PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [CP+2019]シグマブース:Foveonセンサー搭載フルフレームカメラは2020年発売。Lマウントレンズを展示

News

[CP+2019]シグマブース:Foveonセンサー搭載フルフレームカメラは2020年発売。Lマウントレンズを展示

2019-03-04 掲載

Lマウント対応カメラの大本命、シグマのフルサイズミラーレスカメラは2020年に発売延期

シグマブースの注目は、自社製Lマウントのレンズの展示と自社製Lマウント対応カメラの動向だ。特に、シグマのフルサイズミラーレスカメラは、Foveonセンサー搭載とあってLマウントカメラボディの中でも大注目の存在だ。

ところが山木和人社長は3月1日、同社ブースステージにて新型Foveonセンサー搭載フルサイズミラーレスカメラの発売を2020年に延期を発表。センサーの開発が遅れてカメラの開発が間に合わないという。その一方で、イメージセンサーは、Foveon X3 1:1:1で、5,520✕3,680✕3=60.9Mになると発表。発売延期は残念だが、1画素ごとにしっかりと色を描写する贅沢なイメージセンサー採用の発表でますます期待が高まるばかりだ。

Foveonセンサーを使ったLマウントシステムカメラが2019年発売予定から2020年に発売延期と発表 現在開発中の新しいFoveonセンサーの写真を公開 センサーサイズは36mm✕24mmのフルフレーム センサーはFoveon X3の1:1:1のテクノロジーを採用。伝統的なオリジナルの構造に戻るという ピクセル数は5,520×3,680で、ピクセルロケーションは約2000万画素。それぞれ3層に並んでいるのが今回のスペックになる

Artラインレンズを使ったLマウントレンズを展示

シグマブースで大々的に展示されていたのは、LマウントレンズとLマウントアダプターだ。Lマウントレンズのラインアップは、現在発売している14mmから135mmまでのArtラインレンズのフルサイズ用単焦点レンズ11本。発売日は未定。それと従来のSAマウントとキヤノンEFマウントからLマウントに変換するマウントアダプターの「MC-21」も展示されていた。

パナソニックは2019年3月23日にLUMIX S1とS1Rを発売するが、パナソニックのLマウントレンズは種類が少ない。そこで、シグマがLマウントのレンズを数多く発売すれば、レンズがないといった状況はずいぶん変わりそう。これからLマウント市場がにぎやかになりそうだ。

Artラインレンズを使ったLマウント対応レンズ11本を展示 EFマウントレンズとSAマウントレンズをLマウントボディに搭載するためのマウントアダプターの「MC-21」を展示

40mmはシネレンズ前提で開発をスタート。シグマはシネレンズに本気で取り組んでいる

ブース内では、40mm T1.5、24-35mm T2.2、18-35mm T2.0の3本のシネレンズの展示も行われていた。シグマはIBC 2018で「28mm T1.5 FF」と「40mm T1.5 FF」「105mm T1.5 FF」を発表。シグマは、これでプライムレンズ10本セットが完成する。

その中で今話題なのが、40mm T1.5だ。最新の設計思想で作られており、最短から無限遠まで撮影距離に関係なく安定した性能を出せている。光学性能に優れており、解像力の高さも話題だ。

また、40mmという焦点距離も話題になっている。40mmはシネマレンズでは定番の焦点距離で、Ultra Primeや Master Primeにはラインナップされている。シグマは写真用として開発されたArtラインレンズの光学系をベースに焦点距離をラインナップしているが、Artラインレンズに40mmは存在しない。そこでシグマは、40mmはシネマ専用レンズとして開発をスタート。つまり、40mmはシネマ専用で、後から写真用の交換レンズをついでに作ったイメージの製品といえるだろう。

シグマは既存のArtラインレンズのレンズをそっくりそのまま活かているばかりではなく、シネマレンズを前提にゼロから開発も行っている。40mmはシグマが本気でシネマレンズ開発に取り組でいるという姿勢がわかる、1本といえそうだ。

ブースではREDでシネレンズシリーズを試すことができるようになっていた

ニコンやキヤノンの最新ミラーレスとの互換性は?タッチアンドトライコーナーで体験

シグマは、これまで数々のニコンFマウントやキヤノンEFマウントのレンズを発売してきているが、最新ミラーレスカメラとレンズの互換性を確認できるタッチアンドトライコーナーが設けられていた。

ブース内に、ニコン、キヤノン、ソニーのメーカ別のコーナーを設置。ソニーのコーナーでは、シグマ製のマウントコンバーター「MC-11」を使った場合と、すでにシグマから発売されているEマウントネイティブのレンズ2製品を使った状態を並べて展示。マウントアダプターを使った場合と、そのままダイレクトのマウントではどのように違うのか?というのがそこで検証できるようになっていた。

ニコン「Z 7」や「Z 6」に関しては、発売された直後に数多くの自社現行製品の交換レンズと「マウントアダプターFTZ」の組み合わせの動作検証を実施。一部のレンズで動画撮影中にまれに撮影が止まってしまうなどの、細かいマイナーバグがあったという。そこで、ファームウェアアップデートで固有の現象の改善。動作に支障がないことを体験できるコーナーになっていた。

また、EOS-Rに関しても、シグマは本体発売直後に動作チェックを実施。細かいバグの不具合は、すでにアップデートの公開で修正済みだという。キヤノンEFマウント用交換レンズに関しても、安心して使うことができることをアピールしていた。

ニコンが発売しているFマウントからZマウントに変えるアダプターで、シグマのFマウントレンズは対応 キヤノンが発売しているEOS Rシステム専用のマウントアダプター「EF-EOS R」を使って、キヤノンのEFマウントレンズに対応 キヤノンのEFマウントレンズをマウントコンバーター「MC-11」を使ってソニーEマウントに対応

[ Category : , ]
[ DATE : 2019-03-04 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[CP+2019]プロ向け動画エリア:カメラ、レンズ、周辺機器などの動画ソリューションを一気に堪能!

