PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [CP+2019]キヤノンブース:新製品のフルサイズミラーレスカメラ「EOS RP」を中心とした展示

News

[CP+2019]キヤノンブース:新製品のフルサイズミラーレスカメラ「EOS RP」を中心とした展示

2019-03-05 掲載

キヤノンはデジタル一眼レフカメラとしてエントリークラスのKissシリーズがあり、ミラーレスカメラの参入には慎重だったが、2012年にMシリーズによりミラーレスカメラに参入。さらに昨年からEOS Kissシリーズが登場し、今年はフルサイズのミラーレスカメラとして「EOS RP」をブースの全面に出したブース構成になっていた。

カメラやレンズ、プリンター、アクセサリーを通したフォトライフを毎年提案しているが、コンセプトカメラとしてスポーツ観戦などで狙った被写体をすばやくアップできる2焦点レンズ搭載の「Multifunctional Telephoto Camera」や、パンやティルトをリモートできる監視カメラのような「Intelligent Compact Camera」、操作が簡単で丈夫なことも向けの「Kids Mission Camera」、遊び心を反映できる「Outdoor Activity Camera」が参考出展され、注目を集めていた。

また、同じコーナには自由視点映像生成システムも出展されており、タッチパネルディスプレイで指定することで視点を変えることができ、その場にいるような臨場感が体験できるようになっていた。

今回発表されたミラーレスカメラEOS RPは昨年発売されたEOS Rの姉妹機種で、EOS RPは2620万画素のフルサイズセンサーに対してEOS Rは3030万画素のフルサイズセンサーを搭載している。動画撮影機能もEOS RPは4K 25p/24pの動画機能に対しEOS Rは4K 30/25/24pの撮影に対応。また、EOS RPは4:2:2 8bitはHDMI出力対応で、EOS Rは4:2:2 10bitはHDMI出力が可能。記録ビットレートもEOS RPは4K 25p/24pで約120Mbps、EOS Rは4K 30p ALL-Iで約480Mbpsといった違いがある。

ミラーレスカメラEOS RP。EOS Rはハイアマチュアモデルに対しEOS RPはミドルクラスモデルという位置づけでEOS RPのほうが若干サイズが小さい。5000台限定ゴールドカラーモデルも登場 ゴールドカラーモデル発売と同時に東京2020オリンピック観戦チケットが当たるキャンペーンやキヤノン東京2020記念グッズプレゼント、対象レンズ購入者にキャッシュバックを実施 ミラーレスカメラEOS RPと対応新レンズ。EOS R発表以降4本のレンズがあったが今回6本のレンズが発表となりレンズラインナップが強化された 参考出品された新たなレンズは以下の通り
  • RF15-35mm F2.8 L IS USM
  • RF24-70mm F2.8 L IS USM
  • RF70-200mm F2.8 L IS USM
  • RF85mm F1.2 L USM
  • RF85mm F1.2 L USM DS
  • RF24-240mm F4-6.3 IS USM
Digital Photo ProfessionalはHDR PQに対応。Professional Print & LayoutはHDRプリントに対応したほか、DPRAWプリントにも対応。新機能デモとimage PROGRAF PROとの連携の実演がおこなわれていた 自由視点映像生成システムはInterBEE2017でも出展されていたので、記憶にある方も多いのではないだろうか。その後も2018年10月27日に日産スタジオで行われたラグビーのニュージーランド代表とオーストラリア代表の試合ブレディスローカップ2018で8Kカメラやネットワークカメラを用いた実証実験を行っており、画質の向上や処理速度の向上などのブラッシュアップが続けられている 自由視点映像生成システムによるタブレットタッチ&トライのコーナー。より現実的なシステムとなってきた 参考出展の新コンセプトカメラにはMultifunctional Telephoto Camera、Intelligent Compact Camera、Kids Mission Camera、Outdoor Activity Cameraの4機種が披露されていた Multifunctional Telephoto Cameraは基本的には2焦点カメラで、ボタンを押すことで瞬時に狙った被写体を拡大(望遠)し撮影することが可能 Multifunctional Telephoto Cameraは実際に稼働できるタイプのほか、よりサイズの小さいモックが2点出展されていた Intelligent Compact Cameraはパン/ティルト、ズームが可能な電動の監視カメラのような格好をしているが、ブレ補正機能や顔認識機能、好みの画角を学習し自動調節する機能などが搭載されている Intelligent Compact Cameraは室内だけでなくアウトドアでも使用も提案されており、カメラは防塵防滴機構になっている。写真のようにショルダーストラップなどに取り付けての使用も提案されていた Outdoor Activity Cameraはファインダーなどはなくカメラとしてシンプルな機能のみとなっているが、防塵防滴や堅牢性などで今までのカメラとは違った使い方を可能としている。キーホルダーやナップザックにぶら下げるなど、ユーザー自身が楽しんで使える遊び心のあるカメラとなっている Outdoor Activity Cameraはパネル面がマグネットで着脱可能で、様々なデザインのパネルを交換可能。他にもプロテクター(写真右のオレンジのもの)のほかフィルターやコンバージョンレンズなども対応可能 Kids Mission Cameraは子供が使いやすい大きさやデザインを採用しており、赤いものを探してみようや、猫の気持ちになってみよう、お母さんからお題が届いたよなど撮影するきっかけを子供に与えて想像力を掻き立てる事をコンセプトににしたもの。拡大や望遠などアクセサリーを考えれば夏休みの自由研究などにも使えそうだ Kids Mission Cameraは撮影した写真を同社のスマホプリンターiNSPiCで出力することができ、ライブラリー化や撮影した写真の整理なども想定されている

