PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [CP+2019]開催直前:Vol.03 アジア発交換レンズ&ジンバルメーカーをチェック!

News

[CP+2019]開催直前:Vol.03 アジア発交換レンズ&ジンバルメーカーをチェック!

2019-02-27 掲載

写真はCP+2018の会場の模様 txt:編集部 構成:編集部

今、カメラ業界を熱く盛り上げているのが、短期間で新製品を次々とリリースする中国発のメーカーだ。そこで展示会場に交換レンズやジンバルを出展するアジア発のメーカーに焦点を当てて紹介しよう。

SAMYANG(ケンコー・トキナー/スリック/ケンコープロフェショナルイメージング)[ブース:G-58]

左からXP 10mm F3.5、XP 35mm F1.2

取り扱いブランドの韓国SAMYANGの交換レンズを展示。XP 10mm F3.5は、キヤノンEFマウントに対応するフルフレーム対応のマニュアルフォーカスレンズ。デジタル一眼レフの5,000万画素以上のスチルと、8Kの映像撮影に対応。非球面レンズ3枚、低分散レンズ3枚、高屈折レンズ1枚の特殊レンズを使用し、色収差やフレア、歪曲など、さまざまな光学収差を大幅に抑えている。

XP 35mm F1.2は、キヤノンEFマウントに対応するフルフレーム対応のマニュアルフォーカスレンズ。35mmでF1.2と明るく、高い解像力と豊かな表現力を実現している。9枚羽根の円形絞りを採用し、美しくなだらかなボケ味が表現する。

Irix Lens[ブース:G-62]

左から11mm f/4.0、15 mm f/2.4

スイス発の写真家によって創設されたブランド。レンズとフィルターをラインナップし、レンズは、11mmと15mm、150mmの3本をラインナップする。

フルフレーム対応のマニュアルフォーカスレンズで、キヤノン、ニコン、ペンタックスに対応。標準バージョンのほかマグネシウム合金を使ったプレミアムバージョンをラインナップ。マウント後部にスロットを搭載しており、フィルターの使用を可能にしている。

Kamlan[ブース:G-39]

左から55mm f1.2、50mm f1.1

社名はMachang Opticalだが、Kamlanのブランド名で一眼レフ向けとミラーレス向けのレンズをラインナップしている。特に、大口径の明るいレンズを特徴としているメーカーだ。

一眼レフ向けのフルフレーム対応のマニュアルフォーカスレンズ「55mm f1.2」は、ソニーEマウント、キヤノン、ニコンをラインナップ。

ミラーレスカメラ向けのAPS-C対応のマニュアルフォーカスレンズ「50mm f1.1」は、ソニーEマウント、富士フイルムXマウント、マイクロフォーサーズ、キヤノンEOS Mに対応。

LAOWA(サイトロンジャパン/Anhui Changgeng Optics Co., Ltd.)[ブース:G-07]

左から10-18mm F4.5-5.6 FE ZOOM、OOOM 25-100mm T/2.9 Cine Lightweight Zoom

2013年に設立された中国のレンズメーカー。社名はVenus Opticsだが、LAOWAのブランド名で交換レンズをデザイン、製造、販売、販売している。他社にないユニークなレンズを特徴としているメーカーだ。

LAOWAのラインナップの中でも注目は、ソニーEマウント専用フルサイズ対応マニュアルフォーカスの広角ワイドズームレンズ「10-18mm F4.5-5.6」だ。NDフィルターを使用できるように、レンズの裏側に37mmフィルタースレッドを搭載している。

シネレンズの「OOOM 25-100mm T/2.9 Cine Lightweight Zoom」の展示も行われる。ARRI PLマウントでsuper35mmセンサーに対応する。

