PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [CP+2019]ニコン/ニコンイメージングジャパンブース:フルサイズミラーレスカメラ Z 7/Z 6やNIKKOR Zレンズシリーズなどを展示

News

[CP+2019]ニコン/ニコンイメージングジャパンブース:フルサイズミラーレスカメラ Z 7/Z 6やNIKKOR Zレンズシリーズなどを展示

2019-03-05 掲載

ニコンはフルサイズミラーレスカメラ Z 7やZ 6の開発中ファームアップ情報展示や最新のNIKKOR Zレンズシリーズ、新COOLPIXシリーズとしてA1000やB600などを出展した。

会場では発売前のNIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noctや5月以降に予定されている瞳AF機能などの体験コーナーが人気となっていた

Z 7/Z 6の開発中のファームアップでは、新機能として複数の目を検出しピントを合わせたい目を選ぶこともできる瞳AFや、12bit RAW動画HDMI出力、CFexpressメモリーカードへの対応を追加し、AF・AE性能が向上する予定だという。

また、Zシリーズのレンズは2021年までに多種多様なレンズのラインナップを予定しており、NIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noctをはじめとした、開放F値1.2 の大口径単焦点レンズや、プロフェッショナルユーザー必携の開放F値2.8一定のズームレンズなどが披露された。Zシリーズのレンズは、Z 58mm f/0.95 S Noctのほか、Z 24-70mm f/2.8 SとZ 14-30mm f/4 Sの3本を実機展示。S-Lineレンズとして24mm f/1.8、85mm f/1.8、20mm f/1.8、50mm f/1.2、14-24mm f/2.8、70-200mm f/2.8のモックアップを展示していた。

Zシリーズに対応した開発中ファームウェアは静止画の瞳AFへの対応やAF/AE性能の向上、RAW動画出力の対応、、CFexpressメモリーカードへの対応が予定されている 参考出品のバッテリーパックMB-N10はLi-ionバッテリーEN-EL15bを2個装填でき、撮影コマ数および動画撮影時間を約1.8倍に拡張することができる Z 6/Z 7は搭載されているセンサーに違いがあり、Z 7は4575万画素で約9コマの連射が可能なほかISO感度範囲は64-25600となっている。Z 6は2450万画素のセンサーで約12コマの連射が可能でISO感度範囲は100-51200。動画対応はZ 6/Z 7ともにフルHD1080/120pおよび4K UHD/30pに対応 Zマウントシステム開発展示のコーナーではNIKKOR Zレンズのラインナップとして、2021年までのロードマップのリストと、既発表のものも含め12本のレンズやマウントアダプターFTZ、バッテリーパックなどをモックアップを交えて披露された マウントアダプターFTZはAI改造レンズおよびAI NIKKOR以降のレンズ約360種を装着してAE撮影もしくはAE/AF撮影ができるようにするためのアダプター Zマウントシステム開発展示のコーナーで出展されていたZレンズのラインナップ NIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noctは明るいという特徴もあるが開放時における美しいボケの描写も魅力の一つとなっている NIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noctは1977年に発売された単焦点レンズAI Noct Nikkor 58mm F1.2の設計思想を引き継ぎ、Zマウントのレンズとして設計されたもので、究極の光学性能の追求と極めて明るい開放F値0.95がもたらす、高い解像力と美しいボケの連続性や点像再現性に重点をおいており、立体感あふれる描写性能を実現すべく開発されたとしている NIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noctのカットモデル。レンズ構成はダブルガウスを基本とした非球面レンズを含む10群17枚構成で、反射防止コーティングには新開発のアルネオコートを採用している NIKKOR Z 14-30mm f/4 Sは、フルサイズのニコンFXフォーマット対応の焦点距離14mmからの超広角ズームレンズ。レンズ先端にフィルターを直接装着可能で、PLフィルターやNDフィルターなど、従来は使えなかったフィルターの効果が楽しめ、さらにフィルターやフードでレンズ最前面を保護できるため、防塵・防滴に配慮した設計と相まって、アクティブなカメラワークにも安心となっている。また、動画・静止画を問わずに一段と高精度なAF制御を実現可能で、静粛性とレスポンスに優れたステッピングモーターの採用でAF機構の静音駆動を実現している NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 Sは、FXフォーマットで広角24mmから中望遠70mmまでの使いやすい標準域の焦点距離範囲を、明るい開放F値2.8一定でカバーする標準ズームレンズ。NIKKOR Zレンズにおいて新たに設定されたS-Lineに属する高性能レンズ。AF駆動系には光学性能を高めるために、複数のフォーカス用レンズ群を複数のAFアクチュエーターで駆動させるマルチフォーカス方式を採用している

[ Category : , ]
[ DATE : 2019-03-05 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[CP+2019]プロ向け動画エリア:カメラ、レンズ、周辺機器などの動画ソリューションを一気に堪能!

