PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [CP+2019]ニッシンジャパンブース:マシンガンストロボの後継機種が2機種登場。待望のクリップオンタイプも展示
Special

[CP+2019]ニッシンジャパンブース:マシンガンストロボの後継機種が2機種登場。待望のクリップオンタイプも展示

2019-03-11 掲載

クオーツ発光管のモデルが2機種登場。MG10を含めて3ラインナップへ

ブース側面に設置されていたタッチ&トライコーナー

ニッシンは2012年に高耐熱クオーツ管搭載マシンガンストロボ「MG8000」を発売したが、2015年に生産を終了。一部のユーザーから熱烈な支持を得ていたが、ラインナップからクオーツ発光管を使ったストロボは途絶えた。

「なんとかクオーツ発光管のラインナップを戻してくれ」という要望に応え、クオーツ発光管を使った同社2番目の製品「MG10」を2018年夏に発売。しかし、MG10はグリップタイプストロボのため、MG8000の後継機とは言いがたかった。

今年のCP+では、待ちに待ったMG8000の正当な後継機といえるクオーツ発光管搭載かつクリップオンストロボの「MG80」が発表された。同時に、MG10を小型したグリップタイプストロボ「MG8」も発表した。

クオーツ発光管を使ったラインナップを整理すると、グリップタイプストロボのハイエンドモデルMG10、そのMG10を小型化したクオーツ発光管1本搭載のグリップタイプストロボMG8。クオーツ発光管1本搭載のクリップオンストロボMG80の3本構成になる。

ニッシンのラインナップの特徴は、なんといってもこのクオーツ発光管搭載モデルの存在だ。一般的なスピードライトはキセノン管が多いが、発光回数が増えていくごとに色温度に変化が出てくる。しかし、クオーツ発光管では、発光を何度も重ねていても色温度の差は誤差程度でしかない。また、連続発光をキセノン管で行うと、オーバーヒートして止まってしまうことがある。しかし、クオーツ管は熱に強くて、連写を続けられるのが強みだ。

NASのレシーバー機能やコマンダー機能を内蔵を特徴とした新製品「MG80」

MG80のクオーツ発光管は1本で、最大ガイドナンバーは60だ(ISO100/200mm時)。マグネットスライド式ズームカバーを採用し、モデリングライト機能を搭載している。また、外部バッテリーは使えなくなったが、市販のリチウムイオン充電池(14500)使用で動作させることができる。

MG80は、クリップオンとしてだけでなく、NASのレシーバー機能やコマンダー機能を内蔵。ニッシンのラジオスレーブのシステムのNASをこれ1台でコントロールすることが可能だ。これまでニッシンには、コマンダーをカメラに付けたままでクリップオンできるストロボは存在しなかったが、MG80の登場によってついに可能になる。

NASのレシーバー機能やコマンダー機能を内蔵を特徴とした新製品「MG80」

左は「MG8」、右は「MG10」

MG10のヘッドを小型化した「MG8」も発表された。MG10はクオーツ発光管2本だが、MG8は1本。MG10とMG8の外見を比較すると、外観は少しスリムになっている。

左は「MG10」でクオーツ管を2本搭載。右は「MG8」でクオーツ管を1本搭載

MG8は、モデリングライト機能を搭載しており、モデリングライトを確認しながらライティングを行える。モノブロックのようなイメージで作業が可能だ。また、MG10やMG8では、一般的なスピードライトよりさらに低い256分の1まで下げることができる。この微細発光まで対応できているのは、ニッシンの特徴だ。

MG8は、MG10から削られた機能もある。例えば、MG10やMG8は、Air10sやAir1と呼ばれるコマンダーがないとコントロールできない。しかし、緊急措置としてMG10にはシンクロ接点でつないでダイヤルを使ってマニュアル調光して撮影が可能だった。MG8はシンクロ接点がなく、それらの機能は割愛されている。

最後に、新製品のMG8とMG80の違いをまとめよう。MG8はグリップタイプストロボなので、Air10sもしくはAir1などのコマンダーを用意しなければいけない。MG80はクリップオンストロボなので、カメラのホットシューのマウントすることで普通のクリップオンストロボとして使える。また、コマンダーとしても使え、NASを搭載しているのでストロボ自体からすべてをコントロールが可能だ。


[ Category : , ]
[ DATE : 2019-03-11 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[CP+2021]Vol.00 オンラインで開催されるCP+はいかに?

