PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [CP+2019]カールツァイスブース:Lightroom CC搭載のフルサイズ対応デジタルカメラ「ZEISS ZX1」が日本初展示
News

[CP+2019]カールツァイスブース:Lightroom CC搭載のフルサイズ対応デジタルカメラ「ZEISS ZX1」が日本初展示

#carl zeiss #CP+ #CP+2019

2019-03-11 掲載

ボディ1台で撮影、編集、シェアができるカメラ「ZEISS ZX1」

展示の目玉は、photokina 2018で発表されたハイエンドのデジタルカメラ「ZEISS ZX1」だ。ガラスケースに入れられて触ることはできない展示だったが、日本初公開とあってたくさんの来場者が注目をしていた。

ツァイスがカメラを発売と聞いて驚くばかりだが、Zeiss Ikonを2005年10月に発売したことがある。しかし、デジタルカメラに限定した話となれば初めてだ。

特徴は、今までとはまったく違うコンセプトのデジタルカメラを目指しているところだ。フォトグラファーが、現在行っている撮影、現像、編集、現像、共有というフローをデバイスを変えることなくすべて1台で行えるのが特徴だ。

一番気になるのはレンズだろう。ZX1用に開発したオートフォーカス対応のDistagon 35mm F2を搭載。レンズ交換には対応しない。センサーのサイズは37.4MPのフルサイズの35mmセンサーで、ZX1用にツァイスが新規に開発。シャッターはレンズシャッターで、液晶パネルやビューファインダーは解像度が高いものを採用している。

特に、現像や編集のところが画期的で、カメラ本体にアドビのLightroom CCを標準で内蔵している。なので、撮ったものをその場で現像を行い、その場でカメラ一台だけで完結することができる。Wi-Fiに対応しており、シェアといったことも可能だ。

カメラには512GBのSSDを内蔵し、メモリスロットを搭載していない。基本的にはSSDに撮り、バックアップはボディに搭載するUSB Type-Cに外付けドライブやUSBドライブを直結してやり取りをする。あるいては、Wi-Fi環境でクラウドにアップするようなやり方となる。

インターフェイスに関しては、写真でもっとも大事な露出をコントロールする三要素、「絞り」と「シャッタースピード」「ISO」をメカニカルなダイヤルで設定が可能。それ以外は全部メニューの中から設定する。

背面の液晶モニターは端が少し折れ曲がっており、この折れ曲がっているところに右手の親指が止まるようになっている。この親指の上下スライドのところに機能が設定されている。

photokina 2018では2019年初頭に発売と発表していた。恐らく2019年夏までにアメリカ、ヨーロッパ、ドイツなどで先に発売されること予定だ。

フルサイズでオートフォーカスに対応したソニーEマウント向けのBatisシリーズが面白くなってきた

交換レンズに関しては、CP+で初公開のような新製品はなかった。そんな中であえて、注目製品を挙げるならば、2018年11月14日に発売を開始したフルサイズ対応のEマウント向けオートフォーカスレンズ「Batis 2/40」だ。

Batisの40mmが出る前までは、18mm、25mm、85mm、135mmというラインナップで、標準的な焦点距離のレンズが存在していなかった。Batisでシステムを揃えづらかった状態だったが、40mmの登場によってワイドから、標準、中望遠まで一通りのラインナップが完成。今後は、ミラーレスEマウントカメラとBatisシリーズを組み合わせた、コンパクトで軽量なレンズ群を揃えていっても面白いのではないだろうか。


[ Category : , ]
[ DATE : 2019-03-11 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[再現NAB2020]まとめ:Carl Zeiss編

60seconds Shot! ■ZEISS CP.3 XD ■ZEISS Supreme Prime Radiance 製品レポート... 続きを読む

[再現NAB2020:Carl Zeiss]「ZEISS CZ.2シネズームレンズシリーズ」

ラージフォーマットカメラに取り付けたCZ.2 15-30mm T2,9の画角は、スーパー35mm判の10-20mmに相当し、超広角ズームとなる。写真で装着されているカメラはRED ... 続きを読む

[再現NAB2020:動画]Carl Zeiss「ZEISS Supreme Prime Radiance」

NAB2020で展示予定だった製品を1分間の動画で紹介するコーナー。Carl Zeiss社から「ZEISS Supreme Prime Radiance」をご紹介いただきました! ... 続きを読む

[再現NAB2020:動画]Carl Zeiss「ZEISS CP.3 XD」

NAB2020で展示予定だった製品を1分間の動画で紹介するコーナー。Carl Zeiss社から「ZEISS CP.3 XD」をご紹介いただきました! ... 続きを読む

[再現NAB2020:Carl Zeiss]Supreme Primeの光学設計をベースに、より個性的な描写が特徴の限定版レンズ「ZEISS Supreme Prime Radiance」

ショーリール「Metamorphosis」の撮影現場より。Radianceはレンズ鏡筒上部の刻印と、マウント近くの金色のラインが目印(写真:Kozo Takahashi) 6... 続きを読む

[再現NAB2020:Carl Zeiss]レンズデータ技術のZEISS eXtended Dataを搭載したシネプライムレンズシリーズ「ZEISS CP.3 XD」

ショーリール「Morpho」の撮影現場で、RED MONSTRO 8K VVに取り付けられたCP.3 XD 35mmレンズ。近年シネマカメラが小型化していることに対応し、レンズも軽... 続きを読む

カールツァイス、Supreme Prime Radianceの発表会を開催。美しいルックやフレア表現が実現できる背景を解説

着々と導入が進むラージフォーマット時代の新定番レンズがコンセプトのSupreme Prime カールツァイスは11月13日、東京都内でハイエンドシネプライムのSupreme ... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.07 カールツァイス小倉氏にラインナップが充実してきた「Supreme Prime」の魅力について聞く

txt・構成:編集部 Supreme Primeの拡充から見えてくること Cine Gear展示会場の見どころは、やはりほぼすべてが出揃っているレンズメーカーの展示だ。... 続きを読む

[NAB2019:Carl Zeiss]Supreme Primeの新製品「21mm T1.5」や「135mm T1.5」を展示

Carl Zeissブース動画 360°全天球動画 Insta360 ONE Xで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するには... 続きを読む

特集記事

	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [CP+2019]カールツァイスブース:Lightroom CC搭載のフルサイズ対応デジタルカメラ「ZEISS ZX1」が日本初展示