ブースでは以下のレンズを展示する。

  • LAOWA 9mm f/2.8 Zero-D(富士X、ソニーE、キヤノンEF-M、DJI DLマウント)
  • LAOWA 10-18mm F4.5-5.6 FE ZOOM(フルフレームEマウントカメラ)
  • LAOWA 15mm F2 ZERO-D(ソニーEマウント)
  • OOOM 25-100mm T/2.9 Cine Lightweight Zoom(PLマウント)
  • 4mm f/2.8フィッシュアイレンズ(マイクロフォーサーズマウント)
  • 17mm f/4 Zero-D(富士フイルムGマウント)
  • 100mm f/2.8 2:1 Ultra-Macro APO(キヤノンEF/ニコンF/ペンタックスK/ソニーFE)

NiSiフィルター[ブース:G-13]

F3プライムレンズのラインナップ

カメラ用フィルターの開発から始まったメーカーで、ブースの展示はホルダーやフィルターがメインだ。それらに加えて、シネマ向け交換レンズF3プライムの展示も行う。46.5mmフォーマットのセンサーをカバーし、ARRI Alexia LF、Red Monstro VV、Panavision DXL2、ソニーVenice、キヤノンC700FFなどに対応する。25mm T2.1、35mm T2.0、 50mm T2.0、75mm T2.0、100mm T2.0の焦点距離をラインナップ。PL、キヤノンEFとソニーEマウントに対応。

HK YONGNUO LIMITED[ブース:G-66]

写真機器の製品開発、製造を行うメーカー。フラッシュやレンズだけでなく、LEDライト、カメラまでラインナップする。CP+の出展商品ははっきりと表明していないが、新製品のレンズを展示すると予想される。

「YN60mm F2NE MF」は、マニュアルフォーカスのマクロレンズ。最短撮影距離0.234m、最大撮影倍率1:1。電磁絞り機構を内蔵しており、自動露出撮影が可能。

YN50mm F1.8IIは、フルサイズ対応マニュアルフォーカスレンズ。クロムメッキと高精度メタルマウントを採用し、最短撮影距離は0.35m。ホワイトバージョンも発売されている。

Zhiyun tech[ブース:G-31]

ジンバル専門のメーカーで、WEEBILL LABとCRANE 3 LABを展示。WEEBILL LABは、A4サイズに収まるコンパクトなミラーレス一眼用ジンバル。300g~3kgの耐荷重性能を備え、ミニ三脚が付属し、ミニ三脚部分をローアングル用に設置することもできる。

CRANE 3 LABではワイヤレスフルHD画像転送テクノロジーを搭載したZHIYUNの新世スタビライザー。450~4.5kgの耐荷重に対応。ローアングル用のグリップを備え、これまでにない形のジンバルのスタイルを実現している。

GROW[ブース:G-48]

取り扱いブランドのFeiyuTech関連製品を展示。2018年12月に発売された一眼レフ用ジンバル「AKシリーズ」を始め、防水アクションカム用ジンバル「G6」、 スマートフォン用ジンバル「Vimble2」などを体験可能。

中でも注目は、AKシリーズだ。AK4000は4kgま、AK2000は2.8kgまでのペイロードに対応。「スピリチュアルウィンドウ」タッチパネルを搭載しており、フォローフォーカス/ズーム/感度/ISO/ホワイトバランス/露出補正/モータースピード/シーン設定を手軽に調整できる。「マジックリング」は、フォーカスとズームを制御するだけでなく、モーターの高精度回転を制御するためにも使用できる。

なお、未発表新製品の展示も予定している。

公開された未発表新製品の写真。こちらも試すことが可能 txt:編集部 構成:編集部
Vol.02 [CP+2019]開催直前 Vol.01

[ Category : ]
[ DATE : 2019-02-27 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[CES2020]Vol.09 「次の10年のエンターテインメント・プラットフォーム」とは?〜モバイル向け動画配信サービスQuibiスタート直前

txt:加藤薫(博報堂DYメディアパートナーズ) 構成:編集部 モバイル向けストリーミングサービス「Quibi」とは? 生活を変えるテクノロジーのショーケースとして... 続きを読む