[ Category : , ]
[ DATE : 2019-03-05 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[NAB2019]Canonブース(動画)

NAB2019のCanonブース動画です。 ... 続きを読む

[NAB2019:Canon]新しい映像表現を実現したPLマウントプライムレンズ「Sumire Prime」や小型ハンドヘルドの「XA」シリーズなどの新製品を展示

Canonブース動画 360°全天球動画 Insta360 ONE Xで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google... 続きを読む

[CP+2019]プロ向け動画エリア:カメラ、レンズ、周辺機器などの動画ソリューションを一気に堪能!

CP+会期中の2月28日と3月1日の2日間、パシフィコ横浜の会議センター3階ではプロ向け動画エリアが設けられ、主に動画撮影に必要なカメラやレンズ、撮影機材などのメーカー14社が出展... 続きを読む

[CP+2019]HK YONGNUO LIMITEDブース:キヤノンEFマウント搭載のスマートフォン型カメラを展示

中国のカメラアクセサリーメーカーのYongnuoは、特にスピードライトや交換レンズでお馴染みのメーカーで、交換レンズはAFに対応したラインナップを揃えていることでも有名だ。 ... 続きを読む

[CP+2019]サイトロンジャパン/Anhui Changgeng Opticsブース:話題の中国レンズメーカーがシネマレンズを発表。シネズームとプライムレンズを展示

PLマウントのシネマズームでシネマ業界に参入 Anhui Changgeng Optics Technologyは中国に本社を置くメーカーで、LAOWAブランドでお馴染み... 続きを読む

[CP+2019]パナソニックブース:LUMIX Sシリーズの体験コーナーに大行列ができるほどの大盛況

パナソニックのフルサイズミラーレス体験コーナーが大盛況 パナソニックブースの注目はなんといってもLUMIX Sシリーズの展示だ。パナソニックブースには長い行列ができていて、体... 続きを読む

[CP+2019]ニッシンジャパンブース:マシンガンストロボの後継機種が2機種登場。待望のクリップオンタイプも展示

クオーツ発光管のモデルが2機種登場。MG10を含めて3ラインナップへ ブース側面に設置されていたタッチ&トライコーナー ニッシンは2012年に高耐熱クオーツ管搭載マ... 続きを読む

[CP+2019]アドビ システムズブース:動画編集で注目のPremiere RushやPhotoshop、Lightroomのショートセミナーを今年も実施

今年のアドビブースはPremiere Rushを一押し アドビはCP+に2017年から出展を始めて、今年で3年目。展示ブースは毎年ショートセッションがメインで、今年も1日15... 続きを読む

[CP+2019]プロフォトブース:小さな筐体に従来機種以上の機能を凝縮したモノブロック「B10」登場

プロフォトブース注目の新製品はモノブロックストロボの「Profoto B10」だ。ぱっと見た印象はとにかく小さくて、2灯でも持ち運べそうな外観をしている。軽量小型なのでトップライト... 続きを読む

特集記事

DSJ2019 DSJ2019
幕張メッセで開催された国内最大のデジタルサイネージの展示会「DSJ2019」をレポート。
Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019 Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019
米国ハリウッドのパラマウントスタジオ内で開催された映画撮影機材の専門展示会「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2019 After Beat NAB SHOW 2019
東京・秋葉原のUDXにて開催されたAfter NAB Show 2019をレポート。
NAB2019 NAB2019
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会「NAB2019」をレポート。
SXSW2019 SXSW2019
テキサス州オースティンで開催されたSXSW2019をレポート。
CP+2019 CP+2019
パシフィコ横浜にて開催されたカメラと写真の総合展示会「CP+2019」をレポート。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
いまだから知っておきたいフィルムの現状や伝統的な技術などを紹介する。
CES2019 CES2019
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2019をレポート。
PRONEWS AWARD 2018 PRONEWS AWARD 2018
2018年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
10万円以下のジンバル選び 10万円以下のジンバル選び
一層注目が増している小型カメラジンバルをDJIやZHIYUN、FEIYU TECH、FILMPOWERの4社5機種に渡って比較紹介。
Inter BEE 2018 Inter BEE 2018
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2018の歩き方 InterBEE 2018の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編 新世紀シネマレンズ漂流:もの作りの現場から
「新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編」の続編。前回紹介することができなかったシネマレンズメーカーを取材。
Photokina2018 Photokina2018
ドイツ・ケルンメッセで開催されたスチルカメラの祭典 Photokina2018をレポート。
IBC2018 IBC2018
オランダ・アムステルダムで開催された欧州最大の映像・放送の展示会IBC2018をレポート。

トップ > 特集 > [CP+2019]キヤノンブース:新製品のフルサイズミラーレスカメラ「EOS RP」を中心とした展示