CP+会期中の2月28日と3月1日の2日間、パシフィコ横浜の会議センター3階ではプロ向け動画エリアが設けられ、主に動画撮影に必要なカメラやレンズ、撮影機材などのメーカー14社が出展... 続きを読む

[CP+2019]HK YONGNUO LIMITEDブース:キヤノンEFマウント搭載のスマートフォン型カメラを展示

中国のカメラアクセサリーメーカーのYongnuoは、特にスピードライトや交換レンズでお馴染みのメーカーで、交換レンズはAFに対応したラインナップを揃えていることでも有名だ。 ... 続きを読む

[CP+2019]サイトロンジャパン/Anhui Changgeng Opticsブース:話題の中国レンズメーカーがシネマレンズを発表。シネズームとプライムレンズを展示

PLマウントのシネマズームでシネマ業界に参入 Anhui Changgeng Optics Technologyは中国に本社を置くメーカーで、LAOWAブランドでお馴染み... 続きを読む

[CP+2019]パナソニックブース:LUMIX Sシリーズの体験コーナーに大行列ができるほどの大盛況

パナソニックのフルサイズミラーレス体験コーナーが大盛況 パナソニックブースの注目はなんといってもLUMIX Sシリーズの展示だ。パナソニックブースには長い行列ができていて、体... 続きを読む

[CP+2019]ニッシンジャパンブース:マシンガンストロボの後継機種が2機種登場。待望のクリップオンタイプも展示

クオーツ発光管のモデルが2機種登場。MG10を含めて3ラインナップへ ブース側面に設置されていたタッチ&トライコーナー ニッシンは2012年に高耐熱クオーツ管搭載マ... 続きを読む

[CP+2019]アドビ システムズブース:動画編集で注目のPremiere RushやPhotoshop、Lightroomのショートセミナーを今年も実施

今年のアドビブースはPremiere Rushを一押し アドビはCP+に2017年から出展を始めて、今年で3年目。展示ブースは毎年ショートセッションがメインで、今年も1日15... 続きを読む

[CP+2019]プロフォトブース:小さな筐体に従来機種以上の機能を凝縮したモノブロック「B10」登場

プロフォトブース注目の新製品はモノブロックストロボの「Profoto B10」だ。ぱっと見た印象はとにかく小さくて、2灯でも持ち運べそうな外観をしている。軽量小型なのでトップライト... 続きを読む

[CP+2019]カールツァイスブース:Lightroom CC搭載のフルサイズ対応デジタルカメラ「ZEISS ZX1」が日本初展示

ボディ1台で撮影、編集、シェアができるカメラ「ZEISS ZX1」 展示の目玉は、photokina 2018で発表されたハイエンドのデジタルカメラ「ZEISS ZX1」だ。... 続きを読む

[CP+2019]東芝メモリブース:ドライブレコーダーや監視カメラの常時録画を想定して設計されたmicroSDカードEXCERIAや、4K/8K動画対応のSDメモリカードEXCERIA PROを展示

東芝メモリは、ドライブレコーダーや監視カメラの常時録画を想定して設計された高耐久microSDカードEXCERIAや、高速連写・4K/8K動画撮影に対応したSDメモリカードEXCE... 続きを読む

特集記事

CP+2019 CP+2019
パシフィコ横浜にて開催されたカメラと写真の総合展示会「CP+2019」をレポート。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
いまだから知っておきたいフィルムの現状や伝統的な技術などを紹介する。
CES2019 CES2019
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2019をレポート。
PRONEWS AWARD 2018 PRONEWS AWARD 2018
2018年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
10万円以下のジンバル選び 10万円以下のジンバル選び
一層注目が増している小型カメラジンバルをDJIやZHIYUN、FEIYU TECH、FILMPOWERの4社5機種に渡って比較紹介。
Inter BEE 2018 Inter BEE 2018
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2018の歩き方 InterBEE 2018の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編 新世紀シネマレンズ漂流:もの作りの現場から
「新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編」の続編。前回紹介することができなかったシネマレンズメーカーを取材。
Photokina2018 Photokina2018
ドイツ・ケルンメッセで開催されたスチルカメラの祭典 Photokina2018をレポート。
IBC2018 IBC2018
オランダ・アムステルダムで開催された欧州最大の映像・放送の展示会IBC2018をレポート。
映画「万引き家族」〜撮影部と撮影監督の眼差し 映画「万引き家族」〜撮影部と撮影監督の眼差し
「万引き家族」はいかにして生まれたのか?今回の特集ではその制作側を覗いてみる。
SIGGRAPH2018 SIGGRAPH2018
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2017をレポート。
BIRTV2018 BIRTV2018
中国・北京で開催されたアジア地区ではInterBEEと並ぶ大規模な放送機器展 BIRTVをレポート。
QBEE2018 QBEE2018
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
inside DaVinci 15 inside DaVinci 15
史上最大のアップデートを実現したと言われるDaVinci Resolve 15に関する最新動向をまとめてみた。

トップ > 特集 > [CP+2019]ニコン/ニコンイメージングジャパンブース:フルサイズミラーレスカメラ Z 7/Z 6やNIKKOR Zレンズシリーズなどを展示