PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [CP+2019] コシナブース:NOKTONの広角と中望遠レンズ、6種類のマウント変換アダプターを参考出品
Special

[CP+2019] コシナブース:NOKTONの広角と中望遠レンズ、6種類のマウント変換アダプターを参考出品

2019-03-07 掲載

大口径超広角のvoigtlander NOKTON 21mm F1.4を参考出品

開催前日にコシナのWebサイトをチェックしても新製品の情報がないので、「今年のコシナは新製品はないのかな?」と思ったが、会期初日の朝9時に多数の参考出品製品を発表。交換レンズとマウントアダプターを発表した。

交換レンズは2種類で、1つはEマウント用の大口径超広角のvoigtlander NOKTON 21mm F1.4。広角レンズというとF2やF2.8が一般的だが、参考出品製品はF1.4を実現している。

まず、Eマウント採用がポイントだろう。最近のコシナはEマウントに力を入れていて、約10機種近くラインナップしている。そこにあらたに1つ焦点距離が加わったという形になる。

また、結構コンパクトに仕上がっているのにも驚く。最近の交換レンズはどんどんと巨大化の傾向を感じるが、その流れに逆行している感じだ。一眼レフカメラでは、ミラーがあるために、バックを長くしなければいけない。そのために、どうしても前玉が大型化しやすい。しかし、Eマウントはバックフォーカスが短いという利点がある。バックが短くなることによって前玉を小さくできるというメリットがあるとのことだ。

大口径中望遠のvoigtlander NOKTON 75mm F1.5を参考展示

もう1本の参考出品は、大口径中望遠のvoigtlander NOKTON 75mm F1.5だ。75mmの焦点距離である理由は、ライカのカメラフレームの中に75mmフレームがあり、そちらに対応すべてく作った焦点距離だ。

コシナには、すでにHELIAR classic 75mm F1.8というクラシカルな描写をする人気の交換レンズがラインナップされているが、明るさを上げて少しシャープネスを上げて、ボケ味がきれいなものを作ろうと企画したレンズだという。

また、マウントはライカ互換のVMマウント。VMマウントのVMとは、フォクトレンダーのVとフォクトレンダーMマウントでVMと呼んでいる。マウントの形状はライカのMと互換はある。Mマウントのレンズは、マウントアダプターを使ってさまざまなミラーレスのボディに装着でき、VMマウントのレンズもEマウント、マイクロフォーサーズ、ニコンのZ、キヤノンのRFなど、各社のミラーレスマウントに切り替えて撮影が可能でもある。

マウントアダプターを6種類参考出品

6種類のマウント変換アダプターを参考出品した。1つが、VMマウントをニコンのZに取り付ける「voigtlander VM-Z Close Focus Adapter」。ヘリコイドを搭載しており、レンズの最近接より近づいて撮影ができる。

レンジファインダーのレンズは、ライカの距離計の関係でだいたい0.7mぐらいまでしか近接のピント合わせができない。そこで、このヘリコイドの付いたアダプターを使えば、実用的なレベルとして問題ない距離まで寄れる。テーブルフォトをするぐらいの距離を寄れるような設計になっている。VMマウントの弱点をこういったヘリコイド付きのアダプターで補うことが可能だ。

ヘリコイド付きのほかに、ヘリコイドがない「voigtlander VM-Z Adapter」も参考出品していた。

同様の形式で、voigtlander VMマウントから、キヤノンのミラーレスRFマウントに変換するアダプターの「voigtlander VM-RF Close Focus Adapter」と「voigtlander VM-RF Adapter」も参考出品。

また、コシナでは初の富士フイルムXマウントに装着できるヘリコイド付きアダプター「voigtlander VM-X Close Focus Adapter」も参考出品されていた。

最後は、voigtlanderのEマウントのレンズをニコンのZマウントに変換するアダプター「voigtlander E-Z Adapter」。Eマウントより約2mmフランジバックがZマウントより短い仕様を活かして実現した変換アダプターだ。最終的には、ニコンのZは、今発表されているミラーレスのボディの中で一番フランジバックが短い。こうしたマウント変換アダプターを活かせる利点もあるといえるだろう。

コシナの交換レンズのラインナップには、とても高性能な製品もあるし、あえて収差を残したようなシリーズもある。「ラインナップの中に緩急がついていて、幅広く皆さんに使っていただけるのでは?」とアピールしていた。


[ Category : , ]
[ DATE : 2019-03-07 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

特集記事

GH world
正式に発表されたパナソニック「GH5 II」と「GH6」。実機やインタビューを通して、GHシリーズの今後の展開を占う。
Virtual Production Field Guide Season2
バーチャルプロダクション特集のSeason2。引き続き国内の最新の動向やワークフローを追う。
ARRI, my love
映画機材界の雄であるARRI。日本での販売拡大に注目されるARRIの歴史から実用例までフィーチャーする。
SXSW2021
3/16~20日にオンライン開催となった「SXSW2021」をレポートする。
Virtual Production Field Guide
国内のバーチャルプロダクションの展開と、映像制作ワークフローへの影響について紹介
CP+2021
オンライン開催のCP+2021で発表された新製品をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編
2020年末から2021年に発売されたレンズ新製品をピックアップする。
映像基礎講座 Episode 2
2020年8月に公開された特集「映像基礎講座」続編。引き続き映像の基本や基礎知識を学ぶ。
CES2021
オールデジタルのオンライン開催となったCES2021をレポートする。
年末イッキ読み!
2020年に話題になった製品の特集やコラム記事をまとめて振り返る。
PRONEWS AWARD 2020
激動の1年となった2020年の映像業界を、PRONEWS編集部が総括する。
2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [CP+2019] コシナブース:NOKTONの広角と中望遠レンズ、6種類のマウント変換アダプターを参考出品