CP+会期中の2月28日と3月1日の2日間、パシフィコ横浜の会議センター3階ではプロ向け動画エリアが設けられ、主に動画撮影に必要なカメラやレンズ、撮影機材などのメーカー14社が出展... 続きを読む

[CP+2019]HK YONGNUO LIMITEDブース:キヤノンEFマウント搭載のスマートフォン型カメラを展示

中国のカメラアクセサリーメーカーのYongnuoは、特にスピードライトや交換レンズでお馴染みのメーカーで、交換レンズはAFに対応したラインナップを揃えていることでも有名だ。 ... 続きを読む

[CP+2019]サイトロンジャパン/Anhui Changgeng Opticsブース:話題の中国レンズメーカーがシネマレンズを発表。シネズームとプライムレンズを展示

PLマウントのシネマズームでシネマ業界に参入 Anhui Changgeng Optics Technologyは中国に本社を置くメーカーで、LAOWAブランドでお馴染み... 続きを読む

[CP+2019]パナソニックブース:LUMIX Sシリーズの体験コーナーに大行列ができるほどの大盛況

パナソニックのフルサイズミラーレス体験コーナーが大盛況 パナソニックブースの注目はなんといってもLUMIX Sシリーズの展示だ。パナソニックブースには長い行列ができていて、体... 続きを読む

[CP+2019]ニッシンジャパンブース:マシンガンストロボの後継機種が2機種登場。待望のクリップオンタイプも展示

クオーツ発光管のモデルが2機種登場。MG10を含めて3ラインナップへ ブース側面に設置されていたタッチ&トライコーナー ニッシンは2012年に高耐熱クオーツ管搭載マ... 続きを読む

[CP+2019]アドビ システムズブース:動画編集で注目のPremiere RushやPhotoshop、Lightroomのショートセミナーを今年も実施

今年のアドビブースはPremiere Rushを一押し アドビはCP+に2017年から出展を始めて、今年で3年目。展示ブースは毎年ショートセッションがメインで、今年も1日15... 続きを読む

[CP+2019]プロフォトブース:小さな筐体に従来機種以上の機能を凝縮したモノブロック「B10」登場

プロフォトブース注目の新製品はモノブロックストロボの「Profoto B10」だ。ぱっと見た印象はとにかく小さくて、2灯でも持ち運べそうな外観をしている。軽量小型なのでトップライト... 続きを読む

[CP+2019]カールツァイスブース:Lightroom CC搭載のフルサイズ対応デジタルカメラ「ZEISS ZX1」が日本初展示

ボディ1台で撮影、編集、シェアができるカメラ「ZEISS ZX1」 展示の目玉は、photokina 2018で発表されたハイエンドのデジタルカメラ「ZEISS ZX1」だ。... 続きを読む

[CP+2019]東芝メモリブース:ドライブレコーダーや監視カメラの常時録画を想定して設計されたmicroSDカードEXCERIAや、4K/8K動画対応のSDメモリカードEXCERIA PROを展示

東芝メモリは、ドライブレコーダーや監視カメラの常時録画を想定して設計された高耐久microSDカードEXCERIAや、高速連写・4K/8K動画撮影に対応したSDメモリカードEXCE... 続きを読む

特集記事

CP+2019 CP+2019
パシフィコ横浜にて開催されたカメラと写真の総合展示会「CP+2019」をレポート。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
いまだから知っておきたいフィルムの現状や伝統的な技術などを紹介する。
CES2019 CES2019
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2019をレポート。
PRONEWS AWARD 2018 PRONEWS AWARD 2018
2018年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
10万円以下のジンバル選び 10万円以下のジンバル選び
一層注目が増している小型カメラジンバルをDJIやZHIYUN、FEIYU TECH、FILMPOWERの4社5機種に渡って比較紹介。
Inter BEE 2018 Inter BEE 2018
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2018の歩き方 InterBEE 2018の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編 新世紀シネマレンズ漂流:もの作りの現場から
「新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編」の続編。前回紹介することができなかったシネマレンズメーカーを取材。
Photokina2018 Photokina2018
ドイツ・ケルンメッセで開催されたスチルカメラの祭典 Photokina2018をレポート。
IBC2018 IBC2018
オランダ・アムステルダムで開催された欧州最大の映像・放送の展示会IBC2018をレポート。
映画「万引き家族」〜撮影部と撮影監督の眼差し 映画「万引き家族」〜撮影部と撮影監督の眼差し
「万引き家族」はいかにして生まれたのか?今回の特集ではその制作側を覗いてみる。
SIGGRAPH2018 SIGGRAPH2018
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2017をレポート。
BIRTV2018 BIRTV2018
中国・北京で開催されたアジア地区ではInterBEEと並ぶ大規模な放送機器展 BIRTVをレポート。
QBEE2018 QBEE2018
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
inside DaVinci 15 inside DaVinci 15
史上最大のアップデートを実現したと言われるDaVinci Resolve 15に関する最新動向をまとめてみた。

トップ > 特集 > [CP+2019]シグマブース:Foveonセンサー搭載フルフレームカメラは2020年発売。Lマウントレンズを展示