PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [CP+2019]タムロンブース:フルサイズミラーレス一眼カメラ用レンズや超広角ズームレンズなどの新製品を展示
Special

[CP+2019]タムロンブース:フルサイズミラーレス一眼カメラ用レンズや超広角ズームレンズなどの新製品を展示

2019-03-06 掲載

タムロンはフルサイズミラーレス一眼カメラ用のレンズとして標準ズームレンズ28-75mm F/2.8や、超広角ズームレンズSP 15-30mm F/2.8 G2、17-35mm F/2.8-4などの最新レンズを出展したほか、参考出品として35-150mm F/2.8-4 Di VC OSDや17-28mm F/2.8 Di III RXD、SP 35mm F/1.4 Di USDを出展した。

また昨年10月25日に一眼レフカメラ用交換レンズDi/Di IIシリーズとキヤノンEOS Rとの組み合わせにおいて、マウントアダプターEF-EOS Rを介して使用できる機種10機種が発表されたが、新たにファームウェアアップデートにより対応可能なレンズとして100-400mm F/4.5-6.3 Di VC USDとメーカー対応のSP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USDが加わった。レンズ専業メーカーとして各社のカメラマウントに対応したレンズを製造してきたことから、フルサイズ機がカメラメーカーから発売になってもいち早く対応可能となったと言えよう。

大口径広角ズームレンズ17-28mm F/2.8 Di III RXD。AF駆動に高速・高精度で静粛性にも優れるRXD(Rapid eXtra-silent stepping Drive)を採用しており、動画撮影にも安心して使用可能。マウントはソニーEマウントで、ワイド端での最短撮影距離は0.19mとなっている

35-150mm F/2.8-4 Di VC OSDは中望遠の85mmを中心にした、ポートレート撮影に最適な焦点距離をカバーしたモデルで、タムロン独自の高速制御システムデュアルMPUを搭載しており、手ブレ補正とAF性能を高めている

SP 35mm F/1.4 Di USD。光学性能にこだわり特に周辺画質を向上させたモデルで、同社がこれまでに培った光学技術のすべてを注ぎ込み設計されている。高解像度と美しく魅惑的なボケ味が特徴のレンズで、操作性と耐久性を追及したほか、信頼性に優れた高速・高精度AFや利便性を高める様々な機能が搭載されている

大口径標準ズームレンズ28-75mm F/2.8 Di III RXD。35mmフルサイズミラーレス一眼カメラ対応のレンズで、特殊硝材を採用することで諸収差を抑え、ズーム全域で安定した解像性能を発揮したほか、小型・軽量化を両立している

大口径超広角ズームレンズSP 15-30mm F/2.8 Di VC USD G2。広角域で目立ちやすいディストーションや倍率色収差などの発生を徹底的に抑制し、周辺部までクリアな写りを実現。高精度のAF技術とともに強力な手ブレ補正機構VC(Vibration Compensation)を搭載しているほか、摩耗耐久性が大幅に向上した高耐久防汚コートと簡易防滴構造を採用。キヤノンEFマウントモデルではリアフィルターホルダーを標準搭載している

17-35mm F/2.8-4 Di OSD。高画質とクラス最小・最軽量の両立を追求した超広角ズームレンズで、歪曲収差などの諸収差を補正している。上位機種に迫る高いシャープネスとコントラスト性能を実現しており、反射防止効果の高いBBAR(Broad-Band Anti-Reflection)コーティングを用い、ゴースト・フレアの発生を大幅に抑制

ブースではこうした最新のレンズのほか、来場者が自分のカメラを持ち込むことで、各種対応レンズを装着して試すことができるコンシェルジュコーナーがあり、スタッフによるアドバイスとともに同社のレンズを自分のカメラに装着して体験できるというのもこのブースの人気の一つとなっている。

来場者が持参したカメラに様々なレンズを実際に取り付けることができるコンシェルジュコーナー


[ Category : , ]
[ DATE : 2019-03-06 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

特集記事

GH world
正式に発表されたパナソニック「GH5 II」と「GH6」。実機やインタビューを通して、GHシリーズの今後の展開を占う。
Virtual Production Field Guide Season2
バーチャルプロダクション特集のSeason2。引き続き国内の最新の動向やワークフローを追う。
ARRI, my love
映画機材界の雄であるARRI。日本での販売拡大に注目されるARRIの歴史から実用例までフィーチャーする。
SXSW2021
3/16~20日にオンライン開催となった「SXSW2021」をレポートする。
Virtual Production Field Guide
国内のバーチャルプロダクションの展開と、映像制作ワークフローへの影響について紹介
CP+2021
オンライン開催のCP+2021で発表された新製品をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編
2020年末から2021年に発売されたレンズ新製品をピックアップする。
映像基礎講座 Episode 2
2020年8月に公開された特集「映像基礎講座」続編。引き続き映像の基本や基礎知識を学ぶ。
CES2021
オールデジタルのオンライン開催となったCES2021をレポートする。
年末イッキ読み!
2020年に話題になった製品の特集やコラム記事をまとめて振り返る。
PRONEWS AWARD 2020
激動の1年となった2020年の映像業界を、PRONEWS編集部が総括する。
2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [CP+2019]タムロンブース:フルサイズミラーレス一眼カメラ用レンズや超広角ズームレンズなどの新製品を展示