オンライン開催はいかに CP+の季節がやってきた。残念ながらは昨年のCP+2020は開催中止となったが、今年は、オンラインのみでCP+2021 ONLINEとして、2021年2月... 続きを読む

ソニーFX3メイン写真

[CP+2021]Vol.02 ソニー、小型シネマカメラ「FX3」発売。トップハンドルや冷却ファン、タリーランプなど動画専用機としての操作性や拡張性が魅力

txt・構成:編集部 ソニーは、フルサイズイメージセンサー搭載のCinema Lineの映像制作用カメラ「FX3」を2021年3月12日に発売する。受注開始は3月2日10時よ... 続きを読む

CP2021ズームレンズメイン

[CP+2021]Vol.01 パナソニック、焦点距離300mmでマクロ撮影が可能な望遠ズームレンズ「LUMIX S 70-300mm F4.5-5.6 O.I.S.」発売

txt・構成:編集部 小型化と軽量化を実現した望遠ズームレンズ登場 パナソニックは、フルサイズミラーレス一眼カメラLマウントシステム用交換レンズ「LUMIX S 70-... 続きを読む

[CP+2019]プロ向け動画エリア:カメラ、レンズ、周辺機器などの動画ソリューションを一気に堪能!

CP+会期中の2月28日と3月1日の2日間、パシフィコ横浜の会議センター3階ではプロ向け動画エリアが設けられ、主に動画撮影に必要なカメラやレンズ、撮影機材などのメーカー14社が出展... 続きを読む

[CP+2019]HK YONGNUO LIMITEDブース:キヤノンEFマウント搭載のスマートフォン型カメラを展示

中国のカメラアクセサリーメーカーのYongnuoは、特にスピードライトや交換レンズでお馴染みのメーカーで、交換レンズはAFに対応したラインナップを揃えていることでも有名だ。 ... 続きを読む

[CP+2019]サイトロンジャパン/Anhui Changgeng Opticsブース:話題の中国レンズメーカーがシネマレンズを発表。シネズームとプライムレンズを展示

PLマウントのシネマズームでシネマ業界に参入 Anhui Changgeng Optics Technologyは中国に本社を置くメーカーで、LAOWAブランドでお馴染み... 続きを読む

[CP+2019]パナソニックブース:LUMIX Sシリーズの体験コーナーに大行列ができるほどの大盛況

パナソニックのフルサイズミラーレス体験コーナーが大盛況 パナソニックブースの注目はなんといってもLUMIX Sシリーズの展示だ。パナソニックブースには長い行列ができていて、体... 続きを読む

[CP+2019]アドビ システムズブース:動画編集で注目のPremiere RushやPhotoshop、Lightroomのショートセミナーを今年も実施

今年のアドビブースはPremiere Rushを一押し アドビはCP+に2017年から出展を始めて、今年で3年目。展示ブースは毎年ショートセッションがメインで、今年も1日15... 続きを読む

[CP+2019]プロフォトブース:小さな筐体に従来機種以上の機能を凝縮したモノブロック「B10」登場

プロフォトブース注目の新製品はモノブロックストロボの「Profoto B10」だ。ぱっと見た印象はとにかく小さくて、2灯でも持ち運べそうな外観をしている。軽量小型なのでトップライト... 続きを読む

特集記事

ARRI, my love ARRI, my love
映画機材界の雄であるARRI。日本での販売拡大に注目されるARRIの歴史から実用例までフィーチャーする。
SXSW2021 SXSW2021
3/16~20日にオンライン開催となった「SXSW2021」をレポートする。
Virtual Production Field Guide Virtual Production Field Guide
国内のバーチャルプロダクションの展開と、映像制作ワークフローへの影響について紹介
CP+2021 CP+2021
オンライン開催のCP+2021で発表された新製品をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編 新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編
2020年末から2021年に発売されたレンズ新製品をピックアップする。
映像基礎講座 映像基礎講座 Episode 2
2020年8月に公開された特集「映像基礎講座」続編。引き続き映像の基本や基礎知識を学ぶ。
CES2021 CES2021
オールデジタルのオンライン開催となったCES2021をレポートする。
年末イッキ読み! 年末イッキ読み!
2020年に話題になった製品の特集やコラム記事をまとめて振り返る。
PRONEWS AWARD 2020 PRONEWS AWARD 2020
激動の1年となった2020年の映像業界を、PRONEWS編集部が総括する。
2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [CP+2019]ニッシンジャパンブース:マシンガンストロボの後継機種が2機種登場。待望のクリップオンタイプも展示