの取り扱いブランドを展示する。SmallHDでは、ミラーレスカメラや一眼レフユーザーの向けの「Focus」が注目。5インチタッチスクリーンで、1280×720 IPS LCD、800nitの明るさを備えている。

bebobでは、小型軽量タイプのバッテリーVMICROシリーズが展示されるだろう。これまでのバッテリーをREDなどの小型のカメラに装着すると上にはみ出してしまうことがあったが、VMICROシリーズは小型なのでREDの本体とマッチする。

エヌ・イー・ピー

取り扱いブランドのSmallRigを展示。Blackmagic Pocket Cinema Camera 4K対応のリグ関連の展示を期待したいところだ。

自社ブランド製品としては、各種バッテリー、長時間駆動用ケーブル、カメラシュー、強力アーム、LEDライトなどのアクセサリーを展示予定。

ライトアップ

CP+プロ向け動画エリアをプロデュースするライトアップは、会場の中心で協賛メーカーや販売店の商材を展示する。メインは、レンズのお試しコーナーで、シグマ、KPI、武蔵オプティカル、コシナ、ツァイスなどのレンズをα7S II、EVA1、FS7、RED、BMPCC4Kなどのカメラと組み合わせて体験ができる。

また、ZHIYUNのジンバルやInsta360の360°カメラ、中判デジタルカメラのhasselblad H6Dで撮るムービーなどの展示も行う。

txt:編集部 構成:編集部
[CP+2019]開催直前 Vol.02

[ Category : ]
[ DATE : 2019-02-21 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[CES2020]Vol.09 「次の10年のエンターテインメント・プラットフォーム」とは?〜モバイル向け動画配信サービスQuibiスタート直前

txt:加藤薫(博報堂DYメディアパートナーズ) 構成:編集部 モバイル向けストリーミングサービス「Quibi」とは? 生活を変えるテクノロジーのショーケースとして... 続きを読む

[CES2020]Vol.08 日常が“つながる”と意外なものがメディアになる?未来の生活を彩るものたち

txt:平野陽子 構成:編集部 2020年1月7日~1月10日、米国ラスベガスにて「CES 2020」が開催された。すでに多くのメディアで語られているが、再度振り返ってみたい... 続きを読む

[CES2020]Vol.07 人工人間、身体性が問われるテクノロジー「NEONプロジェクト」

txt:西村真里子 構成:編集部 CES 2020で注目のテクノロジー「NEON」とは CES 2020の日本のスタートアップが出展するEureka Parkに... 続きを読む

[CES2020]Vol.06 目の付け所がAIなプロダクトが続々登場〜会場から見えてくるAIプロダクト達

txt:江口靖二 構成:編集部 進化する画像センサーがより良い未来を作る サムスンの「Ballie」は目の付け所がサムスンなプロダクトだ。百聞は一見にしかず、サムス... 続きを読む

[CES2020]Vol.05 航空会社として初基調講演。デルタ航空が考えるイノベーション〜パラレル リアリティ ディスプレイ

txt:江口靖二 構成:編集部 航空会社として初めての基調講演 CESでのキーノートには、例年家電メーカーであったり、インテルやクアルコムのようなチップ系のメーカー、最近では自... 続きを読む

[CES2020]Vol.04 より多くの人を集めるために〜CESにおける「見せ方」と「ブランディング」効果とは?

Audiのブースは上からキラキラしたリボンが無数に装飾されており、否が応でも足を踏み入れたくなる txt:清水幹太 構成:編集部 来場者の気を引く“見せ方”は多種多様 ... 続きを読む

[CES2020]Vol.03 一般化を迎えたカテゴリーに花開く、味わい深いプロダクトたち〜展示会スタート

txt:清水幹太 / 編集部 構成:編集部 いよいよ展示会が始まる MediaDayが終わり、CES展示会場での展示がいよいよ始まった。CESの他の展示会と大きく違う点... 続きを読む

[CES2020]Vol.02 TOYOTA、メルセデス・ベンツ、Sony~それぞれの「その次」の示し方~ MediaDay02

txt:西村真里子・猪蔵・編集部 構成:編集部 各社が次に問うモビリティとは? CESには世界160カ国から6,000人以上のメディア関係者が集まる。そのメディア関係者... 続きを読む

[CES2020]Vol.01 データの時代へようこそ!テック・トレンド〜IoTは知性化し、ストリーミング・AR/VRマーケットは拡大する〜 MediaDay01

txt:西村真里子・編集部 構成:編集部 CES2020開催直前2020年のテックトレンドを追う CES 2020がいよいよ始まる。今年も17万人強が世界160カ国以上... 続きを読む

特集記事

CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
BIRTV2019 BIRTV2019
中国・北京の中国国際展覧中心で開催された展示会「BIRTV 2019」をレポート。
SIGGRAPH2019 SIGGRAPH2019
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2019をレポート。
QBEE2019 QBEE2019
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
4K・8K映像技術展Report 4K・8K映像技術展Report
東京ビッグサイト青海展示棟にて開催された4K・8K映像技術などの最新技術が一堂に出展する「通信・放送Week2019」をレポート。
DSJ2019 DSJ2019
幕張メッセで開催された国内最大のデジタルサイネージの展示会「DSJ2019」をレポート。
Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019 Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019
米国ハリウッドのパラマウントスタジオ内で開催された映画撮影機材の専門展示会「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2019 After Beat NAB SHOW 2019
東京・秋葉原のUDXにて開催されたAfter NAB Show 2019をレポート。
NAB2019 NAB2019
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会「NAB2019」をレポート。

トップ > 特集 > [CP+2019]開催直前:Vol.01 プロ向け動画エリアの注目はこれだ!