[CES2020]Vol.08 日常が“つながる”と意外なものがメディアになる?未来の生活を彩るものたち

txt:平野陽子 構成:編集部 2020年1月7日~1月10日、米国ラスベガスにて「CES 2020」が開催された。すでに多くのメディアで語られているが、再度振り返ってみたい... 続きを読む

[CES2020]Vol.07 人工人間、身体性が問われるテクノロジー「NEONプロジェクト」

txt:西村真里子 構成:編集部 CES 2020で注目のテクノロジー「NEON」とは CES 2020の日本のスタートアップが出展するEureka Parkに... 続きを読む

[CES2020]Vol.06 目の付け所がAIなプロダクトが続々登場〜会場から見えてくるAIプロダクト達

txt:江口靖二 構成:編集部 進化する画像センサーがより良い未来を作る サムスンの「Ballie」は目の付け所がサムスンなプロダクトだ。百聞は一見にしかず、サムス... 続きを読む

[CES2020]Vol.05 航空会社として初基調講演。デルタ航空が考えるイノベーション〜パラレル リアリティ ディスプレイ

txt:江口靖二 構成:編集部 航空会社として初めての基調講演 CESでのキーノートには、例年家電メーカーであったり、インテルやクアルコムのようなチップ系のメーカー、最近では自... 続きを読む

[CES2020]Vol.04 より多くの人を集めるために〜CESにおける「見せ方」と「ブランディング」効果とは?

Audiのブースは上からキラキラしたリボンが無数に装飾されており、否が応でも足を踏み入れたくなる txt:清水幹太 構成:編集部 来場者の気を引く“見せ方”は多種多様 ... 続きを読む

[CES2020]Vol.03 一般化を迎えたカテゴリーに花開く、味わい深いプロダクトたち〜展示会スタート

txt:清水幹太 / 編集部 構成:編集部 いよいよ展示会が始まる MediaDayが終わり、CES展示会場での展示がいよいよ始まった。CESの他の展示会と大きく違う点... 続きを読む

[CES2020]Vol.02 TOYOTA、メルセデス・ベンツ、Sony~それぞれの「その次」の示し方~ MediaDay02

txt:西村真里子・猪蔵・編集部 構成:編集部 各社が次に問うモビリティとは? CESには世界160カ国から6,000人以上のメディア関係者が集まる。そのメディア関係者... 続きを読む

[CES2020]Vol.01 データの時代へようこそ!テック・トレンド〜IoTは知性化し、ストリーミング・AR/VRマーケットは拡大する〜 MediaDay01

txt:西村真里子・編集部 構成:編集部 CES2020開催直前2020年のテックトレンドを追う CES 2020がいよいよ始まる。今年も17万人強が世界160カ国以上... 続きを読む

特集記事

CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
BIRTV2019 BIRTV2019
中国・北京の中国国際展覧中心で開催された展示会「BIRTV 2019」をレポート。
SIGGRAPH2019 SIGGRAPH2019
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2019をレポート。
QBEE2019 QBEE2019
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
4K・8K映像技術展Report 4K・8K映像技術展Report
東京ビッグサイト青海展示棟にて開催された4K・8K映像技術などの最新技術が一堂に出展する「通信・放送Week2019」をレポート。
DSJ2019 DSJ2019
幕張メッセで開催された国内最大のデジタルサイネージの展示会「DSJ2019」をレポート。
Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019 Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019
米国ハリウッドのパラマウントスタジオ内で開催された映画撮影機材の専門展示会「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2019 After Beat NAB SHOW 2019
東京・秋葉原のUDXにて開催されたAfter NAB Show 2019をレポート。
NAB2019 NAB2019
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会「NAB2019」をレポート。

トップ > 特集 > [CP+2019]開催直前:Vol.03 アジア発交換レンズ&ジンバルメーカーをチェック!